この日はいろいろありまして・・・明るくなったけどまだ夜の続きっぽさの残る歌舞伎町で朝ごはん。

にぼし凪

凪は新宿に何軒かあります。

凪つけめん

でも、つけ麺をメインにしているのは今のところたぶんここだけかと。

KAMUKURA&NAGI

神座の向かい、海老ラーメンのお店があったところ。

RamenNAGI

最近営業時間が少し短くなったみたいだけど。

つけめん凪券売機写真1

店内入って左に券売機。

つけめん凪券売機写真2

前回はノーマルなやつを食べたので、辛いほうにしてみようかなと。
辛いやつは950円から。ちと高い。

麺量の説明写真

麺の量はこんな感じ。

辛さの説明写真

辛さは5段階。

煮干しのお土産

券売機の上に、煮干のお土産がありました。

サインとか

なんかお祝いのお酒があるな〜と何気なく見たら・・・

季織亭贈

なんと、僕の大好きな季織亭から!
つながり、あるんですねえ。

カウンター席

カウンター席に座りました。

選べるトッピング

店員さんが来て、食券を渡すと、またこれのセールストークが。
辛さも聞かれたので「1辛」でお願いしました。
辛さを増さなくてもかなり辛い、という情報が多かったのでね。

テーブル席も

カウンター以外にテーブル席も結構あります。

極盛にぼしの案内

席にもお土産煮干の案内が(^^

ご褒美にぼし

ご褒美に煮干しという発想はちょっとないww

のれん

見上げると、煮干のデザインされた暖簾が。

カラフル煮干し

背後にはもうちょっとカラフルな煮干のオブジェがw

お水はセルフサービス

お水はセルフサービスです。

サイドメニュー写真

サイドメニューのいろいろ。

辛い煮干しつけめん

辛い煮干つけめん 950円

つけだれ

つけダレはこんな感じ。
ちょい赤い粉がパラパラ。

麺のお皿

麺のお皿。

ふとめん

ツヤツヤとした麺です。

チャーシュー

チャーシューが盛り付けられています。

R1049901

たいして辛くない!

ネット上の情報だと、デフォルトでもエラく辛いっていう口コミが多かったので「1辛」にしたのですが、警戒する必要のない辛さというか、ちょっと一味が多めに入ってますよっていう程度。
これは肩透かし。
3辛くらいにしてもよかったかもしれないです。
店員さんが外国人の女の子2人だったのですが、ちゃんと慣れた感じで手際よく作っていたので、間違いではないっぽいし。
オープンしたてのころの味で「辛すぎる」というクレームでもあって調整したんだろうか。
麺自体はムギュっと詰まった感じのコシの強さがあって美味しいし、ちょい辛の煮干の効いたつけ麺という意味ではマトモなんですけどねー。
もっと辛いの食べたかったな。

R1049906

つけダレの中にはいったん麺。

R1049908

つけダレは結構しっかりアツアツなので、そのなかに入ってるいったん麺もアツアツ。

R1049910

具はこれとネギと玉ねぎかな。

R1049911

割りスープは、薄めの煮干しスープ。
スープ割りして呑んでみても、それほど辛くありませんでした。
ひょっとして「イチカラ」って頼み方が違ったのかな??
表によると辛い煮干つけめんの一番辛くないのが「激辛」で炎のマークが3個ついていたのですが、「イチカラ」と言ってしまったので、炎のマーク1つ分の辛さにしてくれちゃったのかも。

--------------------
住所 東京都新宿区歌舞伎町1-15-8
電話番号 03-6273-8706
営業時間 ?(24時間営業になったあと、朝営業はやめたという情報があった気がする)
公式サイト http://www.n-nagi.com/
公式Twitter https://twitter.com/nagi_jp
公式Facebook https://www.facebook.com/ramennagi/
★★★☆☆3.0