東京都台東区、都営浅草線・都営大江戸線の蔵前駅にある「らーめん改」です。

らーめん改@蔵前外観

行ってみたかったお店のひとつ。
貝のラーメンを出すお店ということで気になっていたんですよね。
店主さんはともにいつ樹とか五ノ神製作所なんかの出身という情報が出てくるので、海の素材活用したラーメン出すお店っていうのは、なるほどと思える面もある感じ。

らーめん改メニュー1

貝塩らーめん 780円
煮干らーめん 780円
煮干つけ麺 800円
の3種類と、トッピング違いの各メニュー。

らーめん改メニュー2

そのほかに、
ライス 100円
明太子ご飯 200円
チャーシューご飯 250円
などのご飯ものと、有料トッピングが
チャーシュー増し 200円
味付たまご 100円
たけのこ 150円
のり5枚 100円
わかめ 50円
など。
BGMでジャニスジョップリンが流れて、少しテンションが上がってきたところで到着。

貝塩らーめん@蔵前らーめん改

貝塩らーめん 780円

お店の壁にも書かれていましたが、チャーシュー2枚、わかめ、たけのこ2個、三つ葉が入ってる。
メンマじゃなくてタケノコが入っているっていうのがいいな。

らーめん改のチャーシュー

チャーシューは低温調理系の生っぽさのあるタイプ。
スープの温度で火が通らないようにだと思いますが、丼のフチに盛り付けてあります。

三つ葉入り

ネギは入っていなくて三つ葉。
その下には結構たっぷりのワカメが入っています。

貝のスープ

じんわりうま〜〜い!!
貝だ!たしかに貝!


ラーメンWalker東京2018見てたら、あさり、ほたて、ムール貝を使ってるって書いてありました。
これは美味しいし、なんだか体に優しい感じがする!
そして三つ葉がいい。
スープと三つ葉だけでなんていうかひとつ成り立っている感がある。
こんなにワカメが合うと思ったラーメンも初めてかもしれない。
海苔も試してみたかったな。

麺の写真

麺はなんとなく見た目不釣り合いな感じもしたんだけど、この麺もいいね。
そんなにギチギチっとした感じのしない麺で、こんな組み合わせもあるんですねえ。

竹の子

メンマじゃなくタケノコってあたりも、なんていうか「ちょっといいの食べた」みたいな気持ちになるし、すごく和食っぽいラーメンだなと感じました。

後半になっても口が慣れて味がボンヤリしてこないっていうか、スープが最後まで美味しく感じました。
いや〜美味しかった。
わざわざ行ってよかったと思えるお店でした。

貝油の和えそば(替玉)200円なんてメニューもありました。
貝の香味油とミンチチャーシューが乗った替え玉麺の油そばということ。
小池@上北沢なんかでも見たスタイルだけど、味つきの替玉っていうのも増えてきた感じありますね。

--------------------
住所 東京都台東区蔵前4-20-10
最寄駅 都営大江戸線都営浅草線蔵前駅
電話番号 03-3864-6055
定休日 無休(11/6 より月曜定休とのTweetあり)
営業時間 11:00〜15:00/17:30〜21:00頃(スープ切れ次第閉店)
公式Twitter https://twitter.com/ra_menkai
★★★★★5.0