東京都杉並区、京王線・井の頭線の明大前駅に新しくできた『ラーメン もみじ屋』というお店です。
2010年9月20日オープン。

もみじ屋(明大前)外観

場所は閑静な住宅街といった感じ。
井の頭通りから行く場合は、ガストのある交差点で左の路地を見ると、小さい「ラーメン」という看板が見えるかと思います。

二郎系なお店で、北浦和の富士丸と関連がある模様。
ちなみに、お店に届いていた花は『ラーメン荘 夢を語れ』という関西(京都府京都市)の有名な二郎系のお店から。
お店の方が着ていたTシャツからしても、ラーメン荘とも何か関連があるかも。(ちなみに最近立川らーめんたま館にその関連店の『ラーメン荘 その先にあるもの』が登場してます)

土曜の12時前くらいの到着で、店内2人待ち。
お客さんは年配ご夫婦とか、お子様連れとか、学生さんとか地元な感じの方が多かったです。

もみじ屋(明大前)メニュー

店内に入ると左に券売機があります。
メニューはシンプル。
ミニラーメン(600円)、ラーメン(700円)、ミニブタラーメン(800円)、ブタラーメン(900円)のみ。(ブタはチャーシューの増量ですね)
野菜、アブラ、ニンニクは無料で増量可能とのことです。
席はカウンターが4席と、2人がけのテーブルが1卓、5人くらい座れそうなテーブルが1卓。

席につくときに、カウンター席の場合はそのままカウンターの上に食券を提出、テーブル席の場合はホール担当の店員さんがトッピングを聞きつつ食券を受け取ってくれる模様。
カウンター席につきました。

しばらくしたら「ニンニクは入れますか?」と聞かれましたので「野菜を少し多め、ニンニクを少し」とお願いしました。

もみじ屋(明大前)ミニラーメン

ミニラーメン(600円)

もみじ屋(明大前)ミニラーメン

野菜は「少し多め」とお願いしてこれくらいでした。
レンゲはついてこなかったのですが、言えば出してくれるようです。

もみじ屋(明大前)背脂たっぷり

背アブラの量というかインパクトがすごいです。
これでも増量していないので、もともと結構な量がかかってます。

もみじ屋(明大前)麺

麺は自家製の模様ですが、平打ち気味のよれよれした感じの麺。
麺がスープを吸うのか旨いっすなあ。

スープはアブラの具合がよくて旨いです。
生姜っぽい味もしたようなしないような。
ニンニクをお願いしたけど「少し」と伝えたため、かなり控えめで香りが少しついた程度でした。
液体アブラとたっぷりの背脂で当然重量感はあるのですが、これはハマったらハマっちゃう味だと思いますw
背脂がいいですねえ。

もみじ屋(明大前)チャーシュー

ブタ(チャーシュー)は野菜の山の下にありました。
わりとしっかりとした噛み応えを残したチャーシューです。
なかなか美味しい。

ミニっていっても一般的な普通のラーメンの量はある(それより多いくらい)なので、大食いじゃないヒトはミニで十分だと思います。
おなかいっぱいになりました。

店員さんは朗らかな感じ、お店もアットホームな雰囲気でよかったです。

近くには明治大学もあるし、これは人気出そうだ。。
近々もう一回行ってこようかな。

もみじ屋(明大前)営業時間

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←食べてみたい!と思われたらクリックをお願いします。
↑↑↑↑↑
他のラーメンブログもいっぱい見れて便利っす!
--------------------
もみじ屋 ラーメン / 明大前駅代田橋駅永福町駅
住所 東京都杉並区和泉2-9-21
最寄駅 京王線・井の頭線「明大前駅」
TEL 非公開
定休日 日曜日
営業時間 [月〜金曜日] 11:00〜14:30/17:00〜21:00 [土曜日] 11:00〜17:00

ラーメン もみじ屋 ( 明大前 / ラーメン全般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ