東京都新宿区、都営新宿線の新宿三丁目駅にある「古武士」です。

R1044340

玄古」があった場所。
「玄古」がリニューアルして「古武士」としてオープンしました。
座席のレイアウトは少し変わったですね。
「古武士」は新宿小滝橋通りにもあります。
「玄古」ブランドはなくなっちゃったわけではなくて新宿御苑前にもあるのですが、古武士と玄古はそんなにガラッと系統が違うわけではなく、どちらかというと似た感じ。
今回わざわざリニューアルしたわけだけど、どういうコンセプトの違いがあるのかな。

R1044314

店内に入ると右に券売機。
つけ麺 750円
こってりつけ麺 750円
辛つけ麺 800円
油そば 580円
マーラー油そば 680円
らーめん 730円
とあります。
油そば系メニューだけ、麺の量で値段が変わります。

R1044315

「唐揚げライ」が気になりますw
唐揚げライスなのであれば、ライスだけ食べたいなと思っても隣のライスが同料金で100円なのは心理的に買いにくくなる気がする(^^;

R1044316

油そばは17時までは1段階上の量にするのは無料みたいね。
並盛の食券で大盛にもできる。
大盛の食券で特盛にもできる、ということのようです。
ちと、わかりにくいですが、17時までは大盛を食べたいときは、大盛のボタンではなく並盛のボタンを。

R1044328

こってりつけ麺 750円

R1044321

つけ麺は麺の量は並盛200gから特盛400gまで同料金。
券売機に麺の増量ボタンが100円であったので、400g以上への増量も有料で可能なんだと思います。

R1044324

これは並盛り。
200g。

R1044323

つけダレの方には、チャーシュー、メンマ、青菜が入ってる。
券売機にボタンがあったので、江戸菜ですかね。
つけダレはアツアツです。

R1044331

「こってり」といっても、つけダレ自体はドロドロしていなくて、わりとサラサラしたタイプ。
背脂が入っているので、そこがコッテリなんだと思います。
酸味が比較的あるタイプ。

R1044335

結構大きなチャーシューが入ってます。

R1044318

卓上にはお酢、ラー油、胡椒、一味唐辛子、魚粉が置いてあります。

R1044319

魚粉が置いてあるのはいいな。

R1044337

ということで魚粉を入れました。
香りが爆発。
カツオがメインだと思うけど、こだわりの独自ブレンドと公式サイトには書いてあります。
この日は濃厚ドロドロで魚粉でザラザラしちゃうくらいのやつが食べたかったのよ(^^
ドロドロ系ではなかったけど、魚粉入れ放題とは思っていなかったので、結構満足。

R1044338

スープ割りはポットで提供。
自分で味を調節できるのがいいですね。

券売機の横の席だったんだけど、お客さんの出入りがあるたびに横を人が通るし、食券買う人はすぐ横でこっちにお尻向けて立ち止まるし、ガラガラだったのに一番入口に近い落ち着かない席に案内するオペレーションは若干疑問。
あそこは最後に案内する席な気がする。

R1044341

土佐鰹、うるめ鰯、荒さば、黒豚ゲンコツ、薩摩丸鶏をつかっているということのようですね。
つけ麺750円は高い方でもないし、味的にも安定的というか裏切らないタイプで、いいなと思います。

--------------------
住所 東京都新宿区新宿6-4-1 小山ビル1F
最寄駅 都営新宿線新宿三丁目駅
電話番号 不明
公式サイト http://www.raumenkobusi.com/
★★★☆☆3.5