東京都文京区、千代田線の湯島駅にある「生粋 四代湯島庵」です。
場所は『ラーメン天神下 大喜』や『ぽっぽっ屋 湯島店』のある交差点です。

生粋四代湯島庵(千代田線湯島駅)外観

もつ鍋とか炭火焼なんかを食べれる呑み屋さんですが、最近ランチタイムにラーメン・つけ麺を提供しているようだったので行ってみました。 

生粋四代湯島庵(千代田線湯島駅)店外看板

サンマを使ったメニューがあるんですよね。
池袋にある一時期よくテレビなどでも「サンマを使ったラーメンを出すお店」として取り上げられていた「創新麺庵 生粋」というお店の系列なんですね〜
ここに夜呑みに来たことはあったのですが、全然気づきませんでした。

生粋四代湯島庵(千代田線湯島駅)メニュー

13時ちょうどくらいでしたが、店内に入ると先客3名。カウンターは8席くらい。
ランチメニューは「サンマ白湯 つけ麺」と「サンマ白湯 ラーメン」の2種類のみ。
こういう潔いラインナップは気持ちいいです。
つけ麺は200gと300gから選べます。
ダレも信じないけれども自称少食のワタクシはつけ麺を200gで注文しました。(^^

が・・・オペレーション上のトラブルが多すぎでしたね。
僕の前のお客さんの分は、麺が茹で上がったときに温めていたスープが足りなかったらしく失敗で麺を捨てることに。
で、そのあと、たぶん僕の分と次の人の分の麺も茹でていたのですが、タイマーをかけ忘れて何分茹でたかわからなくなったらしく麺を捨ててました。
と思ったら、今度は麺を茹でる機械がトラブルかなにかでお湯を抜いて入れなおしていたみたいで、結局僕が入店してから麺をちゃんと茹で始めるまで20分くらいかかったんじゃないかな。
あぁやれやれ・・・なんて思ってもうだいぶやる気なくなったところで結局入店から30分くらいたって到着。

生粋四代湯島庵(千代田線湯島駅)サンマ白湯つけ麺

サンマ白湯 つけ麺(780円)

200g で頼んだけれども 300g で登場(^^
まあ、もうなにが起きても驚きませんけど。

生粋四代湯島庵(千代田線湯島駅)つけダレ

つけダレは見るからに濃厚そうなもの。

生粋四代湯島庵(千代田線湯島駅)麺の皿

麺のお皿には水菜と、パプリカ?がのってました。

生粋四代湯島庵(千代田線湯島駅)麺

で、味はというと、なるほど普通の濃厚な魚介のつけ麺とは風味が違う。
これがサンマの味なんですね。
これは美味しい。
麺はあせりまくって6分のタイマーをかけて5分半くらいであげていたので、きっとちょい硬めなんじゃないかと思ったらそうでもなく、逆にちょいヤワいくらい。

非常に美味しかったです。
ただ、やはり食事は美味しく、かつ気持ちよく食べれないとなぁ・・・っていう気持ちも。
たぶん普段そんなことないんでしょうけど。。日が悪かったな。

とはいえ、旨かった。サンマも珍しくてよかったよ。
でもねえ、だいぶ待たされた。途中で諦めて帰ろうかと思ったよ。
それでも、旨かった。トラブルなくちゃんと作られた一杯をもう一度食べてみたい。
けれども、昼休みに来てるのに麺茹でるお湯から入れなおしは結構ショックよね。
とはいえ、旨かった。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←なるほど〜と思われたらクリックをお願いします。
↑↑↑↑↑
他のラーメンブログもここでチェック!

--------------------

住所: 東京都文京区湯島3-34-9
電話: 03-3833-0040
定休日: 日曜日
営業時間: [平日]11:30 - 14:00[土曜日]11:30 - 14:00

生粋 四代湯島庵 ( 湯島 / ラーメン一般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ