妹夫婦に子供が生まれたという事で、立川へお祝い。
母親も上京しており、特に緊張もないが、妹とも5年ぶりくらい、そもそもここ20年で3回くらいしかあっていないので、どうもいごこちはよくはない。

おめでとうと、お祝いをわたし、1時間ほどで退散。



いろいろな話をしたが、その中であんまり面白くない事態が判明する。

正月に、父親から来たメールの意味。

気にしなければいいのだが、性格上そうはいかない。
ひとまず駅へ。歩けば消えるかと思ったが、消えない。
結局、帰宅しても悶々とした。

もう20年近くはなれているが、親子は親子と思って入るし、
離婚のときはちょっと感謝もしたしその発言に助けられたのは事実。

でも、言われたくはない。
こちらの気持ちがわかる訳ではない・・・。
どうあれ、おめでとう。

image


















写真はいつだかのウォーキング中に見つけた天使。
悶々とした気持ちは写真の天使のようにてりゃっと吹き飛ばせれば楽なのだが・・・。