大遅刻もいい所ですが、折角そこそこアニメを観てきたのだし記録しておくのも良いかなと。

ルールは企画元さんを参考に
・2017年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。
で選定していきます。順番は放送順。




・ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第2話『ほんのわずかなやる気』
1話でどうしようもないロクでなしっぷりを発揮していたグレン先生がみるみるうちに自身の評価を上げていく姿が痛快で見てて気持ち良かった。困ってる生徒のためには一生懸命になれる中で、性格はいたずらっぽくて適当な所もあったりして、でもそれも含めて魅力的なんですよね。「そこらへんがなんとなくマジカル!」


・武装少女マキャヴェリズム 第三節『麗しき刃「亀鶴城メアリ」』
頭を強く打ったなら変なことを考えちゃっても仕方ないよね!と言わんばかりの力技が好き。多様な剣術アクション、なんだかんだチョロいヒロイン達、時にえっちな展開、これに一人ずつボスを倒して学園をのし上がっていく王道展開が噛み合ってて楽しいアニメでした。オープニングのファミコンチックなイントロがフルバージョンでは消えててしょぼんとしたり。


・リトルウィッチアカデミア 第20話『知性と感性』
本当は19話とセットにしちゃいたい所ですが、解決編のこの回をチョイス。
キャベンディッシュ家の伝統に従い行動する冷静沈着な優等生のダイアナ、自分のなりたい目標に向かって時に周りを顧みず猪突猛進してゆくアッコ、正反対の二人なんだけど実は憧れている対象は同じで。そんな二人がついに手を取り合って進んでいくの、最高…
アツコ・カガリ、はっきり言ってかなり滅茶苦茶してる人物なんだけど、何か他のものを変えていくには強引にでも突き進んでいく力が必要で、それが一つ大きな実を結んだのがこのエピソードだったなと。


・フレームアームズ・ガール 第9話『あお、風邪をひく/あしたもいっしょに』
Aパートはあおちゃんがハチャメチャに看病される回…看病ってレベルを遥かに超えているけれど!熱を出してるのに豊かな感情を見せてくれるあおちゃんが良い。Bパートは夢の中で人間になったFAガールたちの私服が可愛い!


・プリンセス・プリンシパル 第8話『case20 Ripper Dipper』
アンジェとプリンセスの入れ替わりの真相が明らかになる回。持っているもの全てを失うのも辛いけれど、何も持っていない者が全てをできるように要求される事もまた辛いことで。互いの人生があまりにも変わってしまう前の幼い頃のように、また二人でピアノを連弾する締め方が滅茶苦茶に良かった。


・ゲーマーズ! DAY8/DAY8.5『エロゲーマーと観戦モード/ゲーマーズと半生ゲーム』
ここまで拗らせるかって程のすれ違いを見せてくれる青春錯綜系ラブコメなんだけど、そもそもゲームって楽しいものなんですよね。だから誤解が誤解を呼んでもドロドロとした空気感にはならないみたいな。『ゲーマーズと半生ゲーム』はすべての事情を知っている上原くんの独擅場で、視聴者の気分を代弁してくれるかのようなモノローグが冴え渡っていました。「運命過ぎんだろうがYAAAAAA!!」は笑う。そしてあまりにも手遅れな初恋を始めてしまう少女の切なさはな……


・セントールの悩み 第10話『デートに現代美術鑑賞を選んだ場合…その1。/デートに現代美術鑑賞を選んだ場合…その2。』
セントールの悩み、どんな題材の話が出てくるのか全然想像もつかなくて、毎週わくわくしながらテレビの前に座ってた記憶があります。人間じゃない少女たちのほのぼの日常ものを支える屋台骨である架空の人類史が、時に強烈な印象を残すのが癖になる。チョイスした10話は美術館で同時進行してた2組のデートをそれぞれの視点から見る楽しみがあって、また美術を観る立場と作る立場の視点にも分かれていて、そういった構造が面白かったなと。


・少女終末旅行 第4話『「写真」「寺院」』
チトとユーリ、基本的にふたりで一緒に行動しているのだけど、寺院の中で急に明かりが消えた時はユーリ視点だと一人ぼっちで、真っ暗闇の中でちーちゃんがいなくなったら私どうしよう、って心配するんですよね。一人になった時に出てくるそんな本音が印象的でした。


・URAHARA 第6話『コットンハート』
第1話を観た瞬間にもう恋に落ちているアニメはそう出会えるものではないけれど、パステル調の色彩で画面に詰め込めるだけの可愛いが描かれたURAHARAはまさにそれ。背景に見える小物だとかがいちいち可愛いんです…!天野心愛さんが演じる丸野みさちゃんも底抜けに可愛い。6話はみさちゃんがクリエイティブする事の楽しさを知る回で、クリエイティブする中で悩みを抱えているのがりとちゃんなんだけど、それに対して作ることへの根源的な楽しさを示してくれたのが良かったです。


・キラキラ☆プリキュアアラモード 第43話『かくし味は勇気です!ひまりの未来レシピ!』
「はい、きっとまた失敗すると思います。でも、私だから仕方ないんです。私は自分を変えられなかった。でも、全部変える必要なんてなかった。私は私のままで、それでもスイーツがあれば、これからも新しい出会いが待ってる!」光るものは持っていたけど周りと反りが合わずに引っ込み思案になってたひまりちゃんが、自身の可能性に気付いて自分を乗り越えてゆき、自分の事を好きと言えるようになるまでのお話。少しの勇気が足りなかっただけで、彼女はあまりにも強いんだ。




以上10作品です。この話は選んであげたい!なパターンと、このアニメから何か選んであげたい!パターンが混在していますが、観た範囲で概ね満足な選出ができた気はします。観ることができてない作品はあまりにも多いのですが、2018年も10選が選べる程度には観ていければ良いなと思います。