2007年01月08日

ネクスト・マーケット

C.K.プラハラード著 スカイライトコンサルティング訳 『ネクスト・マーケット』(英治出版、2005)



この著書のPart2にあるケーススタディとして、12の事例が挙げられています。


 カサス・バイア (ブラジル)
    ---貧困層の夢をかなえる信用販売

 セメックス (メキシコ)
    ---住環境を改善する貯蓄プログラム

 ヒンドゥスタン・リーバ・リミテッド (インド)
    ---ヨード欠乏症を撲滅する画期的技術

 ヒンドゥスタン・リーバ・リミテッド (インド)
    ---官民パートナーシップで手洗い習慣を推進する、ユニリーバのインド子会社

 ジャイプル・フット (インド)
    ---貧困層に生きる希望を与える義足

 アラビンド・アイ・ホスピタル (インド)
    ---失明を根絶する革新的プロセス

 ICICI銀行 (インド)
    ---女性自助グループへの融資で社会を変革する

 ITC e-チョーパル (インド)
    ---農家を世界へつなげた情報革新

 EIDパリー (インド)
    ---市場を開放するインターネットキオスク

 ボクシーバ
    ---世界の感染症を防ぐシステム (ペルー)

 E+Coとテクノソル
    ---企業家支援でエネルギー問題を解決する (ニカラグア)

 アンドラ・プラデシュ州のeガバナンス (インド)
    ---官僚中心主義から住民中心主義へ



またいくつかの企業を業種別に分類すると、次のようになるでしょうか。

 食品   ---ITC
 化学   ---ヒンドゥスタン・リーバ・リミテッド
 サービス ---ボクシーバ
 商業   ---カサス・バイア
 金融   ---ICICI銀行
 その他  ---セメックス




『ネクスト・マーケット』はウォートン経営戦略シリーズの日本語訳のため、紹介されている企業は海外企業ばかりです。

では、CSR(企業の社会的責任)が叫ばれている今日、BOP(Bottom Of the Pyramid)市場の中で本業として活動している日本企業があるのでしょうか。


ここでは、「日本版ネクストマーケット」として、活動している日本企業をご紹介しようと考えています。



nextmarket at 11:51│clip!