Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

2008年03月

CIRCUS MAXIMUS - ISOLATE レビュー

ノルウェー出身5人組のプログレッシブメタルバンドCIRCUS MAXIMUSの2作目「ISOLATE」を紹介。どうやらこのアルバムはコンセプトアルバムらしい。



1曲目 Darkened Mind             ☆☆☆☆☆

前半はシリアスでダークに進み1分30秒頃からアップテンポに展開するメロディアスでキャッチーな曲。サビがとてもキャッチーで1回聴いただけで気に入るであろう。中盤のプログレッシブな展開もイイ感じ。ジワッっと哀愁漂わせるギターソロもイイ!!Voエリクセンの伸びやかな歌声は聴いていて気持ちがイイ。


2曲目 Abyss                  ☆☆☆☆☆

全体的にキャメロットのような雰囲気が感じられる幻想的な曲。ダークな所、明るい所と交互に展開する。サビは幻想的に聴かせる。テクニカルなギターソロ、明るいキーボードソロも良い。


3曲目 Wither                  ☆☆☆☆

哀愁漂う暗い雰囲気が感じられるミドルテンポな曲。リフはヘヴィ。中盤のキーボードの音色が優しく美しい。ギターソロはとてもエモーショナルでテクニカルだ。


4曲目 Sane No More             ☆☆☆☆☆

緊張感が感じられるインストナンバー。1回目のギターソロはテクニカルに弾きまくっている感じで2回目のギターソロはメロディアスに聴かせる。


5曲目 Arrival of Love            ☆☆☆☆☆

イントロからメロディアスでキャッチーな曲。Voエリクセンの伸びやかな歌いまわしも爽快感があり心地が良い。美しく繊細に流れるようなサビはとてもキャッチーでメロディックだ。この曲も1回聴いただけで気に入ると思う。ギタリストマッツが奏でる爽快感漂うメロディックなギターソロも聴き応えがある。この曲だけ聴くと普通のメロディックメタルバンドと勘違いしてしまうかもしれないほどとても聴きやすいナンバーだ。


6曲目 Zero                   ☆☆☆☆☆

イントロのピアノがとても悲哀を感じさせる暗い曲。そのピアノとVoエリクセンの繊細な歌声と交わりとても美しく絶望的に感じる。ギターソロはとてもエモーショナル、泣きのギターソロだぁ・・・・°・(ノД`)・°・


7曲目 Mouth of Madness          ☆☆☆☆

12分後半ある大作曲。はじめはアコギとゆったりしたVoの歌声で静かに進む。2分過ぎた頃から楽器隊が合流してダイナミックに展開する。雰囲気はダークで重くヘヴィだ。ギターソロは哀愁漂うメロディックなソロだ。どこかで明るくなるかな?と思ったが結局最後まで繊細に美しく展開する。 


8曲目 From Childhood's Hour...      ☆☆☆☆

前の曲とは一転してこの曲は前向きで明るさが感じられる優しい曲。柔らかなコーラスも交わりとても良い。シンプルな曲だぁ。


9曲目 Ultimate Sacrifice          ☆☆☆☆

アルバムラストを飾る9分ある長めな曲。全体的に幻想的で緊張感が感じられ壮大に聴かせる。ギターソロもメロディックだしテクニカルに展開する。



典型的なプログレッシブメタルバンドのように長い曲ばかりではなくこのCIRCUS MAXIMUSの曲はとてもシンプルでコンパクトに作られているのでプログレを敬遠している人にもオススメできるバンドだぁ。このアルバム「ISOLATE」でも長編と感じる曲は7曲目と9曲目しかないし、他の曲は短めでとても聴きやすい。イメージとしてはメロディックメタルにプログレ的な要素をシンプルに取り入れている感じかな。伸びやかに高らかに歌い上げるVoエリクセンの出す声質は低音ではキャメロットのVoロイ・カーン、伸びやかな高音の所はTNTのVoトニー・ハーネルに聴こえる所も感じられてとても聴いていて心地が良い。ギタリストのマッツが奏でるギターメロディ、ギターソロもプログレ的でテクニカルで聴き応えがあり、今後に期待したいギタリストでもある。keyの音色もメロハー並にメロディアスで曲を分厚く壮大に演出していてグット!!曲の雰囲気はキャメロットのダークな叙情性とシンフォニーXのドラマティック性が絶妙に合わさったような感じで、メジャー感もあるし、非常にレベルが高いサウンドをしている。個人的にキャッチーな1曲目と5曲目がツボだ。Dream Theaterの後を継ぐ若手プログレメタラーとして大いに期待したいバンドだね。プログレッシブメタル好き、メロディックメタル好きにオススメだぁ。



89



1曲目 Darkened Mindが聴けるビデオ http://jp.youtube.com/watch?v=Ey_8BHipdSc

5曲目 Arrival of Loveが聴けるビデオ http://jp.youtube.com/watch?v=hvvJrgRx3lg
6曲目 Zeroが聴けるビデオ http://jp.youtube.com/watch?v=1Tk8uxUpWPg

THRESHOLD - DEAD RECKONING レビュー



イギリスプログレッシブメタルプログレッシブロックバンド活動15年のベテランバンドTHRESHOLDの8作目のアルバム「DEAD RECKONING」を紹介。僕はこのバンドの形態については詳しくは知らないので参考になりません。



1曲目 Slipstream                   ☆☆☆☆☆

イントロからヘヴィでメタリックなリフがイイ感じ。サビはキャッチーで裏で鳴るギターメロディは印象的でいい味付けになっている。ギターソロも怪しくリズミカルでメロディアスでイイ!この曲は所々デスボイスが使われているが聴きずらいという事はない。1曲目から最高に癒される曲だ。


2曲目 This Is Your Life               ☆☆☆☆☆

スペースチックなイントロがイイ。骨太なリフもリズミカルだ。サビも疾走感のある爽やかで哀愁も感じられてキャッチーだ。浮遊感のある冷たいキーボードの味付けも見事な曲。ギターソロもシンプルでイイ。マイスペースでこの曲を聴いてTHRESHOLDにはまるきっかけとなった曲。


3曲目 Elusive                     ☆☆☆☆☆

怪しいギターメロディが繰り返されるイントロからデスボイスと交わった歌声に繋がる。浮遊感のあるコーラスと交わるサビはキャッチーでVoダミアンの歌声はとても癒される。ドラマ性の高いギターソロは聴いていて気持ちがイイ・・・


4曲目 Hollow                     ☆☆☆☆☆

骨太で力強いリフからピアノの美しく切ない音色となるイントロから最高だ。訴えかけるような力強いサビの後に一気に静かに美しく哀愁漂うピアノに展開する所はドツボだ。静と動が素晴らしくたまらない。ノリがイイシンプルなギターソロも○。全体的に浮遊感のあるスペースチックなキーボードの音色がイイ感じ。癒される最高のバラードだ。


5曲目 Pilot in the Sky of Dreams        ☆☆☆☆☆

ピアノとVoの優しい歌声ではじまり徐々に盛り上がっていくとても美しく幻想的でドラマティックな長編曲。2分からまた展開が変わりギターが交わりアップテンポに展開する。浮遊感のあるキャッチーなサビはどこか聴いた事のあるような美しいサビメロだ。5分後半からまた展開が変わる。ノリが良く明るいコーラスがイイ感じだ。ギタープレイも弾きまくりでイイ。そして中盤の展開に戻りサビを聴かせて、はじまりのピアノの展開に戻り終わる。9分後半あるがまったく飽きさせないドラマティックな展開で素晴らしい。


6曲目 Fighting for Breath             ☆☆☆☆

奇妙なイントロが印象的だ。リフの音はヘヴィだがノリがイイ。サビもアップテンポでキャッチーだ。8分前半あるがシンプルな展開でまあまあだ。


7曲目 Disappear                   ☆☆☆☆☆

ピアノの哀愁漂う美しいイントロから○。DJのようにキュッキュした音もイイ味付けだぁ。浮遊感のあるサビも哀愁が漂っておりキャッチーでイイ!!最後に美しいピアノで締める。


8曲目 Safe to Fly                  ☆☆☆☆☆

落ち着いた雰囲気が心地イイ曲。サビもキャッチーで癒される歌メロだぁ・・・。安定したギターソロもイイね。最後の暗いピアノの音色もイイ感じ。


9曲目 One Degree Down              ☆☆☆☆

8分あるドラマティックな曲。ヘヴィでリズミカルなリフではじまる曲。シリアスなキーボードのメロディもいい味。明るめのサビもいいねぇ。最後を締めるギターソロはドラマティックで壮大だ。



このアルバムはプログレと言っても10分以上の曲はないし、特別難しい感じには聴こえないし、メロディ、歌メロがとてもキャッチーだしコンパクトに仕上がっており聴きやすいのでプログレハードとも言えるかも。曲調もジャケットに合っている感じで、浮遊感のある心地よい雰囲気が感じられて癒される。Voの深い歌声にも表現力があり個人的に好きな声質だし、ギターの骨太な音も好きだし、ドラムの音も個人的に好きな音だ。長編曲も飽きない展開で聴き応えがあり苦労せずに聴ける。1~5曲目の流れは素晴らしく一気に聴ける。どの曲も個性がありフックのあるメロディ、キャッチーな歌メロがあるので捨て曲がない。個人的にツボにはまって、今スルメアルバムとなっている。これからプログレを聴きはじめたい人にオススメだし、メロディアスなバンドが好きな人にもオススメできる。



アルバム点数 89



4曲目 HollowのPV http://jp.youtube.com/watch?v=YpEno7HALhI

PVかわからねー・・・

5曲目 Pilot in the Sky of DreamsのPV(短いバージョン) http://jp.youtube.com/watch?v=2qw1M-e0CeQ

イイ曲すなぁ

IN FLAMES - A SENSE OF PURPOSE レビュー



早速、本日26日リリーススウェーデン出身のエクストリームメロディックデスメタルバンドIN FLAMESの9作目のアルバム「A SENSE OF PURPOSE」を紹介。このアルバムはボーナストラックも素晴らしいので今回は一緒に紹介。



1曲目 The Mirror's Truth            ☆☆☆☆☆
「急げ!急げ!」と煽る感じのイントロから、作業的でシンプルなリフからフニャとしている叙情的ギターメロディも良い感じ。ドラマチックにはじまるサビは叙情的でアンダースの歌声はカッコよく、同時に聴こえるクリーンな哀愁漂うコーラスも叙情的でとてもキャッチーだし裏で鳴るギターメロディも印象的だ。サビに入る前のドラミングはカッコイイね。浮いた感じのスペースチックなシンセのメロディも良い。シンプルで叙情的なメタルソングだぁ。


2曲目 Disconnected               ☆☆☆☆☆
イントロからテンポ速めで攻めてくる行進のようなリフはカッコ良く、アンダースの攻撃的な歌声も良い。叙情をギュっと閉じ込めたかのようなサビの悲哀感じるギターメロディ、アンダースのキャッチーで叙情的で絶望的な歌声は個人的にツボだ。中盤の爆発的なコーラスも好きだ。静かになってからラストのサビに入る前で「イヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」と絶叫するアンダースのシャウトは胸にグッっと来てたまらなくイイ!!彼らしか作り出せない曲だろうなぁ、と感じる。


3曲目 Sleepless Again             ☆☆☆☆
アコギの美しいメロディからはじまり急に勢いのあるドラミングが入りアグレッシブに展開する。急ぐ感じのアンダースの歌い方も良い。すぐにはじまるサビは浮いた感じのミョ~ンとしたコーラスとシャウトとが交わりキャッチーだが異色な感じだぁ。シンセが奏でる、冷たく感じるメロディも良い味だ。初期のインフレを思わせる叙情的で哀愁漂うギターソロも美しく心地がイイ・・・


4曲目 Alias                    ☆☆☆☆
イントロから「Soundtrack To Your Escape」アルバムの冷たい雰囲気を出すシンセのメロディがイイ!!クリーンな声で歌う歌メロもキャッチーで横ノリしたくなる曲調だ。中盤のアコギのソロも美しい・・・。全体的にゆったりとしていて冷たく哀愁が感じられる美しい曲。


5曲目 I'm The Highway             ☆☆☆☆☆
ノリがイイ感じの明るくキャッチーなリフからアップテンポに展開していく。ドラムの「ダダッ!ダダッ!」から疾走するサビはシャウトとミョ~ンとしたコーラスが交わり、哀愁が感じられる。サビの裏でなるギターハーモニーも叙情的だ。ギターソロも明るめでイイ感じだぁ。明るいリフが印象的な曲。


6曲目 Delight And Angers           ☆☆☆☆
ジャン!ジャンジャジャン!からはじまるミドルテンポでヘヴィな曲。この曲もクリーンボイスなコーラスとシャウトとがサビで交わり歌メロがとてもキャッチーだ。横ノリが合いそうなポップな雰囲気を持つ曲だ。


7曲目 Move Through Me            ☆☆☆☆☆
ヘヴィで攻撃的なイントロからはじまり、全体的に力強いシャウトで歌うアンダースの歌い方がいい。全体的に聴こえるシンセのメロディも「Soundtrack To Your Escape」のような雰囲気を持っていて冷たく美しい。サビでの何かを訴えかけるような力強い歌い方もカッコイイ!ギターソロもドラマ性があり、メロディアスで叙情的で最高だ。


8曲目 The Chosen Pessimist         ☆☆☆☆☆
彼らの新基軸的な8分ある非常にドラマティックな長編曲。はじまりから静かなギターメロディが一定に続き雰囲気は冷たい。徐々に切ないギターメロが交わっていき、シンセが奏でる水滴のように落ちる冷たいメロディのが作り出す雰囲気はキングクリムゾンのように個人的に感じた。そして2分過ぎからVoが入る。アンダースの歌い方は繊細で優しく悲哀を出しながらささやく様に歌う。中盤で鳴るシンセのメロディも壮大で幻想的に感じさせる。6分過ぎから徐々に盛り上がり力強く絶望的な歌い方をするアンダースとシンセの劇的で壮大で絶望的で恐怖すら感じる冷酷なメロディは最後まで繰り返し鳴り続く、これがまたドラマティックでイイ・・・その劇的なメロディがピタッと急に止まる終わり方もイイ。最初から最後まで飽きさせない見事な展開をしている。こんな曲を作れるIn Flamesはアルバム毎に新しい何かを作り出そうとしている姿勢がほんとに素晴らしい。


9曲目 Sober And Irrelevant          ☆☆☆☆☆
前のドラマティックな曲から一転してイントロから攻撃的に疾走している。リフも彼ららしいザクザクしたリフだ。サビも疾走感がありアグレッシブだし、シンセのメロディも浮遊感がある。そのサビが終わった後にギターがメロディアスに弾きまくっているのもイイ!!ギターソロのハーモニーも叙情的でメロディアスでカッコイイ。全体的にギターの叙情的でメロディアスなハーモニーが目立っている。


10曲目 Condemned               ☆☆☆☆☆
ミドルテンポでヘヴィなイントロからはじまる。メロディアスなギターメロディから入るサビはクリーンなコーラスも交じりアップテンポでポップな雰囲気もありとてもノリノリでキャッチーだ。奇妙な雰囲気を出しているギターソロもいい感じ。


11曲目 Drenched In Fear           ☆☆☆☆☆
リズミカルで楽しくノリがいいリフが印象的だ。アンダースの歌唱もアグレッシブ。徐々に盛り上がって入るサビは前の曲の匂いを感じる明るくキャッチーで、一緒に歌いたくなるような歌メロでピョンピョン飛び跳ねたくなるようなリズムだ。サビと同時に入る「イヤアアアアアアアア」という絶叫もたまらない。


12曲目 March To The Shore         ☆☆☆☆
イントロからメロディアスに怒涛に突っ走る。リフもスピーディだ。ミョ~ンとしたクリーンなコーラスとシャウトが交わるサビは冷たく哀愁が漂っていてキャッチーだ。ギターソロのハーモニーも叙情的でメロディアスだ。


13曲目 Eraser (ボーナス)          ☆☆☆☆☆
Arch Enemyの曲のようなブルータルなはじまりから「イヤアアアアアアアアアアアアアアアア!!」と叫ぶアンダースのシャウトはたまらない。スピード感あるリフも○。アンダースの歌唱もアグレッシブで攻撃的で絶叫しまくりで気持ちがいい。Bメロの歌い方が急いでいる感じがして好きだ。サビもArch Enemy風なメロディでアグレッシブでアンダースも絶叫しまくっている。ギターソロもメロディアスで叙情的で哀愁が感じられる。正直本編の曲を間違いなく食ってるこんなイイ曲がなぜボーナス?と疑問に思う。本編の曲と雰囲気が違うから外したのかな?このボーナスは贅沢なボーナス曲で聴く価値あり。


14曲目 Tilt(ボーナス)            ☆☆☆☆☆
ミドルテンポな曲。サビは絶望的で悲哀が漂っているしキャッチーだ。この曲も本編に入っていてもおかしくない出来をしている。ギターソロもメロディアスで叙情的なハーモニーが見事。


15曲目 Abnegation(ボーナス)       ☆☆☆☆
イントロから突撃的なリフでイイ感じ。「ア~」という力が抜けたような変な声からはじまるサビは叙情的で力強い感じだ。このボーナスも本編に入っていてもおかしくない素晴らしい出来。ギターソロもメロディアスで哀愁が感じられる。



このアルバムは個人的に「Soundtrack To Your Escape」の冷たい雰囲気、「Come Clarity」の攻撃的なアグレッシブさ、「Reroute To Remain」のポップさとキャッチーさをあわせ持つ、3枚のアルバムを足して3で割って更にそれから新しいIN FLAMESの要素を追加した印象を受けた。なので曲のバランスはとても良く、メロディアスだしキャッチーで聴きやすい感じはするが全体的に雰囲気が大きく変わるという事がないので、単調に感じるかも知れない。あと音質がマイルドに滑らかに感じ、デジタルで「Come Clarity」のようなメタリックな感じが減っている。Voアンダースのサビで入るコーラスの声も新しく不思議な感じがして新鮮だった。1、2曲目はIn Flamesらしい叙情が詰め込まれたアグレッシブでストレートなエクストリームメタルで掴みはOK。他の曲も過去3枚のアルバムそれぞれの雰囲気が感じられる場面もあり粒揃いの曲だ。特に8曲目は挑戦的でIn Flamesの中では新しい感じの長編曲で、とてもドラマティックで素晴らしく、賛否両論かもしれないが個人的には「賛」だ。この8曲目以降がドラマティックで一気に聴かせてくれる。ボーナス3曲全部本編に入ってもおかしくないほど良質な出来をしており聴く価値ありだ。従来のIn Flamesファンは聴いても損はないと思う。少なくとも最近のアルバムの「Reroute To Remain」と「Soundtrack To Your Escape」よりはイイ出来をしていると思う。ツインギターソロも初期の美しいソロを思わせる場面があり、たまりませんなぁ。



アルバム点数 90



1曲目 The Mirror's TruthのPV http://jp.youtube.com/watch?v=bcc3p2giBsI

奇妙なPVだが曲はイイ。


10曲目 Condemnedが聴けるビデオ http://jp.youtube.com/watch?v=gvidkyYf7Qc

13曲目 Eraser (ボーナス)が聴けるビデオ http://jp.youtube.com/watch?v=9DaUvLsOqLc

最近よく聴いている曲

Thresholdの「Dead Reckoning」からHollow

http://jp.youtube.com/watch?v=YpEno7HALhI

静と動が美しく個人的にツボ


All That Remainsの「The Fall of Ideals」からThis Calling

http://jp.youtube.com/watch?v=UcfLkrDXdn8

サビが良すぎ


Arch Enemyの「Burning Bridges」からAngelclaw

http://jp.youtube.com/watch?v=Eet1t3sfL8w

メロディアスな疾走感とギターソロが最高


Bullet for My Valentineの「Scream Aim Fire」からScream Aim Fire

http://jp.youtube.com/watch?v=WoT1oRnSK88

ストレートにカッコイイ


Burnの「Global Warning」からForgive Me

メロディアスハードで久しぶりにツボに来た


Dark Tranquillityの「Fiction」からFocus Shift

http://jp.youtube.com/watch?v=yCeRS3nhSKE

キーボードの音色が美しすぎる


Northerの「Death Unlimited」からDeath Unlimited

http://jp.youtube.com/watch?v=EUUo9crSdf8

「Death Unlimited!!!」の繰り返しがたまらない


Northerの「N」からWe Rock

http://jp.youtube.com/watch?v=gUlDLN3NKYU

「We Rock!!」の所が最高に盛り上がる。


Mikaの「Life In Cartoon Motion」からRelax, Take It Easy

http://jp.youtube.com/watch?v=Be6jlCuMvVQ

雰囲気がツボにきた、アルバム全体的に良かった。


Night Rangerの「Greatest Hits」から(You Can Still) Rock In America

http://jp.youtube.com/watch?v=AoFB4-5MLN0

爽快感溢れるロックンロールでノリノリになれる


Royal Huntの「Paradox II: Collision Course」からTears Of The Sun

http://jp.youtube.com/watch?v=Ygvdj20Pvvg

はじめの女性Voの力強い歌声からお腹いっぱい


だいたいこんな感じかな~。


最近プログレの聴く幅を広くしようかなぁと思ってるがイイバンドが多すぎてどこから聴こうか悩むなぁ。

SIXX: A.M. - THE HEROIN DIARIES SOUNDTRACK レビュー


SIXX: A.M.Motley Crueのbニッキー・シックス、元BEAUTIFUL CREATURESのギタリストDJアシュバアラニス・モリセットらの作品に関ってきたジェイムス・マイケルVo・gのトリオで編成されている。この「THE HEROIN DIARIES SOUNDTRACK」はニッキーがドラッグ漬けだった80年代後半の日々を綴った自伝「THE HEROIN DIARIES」を基にされているアルバムだ。音楽性はモダンなグラムロックな感じだが、壮絶な自伝を基にしてるだけあって曲の雰囲気は明るくはないがその微妙に暗く、悲しい雰囲気がまたイイ。



1曲目 X-mas In Hell              ☆☆☆

ニッキーの深い語り声がはじめに入り、中盤から「ナーナナ」という子供の合唱コーラスがはじまるサントラ的な曲だ。このコーラスがまた奇妙な世界観を作り出していてイイ。コーラスの裏でなる怪しいギターメロも奇妙だ。


2曲目 Van Nuys                 ☆☆☆☆

悲しいピアノのイントロからジェームスの静かで暗い雰囲気をかもし出す歌声が入り、クラブミュージックのような雰囲気を持つ曲だ。全体的に暗く、絶望的な感じすらする。ジェームスの声質は深く、歌声は表現豊かでとてもイイ・・・


3曲目 Life Is Beautiful             ☆☆☆☆☆

アコギの美しい音色からハードに展開するストレートなモダンなグラムロック。妙に浮いたようなリズミカルなリフはイイ。ジェイムズがパワフルで力強く歌い上げるサビはキャッチーで美しく、一気に明るく盛り上げる。アシュバのギターソロも奇妙で雰囲気がとてもイイ!!


4曲目 Pray For Me               ☆☆☆☆☆

アップテンポでノリが良いリズム、リフが良い感じのグラムロック。ジェイムズの歌い方も病んでいるかのように感じる。サビのジェイムズの歌い方も伸びやかで力強く、キャッチーでカッコイイ。サビのメロディ、雰囲気が何かに助けを求めているようだ。


5曲目 Tomorrow                 ☆☆☆☆☆

哀愁漂うイントロのメロディから悲しい雰囲気でアコギの音色も心地よい。そして一気に盛り上がるサビ、「Tomorrow~」と繰り返し、張り上げて歌うジェイムズの歌声はキャッチーでたまらなく切ない。後半静まって一気に盛り上がるラストのサビに入る前のドラミングがとてもカッコ良くドラマティックだ。


6曲目 Accidents Can Happen        ☆☆☆☆☆

静かなアコギとジェイムズの哀愁漂う歌声のするイントロから良い・・・。徐々に盛り上がって入る力強く、悲哀満載でキャッチーにジェイムズが歌い上げるサビは切なく美しい。ギターソロもスリリングで切なく、悲哀が感じられる。


7曲目 Intermission               ☆☆☆

おもちゃ屋に迷い込んだようなキラキラしたパーティのようでどこか恐怖を感じるインスト曲。この曲もニッキーの語りが入る。アグレッシブで劇的に展開する中盤も良い。後半入るギターのメロディも奇妙で怪しい雰囲気をかもし出す。ラストを締めるピアノの音色も絶望的で怖い・・・


8曲目 Dead Man's Ballet           ☆☆☆☆

嫌な過呼吸を繰り返す奇妙な声からはじまり、助けを求めているようなジェイムズの歌声とピアノのイントロからインパクト大だ。だが急に静まってはじまるサビは聖歌のような美しいコーラスが入り、壮大で天に召されるようだ。全体的にピアノが暗く怖い音色で、ドンドンと迫る太鼓のような音も恐怖感を増す。光と闇が交差する見事な曲展開をしている。


9曲目 Heart Failure              ☆☆☆☆☆

ヘリが飛ぶ音と悲しいピアノの音色とニッキーの語りではじまるストレートに展開する曲。リフは繰りかえし迫ってくるようでとてもヘヴィだ。力強くジェイムズが歌うサビはで緊張感がありキャッチーだ。サビ裏の奇妙なメロディも良い。ギターソロはとても爽快感があり爽やかに駆け抜けるようでカッコイイ!!この曲にはニッキーの語りは入れてほしくなかったなぁ・・・


10曲目 Girl With Golden Eyes        ☆☆☆☆

ピアノとアコギのゆったりしたイントロからはじまる全体的に静かに進む曲。サビは美しいコーラスと哀愁漂うジェイムズの歌声が交わり横ノリしたくなるような癒されるサビをしている。この曲でもニッキーの語りが中盤に入る。


11曲目 Courtesy Call             ☆☆☆☆☆

単音のギターメロディとジェイムズの歌声で展開し突如盛り上がり繰り返されるサビでは奇妙で危機迫るような雰囲気が出ていて恐怖も感じる。ラストのサビに入る前の展開は劇的で好きだ。


12曲目 Permission               ☆☆☆☆

カントリーな雰囲気を感じられるゆったりテンポな曲。横ノリしたくなる雰囲気だ。サビも美しいコーラスと交わりとても良い。


13曲目 Life After Death            ☆☆☆

ダークなベースの音からさまざまな楽器が入り、奇妙キテレツに怪しく聴こえるインスト曲。ギターのゴワゴワした音も良い味出している。後半で入る少女の合唱コーラスは奇妙な雰囲気だぁ。



自伝のサウンドトラック的な感じだし、ニッキーの語りとかが入っているから物語を楽しんで聴くのが良い聴き方なのかもしれない。だがストレートなグラムロックチューンもあり、これがまた良い曲なんだなぁ。特に3曲目、5曲目、6曲目は普通に楽しめる良質でモダンなロックチューンだ。ジェイムズの歌唱も素晴らしく力強い歌い方、エモーショナルな歌い方と使い分けていて表現力豊かで上手い。DJアシュバのギタープレイも色々な展開を聴かせていて見事だ。悲しく切なく、胸にグッと来る哀愁漂うロックが好きな人にオススメ。



アルバム点数 87



3曲目 Life Is BeautifulのPV http://jp.youtube.com/watch?v=MJDDxHIaaVk

再生数すげー
5曲目 Tomorrow
のPV? http://jp.youtube.com/watch?v=OQbxJmL98f8

PVか分からない・・・

6曲目 Accidents Can HappenのPV http://jp.youtube.com/watch?v=Nan4Kdtz-9w

こりゃええでー。ギターソロも良い!!


9曲目 Heart Failureの曲が聴けるビデオhttp://jp.youtube.com/watch?v=nU_jZqrHP9M

モトリー時代の写真とかが使ってあってイイ作りだ。



Motley Crueのニューアルバムはどうなってるのかなぁ?今年中にリリースされるのか期待大。

記事検索