Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

2009年09月

【次回予告】ゴジラゴジラゴジラがやってきた♪

EPICAの新曲「Unleashed」のPVを公開!!

 まずはEPICAのネタじゃなく、11月にリリースされるKatatonia の新作「Night is the New Day」についての情報なんだけど、どうやらシングルカットされる曲が「Day & Then The Shade」に決まったようです。そのシングルは10月下旬頃にリリースされ、PVも撮影される模様。チョー楽しみ!!・・・ってか、先にフリーDLできた「Forsaker」がシングルじゃなかったのね、意外。「Night is the New Day」のトラックリストは以下で。


01. Forsaker
02. The Longest Year
03. Idle Blood
04. Onward Into Battle
05. Liberation
06. The Promise Of Deceit
07. Nephilim
08. New Night
09. Inheritance
10. Day & Then The Shade
11. Ashen (*Swedish edition CD and vinyl edition bonus track)
12. Departer



 Dir en greyのニューシングル「愛しさと切なさと心強さと」・・・・(笑)、もとい、「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」12月2日にリリースされるようです。そのシングルに収録される2曲のミキシングには、なんと!!OPETH「GHOST REVERIES」「WATERSHED」、ここ最近の2作を手掛けているイェンス・ボグレンが担当してるらしいです。マスタリングにはテッド・ジェンセンを起用との事。これは予想以上の凄い「モノ」ができそうな布陣ですね~。正直、「WATERSHED」のミキシングはあまり良くなかったんで、できるなら「GHOST REVERIES」の頃のミックスにしてほしいですね。まぁ、OPETHの音質全盛期(笑)は、「Still Life」「Blackwater Park」の頃なんだろうけどねっ。収録されてる曲も、その2作がズバ抜けて良いしねっ。とにかく、dirのシングルめっさ楽しみっすわ。想像するには長尺の曲になりそう。度肝を抜いてくれる事に期待!!!



HR/HMのCDをてけとーにレビューするブログ


 オランダシンフォニック・メタラーEPICA のニューアルバム「Design Your Universe」から、「Unleashed」のPVを公開!!

ドラマ仕立てのPVですねぇ。ちゃっかりメンバーも混じったりしてます。シモーネたんのナース姿・・・(●´ω`●)ゞ曲はメガドラマティックでキャッチー、尚且つベタでクサめなサビ・・・最高過ぎるわっ・・・!!!こりゃー前作の「The Divine Conspiracy」を余裕で越えてきそうな、つまりは最高傑作ができちゃうそうな予感・・・!!!ちゅーかこのPVの1分13秒くらいにノイズ入ってねーか?


「Design Your Universe」のトラックリストと、「Unleashed」のPVは以下で。


01. Samadhi (prelude)
02. Resign to Surrender (A New Age Dawns - Part IV)
03. Unleashed
04. Martyr of the Free Word
05. Our Destiny
06. Kingdom of Heaven (A New Age Dawns - Part V)
07. The Price of Freedom (interlude)
08. Burn to a Cinder
09. Tides of Time
10. Deconstruct
11. Semblance of Liberty
12. White Waters
13. Design Your Universe (A New Age Dawns - Part VI)


3曲目の「Unleashed」のPV

Official "UNLEASHED" videoclip

INME 「Herald Moth」 レビュー


HR/HMのCDをてけとーにレビューするブログ

UK産のオルタナティブ・ロック/メタル・バンドの4人組、InMe の約2年振りの4作目「Herald Moth」を紹介。



1. You Won't Hear From Me Again  ★★★★★
2. Belief Revival             ★★★★★
3. Nova Armada              ★★★★
4. All Terrain Vehicle          ★★★
5. Captain Killjoy             ★★★★
6. The Art Of Moderation        ★★★★☆
7. Single Of The Weak          ★★★★
8. Ferocity In Desire           ★★★★☆
9. Happy To Disappoint You      ★★★★
10. I Will Honour You           ★★★
11. A Mouthful Of Loose Teeth    ★★★☆
12. Master Storm             ★★★★



前作の3rd「Daydream Anonymous」はこのブログでもレビューしたし、内容もすごく気に入ってたんで、次のアルバムどうなるんだろうなー?って思ってたんだけど、新ギタリストのベンを迎え4人体制で作られた約2年振りの4作目となる本作の「Herald Moth」は、「オルタナ・メタル」と呼べそうなほどメタリックな硬さのあった前作の流れをしっかりと感じさせながら、更にプログレッシブかつテクニカルに、そしてポップ/エレクトロ/スペーシーなアレンジやシンセ/ストリングス等のキャッチーな音を積極的に取り入れた、幅の広い音楽性をアピールする作風となっている。

前作ほどの音の「メタル度」は薄い、つまりはメタリックだった前作より音圧が抑えられた「軽め」な音なんだけど、相変わらずリフはメタルメタルしてるし(特にインストパートのメタルっぷりは凄い)、本作では更にテクニカルかつトリッキーに駆け回るリフが増量し、全体的にメタルに寄り過ぎない、適度に気持ちいいヘヴィなダイナミズムが強調されているが、楽曲のノリはあくまでダークな雰囲気をメインとしたオルタナティブ・ロックという印象だ。ギターの存在価値が増しているのは、新ギタリストが加入した影響が大きいんだろうね。Gソロとかも印象的なのが多いしね。とにかく、全ての面で、何かが吹っ切れたかのような、思い切った曲作りが本作ではできている様な気がした。「ヘヴィ」な部分はトコトン「ヘヴィ」に、「テクニカル」な部分はトコトン「テクニカル」になってる部分も、その「思い切り」が感じられたりするんだ。

しかし、ポップなアレンジやテクを魅せるギターがめっさ強調されたアルバムではあるんだが、その一方で如何せん歌メロが弱いというか、前作のようなフックのある歌メロが少ないよーな気がしないでもないんだ。歌メロに関しては前作や前々作の方が良いと思う。歌メロが弱いせいで、楽曲に個性や強いフックがないように聴こえてしまうかも。けど、それは曲それぞれのアレンジで上手い事カバーできてると思う。あとは好みの問題かな。要は、前作や前々作の歌メロと今作のアレンジやラフな音作りが組み合わされば文句ナシのアルバムが出来ちゃうんじゃね?って事です。あっ、あと、ダミ声に近いアグレッシブなスクリームが増えてて、これがなかなか良い効果を生んでるんですよ。


過去の雑念を吹っ切るかのような、トリッキーなリフやヘヴィネスが強烈なリフがINMEらしい、ポップで爽快かつキャッチーなキラーチューンの1「You Won't Hear From Me Again」で幕を開け、ギターの爽やかなメロディが迸るメロディや、エレクトロなアレンジが効いた2の「Belief Revival」も、1と同様にツカミの良いキャッチーなナンバー。この頭の2曲は特に良いです(・∀・)プログレッシブかつダークな3の「Nova Armada」も実にINMEらしい曲で、ズンズンとメタルなアピールしまくりなインスト部分も聴いててすげー気持ち良いです。壮大なストリングスとアコギでゆったり美しく展開する4、アップテンポなノリを持った5はメタル的なGソロに痺れます。。。激ヘヴィ/ソリッドかつプログレッシブなイントロから超メタルしてる曲で、ポップなアレンジが効いたサビとのギャップがたまらない6の「The Art Of Moderation」。この曲のGソロも流麗なツインリードとかピロピロピロピロと弾きまくったりとか、めっちゃ気合が入りまくってる。全体的にポップでメロディアスな7、哀愁を帯びたサビが地味に良い8はインストパートがメガヘヴィでかなりメタルしちゃってます。8も6と同じくインストパートに気合入りすぎててヤバイ。哀愁が効いた9もインスト部分がすげーテクニカル。10はエンヤみたいなアレンジが癒されるスローで大人しいナンバー。だいたいそんな感じかな。


初め聴いた時は「ちょっと地味かな?」って思ったんだけど、数回聴いていく内にだんだん好印象に変わっていった。本作での音圧の変化については、ちょっと首を傾げたくなったりするんだけど、曲の内容は前作と同じくらい「良い」です。しっかりと「成長」を感じさせてくれて、ファンとしては嬉しい限りですわい(^O^)という事で、普通に気に入りましたね、このアルバム。「良盤」っすね。・・・・・うん、やっぱ僕、INME大好きです。InMeの曲から伝わって来る「あの感じ」は結構日本人好みだと思うんだけどな~。日本での人気はどうなんでしょ?

ちょいとプログレッシブでちょいとヘヴィなハード・ロックっつー感覚で手軽にサクッと聴けちゃうバンドだと思うので、US産のCOHEED AND CAMBRIA や同郷のFUNERAL FOR A FRIEND 、そしてつい先日再結成のアナウンスがされたDizzy Mizz Lizzy 等の、この手のバンドが好きな方なら是非とも聴いてみてほしい質の高いバンドです。つまりは僕みたいな「ポスト・メタラー」に打って付けのバンドって事です。


ちゅーか、過去に書いた前作のレビューを見直してみたら・・・なんかPanic! At the Disco がアメリカのバンドとか書いてるし・・・やべぇ・・・黒歴史過ぎてヤバイ・・・。こんな間違った事を書いてた時期の記事にある点数とかくれぐれも当てにしないでくださいね・・・(^o^;)・・・あっ、今現在もですけど。。。



7.0+ / 10


 

ヘラルド・モス
ヘラルド・モス
posted with amazlet at 11.01.17
インミー
ビクターエンタテインメント (2009-09-16)
売り上げランキング: 152911

PORCUPINE TREE 「The Incident」 レビュー


HR/HMのCDをてけとーにレビューするブログ
奇才スティーヴン・ウィルソン率いるUK産のプログレッシブ・ロックバンドの4人組、Porcupine Tree の約2年振りの通算10作目のオリジナルアルバム「The Incident」を紹介。



Disc I

1 - Occam's Razor
2 - The Blind House
3 - Great Expectations
4 - Kneel And Disconnect
5 - Drawing The Line
6 - The Incident
7 - Your Unpleasant Family
8 - The Yellow Windows Of The Evening Train
9 - Time Flies
10 - Degree Zero Of Liberty
11 - Octane Twisted
12 - The Séance
13 - Circle Of Manias
14 - I Drive The Hearse


Disc II
01. Flicker
02. Bonnie The Cat
03. Black Dahlia
04. Remember Me Lover



UK産のプログレッシブ・ロックバンド、Porcupine Tree の節目となる通算10枚目のスタジオ作で、本作はDisc 1の「The Incident」が14のパートに分かれた約55分ある組曲で、Disc 2が約20分あるこれも組曲的な曲で、その2組のトータルタイムが約75分で構成を2つに分けた超大作に挑戦しているアルバムなんだけど、まずは本作の目玉であるDisc 1の「The Incident」についての印象をばをば。

常にエクスペリメンタルなロックを追及しているPorcupine Treeだが、さっそく本作をあえてジャンル付けしてみるならば、予想外に「オルタナ」色の感覚が強いです。ヘヴィな路線は前作の「Fear Of A Blank Planet」や前々作の「Deadwing」でもう十分にやり切りましたと言わんばかりのサウンドのスタイルチェンジを本作で遂げており、前作の暗鬱/陰鬱な雰囲気を醸し出していたダークな世界観やメタリックでヘヴィなギターも同時に払拭され、過去の作品で例えるなら「Lightbulb Sun」や「In Absentia」の頃に近い、アコースティックなパートやポップでポジティブな明るい雰囲気を全体的に強調した作風に変化しているんだ。要は、少しばかり聴きやすくなった「オルタナ」寄りの「プログレッシブ・ロック」とでも言うのかな。だがしかし、ヘヴィ路線の作品を想起させる部分が完全に無くなったという訳ではなく、前作ほどメタリックでは無いが雰囲気は前作っぽいヘヴィでダークなGリフや、暗鬱でディープなパートも随所に存在しているので、前作からサウンドがガラッっと変わったとは、完全には言いきれないかも。基本的にヘヴィなパートはインストパートに盛り込まれ、そのせいかメリハリが効いた曲が多く感じる。つまりは、これまでのアルバム(特に中期~後期)の部分部分を切り取り貼り付けして14パートの組曲にしちゃいました、みたいな、さすがに「切り取り貼り付け」っつーのはネガティブな誤解を招く例え方かもしれないけど、アバウトに本作を例えちゃうと大体そんな感じになっちゃうのかなーって思った。だから、このアルバム独自の「カラー」というのは意外にも薄い作品なのかもしれない。そう、どこか「中途半端で統一性のないアルバム」というレッテル貼りができそうなほどに・・・。全体的にサッパリし過ぎで、これまで以上に「プログレッシブ」な要素が薄いような気がするのよねぇ。。。これまでの作品ではあったハズの、「次にどんな展開が待ってるんだろう」というワクワク感がないんだ。なんていうんだろう、「オルタナ」の音で「プログレ・メタル」をやってるかのような、そんな中途半端な気持ち悪さがあったりするんだよね・・・。とにかく、色々な音に手を出しすぎて「中途半端」に聴こえちゃうんだ。まぁ、実際にライブで聴いてみれば、また印象が変わってくるかもしれないけど。。そういったネガティブな感想がボロボロと思いついちゃうと、Porcupine Treeもそろそろネタ切れなのかなぁ・・・という不安と、早くも次のアルバムどうなるんや?という余計なお世話が生まれちゃうわけです。PTは11月に新作が予定されてるKatatonia とのツアーを控えてるわけだが・・・この内容じゃーKatatoniaに食われちゃうんじゃね?新譜の内容も同様に。
とにかく、14ものパートの中で目まぐるしく場面が移り変わっていく「The Incident」のハイライトとなる曲を上げると、新鮮な雰囲気を持った曲で、「歌っている」感覚が非常に強いオルタナ的な5の「Drawing the Line」、ヘヴィでディープな暗い雰囲気が近年のPorcupine TreeOSI さん的なモダンなプログレ・メタルっぽいタイトルナンバーの6「The Incident」、そして約11分ある大作の「Time Flies」、この3曲は特に大きなポイントとなってるんじゃないかなー。1のイントロの「ジャーン!!ジャーン!!ジャーン!!」っつーのや、2の「The Blind House」は妙にDream Theater っぽかったりする。過去作と比べると、曲は若干聴きやすく分かりやすくなってるんだけども、予想以上にのめり込めないんだなぁこれが・・・何故だろう??結局は何が言いたいかと言うと、大作なのに意外にもインパクトが弱いという事です。・・・まぁこれが「The Incident」を一通り聴いた感想ですかねぇ。Disc IIは基本的にダークな雰囲気で近年のPTやスティーブンのソロアルバムやOSIさんっぽい感覚が強いです。


本作を聴いて思ったんだけど、個人的に短い曲を多く挟んで「1曲」という感じの作品は苦手なのかも・・・ってね。最近で言えばdredg の新作がそんな感じだったけど、dredgの場合は全然気にならなかったし、その構成がむしろプラスに働いていた感があったんで、その時は苦手な印象は皆無だった。しかし本作の場合は何故か違和感というか、すごく聴き辛い感触があるのよねー。率直に言っちゃうとダレる。4、5分以上の曲の出来栄えがなかなかイイだけに、尚更余計にうざく感じる。つーか、単純にPorcupine Treeにこのスタイルは合わないだけなのかもしれないね。どうせなら14パートに分けず、思い切って全部繋げちゃえば良かったのに・・・とか思ったりするのは僕だけじゃないはず。


今年出たRiverside の新作みたいに、聴き込めば徐々に良さが分かってくるアルバムだと真に願いながら暫らく聴き込んでみますかねぇ。そんな感じに自分を慰めつつも、けどやっぱり「In Absentia」や「Fear Of A Blank Planet」、「Deadwing」やスティーヴンのソロ作の「Insurgentes」を上回りそうな「凄み」や「深み」が全くと言って感じられないんだが・・・\(゜□゜)/・・・と、すげーネガティブな感想ばっか書いてるように見えますが、普通に「良いアルバム」ですよ>本作。僕がPorcupine Treeのファンだからか、どうしても「Porcupine Tree」という名でハードルが高く配置されているせいか、その異常にも高すぎたハードルには本作は届かなかったというだけで・・・ね。どうしちゃったのスティーヴン?う~ん・・・今の煮え切らない印象のままだったら、Muse の新譜のが断然好きかもしれんなー。MuseはMuseで突っ込みどころ満載な新譜だったんだけどね(苦笑)


8.0 / 10


 

Incident
Incident
posted with amazlet at 11.01.17
Porcupine Tree
Roadrunner Records (2009-09-15)
売り上げランキング: 90213

INSOMNIUM 「Across the Dark」 レビュー


HR/HMのCDをてけとーにレビューするブログ

北欧フィンランド産のメロディック・デス・メタルバンドの4人組、Insomnium の約3年振りの4作目「Across the Dark」を紹介。



1. Equivalence              ★★★
2. Down with the Sun         ★★★★★
3. Where the Last Wave Broke   ★★★★★
4. The Harrowing Years        ★★★★
5. Against the Stream         ★★★★☆
6. Lay of the Autumn         ★★★★
7. Into the Woods            ★★★★
8. Weighed Down with Sorrow    ★★★★☆



フィンランド出身の彼らInsomnium の音楽性は、率直に言っちゃうとスウェーデンのDark Tranquillity タイプのスウェディッシュ/イエテボリ・メタルをやってるんだけど、このInsomniumのサウンドは、Dark Tranquillityの近代的なモダンさを取り除き、壮大かつシンフォニックなストリングスや、フィニッシュ産らしい叙情詩的なギターがエピックに明るく光射するメロディや、同郷のAmorphis にも通づる郷土的な土着性を備え、それでいて微妙にプログレッシブに展開する懐のデカそうな広大なメロデスを貫き通し、安定した作品をリリースし続けているバンドの前作から約3年振りの4作目となるアルバムなんだけど、本作ではクリーンヴォーカルを導入したりと積極的に新しい試みを行なっている。が、あくまでサウンドの基盤はスウェディッシュ/イエテボリ・スタイルの保守的なメロデスをこれまで通り貫いており、傑作だった前作の3rd「Above The Weeping World」からの延長線上の作品と呼んでも何ら問題ない、素晴らしく安定した内容です。

本作のポイントとしては、これまで以上に土着性/郷土的な雰囲気を強めている所で、更には「泣き」を含んだ叙情的でキャッチーなメロディもめっちゃ充実してるし、ツインGがブリブリとハモるリフもすげーカッコイイし、痺れるほどに鬼気迫るVo&B担当のNIILO SEVÄNENが放つ迫力満点なグロウルも相変わらずカッコ良過ぎる・・・。これぞ「男泣きメロデス」っつーのかな。とにかく、全てがカッコイイメロデスバンドなんだよねぇ。サウンドの上質感を示す音質も相変わらず生々しいし、今回のジャケも良いじゃん(・∀・)


まず本作の1曲目は前作と同様にアコースティックギターとエピックなギターで盛り上げるインスト曲で幕を開ける。続いてPVにもなった曲で1曲目のインストに繋がって始まる2の「Down with the Sun」は、叙情的かつエピックな「泣き」の要素を含んだイントロから始まり、高揚感を誘うコテコテなイエテボリスタイルの単音Gリフやブリブリと気持ちがイイグルーブを生むハモリGリフとエピックで明るい叙情リフを交え壮絶に展開し、壮大なストリングスと迫力満点なグロウルがカッコ良過ぎるエピック過ぎるサビへと盛り上げるキラーチューンです。3の「Where the Last Wave Broke」は、2曲目の流れを感じさせる曲で、叙情的なメロディとコテコテなイエテボリスタイルのハモるツインGのリフで進み、クリーンヴォーカルとグロウルを重ねた哀愁漂うキャッチーなサビへと繋がるこれまたキラーチューン。映画的な壮大なストリングスで終わる感じも超エピックな香りが漂う。この曲はVoの「ヴゥィイイイイアアアア!!!!!!」というグロウルがカッコ良過ぎてヤバイっす。4の「The Harrowing Years」は、Amorphisっぽい郷土的で土着性の強い本作の中で1番エピックでメロディックなミドルテンポのナンバー。この曲は3と同じく寂しいクリーンヴォーカルを使って哀愁度を高める。初っ端からCOB+イエテボリなGリフでアグレッシブかつメロディックに突っ走る5の「Against the Stream」は、ミドル/スローなアコースティック・パートを挟んでメリハリを付けて展開するエピックなナンバー。約9分ある大作の6「Lay of the Autumn」は、これまたフィンランドらしい郷土色の強いミドルテンポのナンバー。イントロからイエテボリ風に疾走する7の「Into the Woods」は、郷土的なサビのメロディがエピックで勇敢な叙情を感じさせるナンバー。オーケストレーションが壮大なイントロから始まるラストの「Weighed Down with Sorrow」は、「泣き」のメロを極めためっちゃ叙情的なミドルチューン。

つー感じで、期待を裏切らない捨て曲ナッシングのスンバラスイ内容になってます。特に2と3曲目が最高過ぎる・・・。今年のメロデスでは、Dark the SunsDestroy Destroy Destroy の新作と並ぶ「当たり」アルバムですね、コレ。近代的なモダンな音に頼らない、この手の正統派メロデスは今の時代にゃひっじょーに貴重だと思うんでね、このままメロデス界の「保守派」の一派として頑張ってもらいたいっすわ(・∀・)



8.0- / 10


 

Across the Dark
Across the Dark
posted with amazlet at 11.01.17
Insomnium
Candlelight (2009-09-22)
売り上げランキング: 12105

KATATONIAの新作「Night is the New Day」のミニサイトがオープン!!

11月にリリースが予定されているKATATONIA のニューアルバム「Night is the New Day」のミニサイトがオープンしました!!

サイトのURLは以下で↓↓↓

http://www.nightisthenewday.com/



このサイトは、新作「Night is the New Day」についての様々なコンテンツがアップされる場所らしいですね。早速、トラックリストやアルバムTeaserが公開されてるんで、皆さんチェックしてみてくださいね(^-^)/


「Night is the New Day」のトラックリストは以下です。


01. Forsaker
02. The Longest Year
03. Idle Blood
04. Onward Into Battle
05. Liberation
06. The Promise Of Deceit
07. Nephilim
08. New Night
09. Inheritance
10. Day & Then The Shade
11. Ashen (*Swedish edition CD and vinyl edition bonus track)
12. Departer


フリーDLできる「Forsaker」はどうやら1曲目だったんですね。全12曲収録です。けど、11曲目はスウェーデン盤のボートラって書いてあるんで、実質全11曲って事かな?それはそうと、ミニサイトに公開されているアルバムTeaser聴いちゃいました。・・・かなりヤバイです。。。名盤だった前作「The Great Cold Distance」を越える可能性を秘めてますコレは・・・。このTeaser聴いただけでヨナス君のヴォーカルがすげー進化してるってのが分かりますね。特にレトロなバラードらしき曲がめっちゃ気になりますね~。こりゃーもしかしたらもしかすると・・・最高傑作になっちゃうんじゃね?いや、早とちりは不味いな。とにかく、気長に11月まで待つしかありませんね、楽しみ過ぎます(・∀・)ちなみに、「Night is the New Day」のジャケは毎度お馴染みトラヴィス・スミスさんが手掛けています。


ジャケ↓↓↓
HR/HMのCDをてけとーにレビューするブログ


1曲目の「Forsaker」




追記・・・OPETHミカエル・オーカーフェルトが、「Night Is The New Day」について、このようなコメントを残したそうです。

そのコメントというのは・・・「「Night Is The New Day」は、私がここ10年間で聞いた中で、最も素晴らしい「ヘヴィなレコード」であるということです」・・・とのこと。他にも・・・「傑作」だとか、もう少しでを流す所だったとか・・・そんな素晴らしいコメントを残しています。あのミカエルにそこまで言わしめるアルバムですか・・・マジで今年のNo1取っちゃう可能性ありますね・・・。早く聴きたいよ~~~。

記事検索