Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

2012年05月

℃-ute解散がショック過ぎるので更新停止します

Sunpocrisy 『Samaroid Dioramas』 レビュー

Artist Sunpocrisy
Sunpocrisy

Album 『Samaroid Dioramas』
Samaroid Dioramas

Track List
01. Apoptosis
02. Apophenia
03. Φ - Phi
04. Vertex
05. Trismegistus
06. Samaroid
07. Samaroid / Dioramas
08. Dioramas

イタリアはロンバルディア州ブレシア県出身の六人組、Sunpocrisyの1stフル『Samaroid Dioramas』が、昨年のBESTにも挙げたAmia Venera LandscapeやUSのEast Of The WallそしてIntronautを彷彿とさせる、イタリア産らしいポストハードコアライクなエモーショナルを飲み込んだプログレッシブなポストメタル/アトモスラッジを展開してて、これがなかなかに面白い件。についてなんだけど、このバンド、AVLみたいなカオティック路線ではなく、ズシズシとアグレッシヴに刻むリフを主体に構成された、初期のThe Ocean Collectiveっぽい俄然王道的なポストメタルをやってる印象で、怒涛な勢いで展開する目まぐるしいパートと繊細でエモーショナルな静寂パートとの暴美のコントラストがまた絶妙。で、ToolもしくはIsisからの影響がありそうなオルタナっぽい所も一つのポイント。まるでジャケのような天地創造を表現するイントロの#1で始まり、約10分を超える大作の#2,#3でご挨拶とばかりの轟音を撒き散らし、テクニカルなアプローチを見せる#6、再び長尺の#7,#8まで、デビュー作でこの内容は申し分ないです。
 
Samaroid Dioramas
Samaroid Dioramas
posted with amazlet at 12.06.07
Sunpocrisy (2012-02-15)

KATATONIAの新作『Dead End Kings』が8月にリリース決定ッ!!

スウェーデンが誇る”俺の界隈”の皇帝KATATONIAの新作タイトルが『Dead End Kings』に決まった模様。今回のジャケも毎度のトラヴィス・スミス氏が担当。そしてなんとッ!!(FBでもゲストは誰でしょう的なこと言うてたけど)本作のゲストにはTHE GATHERINGSilje Wergeland姐さんが#7で参加してるらしく(ギャザの新曲”Heroes For Ghosts”ばりのスゴ味を期待ッ)、正直意外やなぁって一瞬思ったけど、冷静に考えると別に驚くことなんか何もない、ただの必然的な”引かれ合い”だった件。個人的な願望も込めて、ゲストにはANATHEMAヴィンセントかッ!?って予想してたけど、実際はまぁそう遠からずなゲストで。つうか、ANATHEMAの”アレ”を超える可能性があるのは唯一Kataの新作しかないと思うので、これはマジに期待してます。

追記・・・そのTHE GATHERINGのできたてホヤホヤの新曲”Meltdown”がおかしなことやっとる。化け過ぎ・・・。

以下はジャケとトラックリスト
01. The Parting
02. Hypnone
03. Undo You
04. The Racing Heart
05. Buildings
06. Leech
07. The One You Are Looking For Is Not Here (with Silje Wergeland)
08. First Prayer
09. Ambitions
10. Lethean
11. Dead Letters

kata

Eths 『III』 レビュー

Artist Eths
Eths

Album 『III』
III

Track List
01. Voragine
02. Harmaguedon
04. Gravis Venter
05. Inanis Venter
06. Sidus
07. Proserpina
08. Hercolubus
09. Praedator
10. Anatemnein

フランスはマルセイユ出身の五人組、Ethsの約五年ぶりとなる通算三作目『III』は、霧の季節へと移籍して初のアルバムで、その作風としては、一昔前の叙情派メタルコアっぽい俄然モダンなサウンドへと歩み寄っている感があるものの、紅一点Voキャンダイスのゲロゲロゲボゲボ~なマジキチシャウトやヤンデレ系ボイスやヌー・メタル~オルタナティブ・ヘヴィライクなGリフなど、持ち味であるマジキチ度が減ってキレイめなEthsになってはいるが、Ethsらしい病的なまでにエグいフレンチフェミニン的世界観は不変で、というより、The Agonistっぽくなったっつー例えが一番分かりやすいか。そんな感じで、過去二作は90sヌー・メタの後追いで、今回は00sのメタルコアの後追いをやってる感がいかにもフランスのバンドってな感じで、おいら嫌いじゃないです。



III -French Edition-
III -French Edition-
posted with amazlet at 12.05.27
Eths
Season of Mist (2012-04-12)
売り上げランキング: 11039

In Mourning 『The Weight of Oceans』 レビュー

Artist In Mourning
In Mourning

Album 『The Weight of Oceans』
The Weight of Oceans

Track List
01. Colossus
03. From A Tidal Sleep
04. Celestial Tear
05. Convergence
06. Sirens
07. Isle Of Solace
08. The Drowning Sun
09. Voyage Of A Wavering Mind

いわゆる”Opeth-Style”の正統な後継者である、北欧スウェーデンはダーラナ県ファールン市出身の若手五人組、In Mourningの約二年ぶりの新作で、レーベルをPulverisedからSpinefarmにグレードアップしての通算三作目『The Weight of Oceans』なんだけど、本作にて遂にあのイェンス・ボグレンとの運命的、いや、必然的な”引かれ合い”が実現ッ!!・・・というのは真っ赤な嘘で、Toolに匹敵する”あのキザミ”を擁したデビュー作にして最高傑作の1stShrouded Divine”俺の界隈”に大きな衝撃を与えた彼らだが、Scar SymmetryJonas Kjellgrenをエンジニアとして迎えた前作の2ndMonolithでは、近年Katatoniaも取り入れたMeshuggahGojiraにルーツを置く今風のヘヴィネスや”メタル界のケビン・ベーコン”ことトビアス(Vo,Gt)のボーカルパートなど、名盤1stとの差別化を図るため新しい試みに挑戦し、自分達の音を模索していた感が強かったにも関わらず、しかしその内容は確かな成長を感じさせていた。で、再びッスカシンのヨナスと共にBlack Lounge Studiosで録音が行なわれ、マニアの間では有名なKristian Wåhlin氏が手掛けたクトゥルフ神話大好き♡なアートワークからして実に”epicッ!!”な精神を宿す本作品は、前作にあった”チグハグ感”とやらを吹き飛ばす、”凄み”に満ちた文句なしの傑作で、前作で新たに示した方向性をヘンにヘタにイジらず、1stを想起させる胸が熱くなるほど、そして勇壮なまでにepicッ!!な、あのInsomniumもビックリの扇情的な叙情性と繊細でエモーショナルな色気をもって、そして広大なスケール感と共に激しい荒涼感を撒き散らしながら俄然プログレッシブに展開していく、最早あのモノリス君は踏み台にしか過ぎなかったと、そう言わしめるコイツらやっぱスゲーです。単純に、ありのまま素直に作品のクオリティと着実な成長を伺わせる一枚となってて、トリプルGソロのメロっぷりだったり、メシュガニキに敬意を示すガッガッガッガッPost-djentッ!!的なグルーヴ系リフだったり、やっぱここ最近の若手では一番面白い、というか、至極真っ当なメタルやってるなぁと再認識するわけです。何はともわれ、ドラムの音がやっと”まとも”と呼べるようになったのもポイント。1st&2nd共に妙なクセがあったからね(笑

 本作では俄然”ポストスラッシュ”を意識したキザミを多用してて、1st的な”あのキザミ”とは少しベクトルが違うかもしれないが、少なくとも前作よりは1stを意識したかのような、気持ちのいいナチュラルなキザミを聴かせる印象。で、威厳を醸し出す轟き叫ぶようなリフの地鳴らしにより、古代石造都市ルルイエに封印された神クトゥルフをこの地上へと召喚する#1”Colossus”からして、Gリフ&Gソロ&美メロ&epicッ!!&グロウルなど全てにおいて前作を凌駕した堂々たる風格を漂わせ、クトゥルフ出現により荒れ狂う大海原を巧みに表現した#2”A Vow To Conquer The Ocean”でのギタリストBjorn PetterssonによるThe Ocean系Sludge/Hardcoreライクなスクリームもヒッジョーにイカすポイントで、トビアスのエモーショナルなクリーンボイスをスウィーティに聴かせる#4、イントロから超絶epicッ!!なリフでテンションを昂揚させる大作の#5”Convergence”は、これぞまさしく”プログレッシヴ”な曲で、本作一番の見せ場となっている。続く#6の物悲しいピアノインストもなかなかに新鮮な演出で、小刻みなリフで聴かせる#7、グルーヴィなウネりフを擁した大作の#8、そして役目を終えた神クトゥルフが”アリーヴェ・デルチ”とか言いながら海底へと沈んでいく#9まで、後半もしっかりと”聴かせる”流れで最後まで飽きさせない。

 正直、この手の音楽を本格的に聴き始めた2008年に、In Mourningの1stをBESTに入れたのはおいらのブログ含め世界でもかなり少数だったと思うんだが、あの時にコイツらの1stを聴いてなかったら、今聴いてる音楽ジャンルも全く違うものになってたかも知れない。それほど、あの時の彼らの存在が今の”俺の感性”に多大な影響を与えたのは間違いないし、この辺はドヤ顔で言わせてもらうんだが、ほとんどの人(日本語圏)がおいらのブログで初めてIn Mourningの存在を知ったと思う。なんだかなんだ、あれからトントン調子にレーベルのグレードも上げ、メンバー固定のまま順調に活動されてるようで嬉しい限りなんだが、要するに、あの頃の”俺の感性”は何一つ間違っちゃいなかった、という証明的なナニかッ。そして、それは今も変わらないままだ。何はともあれ、影響されるべき者たちから正しく影響された結果=神クトゥルフが誕生したわけで、やっぱコイツら本物です。

 言わずもがな、伝説の1stは超えてないにしろ、前作モノリス君よりは確実に上です。つまりJonas Kjellgrenとやれる事は本作で全てやりきった、と。つまり次作は安心してイェンス・ボグレンと引かれ合ってほしい(切実) 。つうか、もうイェンスしかコイツらウマく料理できる人いないでしょ。そこでまさかのSWッ!?ねーか。

The Weight of Oceans
The Weight of Oceans
posted with amazlet at 12.05.23
In Mourning
Spinefarm (2012-05-21)
売り上げランキング: 84655

Paradise Lost 『Tragic Idol』 レビュー

Artist Paradise Lost
Paradise Lost

Album 『Tragic Idol』
Tragic Idol

Track List
01. Solitary One
03. Fear Of Impending Hell
05. Theories From Another World
06. In This We Dwell
07. To The Darkness
08. Tragic Idol
09. Worth Fighting For
10. The Glorious End

初期の頃は帝王ANATHEMAと並び”UKゴシック御三家”の一角を担い、(ニューウェーブ/エレクトロ方面に浮気した時もあったけど)しかし現在まで”ゴシック”の精神を貫き通したのは今やこの覇王Paradise Lostだけで、かのイェンス・ボグレンを迎えて”パラロス完全復活”を堂々と宣言し、その年の俺的BESTにもランクインした前作の12thFaith Divides Us - Death Unites Usから約三年ぶり通算13作目となる本作品『Tragic Idol』は、前作に引き続きイェンス・ボグレンのスタジオで制作され、その内容としては、2005年リリースの名作『S/T』の香り漂うオープニング曲の#1”Solitary One”こそ近年パラロスが培ってきた”覇道のゴシック・メタル”の王道をやってのけるんだが、続く#2”Crucify”から垣間見るアグレッシヴなGリフで構成された実に”正統派”なスタイルを印象づけるノリの良い楽曲から、更には#3”Fear Of Impending Hell”でのVoニック・ホームズの”メタルシンガー”然としたパフォーマンスに本作が俄然”正統派”だという事を確信させ、例えるなら”パラロスがハードロックしてみた”みたいな感覚、で、中盤以降の楽曲もヘヴィなリフでゴッリゴリに推していく実に”メタル然”とした流れ。その勢いまかせにゴリ推す、悪く言うと似たような曲しかない平凡な流れの中で、確かな存在感を魅せるタイトルトラックの#8”Tragic Idol”では”サスガ”のソングライティングを発揮している。

 パラロスらしい色気というか、持ち味であるギターの叙情的な泣きメロと荘厳なストリングス&耽美なkey&クワイヤなどのゴシック的な要素は希薄で、Voニックのクリーンな歌メロなども最小限に抑えられ、本作はまず一番にヘヴィなGリフと覇気と怒りが込められたニックのガナリ声を中心に構成された、要するに”至ってシンプル”なメタルをやってて、もはや”ゴシック・メタル”という一つのジャンルに留まらない、”メタルバンドとしてのパラロス”を証明する一枚となっている。イェンスが得意とするメロウな静寂パートを積極的に取り入れた結果=大成功した前作と比較すると、俄然アグレッシヴにゴリ推す、メロディを極力排除した実に”漢クサい”スタイルなんだ。

 ハッキリ言っちゃえば、ここまで”正統派”なパラロスは誰ひとり望んでなかったと思うんだが、中盤以降の曲とか印象に残らないし、あまりにも正統派過ぎて本来の”パラロスらしさ”が希薄に聴こえてしまう。単純な話、俺たちが求めるあの”ガチ泣き”っぷりが全然足りない。正直、再びッイェンスと組んだことで完全に安心しきっていたというか、イェンスだから無駄にハードルが高くなってたのもあるのか、妙な肩透かしを食らった感は否めない。いや、普通に前作のがいいでしょう、と(なんかイェンスは”二作目のジンクス”的なナニかがあるのかも)。つまり、何度も言うけど、本作は”ゴシック・メタル”としてのパラロスではなく、”メタルバンド”としてのパラロスをシーンに示した作品だと。当然至極、おいらは”ゴシック・メタルとしてのパラロス”を支持します。が、しかし彼らが”ゴシック・メタル界最後の良心”だという事実に変わりはない。Alcestの新譜やUlverのライヴDVDでもお馴染みのMetasazisが手掛けた”和”のテイストが感じられるジャケ&レイアウトもヒッジョーにCool。何はともあれ、メタルの王道が好きなら是非。



Tragic Idol
Tragic Idol
posted with amazlet at 12.05.18
Paradise Lost
Century Media (2012-04-24)
売り上げランキング: 7397
記事検索