Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

2015年05月

【次回予告】ゴジラゴジラゴジラがやってきた♪

きのこ帝国 『桜が咲く前に』

Artist きのこ帝国
きのこ帝国

Single 『桜が咲く前に』
桜が咲く前に

Tracklist
01. 桜が咲く前に
02. Donut
03. スピカ

メジャーデビュー ・・・きのこ帝国が昨年リリースした2ndアルバムフェイクワールドワンダーランドが邦楽ロックリスナーの間で話題を呼び、某『ネットの音楽オタクが選んだ2014年のベストアルバム』では、幸か不幸か総合2位を獲得するくらいには評判を呼んで久しい。と同時に、1stアルバムではあいつをどうやって殺してやろうかとかなんかぜんぶめんどくせえとか言って邪気眼に目覚めた根暗の厨二病患者が、この2ndアルバムでは何を血迷ったのか日々あなたを思い描くとか言って西野カナばりのラブソングを歌い始め、その音楽性も従来のオルタナ/シューゲイザー/ポストロックから、椎名林檎は元よりチャットモンチーYUIを連想させるメジャー感と大衆性に帯びたJ-POPへと姿を変え、従来のフアンの間で大きな戸惑いと猛烈な賛否両論を巻き起こした。そして、きのこ帝国がアルバム『フェイクワールドワンダーランド』の中で指し示した→"アンダーグラウンド"から"メインストリーム"への移行は、メジャー移籍第一弾となるシングルの『桜が咲く前に』をもって堂々の完結を迎える。 



東京→桜 ・・・アルバムフェイクワールドワンダーランドの幕開けを飾った、アルバムのリード曲でありシングルの"東京"は、それこそ新種のマッシュルームが邦楽シーンに芽生えたことを暗示するかのような曲で、これまでのきのこ帝国が歩んできたサウンドとは一線を画したものだった。何を話そう、このシングルの『桜が咲く前に』は、その"東京"から10年前の物語をテーマに、桜舞い散る卒業の季節にピッタリな刹那い春ソングとなっている。しかし"東京"の次に"桜"という流れは、今時珍しいメジャーアーティスト感満載だし、ライティングよりも普遍的なテーマからなるメッセージ性や季節感とリンクさせた話題性を重視した戦略を見ると、彼らがメジャー・デビューしたことを強く実感させる。で、佐藤tricotヒロミ・ヒロヒロと同じ1988年生まれ勢の自分的に、いわゆる"桜""春"をテーマにした曲で思い出深い曲といえば→MVに鈴木えみの全盛期が記録されている事でも知られ、「さくら舞い散る中に忘れた記憶と 君の声が戻ってくる」で有名なケツメイシ"さくら"、そしてJanne Da Arc"桜"や卒業ソングの"振り向けば・・・"は、遡ること約十年前...まさに自分がリアルタイムで高校卒業を迎える時に聴いていた、とても思い入れの深い曲だ。あの頃は、まさかコッテコテのビジュアル系が出自のJanne Da Arcが、まさかまさか"卒業ソング"を書くなんて・・・「こ、これがメジャーの力かッ!」って、そしてその後のJanne Da Arcに何が起こったのかを考えると・・・メジャー許すまじ!



「あなた」と「君」 ・・・このMVは、フロントマン佐藤千亜妃の生まれ故郷である盛岡市を舞台に撮影され、そして前作で「"東京"で生きていく」と誓った佐藤千亜妃"過去"が赤裸々に浮かび上がるような、リアルに上京組である佐藤のパーソナルな経験をもとに、この曲の歌詞は生まれている。少し考察すると→"東京"ではあなたという主語を使っているのに対し、この"桜が咲く前に"では意図的にという主語を用いていて、前者が『LIFE!』女優の臼田あさ美が演じる女性視点からの歌詞で、後者は深水元基演じる男性視点からの歌詞となっており、つまり深水元基演じる男を想う臼田あさ美が演じる女の切ない恋心を描き出したのが"東京"、しかし男=(あなた)心の中に他の誰か=(君)がいた事を示唆する"桜が咲く前に"という風に、それら2つの曲の無垢で無邪気な歌詞が紡ぎ上げるストーリーからも、思春期から10年後の大人へと成長する青春物語として繋がりや一つの解釈を持たせる事ができる。しかし双方に共通するのは、いずれもその恋心が"不完全"に描かれている所で、そのポスト-ネガティヴな儚さや尊さを映し出す描写力は、実にきのこ帝国らしいと言えるのかもしれない。まぁ、"完全"なラブソングは西野カナ辺りに任せるとして、それとは対極に人間の心内に眠る不穏な空気感だったり、心の闇に潜む狂気だったりを、このメジャー・シーンで描き出さんとするきのこ帝国の反骨精神は、2000年代はじめに邦楽界の風雲児として名を馳せた椎名林檎の片鱗、その面影をデジャブさせる。

『トリハダ』 ・・・このMV、何と言っても駒井蓮演じる「君」の存在が大きな見どころで、それこそ昔仲の良かったあの子・・・的な、一種の"幻"のような非現実的かつ刹那的な存在感は、それこそ岩井俊二映画ようなノスタルジーを誘うプロフェッショナルな演出と物語に聴き手を引き込むには十分過ぎる魅力を放っている。しかし、まるで漫画のキャラクターでもあるかのように、なぜここまで徹底して純粋無垢な描き方をしたのだろう・・・?それは、この十年の間に東北で何が起こったのかを考えれば、自ずとその答えやこのMVが伝えたい裏のメッセージが見えてくるのかもしれない。まさかと思ったけど、やっぱり最初と最後のアパートの部屋と”東京”の部屋は同じ部屋らしい。その最後の部屋のシーンは妙な殺気が漂ってて、それこそ"過去"佐藤千亜妃が役者として出演した恐怖系ドラマ『トリハダ』のワンシーンに見えてどうしても笑ってしまう。どう見てもこの後に臼田あさ美が後ろから男に襲いかかる前のシーンじゃん(笑) これ狙ってやったんだとしたら面白いな。次作の伏線みたいな。しかしあの『トリハダ』に佐藤が出てたなんて驚いた。自分は全話観たことあるのだけど、コレに佐藤が出てたなんて全く記憶になかったから。まぁ、それはそうとして、このMVを見るに岩井俊二作品とは相性良さそうだから、いずれコラボしそうな予感はする。ともあれ、ほぼ間違いなく年間BEST MVです(でも音量の小ささは気になった)。

上京する前のYUI→「東京は怖いって言ってた

上京したYUI→「恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょ?

ぼく→「あっ、大丈夫っす・・・」

初期佐藤千亜妃→「あいつをどうやって殺してやろうか」 

中二病から目覚めた佐藤→「日々あなたを思い描く

ぼく→「東京コワイ」

YUIリバイバル ・・・アルバム『フェイクワールドワンダーランド』の面白さ、及び"東京"の面白さって、やっぱり初期椎名林檎初期YUIがクロスオーバーしたハイブリッド・ポップだからであって、何を話そうこの"桜が咲く前に"は、その邦楽界の一時代を築いた椎名林檎YUIが過去に歩んできた"根暗なりの王道"を行く楽曲となっている。まるで初期の"WHIRLPOOL"から"余分な音を削ぎ落した"ような、それこそ"WHIRLPOOL"を一巡させたようなイントロのギターが奏でる叙情的な旋律からして、アルバム『フェイクワールドワンダーランド』のリア充的世界観を踏襲しているのが分かる。その、今流行りの"余分な音を削ぎ落した"系のシンプルで脱力感のある優美なアコースティック・サウンドと、俄然初期のYUIをデジャブさせる儚くも美しい、そして素朴な佐藤千亜妃の歌声が、いわゆるJ-POPの教科書どおりのコード進行を描きながら、そして桜の花びらが美しく咲き乱れ可憐に舞い散るかの如く、誰しもが持つ"あの頃"の思い出と故郷への郷愁を記憶の底から呼び覚ますような、佐藤千亜妃の扇情感かつ情熱的なサビらしいキャッチーなサビへと繋がっていく。正直、初めて聴いた時は猛烈に心揺さぶられた。僕が10年前にJanne Da Arc"振り向けば・・・"を初めて聴いた"あの頃"と同じ感動をフラッシュバックさせるほどに。とにかく、この往年のJ-POP然とした起伏を効かせたドラマティックな曲展開、そして何よりもバンドの圧倒的個性でありアイコンでもある佐藤千亜妃の歌声から解き放たれるエモーショナルな感情表現に涙不可避で、佐藤はまた一段と"ボーカリスト"としての才能を開花させている。これはメジャー・デビューの影響もあるのか、この曲の佐藤は大衆の耳に耐えうる"ポップ"な歌声を意図的にチョイスしている。マジな話、ここまでJ-POPの王道を行く明確なサビが書けるバンドって今の時代どれくらい存在するのだろうか。前作の"東京"もそうなのだけど、今回の上京物語的なテーマも俄然初期のYUIリバイバル感あって、クシャ顔で今にも泣き出しそうな佐藤の歌い方的にも"余分な音を削ぎ落した"系の音像的にも、それこそ初期のYUIが椎名林檎カバーしてみたノリすらある。アルバム『フェイクワールドワンダーランド』の中に、初期のYUI椎名林檎とかいう福岡が生んだファッション・メンヘラ・コンビの面影を感じたのは、決して間違いじゃあなかったんだと。それを核心的に裏付けると同時に、もしやきのこ帝国YUI椎名林檎が成し遂げられなかった"ヤミ系J-POP界"の高みへ向かっているんじゃないかと勘ぐりたくなるほどだ。事実、全盛期のYUI椎名林檎のような、その時代の絶対的なアイコンに成りうるヤミ系女性ボーカルの不在が近年著しくて、しかし佐藤千亜妃はその端正なビジュアルや凛とした存在感も含めて、この時代のアイドルもといアイコンに成りうる唯一の可能性を秘めている。この"桜が咲く前に"を聴いて、長らく空席だったそのピースが埋まったような気がした。でもこのままYUI路線に行って、ある時期に「あの頃の俺達はどうかしてたのさ・・・」みたいな海外メタルバンドのインタビューみたいなこと言い出したら笑う。笑う。

   佐藤千亜妃
new_photo06・・・「誰かと出会いたい一心で音楽をやっている

       ぼく
ゲスニックマガジンの西条・・・「佐藤千亜妃...僕と出会おう!」

  佐藤千亜妃
new_photo03・・・「アホくせぇ

       ぼく
ぼく・・・「てか佐藤の下の名前標記って千亜妃だったの!?」

  佐藤千亜妃
new_kinokoteikoku・・・「イカくせぇ

    ぼく
イカ大王様・・・「イカ大王様だーーーーーーーーー!!」

黄金の道』 ・・・この曲は、いわゆる"余分な音を削ぎ落した"系の音使いなのだけど、それにより音の隙間や空間、あるいは一つ一つの楽器の残響感を大事にした繊細かつ静寂的なサウンドを鳴らしていて、これまでのノイズという轟音のベールに誤魔化されていた、もといかき消されていたバンドの音が、バンドのアンサンブルがより鮮明に浮き彫りとなった事で、演奏力や技術力までも生々しく赤裸々に、それはまるで水彩画のように浮かび上がってくる。それこそ佐藤千亜妃の某インタビューにもあるように→「きのこ帝国はジャンルにこだわったグループではない」という言葉の意味を立証するかのような曲で、洗練されていながらも今のきのこ帝国にしか成し得ないバラードと言える。むしろ、今の時代にここまでベタで王道的な曲やってるのは逆に新鮮で面白いというか、それくらい今じゃ珍しいほどのポップスやってて、しかもそれをやってんのが元根暗の奴らだってんだから尚さら面白くて、それこそ佐藤が某インタビューで語った→光の強さを知ってるからこそ闇が描けるという言葉の説得力ったらなくて、それこそANATHEMAが歩んできた"オルタナティブ"な音楽変遷に通じる、すなわち『ジョジョの奇妙な冒険』の作者であり東北出身の荒木飛呂彦が提唱する黄金の道』を歩もうとしているのかもしれない。これがきのこ帝国が目指す黄金の道』なんだ。これはANATHEMAは元より、『ARCHE』DIR EN GREYにも同じことが言えるのだけど、 過去に一度 "人間の底すらない悪意"を極めたバンドは、何故ある日突然悟りを開いたようにシンプルなアンサンブル重視の路線に回帰するのか・・・?初めから普遍的な音楽をやっても何一つ面白くないけど、過去に黒歴史(中二病)みたいな闇を抱えたバンドが、突拍子もなく普遍的な事をやりだすとどうしてこんなに面白いのか。それが光の強さを知ってるからこそ闇が描けるという佐藤の言葉の意味なのかもしれない。とはいえ、このきのこ帝国はキャリア的に一応は若手に分類されるのだろうけど、そういった視点でモノを考えてみると、このきのこ帝国の成長性の高さに俄然驚かされる。しかし、その成長スピードの早さがキャリアの中で仇となる場合もある。それが良いか悪いかは、今後のきのこ帝国が歩む道のみぞ知る。

桜が咲く前に

次作『漆黒の殺意』 ・・・このシングル『桜が咲く前に』には、他に"Donut""スピカ"の二曲が収録されている。前者の"Donut"は、それこそノイズ・ロック化した椎名林檎とでも例えようか、このシングルの中では最も”らしさ”のある曲だ。まずイントロからお得意のノイズバーストして、初期林檎リスペクトな佐藤のボーカルと”あるゆえ”を彷彿とさせるアンニュイなムードを醸しながら、そして三分あるアウトロでは再び轟音ぶっ放して、ライブ感溢れる終わり方で締めくくる。後者の"スピカ"は、このシングルで、というよりきのこ帝国史上最もポップスのイメージに近いラフさが印象的な曲で、特に繰り返し響き渡る凛としたミニマルなメロディが印象的。”桜が咲く前に”は元より、この二曲のメロディ・ラインやアレンジを耳にすれば、前作の”東京”に引き続いて椎名林檎界隈の井上うにをエンジニアとして起用した理由が嫌でもわかるハズだ。しっかし、佐藤が"椎名林檎ごっこ"やるにはまだまだ全然シニカルさが足りないな(笑) とは言え、それぞれ三者三様に今のきのこ帝国らしさに溢れているし、同時にきのこ帝国の未来予想図が詰まった極めて良質なシングルだと思う。そんなこんなで、リアルに高校生だったあの頃は、何も疑問に感じずにシングルCDなんて買ってたなーとか昔を懐古しつつ、あれから約10年の月日が過ぎ去り、昔と比べて音楽シーンも大きく変わりゆく中で、今日日こうやってきのこ帝国のメジャー・デビュー・シングルを買うなんて、俺はあの頃から何も変わっちゃあいないのかって、我ながら本当に時代に取り残された人間だなって、この瞬間もこうやって彼らが描き出す『桜』を聴いているなんて・・・でもまぁ、それも別に悪くないんじゃネーのって。冗談じゃなく、まるで僕の青春の記憶と今を紡ぎ出すかのような一曲だった。つまり、これが佐藤が語る→誰かと出会いたい一心で音楽をやっている、という言葉が示す一つの答えであり、その結果なのかもしれない。もし次回作で、心の中に他の誰か=(君)がいた事に気づいちゃった臼田あさ美演じるアラサー女の復讐劇、その名も『漆黒の殺意』とかいうタイトルで、つまり『東京』→『桜が咲く前に』→『漆黒の殺意』みたいな女の復讐三部作完結せたら俺マジで一生佐藤についていくわ。
 
桜が咲く前に
桜が咲く前に
posted with amazlet at 15.05.25
きのこ帝国
ユニバーサル ミュージック (2015-04-29)
売り上げランキング: 9,156

【5/18】 赤い公園 『マンマンツアー 2015 初夏 ~迫る!初っ夏ー!』@名古屋CLUB QUATTRO

マンマンツアー 2015 初夏 ~迫る!初っ夏ー!

そろそろ巷で赤い公園は津野米咲が亀田誠治とつるんで"椎名林檎ごっこ"し始めてから終わった」という声が聞こえてきそうな、そんな赤い公園の約半年ぶりとなるマンマンツアー『マンマンツアー 2015 初夏 ~迫る!初っ夏ー!』を名古屋クワトロで観てきた。

まさか、昨年の歴史的名盤猛烈リトミックをリリースして以降、今年に入って新曲も発表されぬままツアーに突入するとは思っても見なくて、月曜パーソナリティを務めたANN0も俺たちの池田智子に追いやられるような形で降板したりと、「こいつらマジで解散すんじゃネーの?」みたいな雰囲気すらあって、むしろ今解散したらガールズ・ロック界のちょとしたレジェンドになれそうだし、万が一解散するならドラマーのうたこすtricotに明け渡してくれれば万々歳だよなって。まぁ、それは冗談として→とにかく今年の赤い公園は、あの『猛烈リトミック』を作った赤い公園とはまるで別人のようなニートっぷりを見せつけていた。そんな沈黙期間が続く中、突如発表された今回のツアーというわけで、一言でツアーと言ってみても、先述のとおり新曲を発表したわけでもないし、つまり「一体ナニを目的としたライブなのか?」が甚だ疑問な所で、自分自身なんでチケット取ったんだろう・・・って、チケを発券してからふと思ったりした。むしろ逆に、予想できないからこそ面白いことやってくれるんじゃあないか?と前向きに考えられなくもなくて、そんなドキドキ・ワクワク感をもってライブ会場へと向かった。

まず前回のツアーとは違って、今回のツアーは7時半開演とのことで、これは素直にありがたい(でも500円値上がりしてる)。で、自分は開演15分前に入場したのだけど、すると前回の公演と比べると明らかに客入りが悪い事に気づく。まさかこのままフロアの中央がスッカスカのまま開演するわけないよな?という心配を他所に、ちょっと寂しい客入りのままメンバーが登場。気になるオープニングを飾ったのは、なんと意外や意外、フロントマン佐藤千明をはじめバンドのエモーションが暴発する名曲”ふやける”で、本来ならばライブ終盤のハイライトを飾る場面で演奏するこの曲を一発目に持ってくる所からして、このライブは「そういう(通常の)ライブじゃないですよ」というメッセージを暗に、佐藤千明津野米咲によるツイン・ギターが解き放つケタタマシイ轟音に乗せて会場のフアンに肌で伝える。そのまま佐藤千明はギターを抱えながら、その流れで”サイダー”を披露する。三曲目は恐らく最初期の曲だと思う。それ以降も、いわゆる白盤から”血の巡り””ナンバーシックス””何を言う”を、いわゆる黒盤からは定番の”塊”や”透明”を、1stアルバムからは”交信””のぞき穴”、そして定番曲の”今更”を披露していく。前回は猛烈リトミックに伴うツアーで、当然アルバム曲が中心のセトリだったから、逆に今回のセトリは初期の曲で固めてくるかと思いきや、なんだかんだ終わってみると『猛烈リトミック』からは計8曲も披露していて、あらためて『猛烈リトミック』の曲が持つ柔軟性、その完成度の高さに唸らされた。中でも”108”の課題だった"タイト感"を意識的に合わせていた印象。

このように、一発目から”ふやける”という”まさか”の展開をはじめ、今回のセトリからも分かるように、初期中心のセトリで古参フアンにサービスするというわけでもなくて、それではこのライブの目的、目玉って一体ナニ?っつー話で、その問に対する答えはツアータイトルの『初っ夏ー!』が大きな鍵を握っている。新旧の曲を織り交ぜた前半を終えると、ここで先ほどの『初夏』にちなんだ、パフィーやZONEなどの有名な夏曲をカバーするカラオケ大会が始まった。このカラオケ大会では、ドラマーのうたこすがハモリで参加したりと、良くも悪くも赤い公園らしいユッルユルなステージングを魅せていく。計3曲カバーし終えると、着席スタイルのまま”いちご”を披露し、そのまま後半戦に突入。後半戦は黒盤の曲を中心にダークに聴かせる。ここで再びブレイクを挟み、佐藤千明がステージの袖に姿を消したと思ったら、暫くするとアフロヘアー&サングラス姿で、それこそ平井堅のポップスターさながらの仮装でポップスターをカバーし始める。そのわけわからん光景を目の当たりにした僕→「こ、これが赤い公園の本性・・・だとッ!?」。ライブ終盤は本当にユルユルなステージングで、もはや僕みたいなニワカは来ちゃいけないライブだったんじゃあないか?って、もし今回のツアーで赤い公園を初めて観る人が居るとして、その人の気持ちを考えたら夜も眠れなくなりそうなくらい、前回のツアーで見せた研ぎ澄まされた硬派なライブバンドが、一転してモノマネ芸人と化していたんだ。自分は前回のツアーで(通常のライブ)を観ているので、これはこれでもう一つの赤い公園として楽しめなくはないけど、まだ赤い公園のライブを観たことがない人には、今回のツアーだけは個人的にオススメはしない。もし初めて観る赤い公園のライブがコレだと、例えば曲を聴いて硬派で根暗なイメージを持っている人に、赤い公園がただのコミックバンドあるいは文化祭バンドと勘違いさせる恐れがある。でもコッチが赤い公園の本性だとすると・・・。ともあれ、今回のツアーの集客が見込めないのはバンド自身で分かっていたはずだろうし、つまり観客の大半が赤い公園ガチ勢になる事を見越していたからこそ、このような通常のライブとは違った、悪く言えば内輪ノリでユルユルなライブを狙ってやったんだと思う。しかし”ユルすぎる”のも大概かもしれない。ガチ勢はそれで納得するのかもしれないが、初めて赤い公園を観た人に誤解させる危険性(リスク)も忘れてはならない。バンド側が「ウェーーーーーーイwwwwwwwww」とやるのが望みと言うなら、それはそれでバンドの意思だし、僕は一切否定しない。確かに、白黒盤の如くどっちでもやれるのは強みかも知れないが、裏表があるからこそヘタに誤解を生む可能性もあるわけで、とにかく赤い公園には昨今の邦楽ロック界に蔓延る”節操ないバンド”と同じ輩にだけはなって欲しくないんだ。それらはバンドにとって大きな損失を与えかねない。確かに、ANN0で培ったネタをライブに取り入れる試みは新しいし面白いかもしれないが、しかし見る人によってはスベって目に映るかもしれない。元リスナーとして、僕はこの(試行錯誤の末の)失敗をラジオで勘違いしちゃったパティーンとは思いたくない。勿論、何か新しいことをしなきゃフアンは増えていかないが、しかし初見の人が今回のライブを観てリピーターになるとは到底思えなかった。たかが知れているとはいえ金を取っているからには、それなりの"プロフェッショナルさ"を見せて欲しかった、というのが本音だ。

終始カラオケ大会みたいなノリで、リトミックのリードトラックとなる”NOW ON AIR”を最後に本編は終了する。間もなくアンコールを受けて再登場し、このツアーでフアンが期待していた待望の新曲”こいき”を披露。この新曲は、Bメロは初期相対性理論あるいはモーニング娘の”One・Two・Three”みたいな可愛げのあるリズム感、というより津野米咲の音楽的嗜好が全面に押し出された曲調で、サビは若干アニソンっぽいというか佐藤千明の力強いボーカルが印象的だった(アニメタイアップ付くのか知らんけど)。実際にマスターアップされた曲を聴いてみないと何とも言えないが、良くも悪くも『猛烈リトミック』を通過した赤い公園の曲、といった感じ。あと米咲ソロもあるよ。最後は100秒ソングこと”絶対的な関係”で終了。新旧の曲を織り交ぜながら約1時間40分やりきった。特に目ぼしいようなMCもなく、男マネージャーの話や藤本ひかりがしゃちほこネタやったり、その流れで津野米咲がおっぱいがどうとか言ってたくらい。

前回の公演と比較しちゃいけないのは分かってはいながらも、やはり初見だった前回ほどの衝撃や凄みというのは感じられなかった。それは当然、このツアーの目的が「そういう(通常の)ライブじゃない」わけだから、比べること自体がナンセンスだ。通常と違うと言っても、当然手を抜いてパフォーマンスするというわけじゃないし、確かに音やバンドの気の入りようは前回のが凄かった気がするけど、少なくとも佐藤千明の歌やモノマネは文句のつけようがないパフォーマンスを披露していた。もはやほぼ佐藤千明の為のツアーと言っても過言じゃあないかもしれない。それこそANN0で培った、お笑い芸人としての佐藤千明をフアンに生でお披露目するかのような、音楽のライブでありながらも通常の音楽ライブから少し逸脱したコメディ要素、それこそマジな要素とクソな要素を両立させた、良くも悪くも赤い公園らしいメリハリの効いたライブだった。しかし、何かと"もったいなさ"の残るライブだったのも確かだ。

厳しい話、今年に入って新曲すらマトモに出せていないバンドのテンションがそのまま集客に現れている。その集客や話題性からしても、今年に入って俄然ねごとtricotとの勢いの差が顕著で、なかなか窮地に立たされている現状を、この赤い女たちは如何にして自身の音楽道を切り拓いていくか、正直なかなかハードモードではあるが、あの名盤『猛烈リトミック』を作ったバンドとしての底力と意地を見せてもらいたい。そう口で言うのは簡単だが、実際『猛烈リトミック』の次の新曲って本当に難しい事案だと思う(だから解散説も現実的になってしまう)。しかし、『猛烈リトミック』という名の呪いを乗り超えられるよう、これからの赤い女たちの活躍を願ってやまない。しかし僕は、ここいらで赤い女たちから少し距離を置こうと思っている。あの『猛烈リトミック』を超える作品が生まれる、その時まで・・・。


というわけで、ここで俺的ラブメイト・ランキングを発表します! 

1位 ヒロミ・ヒロヒロ(tricot)
ヒロミ・ヒロヒロ
評価
【推しメン+3ポイント
【カレーにジャガイモ肯定派
+2ポイント
ピョンピョン
可愛い】+2ポイント
【トリコキテる感+1ポイント
総合8ポイント

2位 沙田瑞紀(ねごと)
沙田瑞紀
評価
【推しメン+3ポイント
【日本のオリアンティ+1ポイント
【あがり症キャラ設定+1ポイント
【ドレスコーズ選抜+1ポイント
【ねごとキテる感+1ポイント
総合7ポイント

3位 澤村小夜子(ねごと)
澤村小夜子
評価
【無駄にテクいドラム
+2ポイント
【GLAYの曲に参加+1ポイント
【足の裏から変な汁+2ポイント
【ねごとキテる感+1ポイント
総合6ポイント

4位  キダモティフォ(tricot)
キダ モティフォ
評価
 【キレッキレのパフォーマンス
+2ポイント
【プログレッシブ・デスメタラー】+1ポイント 
【サンバ隊長+1ポイント
【トリコキテる感+1ポイント
総合5ポイント

5位 中嶋イッキュウ(tricot)
中嶋イッキュウ
評価
【関西のオカン顔
+1ポイント
【DV中嶋】+1ポイント 
【煽っていくスタイル+1ポイント
【トリコキテる感+1ポイント
総合4ポイント

6位 藤咲佑(ねごと)
藤咲佑
評価
【リーダーシップ
+1ポイント
【女性/子供への優しさ+1ポイント
【ねごとキテる感+1ポイント
総合3ポイント

6位 蒼山幸子(ねごと)
蒼山幸子
評価
【優等生
+1ポイント
【クサいMC+1ポイント
【ねごとキテる感+1ポイント
総合3ポイント

7位 歌川菜緒(赤い公園)
歌川菜緒
評価
【推しメン
+3ポイント
【いつもよりカウベルマシマシ+1ポイント
【ハモリ微妙-1ポイント
【オワかい公園感-1ポイント
総合2ポイント

8位 佐藤千明(赤い公園)
佐藤千明(
評価
【モノマネ女王
+2ポイント
【体張ったパフォーマンス+2ポイント
【同姓同名の佐藤千亜妃(きのこ帝国)が可愛い+3ポイント
【ブサイク-5ポイント
【オワかい公園感-1ポイント
総合1ポイント

8位 藤本ひかり(赤い公園)
藤本ひかり
評価
【鯱おっぱい
+2ポイント
【オワかい公園感-1ポイント
総合1ポイント

最下位 津野米咲(赤い公園)
津野米咲
評価
【新曲出さないニート
-1ポイント
【亀田誠治と椎名林檎ごっこ-1ポイント
【NO OPPAI】-1ポイント 
【オワかい公園感-1ポイント
【雨女】-1ポイント
【メンヘラクソ女+5ポイント
総合0ポイント


あれ・・・?これ下位のがオイシくね?

Boom Boom Satellites 『Shine Like a Billion Suns』

Boom Boom Satellites

Album 『Shine Like a Billion Suns』
Shine Like a Billion Suns

Tracklist
01. Shine
02. Only Blood
03. Complicated
05. Vanishing
06. Back In Black
07. The Moth (Attracted to the Flame)
08. Blind Bird
09. Overcome
10. Stain
11. Emergence
 
BBS≒NEXT-ANATHEMA ・・・俺的ラブメイト・ランキング暫定トップのヒロミ・ヒロヒロ擁するtricotを目当てに行った、Boom Boom SatellitesのライブツアーFRONT CHAPTER Vol.4を観たことで、最新作の『Shine Like a Billion Suns』がいかに驚異的で先進的なアルバムだったのかを、心の底から理解することができた。まず何が驚いたって、ライブでもその幕開けに相応しい神秘的な存在感を放っていた、アルバムのオープニングを飾る”Shine”からして、それこそANATHEMAの10thアルバム『Distant Satellites』の表題曲、あるいは7thアルバムの『A Natural Disaster』を彷彿とさせるレディオ・ヘッド流れのUKサウンドにニヤリとさせ、まずここで「ANATHEMAの『Distant Satellites』はPost-JPOPだッ!」という俺の解釈を暗に証明してみせる。そして、先日のライブでも序盤のハイライトを飾った”A Hundred Suns”では、それこそ【テクノ×Djent】の融合という他に類を見ない前代未聞の事をやってのけ、これだけでBBSが只者じゃないバンドだという事を証明する。実際に、先日のライブで聴いても「やっぱこれDjentだわ」って思ったのだけど、あらためて音源で聴いてもDjent以外ナニモノでもない名曲で、しかもこのCynicTexturesを連想させる"ジェント・リーズム"を叩いてるのが福田洋子さんとかいう女性ドラマーってのが更に驚きで、どうせだから今回の縁を機にtricotの次のアルバムに参加してガチのDjentやって欲しいと思っちゃったんだからしょうがなくない?・・・で、続く5曲目の”Vanishing”では、スティーヴン・ウィルソン”Harmony Korine”を彷彿とさせる、空間の響きを意識した轟音的なダイナミズムを展開し、今作で最もヘヴィなリフを主体としたインダストリアル・ロックの”Back In Black”、そして”Only Blood””A Hundred Suns”とともにライブのハイライトを飾った”Blind Bird”では、それこそSWのサイドプロジェクトNo-Man等のPost-Progressive勢をはじめとした、いわゆるPost-Musicに精通する幽玄かつ繊細緻密な展開力を発揮していき、このアルバムのハイライトとしてその絶対的な存在感を誇示する。で、まるでCynicばりの恍惚感溢れる神秘的な輝きを解き放つボーカル曲の”Stain”、その流れを汲んだアルバムの終わりを迎えるに相応しい”Emergence”まで、個々の楽曲で聴かせる部分は勿論のこと、【神秘的な序盤/ハイライトを飾る中盤/恍惚と余韻を残す終盤】という起承転結を効かせた一つの作品としての完成度は、活動休止を余儀なくされた彼らが復活を遂げるまでのエモい物語とオーバードライブするかのような、その圧倒的な音(生命)エネルギーに集約されている。
 

引力、即ち音楽ッ! ・・・ロックバンドとしてのドライブ感かつタイトな側面とエレクトロ使いとしてのシャレオツなグルーヴ&ダンス・ビート感を絶妙なバランスで両立させた、実に巧妙かつポスト-センスフルなオルタナティブ・ミュージックを展開している。このアルバム、とにかく”Post-Progressive”に精通する要素が驚くほど多くて、それこそKscopeに所属してても全くおかしくない内容で、もはやANATHEMAと対バンしても違和感ないくらいだ。しかしこうなってくると、このアルバムのサウンド・コンセプトというか、音のバックグラウンドが気になって気になってしょうがない小宮山。そして何よりも、随所で垣間見せる福田洋子さんのDjent然としたドラム・ビートにド肝を抜かれること請け合いの一枚だ。つまるところ、表向きは(そのサウンド・ステージには違いはあるが)いわゆる"踊らせ系"同士の共演でありながら、裏では"Post-系"同士の共演でもあった、だからBBSのライブにtricotが呼ばれるのは必然的な出来事だったと、このアルバムを聴いたら妙に納得してしまった。そして、そのライブに日本における”Post-Progressive”界の宣教師()である僕が導かれた、というのは果たして偶然だろうか・・・?いや...引力、即ち音楽だッ!

・・・これは余談だけど、あのねごともソニー関連でこのBBSもソニーで、ANATHEMAも過去にソニー傘下のMFNに在籍していたって事を考えると、何か面白い事実が見えてくるんじゃないかって。ちなみにおいら、ねごとがここから更に化けるには、ANATHEMA”Distant Satellites”みたいな徹底してミニマル宇宙な曲が書けるかがカギになると思ってて、今のねごとにはそれが実現可能な高いポテンシャルに満ち溢れている。
 
SHINE LIKE A BILLION SUNS(初回生産限定盤)
ブンブンサテライツ
SMR (2015-02-04)
売り上げランキング: 1,248

【5/13】 Boom Boom Satellites 『FRONT CHAPTER Vol.4』@名古屋CLUB QUATTRO

Boom Boom Satellites 『FRONT CHAPTER Vol.4』

ほんの少しタイミングが合わなかったばかりに、「雨が降ってる」とか「音源の予習ができなかった」とか「平日ライブに行きたくない病」など様々な事情が重なった結果、tricotの4月のワンマンツアーを発券したのにも関わらずスルーしてしまった事は、実際に音源を聴いてドハマりした今となっては悔やんでも悔やみきれない大失態で、しかし赤い公園のマンマンツアー前にどうにかしてtricotのライブが観たい・・・と思った矢先に、Boom Boom Satellitesのツアーのゲストにトリコが出演するとの情報を小耳に挟み、この上ないタイミングでトリコのライブが観れる事になり、トリコ参戦が決定した瞬時に二度目の正直的な勢いでチケットを取って、色々な意味で晴れて念願のトリコのライブを名古屋クワトロで観てきた、というわけ。

で、「遂に俺的ラブメイトランキング暫定トップのヒロミ・ヒロヒロが生で拝めるぜ!!」というウッキウキ気分のまま、本公演の会場となる名古屋クワトロを擁する栄のパルコに6時50分に到着。7時の開演前に何としても間に合わせねばと、急ぎ足で会場がある8階(最上階)へと階段を使って上る俺。1階...2階...3階...4階...着実に階を重ねて行く俺。その決死の姿はまるで『24』のジャック・バウアーさながらだ。しかし、ここで妙な出来事が起こる。5階から6階にかけて長蛇の列ができているではないか。はじめは「妙に変だなぁ?まだ入場終わってないのか?でもツイッターによるとSOLDOUTしたらしいし、ちょっと時間押してんのかなー?」という割りと呑気な事を考えながら、その長蛇の列の最後列に並んだんですよ。しかし一向に列が進まない。妙に変だなぁ・・・この列の人みんなタワレコの袋持ってる。しかも袋持ってる人が再び最後列に並び始めている。妙に変だなぁ・・・。気づくと開演時間の7時。そろそろ本格的に稲川淳二ばりに険しい顔をしながら「妙に変だなぁ・・・」って思い始めたんですよ。ここでふと耳を澄ますと、最上階からtoricot”E”らしきライブの音漏れが耳を優しく刺激した。その瞬間、そこで私、気づいちゃったんですよ→あっ、これクワトロ行きの列じゃないわ。これアイドルの複数買いの列だわ」って。この驚愕の事実に気づいた瞬間の俺→「ちょっとまってちょっとまってお兄さーーーーんwwwwwwwwファッ◯ンゴレライwwwwwwwファッ◯ンゴレライwwwwwww」とナニカに対してツッコミながら、あるいは「こんな階段付近でCD即売なんかするんじゃあない!このクソカスがああああああああああああ!!」とか心の中で叫びながら人混みを回避して急いでクワトロへと向かい、遂に入場するが・・・時スデにお寿司!この日はSOLD OUTというだけあって、会場は既に後方まで観客でギッシリ、ステージではトリコが”E”を演奏している真っ最中! 「うおおおおおお!!近くて遠い俺とヒロミ・ヒロヒロの距離ッ!!まるで一次元(俺)と五次元(ヒロミ・ヒロヒロ)の関係の如く永遠に届くことのない距離!!クソおおおおおおおおおおおおおおおお!!タワレコ許すまじ!」。おいおいマジでギャグ漫画の主人公かナニカかよ・・・我ながら笑ったわ。

tricot
セットリスト
01. E
02. ぱい~ん
03. アナメイン
04. おちゃんせんすぅす
05. おもてなし
06. pool side
07. POOL
08. 庭
09. 99.974℃
10. Break

話を戻して、まず気になるのはセトリだ。ワンマンツアーではないし、BBSのファンに対してどんなセトリを組むのか俄然気になる所だ。言わずもがな、最新作となる『A N D』のリードトラックでもある”E”でスタートダッシュを決め込み、同じく『A N D』からシングル版の”ぱい~ん”というアルバムの中でもキーマンを担う楽曲で怒涛な勢いで攻め立てる。ここでギアチェンジして、1stミニ・アルバム『爆裂トリコさん』からインストの”アナメイン”と1stアルバム『T H E』から”おちゃんせんすぅす”の二曲を続けて披露し、トリコのユニークなライティングセンスとオシャンティなメロディセンス、そして遊び心に満ち溢れた、と同時に憎たらしくもある"ライブバンド"としての演出力の高さを垣間見せ、目の前のBBSフアンをトリコワールドにグッと引き込んでいく。再びギア・チェンジして始まる”おもてなし”以降は、”pool side""POOL”という1stアルバムの名曲をブチかまし、会場が程よく温まってきた所でイッキュウが「普段はカッコつけてるけど、この曲はそうじゃない」的なたどたどしいMCを引き継いで、キダモティフォの「長澤まさみがハマっているらしい・・・サンバ!」という合図で一旦メンバーが袖にはけて、サポートドラマーの山口美代子さんの紹介から再びメンバーが戻ってきたと思ったら、そこには信じられない光景が広がっていた。ホイッスルを咥えたモティフォが「ピーピーピピッ!ピーピーピピッ!」とか吹きながら登場すると同時に、中嶋イッキュウはマラカスをフリフリシェイクし始めたりと、とにかくモティフォのインパクトが出オチ過ぎて→「なんやこいつら・・・アホすぎる・・・アホすぎて最高だ・・・」ってなった。もはや推しメンであるヒロミ・ヒロヒロの存在を忘れるくらいだった。音源だとノリがロキノン系クサ過ぎるけど、ライブだとパフォーマンスの"面白さ"が最優先になるから、この曲はライブで演ってナンボだなーと。で、ライブも終盤、中嶋イッキュウの「本性見せちゃっていいすか?名古屋かかってこいよぉぉーー!!」とかいう煽りから、”MATSURI”の轟音イントロから繋いでトリコ屈指の名曲”99.974℃”を披露し、それこそ会場のボルテージを”99.974℃”までブチアゲる。ラストはお馴染みの”Break”でユルリと締める。記憶違いじゃないければ全10曲でジャスト45分キッカリだった。セトリは新旧織り交ぜた、初めてトリコのライブを観るであろうBBSフアンに向けて、トリコの魅力を45分に凝縮して伝えるのに最も適したバランスの良いセトリで、トリコ目当ての自分としても(初ライブにしては)十分満足のいくセトリだった。正直”アナメイン”は予想外の選曲だったし、イッキュウの「ウオーオーオーオーオー」とかいうボイスも迫力あったし、とにかくライブのアレンジが異常にカッケーかった。もはやキダモティフォの独壇場と言っても過言じゃあない”おもてなし”は、モティフォのキッレキレなパフォーマンスに目が釘付けになったし、特に例のプログレッシブ・デスメタル・リフの部分はヤバい。というか、基本的にライブだとモティフォがヤバい。推しメンのヒロミ・ヒロヒロそっちのけで、モティフォキモティフォな動きを目で追ってしまうくらいにヤビャい。ステージのド真ん中に構えるヒロミ・ヒロヒロは終始ピョンピョンしてた。バンドの演奏やイッキュウのボーカルも終始安定してたし、そして何よりも山口美代子さんのドラム鬼スゲーと思った。あとイッキュウはMCで「BBSのライブに呼んでもらえて、他のバンドに羨ましがれてる」的な事を、ツイッターのツイートとほぼ同じことを何度も繰り返し言っていた。対バン相手に対するリスペクトを忘れない姿勢は好印象。当然、会場にいる大半はブンブン目当てってのもあって、いわゆる暴れ系の曲でもモッシュやダイバーなどはなく、比較的大人しめに盛り上がっていた。欲を言うなら”走れ””slow line”も聴きたかった感。

自分の中で、Boom Boom Satellitesという名前から連想されるイメージっつーと→主要な邦楽フェスの常連で、今回のようにイケイケな若手バンドとも積極的に対バンしたり、ニコ生でキッズに媚び売ったり、最近では日テレに特集組まれた?りと、要するに最近の邦楽バンドにありがちな"節操ないバンド"の一つ、みたいなネガティブなイメージが少なからずあって、思うに『邦楽ロックバンドはダサい』と言われる理由の一つに、その"節操のなさ"が根底にあると思うのだけど、その"節操ないバンド"が量産された結果、どのフェスも結局は似たり寄ったりなメンツになる、というダサさスパイラル。

そもそも、このライブでBBSのフアンがtricotの音源を予習するという行為は至って普通の行為だが、でも自分はtricot目当てで逆にメインのBBSを予習してきた圧倒的少数派の人間で、予習と言っても今年リリースされた最新作の『Shine Like a Billion Suns』だけ、しかも時間の都合で一周しか聴けなかった自分が、先述したようにBBSに対してあまり良いイメージを持っていない僕が、初めてBBSのライブを観て一体何を感じ取ったのか?結論から言っちゃえば→「近年ANATHEMA感すごい」だ。

このツアーは最新作の『Shine Like a Billion Suns』に伴うツアーとのことで、そのアルバムのオープニングを担う”Shine”という、このライブの幕開けに相応しい曲でスタートする。この曲では、まるでANATHEMA『A Natural Disaster』『Distant Satellites』”Distant Satellites”のような、というより往年のレディオ・ヘッドを彷彿とさせるコテコテのUKサウンドを展開していき、その流れでエレクトロなビート感とエモーショナルなボーカル、そしてバンドのダイナミクスが激しく共鳴する”Only Blood”へと繋ぐ。序盤は最新作の曲を立て続けに披露し、その中でもテクノ調のシャレたサウンドに心躍る”A Hundred Suns”からアルバムのカギを握る”Blind Bird”へと繋がる展開は個人的なハイライトで、特に前者の”A Hundred Suns”はDjentに精通するドラム・パートが異様にカッコよくて、しかもブンブンのドラマーもtricotと同じく女性と知って更に驚いたのだけど、つまり今日の演者8人中5人が女性と考えたら何かスゲーなって。ハッ!これが女性Shine!のチカラなのか・・・ッ!?

いかんせん新作しか予習してこなかった自分は、どうしても後半の常連曲とかになると反応が鈍りがちで、とは言え基本的に、というか、それこそANATHEMAと同じく何よりも"メロディ"を大切にした楽曲が中心で、初見でもそれなりにノレちゃう懐の深い音楽性を垣間見せていた。一瞬にして会場をダンスフロアへと変える一方で、シッカリと聴かせる場面もあって、かなりメリハリの効いたライブだったように思う。終盤あたりは恍惚感溢れるサウンドスケープに溺れるようにして、気づけば身を任せるようにしてドップリと浸かっていた。ライブだと俄然ロック・バンドとしての側面が浮き彫りとなって、音のダイナミクスがより表面化していくイメージ。

しかし今まで全く意識したことなかったBoom Boom Satellitesのライブで、ANATHEMAの未来?を予感させるなんて思っても見なかった。もし4月のtricotのワンマンツアーに行ってたら、この日こうやってBBSの音楽に触れることはなかったと思うと、トリコのワンマンをスルーした失態がむしろポジティブな出来事に見えてくる不思議!でもガチでANATHEMAが次作でブンブン化したらクソ面白くなりそうだし、むしろ今日の出会い即ち引かれ合いはその伏線()だった!?そんな妄想が捗るくらい、もはや「アナセマならどんなボーカル乗っけるかなー?」とか想像しながら聴いていた。

結果として、予想だにしない収穫を得ることができた。ある意味、Boom Boom Satellites(未来のANATHEMA?)=と日本のPost-Progressive界を代表する新鋭tricotの次元を超えた対バンが実現したというわけだから。むしろブンブンとアナセマの対バン形式でいいから日本に呼んで欲しい。ナニワトモアレ、この出会いという名の引かれ合いの機会を与えてくれたトリコには感謝しかない。唯一悔いが残る事と言えば→”E”の例の「デッ デッデッデッデーンwwwwwwwww」をリアルタイムで目撃できなかったこと。でもヒロミ・ヒロヒロがピョンピョンが観れたのでセーフ(えっ)

tricot 『爆裂トリコさん』&『小学生と宇宙』

Artist tricot
tricot

1st mini Album 『爆裂トリコさん』
爆裂トリコさん

Tracklist
01. 爆裂パニエさん
02. bitter
03. 42℃
04. アナメイン
05. slow line
06. Laststep (Acoustic)

2nd mini Album 『小学生と宇宙』
小学生と宇宙

Tracklist
01. G.N.S
02. 夢見がちな少女、舞い上がる、空へ
03. しちならべ
04. ひと飲みで
05. フレミング
06. MATSURI

ガールズ・ロック界のBABYMETAL ・・・あのインスタグラムからも一目置かれ始め、着々と"ガールズ・ロック界のBABYMETAL"への道を辿りつつある京都発の変拍子(オカン顔)ガールこと、tricotの2ndアルバムA N Dと1stアルバムのT H Eが思いのほか俺の感性のツボにハマって、特に最新作の『A N D』は盟友赤い公園の名盤『猛烈リトミック』に一矢報いるかのような、それこそUK発祥の"Post-Progressive"とかいう新興ジャンルが(少なくともこの日本では)"女性的"なジャンルである事を立証するかのような一枚だった。となると、これだけじゃ飽きたらず最初期の音源も気になってくるのは必然的な流れで、何よりも二度目の正直的なノリでBOOM BOOM SATELLITESのサポート・ライブの予習がてら、2011年にリリースされた1stミニ・アルバム『爆裂トリコさん』をリマスターして再発された昨年の音源と、2012年にリリースされた2ndミニ・アルバム『小学生と宇宙』を聴いてみた。
 

『爆裂トリコさん』 ・・・オープニングを飾る”爆裂パニエさん”はトリコ屈指の名曲とされる曲で、ウリとする爆裂変拍子やイッキュウによるお得意の似非ラップ・パートを織り交ぜながら、まだ初々しさの残る不安定なリズム感と荒削りなサウンドが独特のアンサンブルを形成していく、それこそトリコの音楽を象徴するかのような一曲だ。で、シュールなコーラス主体の”bitter”やマスロック然としたインスト曲の”アナメイン”、そして惜しくも解散した宇宙コンビニ辺りに強い影響を与えていそうな”42℃”やパニエさんと並んで初期の名曲として知られる”slow line”などのオルタナ風のエモーショナルな楽曲からアコースティックな”Laststep”まで、ミニ・アルバムであるのにも関わらず、この頃から既にユニークなライティング能力や濃厚なバンド・アンサンブル&グルーヴ、そしてメンバーの高いポテンシャルを発揮している。こりゃ話題になるわけだ。

・・・この頃のクレジットを見ると、基本的にキダモティフォことキダ先輩が作曲を担当していて、その作風としてもキダ先輩のギター主導からなる教科書通りのマスロック曲で構成されている。確かに、リズム面やボーカルを含めた演奏技術はまだまだ発展途上といった感じは否めないが、コピバン軽音サークル上がりみたいなシロウト臭い雰囲気は初期の特権と言えるし、一点の曇もない純度100%のエモさは初期音源ならではの味がある。フルアルバムのように肩肘張ったバッキバキな変拍子の押し売りは一切なくて、このEPではあくまでもバンドのアンサンブルを重視した作品、バンドが今やれることを凝縮した最初期ならではの一枚となっている。こうして遡って音源を聴いていくと、俄然komaki♂の存在の大きさを痛感するばかりで、まぁ、それはしょうがない小宮山。ともあれ、この『爆裂トリコさん』赤い公園で言うところの黒盤レベルの完成度はあります。



『小学生と宇宙』 ・・・その翌年にリリースされたのが『小学生と宇宙』で、まずリマスターされた『爆裂トリコさん』と比べるとデモ音源かと思うくらい露骨に音質が悪い。でもって、このジャケが意味不明過ぎて笑える。そのジャケが醸し出すオモロいイメージとは裏腹に、イッキュウによるウィスパーボイスとドリーミーな世界観が織りなす"オルタナティブ宇宙"みたいな”G.N.S”で幕を開け、いわゆる"非・踊れる系"を宣言するかのような”夢見がちな少女、舞い上がる、空へ”をはじめ、オシャンティな側面を垣間見せる”しちならべ”『A N D』”QFF”の原形とも取れるような”フレミング””庭”の原形となるような”MATSURI”まで、前作とは一転して今作ではロキノン系ライクなノリとポストロッキンなメロさの側面をフューチャーした作風となっている。ちなみに、この作品から作曲はtricot標記に変わってたりする。

過去三作品≠『A N D』 ・・・トリコはこの2枚のミニ・アルバムを経て、その翌年に自身初のフルアルバムとなる『T H E』へと繋がっていくのだが、なんやかんやトリコがやってる事(やりたいこと)は初期の頃から一貫して変わっていないのがわかる。つまり、前作の『爆裂トリコさん』で表の顔を披露してから、次作の『小学生と宇宙』で裏の一面を垣間見せ、そしてその二作を表裏一体化させて素直にアップデイトさせたのが1stアルバムの『T H E』みたいな、シッカリと段階を踏んだ上で誕生した1stアルバムだという事が理解できる。この2枚のEPは、フルアルバムへの伏線やトリコの音の原点が詰まった作品であり、良くも悪くも中嶋イッキュウの歌唱力は今と比べても大して変わってないので、お陰で今の音源と聴き比べてもそこまで古い音源という違和感はない。しかし、その"やりたいこと"に顕著な変化が訪れたのが最新作の『A N D』とかいう存在で、この2枚のミニ・アルバムから1stフル『T H E』までの一貫したサウンド・スタイルからの脱却を図り、俄然ソリッドに洗練されたサウンドへと著しい変化を見せたこのアルバムは、それこそPost-Progressiveに精通するオシャンティなアレンジやポスト-プログレスな展開力に磨きをかけた、つまり音楽的な面白さを見出すことに成功した、と同時に"オルタナティブ・バンド"としての可能性を示した"攻め"の作品だった。このアルバムでトリコの音楽性、その振り幅は間違いなく広がったし、シングル『E』のカップリング曲でベースのヒロミ・ヒロヒロが初めて作詞作曲とボーカルを担当した”ダイバー”では、一種の激情系胸キュンポストブラックみたいな事やってたりと、個々のメンバーがそれぞれマルチな才能を多方に発揮し始めているのも実に興味深い(ヒロミ・ヒロヒロのソロデビュー不可避)。ともあれ、今月の赤い公園のマンマンツアーの前に何としてもヒロミ・ヒロヒロをこの目で確かめねば!なお、ライブ当日は台風が直撃する模様・・・
 
爆裂トリコさん
爆裂トリコさん
posted with amazlet at 15.05.10
tricot
SPACE SHOWER MUSIC (2014-03-19)
売り上げランキング: 38,988
小学生と宇宙
小学生と宇宙
posted with amazlet at 15.05.10
tricot
BAKURETSU RECORDS (2012-05-09)
売り上げランキング: 87,513
記事検索