Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

ブログ

パスコーーーード!!

別冊マーガレットの『岸辺露伴は動かない』を読んだ

DHCWOtGVwAE0RTL

この出来事は、この僕が何故「日本一のジョジョヲタ」を自称しているのかを証明するかのような出来事だった。

これはクソみたいな女兄弟がいる人なら共感してくれると思うのだけど、おいら、子供の頃は暇さえあれば姉が読んでいた『リボン』『マーガレット』をはじめとした、いわゆる「少女漫画」をパラパラと読みふけっていた、それこそ小学生の頃に『ジョジョの奇妙な冒険』と出会うよりもまず先に「少女漫画」に触れていた子供だった。いつだったかな、確か相対性理論『天声ジングル』のレビュー記事の中で、僕はジョジョは男が読む少女漫画であるしたがって「女はジョジョを理解することができないのに何故読むのか?女は女向けの少女漫画を読んでいればいい」からの僕が認めるジョジョヲタはやくしまるえつこだけとも書いたことがあって、それこそ今回の『ジョジョの奇妙な冒険』=『岸辺露伴は動かない』シリーズと「少女漫画」の運命いや必然的な引かれ合いは、まさにその証明としか言いようがない出来事だった。

今回の裏表紙の岸辺露伴を見てもそうなのだけど、最近の、というよりジョジョ7部『スティール・ボール・ラン』の終盤以降の荒木飛呂彦先生が描く絵というのは、それこそ「少女漫画」に連載されていてもおかしくないくらい、どこか物凄く「中性的」いや「女性的」な、すなわち「ジェンダーフリー」の精神がその現代的な画風から滲み出ていて、それこそ常に絵柄が変化していく「オルタナティブ漫画家」であることでも知られる飛呂彦だが、この件について「日本一のジョジョヲタ」の僕が思うに、飛呂彦って基本的に男女問わず全ての主要なキャラクターを描く時に、まず足がかりにあの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」を描くイメージをもって、本来意図するキャラへと近づけていく漫画家であると。ではなぜ「モナ・リザ」なのか?ご存知な人もいるかと思うが、「モナ・リザ」の絵にまつわる『謎』は幾つもあって、その諸説の一つに実は「モナ・リザ」のモデルって「男性」「ダ・ヴィンチの愛人」であるという一説は特に有名な話で、つまりはそれがこの話の「答え」で、要するにキャラクターを描く時に始めに「モナ・リザ」をイメージして描くことで、最終的に「男性」にも「女性」にもペンを動かす事ができる、例えば描き始めは「モナ・リザ」で絵が完成するまでの過程でジョジョ8部『ジョジョリオン』の主人公東方定助とヒロインの広瀬康穂、そのどちらの「性別」=「SEX」にも持っていけるというわけ。この「モナ・リザ」の話は、飛呂彦自身がどこかの雑誌のインタビューでそれっぽい事を語っていたような気もするし、それはただの僕の捏造かもしれないのであしからず。

で、今回の『岸辺露伴は動かない』シリーズのエピソード9を読んでみての感想なんだけど、流石にいつもと違って「少年(青年)漫画」ではなく「少女漫画」に記載されるというだけあって、今回のテーマは人の「D・N・A」にまつわる「奇妙」で「運命的」な、露伴シリーズらしからぬ?露伴シリーズ初となる「恋バナ」となっている。これまでの露伴シリーズにはなかった「恋」をテーマにしているので、果たして飛呂彦に「恋バナ」が描けるのであろうか?『ジョジョの奇妙な冒険』「恋バナ」と言うとジョジョ1部のジョナサンとエリナ、ジョジョ2部のジョセフとスージーQ、ジョジョ4部の広瀬康一と山岸由花子、ジョジョ5部のジョルノとミスタ、ジョジョ6部の徐倫とアナスイか、、、う~ん・・・と懐疑的に思ったフアンも少なくないはずだが、そこはさすがの飛呂彦の奇妙な感性と科学的な嗜好と知識をもって「荒木飛呂彦なりのラブストーリー」を、これはもはや「荒木飛呂彦なりの『君の名は。』」を描き出すことに成功している。

露伴シリーズは基本的にジョジョ4部の世界線もしくはパラレルワールドの話で、今回のエピソードには懐かしの山岸由花子が登場する。今回の露伴ちゃんは野球好きのセクハラキャラと化していて、今の画風で描かれる山岸由花子はもはや別人、というより実写映画版で山岸由花子役を演じている小松菜奈に寄せて描いたのかもしれない、と噂されるくらいには似ている。正直、読み終えた率直の感想としては、これまでのエピソードと比較してもかなり面白い部類に入ると思った。登場する子供の「逆さまの言葉」ネタとか最近の探偵ナイトスクープであった気がするし、「5センチのシッポ」が生えているとか、「皮膚が保護色化する」とかメタルギアかな?ってなるし、その流れで「それが原因で子供がイジメられる」からの「普通の規準」の話に繋がって、結論として露伴はそれが子供の「個性」であると、その子供の「個性」を尊重する場面は実に露伴らしいクールなカッコよさがあるし、そもそも露伴自体が「普通」ではない「個性」の塊なので、露伴は自分とその子供に共通するシンパシーを感じたに違いない。露伴の名言「だが断る」も登場するし、山岸由花子の口の悪さも相変わらずでサイコーだし、とにかくジョジョ4部フアンにはたまらない話かもしれない。話の後半は、テーマとなる「D・N・A」が指し示す『運命の引かれ合い』すなわち『LOVE』へと展開していく。特に、今回のキーセリフとなるきっといいヤツを、逆さまの言葉しか喋れない子供が生まれて初めて「普通」に喋るシーンとかベタな伏線回収だけど好きな演出。他の露伴シリーズと比べて話自体はわりとシンプルな感動モノで、それこそ『マーガレット』読者をはじめ初見の人でも理解できて楽しめるような内容にはなってる。素直に泣けるっちゃ泣けるくらいシンプル。皮肉な話だけど、少女漫画特有の男には到底理解不能なブッ飛んだ話の展開と比べたら、逆に超マジメな話に見えるかもしれない。でもこれ本当に映画『君の名は。』に近い「運命論」の話で、もはや『君の名は。』を観たと飛呂彦が宣言しているようなもんで、中でもクライマックスのきっといいヤツ」=「君の名はみたいなシーンは間違いなく確信犯です。そういった意味でも、この「恋バナ」を「少女漫画雑誌」で描いたのは大きな意義があったと思う。これで「少女漫画」を制覇したとならば、今度は「ホラー漫画」かな?いや、ジョジョそのものが「ホラー漫画」だからないか。

絵的にも普段連載している本家ウルトラジャンプの『ジョジョリオン』よりも丁寧に描いている印象で(皮肉)、正直『ジョジョリオン』よりもジョジョっぽい絵柄を意識して戻しているのが分かる。絵の構図やコマ割り、セリフ回しや演出面でも、いつも以上に気を使って丁寧に、しかし飛呂彦らしく「リズム」にノッて楽しく描いているのがよく分かる。普段のウルトラジャンプや漫画本のモノクロ仕様だが、青紙のジョジョは初めて?だと思うので、自分自身約20年ぶりに『マーガレット』を読んで懐かしく感じたと同時に、ジョジョの絵柄と青紙が醸し出す雰囲気は、より少女漫画チックで最高にマッチしているし、何よりも新鮮だった。とにかく、ジョジョフアンならマストバイの一冊です。

勿論、ここまでの話は全て僕の「日本一のジョジョヲタ」アピール以外ナニモノでもなくて、改めて子供の頃に少女漫画を通過した人間の方がより『ジョジョの奇妙な冒険』という名の「男が読む少女漫画」を理解できるんじゃあないかって、だから今度は「日本一のジョジョヲタの僕が実写版ジョジョの映画を観た」って記事書いちゃってもイイっすか~?だって僕、きっといいヤツなんで!

園子温監督のサイン入りポスターに当選した話

DBuIKdkUwAEEBAp

ちょっと経緯を話すと→おいら、それこそPS2の時代から『龍が如く』シリーズのフアンで(なお、まだ最新作はクリアしていない模様)、だから『龍が如く』シリーズの総合プロデューサーである”なごっさん”こと名越稔洋監督がニコ生でやってる『セガなま』も毎月チェックしているほどで、それで先々月の放送回の番組アンケートの「名越監督と対談して欲しい人物は?」みたいな質問に対して適当に「園子温監督」って書いたら、その翌月の『セガなま』で本当に名越監督と園子温監督の対談が実現して、その放送内でコメントすると抽選でプレゼントが貰える企画にこのたび見事に当選した、というわけ。

ここ最近は、女優の満島ひかりちゃんをフィーチャーしたMONDO GROSSOの”ラビリンス”を筆頭に、満島ひかりちゃんが戸川純の歌手活動35周年を記念するVampilliaとのコラボアルバム『わたしが鳴こうホトトギス』にコメントを発表したり、つい先日映画『愛のむきだし』をNetflixで久しぶりに見直したら、あらためて『愛のむきだし』の満島ひかりちゃんの演技には戸川純の影響があると感じたし、それらの影響で園子温監督や満島ひかりちゃんの名前をブログ記事の中で頻繁に出していたのが伏線となったのか、つまりこれはもう満島ひかりちゃんが今回の当選に導いてくれたと言っても過言じゃあない。

なごっさんと園子温監督の対談の中で、なごっさんは園子温作品では『地獄でなぜ悪い』や『冷たい熱帯魚』が好きと答えていたけれど、園子温映画ガチ勢からすると、園子温監督の最高傑作は『紀子の食卓』か『愛のむきだし』の二択以外に考えられないし、ガチ勢からすると当時あの『冷たい熱帯魚』ですら「おっ、前作から一気に大衆向けのポップな雰囲気かつ園子温節のエログロ満載で、まぁ、いいんじゃない」レベルの比較的冷静な意見が多かった気がする。話は変わるけど、名越監督の次回作あるいはそれ以降の作品で満島ひかりちゃんをヒロインとして起用するってのはどうでしょうか?それこそ音楽方面をはじめ、多方面に活躍の幅を広げている今の「アクティブ」な満島ひかりちゃんなら、今度はゲーム業界に足を踏み入れてくれる可能性も満更でもないかもしれないので。これはもう完全に十年来の「満島ひかり大好き芸人」としての意見ですが、しかし今回の伏線を、どうにかしてなごっさんに繋いで貰えることを願って止まない。

とは言え、日活ロマンポルノ×園子温が実現したポスターの『アンチポルノ』はまだ見れていないので、どうにかして早いとこ見たいです。今月の16日に配信予定のAmazonオリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』にも、満島ひかりちゃんの弟こと満島真之介が出演しているとのことで俄然期待したいです。それを見終えたらトリコットの『3』のレビューでも書こうかなとか色々考えたりしてますけど・・・とにかく、当選のメールが来た時は一瞬「おっ!PS4か!?二台目!?二台目か!?」って勝手に舞い上がってたら実はポスターで、でも十年来の園子温フアンとしてはPS4に当選すること以上の感動と嬉しみの深い出来事でした。なごっさん、園子温監督、本当にありがとうございました!

【祝】Kero Kero Bonito、ソニーミュージックからデビューアルバム&サマソニ出演決定!

昨年リリースした2ndフルアルバムBonito Generationが世界中で話題を呼んだ、日英ミックスのセーラ率いるUKの三人組ユニットKero Kero Bonito(ケロケロボニト)が、遂にこの日本に上陸決定!

kero_kero_bonito_aug16

しかも7月12日にソニーミュージックから、リミックス6曲を収録した19曲入りの超豪華盤仕様のBonito Generationをドロップし、そして今年のサマソニ東京出演が決まっており、これには正直BAND-MAIDのサマソニ出演よりも驚きのビッグニュースだ。おいら、今年の初頭にアップしたBonito Generationの記事にもパラッパラッパー的なコミカルでファニーなノリあると言及したけれど、ソニーと組んだことでガチでパラッパラッパーとコラボする可能性が出てきた。そして、水曜日のカンパネラShiggy Jr.をはじめとした日本のサブカルクソ女界隈とのコラボなど、そしてそして上手くいけば本当にMステ出演も目じゃないんじゃあないか?とにかく、これはサマソニ行くしか?!

今年のサマソニにBAND-MAIDが出演することについて

C-usmVoUQAABgpz

そういえば去年のサマソニって林のABCとベビメタ出たんだよなって今更思い出した。んで今年、まさかのBAND-MAIDの出演が発表された。正直、打倒ベビメタを掲げるなら今年のサマソニ出演からのラウパ出演は最低限の必須条件だと思ってて、でも第一弾で発表された今年のメンツを見て、このメンツの中にバンメが入る余地は一ミリもなかったから、今回の発表は意外だったというか素直に驚いた。今やレッチリとコラボするレベルのモンスターバンドにまで上り詰めたベビメタって、何を隠そう2014年のサマソニ出演をキッカケに、それ以降はご周知のとおりで、「いま最も勢いのあるアイドル」としてメイド・イン・ヘヴンもビックリの猛烈なスピードで駆け抜けていったわけで。

おいら、実はバンメってサマソニやラウパよりも、オズフェスやVAMPSのHYDE主宰のハロパのがバンドのコンセプト的にフィットするバンドだと思ってて、前者のオズフェスは国内組の枠狙いで、後者のハロパはHYDEがメイド服のコスプレしたいがために呼ばれるみたいなw でもその主要なフェスの中で最も可能性の低そうなサマソニに出ちゃう、そして初ワンマンツアーの名古屋公演を既にソールドアウトさせている今のバンメの勢いは、やはりガチで「本物」なのかもしれない。しかし、こうなってくると、今年のラウパにも出てもらって歌波とミカエル・オーカーフェルトの共演を期待したいし、個人的にオズフェスはまだしも、ハロパには出るんじゃねーかな~的なことは予想してる。まーたこんな事を言うと、当て振り鳩女が調子に乗るので、とりあえず「遊んでないでギター練習しろ」って煽っときますw

しかし、メタリカがトリだった2014年のサマソニと違うのは、バンメ以外のメンツに全く興味が沸かないことで、どうせなら今年も林出ろよとか思ったりして、それが無理ならポルカかアナセマ出して!

MONDO GROSSOの『ラビリンス』が凄いという話

C-bl52IUMAEIb6T

おいらが国内で唯一認めてる女優って満島ひかりちゃんと今はなき能年玲奈(この二人を引き合わせなかった業界の罪は重い)、そんなおいらが満島ひかりちゃんのことを明確に認知し始めたのって、他ならぬ奇才園子温監督の最高傑作である『愛のむきだし』のヒロイン役で、そのバブみの深い存在感と体を張った凄みのある演技をひと目見た瞬間に、年下ながら「この子は間違いなく大物になる」とドヤ顔したのを覚えている。元々はフォルダー5とかいうダンスグループで一人だけ異質な存在感を放っていて、しかしその時は女優に転身するなんて、しかもまさか国内屈指の大物女優に化けるなんて思いもよらなかったのだけど、最近では江戸川乱歩ドラマシリーズの明智役他をはじめ、火曜ドラマ『カルテット』では椎名林檎が提供した主題歌で松たか子らとのデュエットを披露したりと、その存在感はCM界やドラマ界を中心に日に日に増すばかりで、更には名作映画『川の底からこんにちは』の某監督との離婚ですら「大物女優」としての箔付けにしかなってなくて、俄然惚れ直したというか、「やっぱ俺って見る目あるわ」ってなった。

ところで、一体なんでこんな話をしているのかというと、大沢伸一氏のソロプロジェクトMONDO GROSSOの約14年ぶりとなる新曲に、他ならぬ満島ひかりちゃんがボーカルとして参加してるからであって、しかもその曲がトンデモナイくらいイイ曲でサイコーなのだ。



今流行の水曜日のカンパネラをはじめとした、クラブ/ハウスミュージック系のダンサブルなトラックと満島ちゃんのほのかに幼さを残す透明感のある甘い歌声が織りなすアトモスフェリックなトリップ空間にソッと身を委ねたくなる、それこそ同郷である往年の安室奈美恵を彷彿させる、それこそ小室哲哉全盛だった90年代のエイベックスサウンドを彷彿させる懐かしのサウンドを展開する。"ラビリンス "の歌詞を手掛けたのは、東京スカパラダイスオーケストラの谷中氏で、2曲目にはサックスをフィーチャーしたレゲエ調の(DUBFORCE Mix)を収録し、3曲目の(Acoustic Mix)では文字通りアコギをフィーチャーしたハワイアンな曲調で、より満島ひかりちゃんのピュアでラブリーな歌声が癒し系に作用してて最高。この曲で毎日満島ひかりちゃんの歌声が聴けるってだけで嬉しみが深い。そして、こんなイイ曲を満島ちゃんに与えてくれた大沢伸一氏およびモンド・グロッソに感謝。
記事検索
月別アーカイブ