Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

ブログ

フジロックにデフヘヴン参戦!

フジロックにデフヘヴン参戦を記念しまして・・・

「BUKKAKE祭り」

開催します!!

是非「我こそは!」という人、ご参加お待ちしております!

new_Mysterious-Skin-1
 

aikoの新曲『プラマイ』のMVにジョジョリオン

取り急ぎ。この曲好き。

ジョジョ4部のアニメ化について

アナセマ×ジョジョ

ジョジョ4部のアニメ化が決定した。確かに、1部から3部までは『ジョジョの奇妙な冒険』でありながらも『ジャンプの王道』を貫き通した作品で、『王道』だけあってアニメ化も比較的しやすかったと思う。しかし、4部以降、特に今回アニメ化が決定した4部というのは、作者である荒木飛呂彦オルタナティブなセンスが爆発した、それこそジョジョの最高傑作と呼ぶに相応しい作品だ。上記の年表にもあるように、日本一のジョジョヲタである僕が導き出した→『ジョジョの奇妙な冒険』=【ANATHEMAの音楽遍歴】であると理解ッ、そして解釈すれば、ジョジョ4部はANATHEMAのDiscographyで言うところの中間に位置する5thアルバム『A Fine Day to Exit』と6thアルバム『A Natural Disaster』に当たる。この中期のアルバム以降、ANATHEMAの音楽性は"オルタナティブ"→ポスト・プログレッシブへと大きな変貌を遂げていく。一方で荒木飛呂彦も4部以降、これまでの『ジャンプの王道』から徐々に方向転換し、本当の意味で『奇妙な冒険』らしさを全面に押し出してくる。その"らしさ"すなわち、荒木飛呂彦の本性でもあった。特に4部はジョジョの中でも最も"異質"とされる作品で、これまでの『王道』を嫌った(奇をてらった)ストーリーをはじめ、日常に潜む隣合わせの恐怖、子供から宇宙人まで魅力的なキャラクター、まるでイギリスの空模様のように優柔不断な雰囲気、ドンヨリとした世界観を描き出していた。1部から3部とは何から何まで違っていた。過去を振り返らずに、自らをNEXTステージに押し上げる貪欲な姿勢、これぞ"オルタナティブ"だ。だから、これまでアニメ化した1~3部と同じやり方、同じ演出じゃあ失敗するのが目に見えている。

じゃあどこの誰ならアニメ化していいんだ?となると、それこそ宮﨑駿率いるジブリスタジオ以外に、ジョジョ4部から醸し出される巨匠江戸川乱歩からの影響、それこそ『少年探偵団』からの多大な影響、その実に奇妙奇天烈な"オルタナティブ精神"を満足に、事細かく表現できるスタジオが存在するのだろうか。このクリエイティブ国家において、江戸川乱歩という偉大なる人物の作品で育った宮﨑駿、その下の世代のクリエイターとして荒木飛呂彦の名前ももれなく追従してくる。だから僕は、「もしジョジョ4部をアニメ化するとしたら?」という長年の問には、「ジブリ」以外他に考えられなかった。というより、ジブリ以外のスタジオがジョジョ4部独特のシュールな世界観を忠実に表現することなど不可能に近い。

3部までは『納得』できた、しかし荒木飛呂彦の真の才能が爆発した4部以降はダメなんだ。タブーなんだ。こう言っちゃあ悪いが、萌アニメしか描けない深夜アニメ如きじゃあ4部以降の"オルタナティブ"を正しく表現できるわけがない!できるわけがない!できるわけがない!できるわけがない! だから僕は、一人のジョジョファンとして、ジョジョヲタガチ勢を代表して、そして日本一のジョジョヲタとして、ジョジョ4部のアニメ化には断固反対だ。

いよいよ

本日、待ちに待ったANATHEMA来日公演...すなわち今世紀最大の黄金体験』の時間だあああああああああああああああああああああああああ!!

・・・つうか、そんな事より、はたして俺は恵比寿リキッドルームに無事辿り着くことができるのか!?

aDGUD

「スネーク、人生最高の3日間にしよう(ザ・ボス感)」

【祝】Apple Musicサービス開始!

2015年6月30日、日本では7月1日、遂にApple Musicのサンビスが開始された。そこには、新しい音楽の未来が広がっていた。

さて、近頃はゴネ得ババアもといアメリカの歌姫テイラー・スウィフトと収益についてアツいプロレスを繰り広げていたApple Musicさんだが、この日本でも何事もなく無事にサンビスが開始されたということで、さっそくApple Musicを使ってみた。まずApple Musicを利用するには、初めにクレカの登録もしくはitunesの残高が980円以上ある人しか利用できないという若干ハードルを設けており、サンビス開始から三ヶ月間無料なのにも関わらずバリバリ課金させる前提のApple Musicさんだが、まぁ、それは仕方がないとして、とりあえずどんな音楽が配信されてるのか、一番に気になる所だ。手始めに当ブログでもお馴染みのスティーヴン・ウィルソンANATHEMA率いるPost-Progressive勢をチェックした結果、当然のように最新作以外のほぼ全アルバム配信されてて素直に驚いたというか、「海外の人はこんなバケモンチートツールを数年前から日常的に使ってたのか・・・」みたいな、なんかスゲー時代というか世界に取り残された感あったし、それこそ「音楽界の夜明けぜよ...」的な坂本龍馬もビックリの衝撃を受けた。でもなにか足りないことに気づいた、ANATHEMAがソニー傘下のMusic for Nationsからリリースした『Judgement』『A Fine Day to Exit』『A Natural Disaster』、通称Fine Days 1999 - 2004だけピンポイントで配信されてない!ソニー許すまじ!

JDAとABCのトップソングに連なる月光花とイエスを見たyasu→「俺たちはバラードバンドじゃない!」

勿論、洋楽はほぼほぼ揃ってる。それなら邦楽およびV系界隈はどうか調べてみた。まず驚いたのは、Janne Da ArcAcid Black Cherryがほぼ全アルバム、ABCに至ってはカバーアルバムまで配信されてたのは予想外だった。Janne Da Arcはまだしも、というかJDAはエイベが仕掛けた国産定額制ストリーミングサービスAWAの広告塔になってたから、てっきりAWA独占かと思ってた。それよりも驚いたのはABCの方だ。イメージ的に、yasuってこの手のサンビスにどちらかと言えば否定的な人間だと思ってたから、余計に驚いたというか、やっぱJanne Da Arcyasuって本当にリスペクトできる存在だなって、考えが改まった。しかもka-yuのソロプロジェクトであるDAMIJAWkiyoのソロ・アルバムまで配信されてるってんだから、ジャンヌメンバーには本当に頭が上がらない。だってさ、腐っても一応は海外でも活動しているDIR EN GREYXなんかは一切配信されていないし、やっぱ俺の中でDIR EN GREYJanne Da Arcを超えることはないなって、この出来事からも再認識した次第だ。正直、Xに至ってはヨシキがツイッターで「俺たちは世界で人気だぜ!」みたいなハッタリかましといて、こういう音楽シーンの動きには全く疎いから俄然日頃の発言に説得力が生まれないというか、しかーし、X JAPANの約20年ぶりとなる新作の発表コメントに→YOSHIKI「今後音楽がストリーミングに移行していく中、なぜフルアルバムが必要なのかと考え...」とあって、これから日本にも『大ストリーミング時代』がやって来ることをきちんと理解してるみたいだから許した。ついでにX JAPAN主宰の『Xフェス』『救世主復活』させたらもっと許す。とは言え、楽曲を配信するor配信しないなんてのは所属レーベルの方針だってのは百も承知だし、配信しているアーティストが偉いだとか配信してないアーティストがダメとかの話ではないけど、それでもやっぱり配信してないアーティストってちょっとダサいと思う。皮肉なもんで、活動休止状態のJanne Da Arcが定額制に積極的な未来志向を持ったバンドで、今現在活動中のDIR EN GREYが旧来志向であるという逆転現象は何とも皮肉な面白さしかない。というか、むしろV系みたいなバンギャ主導のニッチな界隈にこそ、定額制ストリーミングを積極的に使ってパンピーを引っ張って来るべき、そういう時代だと思うんだけど。ともあれ、やっぱりJanne Da Arcがナンバーワン!林LOVE!


もう一つ気になったのは→「CDはもうダメでしょ」の名言で知られる椎名林檎の動向で、それが物の見事に配信してなくて正直「ん?」ってなった。まさかあんな発言しといて配信なしとか→「なに?日出処のジャケみたいにテイラー・スウィフトごっこでもしてんの?lol」って、あの発言からこの動きはちょっと説得力に欠けるなって、ちょっと皮肉交じりに小言を言いたくなった。とは言え、何度も言うけど配信するしないはアーティストの意向というより各レーベルの方針でしかなくて、実際に大手のソニーはApple Musicに楽曲提供しないことを以前から表明していて、事実ソニー系列のねごとは一曲も配信されていなかった(LINE MUSIC独占?)。しかし近い世代のtricot赤い公園tricotに至ってはシングルを含め(つまりヒロミ・ヒロヒロ作曲のダイバーまで!)最新作やEP含む全アルバム配信していてサスガだなと関心した。意外だったのは相対性理論が全アルバム配信してた事(さすが俺たちのえつこ!LOVEズキュウウウン!!)。で、今年メジャー移籍組のShiggy Jr.きのこ帝国はメジャー移籍後の最新シングルのみ配信されている所を見るに、やっぱり以前まで所属していた各レーベルに大きな権限があるのだと理解できる。最も関心したのは、tricotに至ってはいち早くApple Musicを利用したライブの宣伝をツイッターに投下していて、それは「今なら無料だから予習してライブに来てね」という趣旨の話だ。個人的にタイムリーな話になるんだが、おいら、今年に入ってtricotのワンマンライブを「音源の予習ができなかったから」という理由でチケを発券したにも関わらず行かなかった、という苦い経験がある。つまり、もしApple Musicのサンビス開始があと数カ月早まっていたなら、このようにApple Musicで音源を予習してtricotのワンマンを観に行ったという、そんな"もう一つの未来"もあったかもしれないわけだ。しかし、このApple Musicの登場によって、もう二度と僕のような過ちを犯す人はまず大幅に軽減されるだろうし、CDは買わないけどApple Music含む定額制音楽サンビスで音源を聴いて、そして気に入ったからライブへ足を運ぶ(運んでみよう)とする、この【CD→ライブ】という一連の流れこそ新時代の音楽体験、この【CD→ライブ】への移行こそ今後の主流となってくるのではないか?というお話。というより、このやり方が新時代を迎えた日本の音楽シーンで、バンドおよびアーティストが生き残っていく唯一の方法なんじゃあないかって。これも皮肉なもんで、椎名林檎の影響を受けた赤い公園tricotが常に邦楽界の最先端を歩んできた椎名林檎を追い抜いて、既に定額制音楽サービスを駆使した最先端の音楽活動を始めている、この逆転現象は皮肉と面白さしかない。だから今の若い子やキッズは、椎名林檎ねごとよりも、tricot赤い公園のライブに、それこそ上記ツイートのライブに率先して行ってやって欲しい。そして、他でもないこいつらが新時代の音楽シーンに生きる最先端のバンドだって、そう信じてサポートしてやって欲しい。さすれば君は、晴れて俺たちペリー提督率いる黒船団の新たな一員として仲間入りを果たすだろう。まぁ、それは冗談として→そんな事よりテメーらApple Musicヒロミ・ヒロヒロ”ダイバー”を聴いて萌死ね!

おいら、『創作の価値』なんて小難しい話ができるほど頭が良くないので、その辺の議論は知識人に任せます。一つ要望を挙げるとすれば、プレイリスト機能を使って『◯◯の曲で打線組んだ』シリーズ作りたいんで、プレイリストをブログに埋め込みできるようにして欲しい。ともあれ、これからは配信していないアーティスト=時代遅れのダサいアーティストみたいな角印を押されかねない時代になってくるんじゃあないかって。だから今の林檎、ちょっとダセーなw そしてソニー、やっぱりダセーなw
記事検索