Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

レビュー (J)

【次回予告】トクマルシューゴ→ヤクマルシューゴ→オカマルシューゴ

Junius 『Eternal Rituals for the Accretion of Light』

Artist Junius
new_6967d1f4ada647a7aa496cc44ba6323c

Album 『Eternal Rituals for the Accretion of Light』
9dcd314b6440d975b8ac5d250dd0af61

Tracklist

01. March Of The Samsara
02. Beyond The Pale Society
05. All That Is, Is Of The One
07. Telepaths & Pyramids
08. Masquerade In Veils
09. Heresy Of The Free Spirit
10. Black Sarcophagus

USはボストンが生んだ”天才バンド”ことJuniusといえば、ポストロックやポストメタルやポストパンクなどのPost-系をはじめ、同時にシューゲイザーやオルタナティブ・ロックやら幾多のジャンルを経由した、いわゆる”ごった煮”系の音楽性を特徴としたバンドで、俺的年間BESTの一枚に選んだ2011年作の2ndアルバム『Reports From the Threshold of Death』では、崇高かつ神々しいクワイヤを擁したエピカルでコンセプティブな”ヘヴィ・シンフォニー”を繰り広げ、その天才的な才能が高く評価された天才バンドは同年にAlcestとのカップリングツアーにも参加し、2014年にはEPの『Days of the Fallen Sun』をドロップする。この勢いのまま、恵まれた環境でエリートコースまっしぐらのキャリアを積み上げ、さてそろそろフルアルバム!と周囲が期待するなか、今年に入ってから急遽ギタリストが脱退、気づけば中心人物のJoseph E. MartinezとドラマーDana Filloonの二人組バンドになっていた。そんな苦難に見舞われた天才バンドが、約6年ぶりに放つフルアルバムがこの『Eternal Rituals for the Accretion of Light』だ。

天才バンドといえば、曲タイトルに()のついたSEをアルバムの中に組み込み、そのスピリチュアルでコンセプチュアルな作品の世界観をより深めるギミック的な演出を設けていたが、しかし今回の曲目を見れば分かるように、本作には天才バンドのキモである()が付いた曲が見当たらない。確かに、ほんの些細なことかも知れないが、これは一体ナニを意味するのだろうか?

EPの延長線上にある、原始的な未開の部族の遠吠えとパーカッションによる儀式的な幕開けを飾る一曲目の”March Of The Samsara”から、変拍子を効かせたシューゲイザーライクなアトモスラッジ系のヘヴィネスと荘厳かつ神聖な世界観を構築するゴシック/シンフォニックなシンセサウンドが織りなす、天才バンドらしいスケール感溢れる壮大なサウンド・スケープは不変で、よりヘヴィに、よりダークに、そしてよりモダンなサウンドを展開し、少なくとも二人組になった影響は音からは微塵も感じさせない。



天才バンドらしいポストパンク風のボーカルワークとまだDeftonesが「シューゲイザー」と呼ばれていた初期の頃を彷彿させる2曲目の”Beyond the Pale Society”チノ・モレノのモノマネ芸人名乗れるレベルのチノ声やモダン・ヘヴィネス然としたグルーヴィにウネるギターまで全てがデブ豚リスペクトな3曲目の”A Mass for Metaphysicians”、そしてCircle Takes The SquareDrew Spezialeをゲストに迎えた曲で、近年のDIR EN GREYを彷彿させるリフ回しを垣間見せる4曲目の”Clean The Beast”を聴けば、今作がいかに「オルタナティブ・メタル」という特定のジャンルに歩み寄った作品なのかが分かる。

そして、本来は()が付いているはずの今作唯一のSE曲となる5曲目の”All that is, is of the One”から、イントロからエレクトロポップが始まったかと勘違いするポップなメロディをフィーチャーした6曲目の”The Queen's Constellation”を皮切りに、神聖なクワイヤを駆使した暗黒スロウコアみたいな7曲目の”Telepaths & Pyramids”、ミニマルでオリエンタルなシンセの妖しげなメロディをフィーチャーしたアコギチューンの”Masquerade in Veils”、一転して再びデブ豚ライクなサウンドを聴かせる9曲目の”Heresy of the Free Spirit”、そしてスロウコアな幕開けから徐々にスケール感を増していく10曲目の”Black Sarcophagus”まで、後半からは非メタル的な曲調を中心に、近未来感のあるモダンなアレンジやオリエンタルな側面を垣間見せる、それこそ天才バンドとしての異質な才能を遺憾なく発揮する。

音の面で言うと、前作みたいな盟友Rosettaライクなごった煮ポストメタル感は希薄で、今作はメタルはメタルでも往年のDeftonesリスペクトな、あくまでもモダンなヘヴィネスに振り切ったオルタナティブ・メタルだ。正直、ギタリスト脱退という窮地に追いやられたにも関わらず、ここまでの作品を出してくるなんてもはや天才バンドたる所以としか言いようがない。

Eternal Rituals for the Accret
Junius
Prosthetic Records (2017-03-03)
売り上げランキング: 608,668

Julianna Barwick 『Will』

4113aab7894b478399a94ecb2e9189b7

Tracklist
01. St. Apolonia
02. Nebula
03. Bleached
04. Same
05. Wist
06. Big Hollow
07. Heading Home
08. Someway
09. See, Know

USのシンガー・ソングライター事情っていうと・・・実はよく知らないんだが、しかし2011年にデビュー・アルバムのThe Magic Placeをリリースし、「ここまで環境音と一体化した歌声が未だかつて存在しただろうか」あるいは「ここまでネロとパトラッシュの最期の教会で流れてそうな音楽があっただろうか」と、たちまちSSWシーンの間で話題を呼び、昨年には初の来日公演を果たした「21世紀のエンヤ」ことJulianna Barwickの3rdアルバム『Will』

かのDead Oceansからリリースされた前作の2ndアルバム『Nepenthe』では、ビョークやSigur Rosなどのアイスランド界隈でお馴染みのエンジニアBirgir Jón Birgissonとタッグを組み、同時に「ヨンシー親衛隊」で知られるストリングス・カルテットのAmiinaを迎え入れた結果、晴れて「女版シガーロス」の称号を得ることに成功した彼女。しかし今作の『Will』は、1stアルバムの「神々しい世界観」と2ndアルバムで培った「攻めの姿勢」を踏襲しつつも、新境地とも取れる現代的あるいは人間的な要素をはじめ、いつにもなく「楽器」が奏でる音色をフューチャーした作品となっている。
 


それこそ坂本教授こと坂本龍一が手がけた、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『レヴェナント』のサントラを彷彿とさせる、崇高な慈悲に導かれるようなストリングスとジュリアナの天使の囁きの如し聖なるゴッドボイスが、不条理なこの世界を『清らか』に浄化していくオープニング曲の#1”St. Apolonia”、スウェーデンのCarbon Based LifeformsやUSのHammockを連想させる、ミニマル・アンビエントなエレクトロ要素と深海を彷徨うかのようなジュリアナの歌声が織りなす神秘的なATMSフィールドに溺れる#2”Nebula”、今度はその深海の底から響き渡るようなピアノとストリングスがジュリアナのゴッド・ブレスを優しく包み込むように交錯する#3”Beached”、80年代風のシンセをバックにカナダ出身のMas Ysaなる男性ボーカルとフィーチャリングした#4”Same”、再び半透明に澄んだ青い海を美しく遊泳する人魚に擬態させる#5”Wist”、儚くも美しいピアノの旋律に涙する#6”Big Hollow”ANATHEMAFalling Deeperを彷彿とさせるストリングスとピアノが青く澄んだ海中から太陽を見上げるかのような#7”Heading Home”、そしてラストを飾る#9”See, Know”では、まるでチャーチズの新曲かと勘違いするほどミニマルなエレクトロが、未だかつてないほどノリノリなジュリアナの新境地を垣間見せる。
 

今作では、相変わらずアンビエント的な音響空間を軸にした作品でもあるが、それ以上にピアノやストリングスをはじめ、いわゆる人間界の「楽器」という名の道具を積極的に取り入れたことで、イマドキのSSWに大きく歩み寄ったかと思いきや、しかしこのアルバムでもジュリアナは「シンガー」として「歌う」ことを断固として拒否し、あくまでも各楽器が奏でる音色と波長を合わせるように、言霊という名の音霊の一部として存在している。そのモダンな電子音やピアノを駆使した音像は、これまでの『地上』あるいは『天国』の眩いくらいに神々しい音楽というよりも、それこそ深海の神秘に触れているかのような、あるいは日が昇る前の朝焼けや青く澄んだ海をイメージさせる、そこはかとなく”ドープ”な世界観を構築していく。

前作の”One Half”「ほぼ歌イ(キ)かけた」彼女だが、そのリベンジとなる今回の【絶対に歌わせるマン】VS.【絶対に歌わないジュリアナ】のポコタテ対決はジュリアナの勝利で幕を閉じた・・・(完)
 
Will
Will
posted with amazlet at 16.07.29
Julianna Barwick
Deao (2016-05-06)
売り上げランキング: 68,648

Junius 『Days Of The Fallen Sun』 レビュー

Artist Junius
Junius

EP 『Days Of The Fallen Sun』
Days Of The Fallen Sun

Tracklist
01. (Meditations)
02. The Time Of Perfect Virtue
03. (Shamanic Rituals)
04. A Day Dark With Night
05. (The Purge)
06. Battle In The Sky
07. (Nothingness)
08. Forgiving The Cleansing Meteor

【ジーニアス◯◯】・・・2011年に2ndフルReports From the Threshold of Deathをリリースして以降、AlcestKATATOINAそしてSólstafirのツアーに同行したりと精力的に活動を続けているUSのJunius、あれから約三年ぶりとなる待望の新作EP『Days of the Fallen Sun』がリリースされた。1stフルの『The Martyrdom of a Catastrophist』では、ポストロックやプログレッシブ・ロックをエクストリームさせたモダンなオルタナやってたが、前作の2nd『Reports From the Threshold of Death』では、KATATONIADeftones直系のオルタナティブ・ヘヴィとRosetta直系のポストハードコア/轟音ポストメタルを超宇宙空間に放り投げたような、荘厳かつ壮大なスケールで織りなす神々しいくらいに神聖なATMS系ヘヴィロックを展開していた。で、気になる今作の『Days Of The Fallen Sun』の作風としては→お馴染みの()系インストで始まる幕開けから、続く#2”The Time Of Perfect Virtue”や#4”A Day Dark With Night”の俄然メタリックな轟音ギターやポストパンク風の艶美なリズム、そしてフロントマンJoseph E. Martinezによる独特な哀愁を帯びたエモーショナルなゆるふわ系ボイスを聴けば理解できるように、2ndのシンフォニックなダイナミズムとスペーシーなスケール感はそのままに、一方で1stの頃のリリカルかつ繊細なメロディを増強させながら、より”静と動”の対比を強調することで、よりドラマティックな展開美とよりプログレッシブな展開力を高める事に成功している。流石に前作の”All Shall Float”みたいな、今のジーニアスを象徴する”覇道のヘヴィロック”みたいな名曲こそないが、#6の”Battle In The Sky”にあるようなゴッリゴリなヘヴィネスや獰猛な咆哮を駆使しながら、もはやジーニアス史上最もドゥーミッシュでアグレッシヴな表情を垣間みせる曲もあったりして、所々で着実な進化を感じさせるEPであるのは確かです。砂絵ジャケもGood
 
Days of the Fallen Sun
Days of the Fallen Sun
posted with amazlet at 14.03.30
Junius
Prosthetic Records (2014-02-18)
売り上げランキング: 213,709

Jolly 『The Audio Guide to Happiness (Part 2)』 レビュー

Artist Jolly
Jolly

Album 『The Audio Guide to Happiness (Part 2)』
The Audio Guide to Happiness (Part 2)

Track List

01. Guidance Three
02. Firewell
03. You Against The World
04. Aqualand And The Seven Suns
06. Golden Divide
07. Guidance Four
08. Lucky
09. While We Slept In Burning Shades
10. Despite The Shell
11. As Heard On Tape
12. The Grand Utopia

Riverside『New Generation Tour』のオープニングアクトに抜擢された、かのInside Out所属のUSはニューヨーク出身の四人組、Jollyの約二年ぶり通算三作目『The Audio Guide to Happiness (Part 2)』なんだけど、本作は前作The Audio Guide To Happiness (Part I)の続編に当たる作品で、その内容も前作同様、Pink FloydMuseライクなオルタナ/ゲージュツ性と近年デヴィン総裁Meshuggahライクな鬼グルーヴ/モダンヘヴィネスそしてHIMにも通じるUKニューウェーブ/ゴス的なアンニュイな雰囲気がクロスオーヴァーしたネオ・プログレメタルを展開している。要するに、RiversideAnno Domini High Definitionに限りなく近い音楽性したバンド、というわけなんだが、前作の内容もすこぶる良かったが、待ちに待った本作はソレと比べても勝るとも劣らない内容で、相変わらず俺たち界隈好みの超シゲキ的な音楽やっててもはや笑うしかない。つうか、なんでこんなに過小評価されてんの?って、おいら、デビュー作を聴いた時から思い続けてるんだが、なんで?でもまぁRiverside好きならスデに知ってるし評価されてるだろうから別にいっか。で、前作のガイダンス1&2に引き続いてガイダンス3から始まり、メタルコアのブレイクダウンに通じる実に彼ららしいゴッリゴリのモダンヘヴィネスとヌー・メタル風のノリが一際アグレッシヴな展開を魅せる#2”Firewell”、独特の色気を纏ったフロントマンAnadaleのシブい歌声を中心に聴かせる#3”You Against The World”、再びッ!!イントロから近年デブ豚やメシュガニキ直系のモダンなヘヴィネスを轟かせ、アコギ/美メロパートを交えながらプログレスに展開する#5”Dust Nation Bleak”、また彼ららしい一面を覗かせる電子音を使ったポップでファニーな#8”Lucky”、デヴィン総裁の『気』を彷彿とさせる#9”While We Slept In Burning Shades”、そして本作のハイライトとなる#10”Despite The Shell”、ケルティックな音色が絶妙なアクセントとなる#11”As Heard On Tape”、そしてエレクトリカルな#12”The Grand Utopia”まで、全12曲トータル約56分。お気に入りは#2,#3,#5,#10あたり。そんな感じで、やっぱここのボーカルのAnadaleって地味に歌上手いよねと再確認した一枚。
 

Audio Guide to Happiness Pt. 2
Jolly
Inside Out U.S. (2013-03-05)
売り上げランキング: 35,592

ジョジョメノーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンッ!!速攻感想

『ジョジョメノン』
jojomenon
★表紙の”承太郎”=”クリント・イーストウッド”カッコイイ。イギーかわいい。
★まさかのクリント・イーストウッドとの対談とか凄い。最近、テレビで映画グラン・トリノ(鑑賞三回目)を観たせいか、あっウォルトだ!ってなってなんかハッピーウレピー気分になった。イーストウッド四年ぶりの主演映画『人生の特等席』も観たくなった。やきうのお兄ちゃん歓喜。
★本誌の目玉である飛呂彦先生のロングインタビューは読み応えあり。ジョジョは1~4部で終わっていたかもしれない、とか。確かに、おいらが一番好きな5部、その次に好きな7部には共通の深いテーマ性があるというか、例えるなら3部が好きな奴は次の4部も好きで(逆パターンもあり)、おいらみたいに5部が一番好きな奴はその次に7部が好きになると思うんだ(1部~2部も同様)。おいら、5部の全てが集約されているのは最後のエピローグだと思ってて、あのエピローグの存在がなかったら”5部が一番好き”にはならなかったと言えるし、荒木先生自身もこのエピローグに対して”ジョジョシリーズの神髄が表れている”と今回のインタビューで答えててスッゲー嬉しかった。マジでアレが描ける人は荒木先生だけやと思う。十代の頃に初めて読んだ時はリアルに”ファッ!?なにこれすごい”ってなったし。もはや5部はエピローグのためにあるといっても過言じゃあない。あとアバッキオのシーンもね。その点6部は完全に独立した部というか、確かに3部からの因縁が絡んでたりするけども、そこがポイントじゃあない、というか。つまり6部が一番好きな奴って普通に日本一のジョジョヲタ名乗っちゃって、どうぞ。
★芸能人が政治家になるのはイヤのくだりは完全に同意。グッバイ維新。つうか、ジョジョヲタなら”この〇〇には夢があるッ!”の一択でしょ。
★小説『ヘブンズ・ドアー』は何とも言えないような儚さがあって、個人的に結構好きな感じの内容で良かった。
★ジョジョ俳句はクスッとしちゃうのばかりで面白かった。
★最後らへんの98Pから105Pまでの内容は別に・・・
★買ってよかった。っつうか買い。
★やはり俺たち凡人は、荒木先生から”クリエイティヴ精神とは何か”をこれからも学び続けなければならないんだと思った(小学生並みの感想)

『岸辺露伴は動かない エピソード5 富豪村』

large
★約7,8年ぶりぐらいに週刊少年ジャンプを買った。知らんタイトルばっかで驚いた。
★富豪村編はとっても”マナー”という名の絶対的な”俺様ルール”の勉強になるストーリーだった(小並感)
★編集者の泉京香はナイスなキャラ。 
★結局富豪は出てこないのかよッ!
★今の荒木先生の絵と週刊少年ジャンプとの相性ってどうなんやろ?って思ったけど、特別違和感があるってわけでもなかった。むしろこの感覚が懐かしかった。しかし、作中の最後に露伴ちゃんが”二度と来るつもりもない”と言っているので、すなわち漫画界の”ルール”や”しきたり”という壁をブチ破って”NEXTの世界”の道を切り開いていく、”今の荒木飛呂彦”がウルトラジャンプで描く”今のジョジョ”をしかと見ていろよ、と。つまりはサンキュージャンプ、グッバイジャンプ、ということですね。ピヨピヨ。

JOJOmenon (集英社ムック)
荒木飛呂彦
集英社 (2012-10-05)
売り上げランキング: 1
記事検索
月別アーカイブ