Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

レビュー (J)

Junius 『Days Of The Fallen Sun』 レビュー

Artist Junius
Junius

EP 『Days Of The Fallen Sun』
Days Of The Fallen Sun

Tracklist
01. (Meditations)
02. The Time Of Perfect Virtue
03. (Shamanic Rituals)
04. A Day Dark With Night
05. (The Purge)
06. Battle In The Sky
07. (Nothingness)
08. Forgiving The Cleansing Meteor

【ジーニアス◯◯】・・・2011年に2ndフルReports From the Threshold of Deathをリリースして以降、AlcestKATATOINAそしてSólstafirのツアーに同行したりと精力的に活動を続けているUSのJunius、あれから約三年ぶりとなる待望の新作EP『Days of the Fallen Sun』がリリースされた。1stフルの『The Martyrdom of a Catastrophist』では、ポストロックやプログレッシブ・ロックをエクストリームさせたモダンなオルタナやってたが、前作の2nd『Reports From the Threshold of Death』では、KATATONIADeftones直系のオルタナティブ・ヘヴィとRosetta直系のポストハードコア/轟音ポストメタルを超宇宙空間に放り投げたような、荘厳かつ壮大なスケールで織りなす神々しいくらいに神聖なATMS系ヘヴィロックを展開していた。で、気になる今作の『Days Of The Fallen Sun』の作風としては→お馴染みの()系インストで始まる幕開けから、続く#2”The Time Of Perfect Virtue”や#4”A Day Dark With Night”の俄然メタリックな轟音ギターやポストパンク風の艶美なリズム、そしてフロントマンJoseph E. Martinezによる独特な哀愁を帯びたエモーショナルなゆるふわ系ボイスを聴けば理解できるように、2ndのシンフォニックなダイナミズムとスペーシーなスケール感はそのままに、一方で1stの頃のリリカルかつ繊細なメロディを増強させながら、より”静と動”の対比を強調することで、よりドラマティックな展開美とよりプログレッシブな展開力を高める事に成功している。流石に前作の”All Shall Float”みたいな、今のジーニアスを象徴する”覇道のヘヴィロック”みたいな名曲こそないが、#6の”Battle In The Sky”にあるようなゴッリゴリなヘヴィネスや獰猛な咆哮を駆使しながら、もはやジーニアス史上最もドゥーミッシュでアグレッシヴな表情を垣間みせる曲もあったりして、所々で着実な進化を感じさせるEPであるのは確かです。砂絵ジャケもGood
 
Days of the Fallen Sun
Days of the Fallen Sun
posted with amazlet at 14.03.30
Junius
Prosthetic Records (2014-02-18)
売り上げランキング: 213,709

Jolly 『The Audio Guide to Happiness (Part 2)』 レビュー

Artist Jolly
Jolly

Album 『The Audio Guide to Happiness (Part 2)』
The Audio Guide to Happiness (Part 2)

Track List

01. Guidance Three
02. Firewell
03. You Against The World
04. Aqualand And The Seven Suns
06. Golden Divide
07. Guidance Four
08. Lucky
09. While We Slept In Burning Shades
10. Despite The Shell
11. As Heard On Tape
12. The Grand Utopia

Riverside『New Generation Tour』のオープニングアクトに抜擢された、かのInside Out所属のUSはニューヨーク出身の四人組、Jollyの約二年ぶり通算三作目『The Audio Guide to Happiness (Part 2)』なんだけど、本作は前作The Audio Guide To Happiness (Part I)の続編に当たる作品で、その内容も前作同様、Pink FloydMuseライクなオルタナ/ゲージュツ性と近年デヴィン総裁Meshuggahライクな鬼グルーヴ/モダンヘヴィネスそしてHIMにも通じるUKニューウェーブ/ゴス的なアンニュイな雰囲気がクロスオーヴァーしたネオ・プログレメタルを展開している。要するに、RiversideAnno Domini High Definitionに限りなく近い音楽性したバンド、というわけなんだが、前作の内容もすこぶる良かったが、待ちに待った本作はソレと比べても勝るとも劣らない内容で、相変わらず俺たち界隈好みの超シゲキ的な音楽やっててもはや笑うしかない。つうか、なんでこんなに過小評価されてんの?って、おいら、デビュー作を聴いた時から思い続けてるんだが、なんで?でもまぁRiverside好きならスデに知ってるし評価されてるだろうから別にいっか。で、前作のガイダンス1&2に引き続いてガイダンス3から始まり、メタルコアのブレイクダウンに通じる実に彼ららしいゴッリゴリのモダンヘヴィネスとヌー・メタル風のノリが一際アグレッシヴな展開を魅せる#2”Firewell”、独特の色気を纏ったフロントマンAnadaleのシブい歌声を中心に聴かせる#3”You Against The World”、再びッ!!イントロから近年デブ豚やメシュガニキ直系のモダンなヘヴィネスを轟かせ、アコギ/美メロパートを交えながらプログレスに展開する#5”Dust Nation Bleak”、また彼ららしい一面を覗かせる電子音を使ったポップでファニーな#8”Lucky”、デヴィン総裁の『気』を彷彿とさせる#9”While We Slept In Burning Shades”、そして本作のハイライトとなる#10”Despite The Shell”、ケルティックな音色が絶妙なアクセントとなる#11”As Heard On Tape”、そしてエレクトリカルな#12”The Grand Utopia”まで、全12曲トータル約56分。お気に入りは#2,#3,#5,#10あたり。そんな感じで、やっぱここのボーカルのAnadaleって地味に歌上手いよねと再確認した一枚。
 

Audio Guide to Happiness Pt. 2
Jolly
Inside Out U.S. (2013-03-05)
売り上げランキング: 35,592

ジョジョメノーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンッ!!速攻感想

『ジョジョメノン』
jojomenon
★表紙の”承太郎”=”クリント・イーストウッド”カッコイイ。イギーかわいい。
★まさかのクリント・イーストウッドとの対談とか凄い。最近、テレビで映画グラン・トリノ(鑑賞三回目)を観たせいか、あっウォルトだ!ってなってなんかハッピーウレピー気分になった。イーストウッド四年ぶりの主演映画『人生の特等席』も観たくなった。やきうのお兄ちゃん歓喜。
★本誌の目玉である飛呂彦先生のロングインタビューは読み応えあり。ジョジョは1~4部で終わっていたかもしれない、とか。確かに、おいらが一番好きな5部、その次に好きな7部には共通の深いテーマ性があるというか、例えるなら3部が好きな奴は次の4部も好きで(逆パターンもあり)、おいらみたいに5部が一番好きな奴はその次に7部が好きになると思うんだ(1部~2部も同様)。おいら、5部の全てが集約されているのは最後のエピローグだと思ってて、あのエピローグの存在がなかったら”5部が一番好き”にはならなかったと言えるし、荒木先生自身もこのエピローグに対して”ジョジョシリーズの神髄が表れている”と今回のインタビューで答えててスッゲー嬉しかった。マジでアレが描ける人は荒木先生だけやと思う。十代の頃に初めて読んだ時はリアルに”ファッ!?なにこれすごい”ってなったし。もはや5部はエピローグのためにあるといっても過言じゃあない。あとアバッキオのシーンもね。その点6部は完全に独立した部というか、確かに3部からの因縁が絡んでたりするけども、そこがポイントじゃあない、というか。つまり6部が一番好きな奴って普通に日本一のジョジョヲタ名乗っちゃって、どうぞ。
★芸能人が政治家になるのはイヤのくだりは完全に同意。グッバイ維新。つうか、ジョジョヲタなら”この〇〇には夢があるッ!”の一択でしょ。
★小説『ヘブンズ・ドアー』は何とも言えないような儚さがあって、個人的に結構好きな感じの内容で良かった。
★ジョジョ俳句はクスッとしちゃうのばかりで面白かった。
★最後らへんの98Pから105Pまでの内容は別に・・・
★買ってよかった。っつうか買い。
★やはり俺たち凡人は、荒木先生から”クリエイティヴ精神とは何か”をこれからも学び続けなければならないんだと思った(小学生並みの感想)

『岸辺露伴は動かない エピソード5 富豪村』

large
★約7,8年ぶりぐらいに週刊少年ジャンプを買った。知らんタイトルばっかで驚いた。
★富豪村編はとっても”マナー”という名の絶対的な”俺様ルール”の勉強になるストーリーだった(小並感)
★編集者の泉京香はナイスなキャラ。 
★結局富豪は出てこないのかよッ!
★今の荒木先生の絵と週刊少年ジャンプとの相性ってどうなんやろ?って思ったけど、特別違和感があるってわけでもなかった。むしろこの感覚が懐かしかった。しかし、作中の最後に露伴ちゃんが”二度と来るつもりもない”と言っているので、すなわち漫画界の”ルール”や”しきたり”という壁をブチ破って”NEXTの世界”の道を切り開いていく、”今の荒木飛呂彦”がウルトラジャンプで描く”今のジョジョ”をしかと見ていろよ、と。つまりはサンキュージャンプ、グッバイジャンプ、ということですね。ピヨピヨ。

JOJOmenon (集英社ムック)
荒木飛呂彦
集英社 (2012-10-05)
売り上げランキング: 1

Janus 『Nox Aeris』 レビュー

Artist Janus
Janus

Album 『Nox Aeris』
Nox Aeris

Track List
1. In Flames
3. Lifeless
4. A Promise To No One
5. Pound Of Flesh
6. Waive
7. Stray
8. Numb
9. Always Rains
10. Polarized

USはシカゴ出身の四人組、Janusの約三年ぶりの新作『Nox Aeris』なんだけど、彼らのスタイルとしては、デブ豚Breaking BenjaminRedChevelle系のUSラウド/ヘヴィ・ロックをベースに、インダストリアルなキラキラ音やエレクトロニカやダークなピアノをブチ込んだゴス気味のヘヴィロックをやってて、正直今のBBよりは質の高い曲を書いてると思う。というか、その手のバンドらよりも俄然”メタル”やってる感が強くて、自己主張の強いグルーヴィでゴッリゴリなギターやチノ・モレノばりのシャウトとネットリとした哀愁系ボイスを駆使するVoデイビッド、そしてバッカバカに叩きまくるドラミングが極太な音塊となって、聞き手に対してダイレクトに訴えかける。正直、これぞまさしく”ラウド・ロック”を名乗るに相応しい破壊力を持ったバンドを聴いたのは本当に久々。で、聴く前はもっとニカやインダストリアルな音を全面に押し出したイロモノ系かと思ってたら、予想外に正統派オルタナティブ・ヘヴィやってて正直ビビった。 というか、ギターのポテンシャルがやけに高くて、この手の”ボーカルありき”なバンドらと比べると、結構”おっ”っと思わせるリフやインストが多いし、特に#4とかのSybreed的なdjentの精神を感じるリフには( ̄ー ̄)ニヤリとせざるを得なかったり。そんなわけで、この手のラウドロック好きや、Voの交代により魅力がなくなったスウェーデンのRenegade Fiveが好きなら特にオススメ。なかなかにイイですこれ。

Nox Aeris
Nox Aeris
posted with amazlet at 12.04.05
Janus
Realid (2012-03-27)
売り上げランキング: 31511

JUNIUS 『Reports From The Threshold of Death』 レビュー

Artist Junius
35927021

Album 
『Reports From The Threshold of Death』
cover

Track List
1. Betray The Grave
3. Dance on Blood
4. A Universe Without Stars
5. Haunts for Love
6. The Meeting of Pasts
7. (Spirit Guidance)
8. A Reflection on Fire
10. Eidolon & Perispirit

Alcest×EnslavedのUSツアーにGhostの代役としてサポートに抜擢されたUSはボストン出身の四人組、JUNIUSの約二年ぶりの二作目『Reports From The Threshold of Death』なんだけど、彼らのスタイルとしては、”轟音ポストロック~プログレッシブ~ポストHC”の狭間で揺れ動く芸術的かつ耽美な音使い、JesuThursdayデブ豚や中期アナシマにも通じる独特の浮遊感と中期Katatoniaっぽいある種のグランジ的な気ダルさを合わせ持つ、あらゆる”Post”を網羅した薄暗く内向的なオルタナ系ダーク・ロックをやってて、各方面のメディアから賞賛された轟音ポストロックライクなデビュー作『The Martyrdom Of A Catastrophist』と比べて本作はシンフォニックばりに壮大なスケール感と荘厳な音の内なる力強さをド派手に鳴り散らす、轟音マニア歓喜することウケアイなポストメタルに大きく歩み寄った作風にスタイルチェンジし、初期アルセのような神聖かつ荘厳なART世界への入り口となるオープニングの#1”Betray The Grave”でその聖域へと足を踏み入れ、宇宙規模の超スケールなイントロからして”どこぞのシンフォニック・メタルバンドですかw”とでもツッコミたい曲でParadise Lostばりに荘厳かつ耽美そして壮麗な名曲#2”All Shall Float”、Rosettaライクな轟音と後半からの覇道のゴシック・メタル的なドラマティック過ぎるド派手な展開がヤバい#3”Dance on Blood・・・ここまでの頭三曲からして嫌でも伝わる、本作のキーワードであるシンフォニック/オルタナ/シューゲ/ゴシックlikeなサウンドと奇才フロントマンJosephの一皮むけた儚くメランコリーな内省的な歌がコンパクトに重なった、一段とダイレクトに逞しくなった轟音世界はまさしくJuniusしか創造し得ない、本作のアートワークのように神々が宿りし神聖な領域へと聞き手を引き込み、本作は”死後の魂の旅”をテーマにした作品だけあってか、作品全体を覆い尽くす美しき耽美な世界観の中で轟音という名の暗黒エネルギーがepicッ!に瞬く瞬間に生まれる未知の生命は、まるで俺たちを優しく包み込むかのように聖なる輝きを放ち続け、その”NEXT-生命”を求める魂の旅の先にある最終目的地=魂の楽園へと辿り着く・・・。
 魂の浄化、魂の救済・・・そう、まるで映画『ヒア・アフター』のような・・・そして3.11を経験した俺たちこそ聴くべき運命にある”魂の鎮魂歌”なのかもしれない・・・。”出会うべくして出会った”、これぞまさしく”引かれ合い”ってやつを体感しろッ!・・・という感じの理解不能ッなイメージなんだけど、しかし二作目にしてこの存在感、かのピッチフォークに一目置かれるそのワケというのがハッキリと理解ッできる確かな一枚、そして俺の界隈の奴らが歓喜することウケアイな絶対的な一枚となっている。なるほど、そらAlcest×Enslavedとも引かれ合いますわなぁと、納得。いやはやコイツらスゲェと。次は当然の如くアナシマやカタらの俺の界隈の重鎮と引かれ合うでしょうなぁと。この、まさしく”俺好み”な”シューゲ×轟音”ライクな気持ちのいい重低音はTrue Widow新作を彷彿とさせたりして、それがまた、嬉しきかな。あとこのJuniusの音楽性を伝える際に、”ニューロシスとザ・スミスをミックスさせたようなサウンド”みたいな表現がよくされるんだけど、実際に本作を聴けばまさに言い得て妙な表現だと納得するでしょう。

 シューゲイザー/ポストロックを基調としながらリリカルかつプログレッシブに綴った前作みたいな甘味なイメージではなく、私はむしろ逆で・・・本作はゴシック/シンフォニック/オルタナ/グランジ/ポストメタル等・・・極端に言うとヒッジョーに”メタル臭い”匂いを醸し出すアルバム。で、とりあえずなんというか、”漢のメタル臭さ”っつーのかな、そんな大仰な匂いを感じるんだよなぁ。このメタル特有のヲタ臭さがダメな人は良さが分かりづらい作品かも。とにかく、まるで宇宙戦争を繰り広げるレベルのスケール感が前作と桁違いに凄い。このように、あらゆるバンドやあらゆる”Post”を感じる無二の音世界は、やっぱ只者じゃあない、底しれぬセンスと凄みを感じざるを得ない。#3とかは気のせいかUlverの面影をも感じさせ、儚ない感情に打ちのめされる#8、Jesuばりに”美しき轟音”が瞬く#9”Transcend The Ghost”からのスペーシーな#10”Eidolon & Perispirit”までの終盤も素晴らしく感動的で、これにて魂の補完計画を完了する。とにかく、文字通り”神曲”な#2#9やば。泣ける。

 ・・・というわけで、USからダーク・ミュージック界への答えと言うても過言じゃない本作は、前作の名作とは一味も二味も違った豪快なスタイルで”NEXT-ジュニアス”の新世界を堪能させる。個人的には前作並、いやそれ以上に気に入ったし、同系のThursdayの今年出た新作よりも俄然ライク。恐らく今年のBEST入り。あと若干方向性が違うかもだが・・・おいらが思うに、スウェーデンのKhomaが好きなら絶対に聴くべきバンドだと思うよ。

      極上の”Postの世界”を体感しろッ・・・そして・・・

              ようこそ、俺の界隈へ

B

Reports from the Threshold of Death
Junius
Prosthetic Records (2011-10-24)
売り上げランキング: 217091
記事検索