Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

レビュー(数字)

【次回予告】ゴジラゴジラゴジラがやってきた♪

2:54 『The Other I』

Artist 2:54
2:54

Album 『The Other I』
The Other I

Tracklist
1. Orion
3. In The Mirror
4. No Better Prize
5. Sleepwalker
6. Tender Shoots
7. The Monaco
8. Crest
9. Pyro
10. South
11. Glory Days
12. Raptor

2:54 ・・・この2:54というコレットとハンナのサーロー姉妹率いるロンドン出身のバンドも、黒盤あたりの赤い公園と親和性を見出だせるバンドの一つで、PJハーヴェイの作品でも知られるロブ・エリスをプロデューサーに迎え、ミックスにはマイブラを手掛けたアラン・モウルダーを起用し話題を呼んだ2012年のデビュー作でセルフタイトルの2:54では、ポストパンク/シューゲイザー/ゴシック/ドリームポップなど多数の要素を内包した、それこそUKバンド然とした幽玄かつ陰鬱な雰囲気を纏ったダークなオルタナやってて、個人的にその年のBESTに挙げるほどツボにハマった。そんな2:54の約二年ぶりとなる、イギリスのロマン派詩人の詩からインスパイアされたという2ndアルバム『The Other I』は、プロデューサーにレディオヘッドとの仕事でも知られるジェイムス・ラトリッジを迎えてパリとロンドンで制作され、レーベルはBella Unionからリリースされている。

インディロック化したANATHEMA ・・・これは"ナイトメアポップ"ことEsben and the Witchも同じなんだけど、それなりの良作を出した後に著名なプロデューサーを迎えてガラッと作風を変えてくる、そう・・・あのやり方です。この2:54にも全く同じことが起こっていて、それは幕開けを飾るリードトラックの#1"Orion"を聴けば分かるように、デビュー作みたいな荘厳な雰囲気やホラー映画ばりにオドロオドロしい空気感は希薄となって、言うなればThe Joy FormidableEsben and the Witchを連想させる、ポストロック然とした音のダイナミズム/スケール感とアンニュイでミニマルなメロディ主体のいわゆる"Post-系"に大きく振り切っていて、ザックリと例えるなら"インディロック化したANATHEMA"みたいになってる。まるでイギリスの空模様のように不安定かつ不吉に揺らめくエレクトロニカとピアノを使って音響意識を植え付ける二曲目の"Blindfold"では、フロントマンのコレットに"ボーカリスト"としての自覚が芽生えていることに気づく。で、前作を踏襲したデュリーミィでイーサリアルなムードの上にレディへ風の不穏なキーボード・アレンジが施された#3"In the Mirror"、続く#4"No Better Prize"では、後期Porcu pine Treeを思わせるプログレッシヴ・ヘヴィ的な音使いや後期ANATHEMAを彷彿とさせる耽美的なバッキングをもって俄然メタリックな展開力を発揮し、同時に「あっ...これ前作より好きなやつかも」ってなった。ストリングスをフューチャーした#5"Sleepwalker"では、CoL『Vertikal』を思わせるディストピア的なアレンジを効かせながら、終盤にサバス顔負けのドゥーミーなヘヴィネスをぶっ放す。で、ここからは少し雰囲気が違って、一転して"新機軸"とも取れる楽曲が続いていく。まずWarpaintS/Tで言うところの"Disco//Very"的な立ち位置にある、コレットの"ボーカリスト"としての自覚を再確認させるような聖歌さながらの神々しいボーカル曲の#6"Tender Shoots"、シューゲ然とした淡い空気感を醸し出すイントロの裏をかくようにカントリー調の陽気なノリ&リズムで展開する#7"The Monaco"、焦燥感あふれる不安定なビートを刻みながら疾走する#8"Crest"、一転して"らしさ"のある力強いリズムやヘヴィなリフと叙情的なメロディが妖しく交錯する#9"Pyro"、そして終盤のハイライトを飾る#10"South"は、それこそ赤い公園”副流煙”ANATHEMAWe're Here Because We're Here直系の美メロ成分(光属性)をズキュウウゥン!!と注入したような名曲で、赤い公園"副流煙"がタバコの煙ならこの"South"はマイナスイオンの蒸気といった所か。再びコレットのボーカリスト意識の高さが伺える#11"Glory Days"、そして和楽器を駆使した荘厳な始まりから"Post-Progressive"然としたスケールのある展開を見せるラストの#12"Raptor"まで、全12曲トータル約50分。前半の曲はプロデューサーの色が顕著に出ていて、あらためてこの手の音楽とレディへの相性はバツグンだと再認識させる。後半からはこれまでの2:54にはなかった、新機軸的なArt-Rock志向の強い音使いで聴かせる。

Post-系 ・・・確かに、デビュー作にあった"オリジナリティ"という点ではパンチに欠けるが、その艶美な音響を駆使した多彩なアレンジとリリカルで緻密な展開力に、それはまるで一種の"Post-Progressive"と言わんばかりの表現力に驚かされる。これはプロデューサーの影響だろうけど、いい意味で腐女子臭かった前作と比べてもアレンジが著しくオサレに洗練されていて、同時にさざ波のように打ち寄せられるザラザラしたシューゲイズ感や凛々しくも荘厳なゴス/ヘヴィロック感、そして男勝りのフェミニズム思想が弱体化する一方でポストロック譲りの繊細な表現力がマシマシ、独特の温かみやアンニュイな色気が音に宿っている。それはまるで鋼鉄の処女が女性としての柔らかさ温かさ、すなわち母性を身につけて非処女になったみたいな感覚、あるいは人気アイドルにスキャンダルが発覚してキモヲタを振り落とす感覚に近くて、その処女喪失する瞬間を捉えたいジャケのアヘ顔が今作の全てを物語っていると言っても決して過言じゃあない。もはや前作の2:54とは別人と言っていいくらいで、でも僕はこの"変化"が"ポップス"あるいは"メジャー"に日和ったとはこれっぽっちも思わなくて、妹のハンナによる不気味なコーラスを交えた妖艶な雰囲気や音の根幹にあるい狂気性は不変だし、なんというか中期ANATHEMA後期ANATHEMAの美味しいとこ取りみたいな感覚すら、むしろ"俺の界隈"に大きく歩み寄ってきた感すらあって、とにかく曲の展開や音に様々なアイデアが施されたバラエティ豊かな楽曲陣は、単純に聴いてて面白いし、そして何よりも楽しい。なんだろう、前作はポストパンク型の力強いビートを効かせた一種の"雰囲気音楽"として楽しんでいた部分もあったけど、逆に今作は一つ一つの音や楽曲として"聴かせる"意識が今までになく強い気がする。少なくとも、それぞれ全く違うベクトルで楽しめる良作である事は確かだ。

『The Other I』=『猛烈リトミック ・・・そんな鬼女系腐女子の脱801感に溢れている本作なんだけど、なんか俄然エスベンと魔女や俄然赤い公園っぽくなってるし、そして何よりも"イギリスのWarpaint"という名に恥じないバンドにまでなってる感ある。むしろ本家超えてんじゃねえかって。でも向こうは2ndアルバムのWarpaintでシガロ界隈のPを迎えてたりするし、なんだかんだ棲み分けはできている。しっかし、ウォーペイントといいこのトゥー・フィフティーフォーといい、俗にいう"二作目のジンクス"を地で行ってる感じでスゲー面白いね。その"二作目"といえば→立川にある"クリムゾン・キングの公園"こと赤い公園も2ndアルバム猛烈リトミックで文字どおり"J-Pop"になってるし、そういった意味でも赤い公園はUKミュージック的なナニヵを感じる。著名なプロデューサーを迎えて、い部分とい部分がクロスオーバーしているという点では、2:54『The Other I』赤い公園猛烈リトミックは限りなく近い、似た作品と言えるかもしれない。あとエスベンと魔女がアイスランドのマイルドヤンキーことSólstafirと対バンするってんなら、この2:54ANATHEMAと対バンする可能性があったって全然不思議じゃないし、むしろ日本のHostess2:54と一緒にANATHEMAを連れて来いってんだ。いや、連れてきてくださいお願いします。

Other I
posted with amazlet at 14.11.25
Two:Fifty-Four (2:54)
Bella Union (Imp542) (2014-11-11)
売り上げランキング: 920,573

2:54 『S/T』 レビュー

Artist 2:54
254

Album 『2:54』
『254』

Track List
01. Revolving
03. Easy Undercover
04. A Salute
06. Sugar
07. Circuitry
08. Watcher
09. Ride
10. Creeping
 
ボーイッシュなハンナ(Gt)と艶女コレット(Gt,Vo)のサーロウ姉妹によるUKはロンドン出身の四人組、その名も2:54(トゥフィティフォー)のデビュー作でセルフタイトルの『2:54』が、インディ/ポストパンク/90sシューゲイザー/ドリーム・ポップを贅沢に飲み込んだオルタナをやってて、一聴しただけで理解ッできる、その仄暗い退廃的なムードに覆われた儚げで陰のある幽玄世界は超絶”俺好み”だった件。についてなんだけど、このバンド、とりあえず音的にWarpaintのUK版というイメージを持ったんだが、しかしWarpaintみたいなリズム/グルーヴで聴かせるようなポップなバンド感は薄くて、Voコレット姐さんによるSlowdiveを彷彿とさせる浮遊感漂う妖麗な歌声を中心に、古き良きPost-Punk的なダンディなクサいニオイが醸し出す気ダルい雰囲気というか、兎にも角にも、ひたすらムーディでありながらもどこか刹那的で神妙な世界観に重きを置いた感じ。で、やはりこの内向きで薄暗いロックは実にUKらしいところなんだけど、その深淵なる森の奥深くに存在する夢心地で幻想的な蜃気楼へと誘う#1”Revolving”とシングルの#2”You're Early”から迸る”俺好み感”に溢れたキラー曲でツカミは完璧。で、オルタナ/インディ/シューゲ要素の強い#3と#4、再びシングルの#5”Scarlet”で俄然ムードを高め、そして・・・まるで断崖の波打ち際から目の前一面に広がる大海のさざ波音が奏でる、冷ややかな哀愁のメランコリズムを水しぶきのように全身で浴びる#7”Circuitry”の超絶キラーっぷりや、#9”Ride”が醸し出すオトナの色気とシブ過ぎる哀愁のロマンにディ・モールト・シビれる名曲の連続。つまり、このシンミリとした梅雨の季節に聴くと俄然そのフェミニンな雰囲気に酔いしれる事ができる、というわけだ。

 そんなわけで、デビュー作にしてこの内容は今年一番のホープと呼ぶに相応しいし、いわゆる”俺の界隈”の住人ならまず気に入ると思うよ。おいら自身かなり気に入ったし、聴けば聴くほど”引かれ合い”をヒシヒシと肌で感じるんだ・・・。これはライブが観たい(切実)。つうか、Warpaintと一緒に来たらマジで歓喜するんだけど(願望)。若干ベクトルは違うが、後期ギャザやTrue Widowにビビッとキタなら聴いてみるといいよ。正直、ここまで素直にカッコイイと言えるフィメール物のロックは久々。ちなみに、ナゼにバンド名が2:54なのかは不明。あと安いUS盤は紙ジャケ仕様なんで注意が必要かも。



2 54
2 54
posted with amazlet at 12.06.12
2 54
Fat Possum Records (2012-05-29)
売り上げランキング: 3667

40 Watt Sun 『The Inside Room』 レビュー

Artist 40 Watt Sun


Album 『The Inside Room』


Track List
01. Restless
02. Open My Eyes
03. Between Times
04. Carry Me Home
05. This Alone

2009年に解散したUKのドゥーム・レジェント=Warning の中心人物であるPatrick Walker氏が新しく立ち上げたバンド、その名も40 Watt Sunのデビュー作『The Inside Room』が、本年度BESTに確定したのでココに紹介したいんだけども、その音楽性としては、トラディショナル・ドゥーム寄りの音楽性だったWarningよりも幾分モダンなドゥームっつーか、シンセやアコギの美メロを多く含んだひっじょーに聴きやすいドゥーム・メタルをやってて、感覚としてはJesuIrohaIsisなどのShoegazer系ポストメタル的な解釈がなされた、全くもって嫌味のない透明感のあるドゥーム、っつー感じ。で、荒廃し”無”となった終焉の世界に絶望する人々に、『よくきたね...おつかれさま』と一人一人に献花を捧げる耽美な姿を脳裏に描写させる、絶望と共に悲しみと儚さがこぼれ落ちるその美しき”聖なる破滅...”は”至高”としか他に言いようがないです(この世の行き着く先は無の世界か・・・)。破滅した先の世界にひっそりと逞しく咲き誇る優美な一輪の花・・・それこそ40 Watt Sunだ・・・。って言いたくなる感じは、”荒涼の神”ことAgallochさん的な感性に似たモノがあったりするのかも。現にイソップ・デッカー(Agallochのドラマー)のお気に入りらしいです>本作品
 人のココロの内側に優しく訴えかけるVoパトリックの歌声はもはや神の囁きであり、身を清めるアコギの儚き音色や神々しい後光を放つシンセ、脳天を揺さぶるギターの重低音、脳髄を容赦なくエグる歪んだ残響ノイズ...つまるところ、これぞ、まさしく”美し過ぎるドゥーム・メタル”なんだ(なんか矛盾してるが)。本来、ドゥームっつーのは、こういうもんだ。今年、上半期、コレに9点つけなきゃいつ何時つけるのって感じです。

 オープニングの#1”Restless”からして、見渡すかぎり”絶望”しか存在しないガチドゥームな重厚音にパトリックの儚すぎる歌と清浄感溢れるアコギが美しすぎるキラーチューンで、約10分を超える大作の#2”Open My Eyes”も#1と同じく”美しすぎるドゥーム”で、コチラも超名曲。終盤のアルペジオは反則でしょこれ・・・。イントロからジジジジノイジー・・・な#4”Carry Me Home”は『ただいま・・・おかえり・・・』という耽美に溢れた聖なる雰囲気がもはや神々しいってレベルじゃない。Jesu系シューゲ/ポストメタル的なゆったりとした曲調の#5”This Alone”は、今までの絶望から解放され、心地良い安らぎに包み込まれる”天国の楽園”=『聖なる遺体』が納骨される地下シェルターへと聴く者を優しく誘う・・・完全にメイド・イン・ヘヴン状態ッ!!
 全5曲で47分。5曲のうち、一曲10分近く(又はそれ以上)の曲が4曲あるんだけど、その曲の長さを一切感じさせないほど、居心地がよくて気持ちがいい破滅世界を体感させてくれます。どの曲も耽美性が強くてたまんねーです。なんかTriptykon好きにもオススメできそうな感じ。・・・というわけでして、今のところ、上半期の中では今年のNo1 Best Albumです。本当に凄いですコレ。7月にはMetal Bladeからもリリースされる予定。

                神=荒木飛呂彦は言っている・・・
          『清らか』なもの=本作を聴けば『幸せ』になれると・・・


A

Inside Room
Inside Room
posted with amazlet at 11.06.03
40 Watt Sun
Pid (2011-03-22)
売り上げランキング: 571304
記事検索