Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

オルタナティブ・ヘヴィ

パスコーーーード!!

Junius 『Eternal Rituals for the Accretion of Light』

Artist Junius
new_6967d1f4ada647a7aa496cc44ba6323c

Album 『Eternal Rituals for the Accretion of Light』
9dcd314b6440d975b8ac5d250dd0af61

Tracklist

01. March Of The Samsara
02. Beyond The Pale Society
05. All That Is, Is Of The One
07. Telepaths & Pyramids
08. Masquerade In Veils
09. Heresy Of The Free Spirit
10. Black Sarcophagus

USはボストンが生んだ”天才バンド”ことJuniusといえば、ポストロックやポストメタルやポストパンクなどのPost-系をはじめ、同時にシューゲイザーやオルタナティブ・ロックやら幾多のジャンルを経由した、いわゆる”ごった煮”系の音楽性を特徴としたバンドで、俺的年間BESTの一枚に選んだ2011年作の2ndアルバム『Reports From the Threshold of Death』では、崇高かつ神々しいクワイヤを擁したエピカルでコンセプティブな”ヘヴィ・シンフォニー”を繰り広げ、その天才的な才能が高く評価された天才バンドは同年にAlcestとのカップリングツアーにも参加し、2014年にはEPの『Days of the Fallen Sun』をドロップする。この勢いのまま、恵まれた環境でエリートコースまっしぐらのキャリアを積み上げ、さてそろそろフルアルバム!と周囲が期待するなか、今年に入ってから急遽ギタリストが脱退、気づけば中心人物のJoseph E. MartinezとドラマーDana Filloonの二人組バンドになっていた。そんな苦難に見舞われた天才バンドが、約6年ぶりに放つフルアルバムがこの『Eternal Rituals for the Accretion of Light』だ。

天才バンドといえば、曲タイトルに()のついたSEをアルバムの中に組み込み、そのスピリチュアルでコンセプチュアルな作品の世界観をより深めるギミック的な演出を設けていたが、しかし今回の曲目を見れば分かるように、本作には天才バンドのキモである()が付いた曲が見当たらない。確かに、ほんの些細なことかも知れないが、これは一体ナニを意味するのだろうか?

EPの延長線上にある、原始的な未開の部族の遠吠えとパーカッションによる儀式的な幕開けを飾る一曲目の”March Of The Samsara”から、変拍子を効かせたシューゲイザーライクなアトモスラッジ系のヘヴィネスと荘厳かつ神聖な世界観を構築するゴシック/シンフォニックなシンセサウンドが織りなす、天才バンドらしいスケール感溢れる壮大なサウンド・スケープは不変で、よりヘヴィに、よりダークに、そしてよりモダンなサウンドを展開し、少なくとも二人組になった影響は音からは微塵も感じさせない。



天才バンドらしいポストパンク風のボーカルワークとまだDeftonesが「シューゲイザー」と呼ばれていた初期の頃を彷彿させる2曲目の”Beyond the Pale Society”チノ・モレノのモノマネ芸人名乗れるレベルのチノ声やモダン・ヘヴィネス然としたグルーヴィにウネるギターまで全てがデブ豚リスペクトな3曲目の”A Mass for Metaphysicians”、そしてCircle Takes The SquareDrew Spezialeをゲストに迎えた曲で、近年のDIR EN GREYを彷彿させるリフ回しを垣間見せる4曲目の”Clean The Beast”を聴けば、今作がいかに「オルタナティブ・メタル」という特定のジャンルに歩み寄った作品なのかが分かる。

そして、本来は()が付いているはずの今作唯一のSE曲となる5曲目の”All that is, is of the One”から、イントロからエレクトロポップが始まったかと勘違いするポップなメロディをフィーチャーした6曲目の”The Queen's Constellation”を皮切りに、神聖なクワイヤを駆使した暗黒スロウコアみたいな7曲目の”Telepaths & Pyramids”、ミニマルでオリエンタルなシンセの妖しげなメロディをフィーチャーしたアコギチューンの”Masquerade in Veils”、一転して再びデブ豚ライクなサウンドを聴かせる9曲目の”Heresy of the Free Spirit”、そしてスロウコアな幕開けから徐々にスケール感を増していく10曲目の”Black Sarcophagus”まで、後半からは非メタル的な曲調を中心に、近未来感のあるモダンなアレンジやオリエンタルな側面を垣間見せる、それこそ天才バンドとしての異質な才能を遺憾なく発揮する。

音の面で言うと、前作みたいな盟友Rosettaライクなごった煮ポストメタル感は希薄で、今作はメタルはメタルでも往年のDeftonesリスペクトな、あくまでもモダンなヘヴィネスに振り切ったオルタナティブ・メタルだ。正直、ギタリスト脱退という窮地に追いやられたにも関わらず、ここまでの作品を出してくるなんてもはや天才バンドたる所以としか言いようがない。

Eternal Rituals for the Accret
Junius
Prosthetic Records (2017-03-03)
売り上げランキング: 608,668

Mastodon 『Emperor of Sand』

Artist Mastodon
new_rs-245897-Mastodon-Game-of-Thrones

Album 『Emperor of Sand』
67294

Tracklist

03. Precious Stones
04. Steambreather
05. Roots Remain
06. Word To The Wise
07. Ancient Kingdom
08. Clandestiny
09. Andromeda
10. Scorpion Breath
11. Jaguar God

確かに、ことマストドンって、2012年に突如として現れメタルシーンに衝撃を与えたデビューアルバムの『Remission』から、Rushなどのクラシック・ロックや70年代のプログレヲタクを唸らせた歴史的名盤と名高い2009年作の4thアルバムCrack the Skyeまでは、確かに「神がかり的」な勢いで「神がかり的」な名盤を立て続けにリリースし、瞬く間にアメリカの現代メタルシーンを代表する「レジェンド」と称されるまでの地位へと上り詰めた。しかし、その歴史的な名盤の次に発表された2011年作の5thアルバムThe Hunterでは、玄人向けだった前作から一転して、パーリーピーポーみたいなチャラくてポップでポストハードコア的な、「売れ線」というよりは「キッズ向け」のパリピ・サウンドを展開し、これまでのフアンから総スカンを喰らってしまう。しかし、この玄人向けのクラシックなスタイルから一転してティーンエージャー向けのポップなスタイルへと様変わりする、様々なスタイルに変幻自在なところもマストドンの魅力であり、そこがマストドンというバンドが高く評価される理由、マストドンというバンドの「面白さ」たる所以でもあった。

そんなパリピアルバムの次の作品として、ある意味で注目された2014年作の6thアルバムOnce More 'Round the Sunは、十分に「良作」の部類に入る作品ではあったものの、あくまでも「全盛期のマストドンを彷彿とさせるレベル」の、しかしどこか「パチモン」っぽい感じが拭えなかったのも確かで、事実その曲構成からリフ回しをはじめとしたソングライティングの面から、そしてマストドンの生命線であるオリジナリティの面でも全盛期からはほど遠い内容で、やはり「神がかり的」だった彼らの求心(神)力は、歴史的名盤および最高傑作と名高い4thのCrack the Skyeを最後に綺麗サッパリ消失してしまった、その事実を皮肉にも裏付けるような作品でもあった。なんだろう、ただ過去作の美味しいところを寄せ集めただけの、言うなれば全方位中途半端なアルバムというか、単純にアルバムの核となる「コンセプト」の部分が脆弱的で、そういった「コンセプト」という点ではまだ『The Hunter』の方がトガッた作風だったと言える。それこそ、超絶テクいドラム叩きながら歌っちゃう俺かっけーみたいな、単にブラン・デイラーが自己主張し過ぎた結果とも言えなくもない。そのブラン・デイラーによるワンマンバンド化が著しく進行し、それにウンザリしたベスボのトロイ・サンダースとギタボのブレント・ハインズ、そしてリード・ギタリストのビル・ケリアーの3人は、それぞれ個々でサイドプロジェクトに手を伸ばし始め、終いにはフォロワーであり盟友のBaronessにまでブチ抜かれたマストドンは、いよいよバンド崩壊の前夜を漂わせていた。

それらのネガティブ要素が取り巻く今のマストドンが放つ、約三年ぶり通算7作目となる『Emperor of Sand』『砂の王』は、いわゆる「神がかり的」マストドンを象徴する歴史的名盤Crack the Skyeを手がけた名プロデューサーブレンダン・オブライエンとの再タッグが実現、彼と同じアトランタ出身のマストドンの相性は今作で更なる飛躍を遂げている。



今作は死刑を宣告された人が舞台となる神話をモチーフにしたコンセプトアルバムで、それこそPain of Salvationダニエル・ギルデンロウじゃあないが、『死』を宣告された人間の限られた時間と余命を『砂の王』という名の死神が独断でジャッジメント!する、そのコンセプティブな世界観を司るようなイントロで幕を開ける1stシングルの#1”Sultan's Curse”から、マストドンらしい怒涛の砂波が押し寄せるソリッドなキザミ系のヘヴィネス、トロイの獣性むき出しの遠吠え、ブレントの爺猫ボイス、そしてブランの歌によるトリプルボーカルの掛け合い、そして歴史的名盤『Crack the Skye』を彷彿とさせるキーボードがスペース/サイケデリックな世界観を構築し、まさしくそれは『高い砂の城の男』を築き上げるかの如しだ。開幕と同時にShow Yourself Show Yourselfとコマーシャルかつキャッチーに歌い上げるブランと「はざまけんじ」でお馴染みのビートルズの”Eleanor Rigby”のサビを彷彿とさせるトロイの歌メロでとことんキャッチーに展開する2ndシングルの#2”Show Yourself”、タンバリンを抱えながら疾走する#3”Precious Stones”、そして盟友Baroness”Shock Me”に対するからの答えの如しトロイのキャッチーなボーカル・メロディをフィーチャーしたサビをはじめ、オルタナ系のモダン・ヘヴィネスを通過した重厚なリフとキーボードのサイケデリックなアレンジで妖しさを醸し出す#4”Steambreather”まで、ここまでの序盤は比較的モダンなエッセンスを効かせた「いつものマストドン」と言った感じの、ツカミとしては決して悪くないシンプルかつキャッチーな流れで聴かせる。

しかし、今作のハイライトを飾る5曲目の”Roots Remain”では、妖しげにフェードインしてくるアコースティックなイントロから、重圧のようにのしかかるヘヴィなリフとオルタナ系のモダンなリフで骨太な地盤を組み立てながら、名盤『Crack the Skye』を象徴する名曲”The Czar”の続編あるいは延長線上にある深淵な世界へとトリップさせる、キーボードやトライアングルを駆使したサイケなサウンド・アプローチをもってプログレッシブに展開し、そして「DON is Back...」を高らかに宣言するブレントの超絶怒涛のGソロからアウトロのピアノまで、それこそ「神がかり的」な時代のマストドンにしか書けないような楽曲だ。

初期の頃を彷彿とさせる変拍子を交えたリフ回しと、トロイとブレントによる攻撃的なボーカルワーク、そしてけたたましく鳴り響くサビの轟音ヘヴィネスへと繋がる#6”Word to the Wise”、名盤『Crack the Skye』の系譜にあるキザミ系のリフとタンバリン主体で聴かせる#7”Ancient Kingdom”、3rdアルバム『Blood Mountain』”Circle of Cysquatch”をフラッシュバックさせる宇宙人ボイスとテレサ・テンばりの哀愁よろしゅうな間奏パートが目玉の#8”Clandestiny”、2ndアルバム『Leviathan』をフラッシュバックさせるスリリングなインストとブレント&トロイのハードコア然とした咆哮が炸裂する”Andromeda”、その猛烈な勢いのまま、最初期の頃の混沌蠢く破天荒かつカオティックなマストドンへと回帰した#10”Scorpion Breath”、そして約8分ある大作の#11”Jaguar God”では、シブいアコギのイントロから優美なピアノとA7X風のブレントのムーディな歌声で哀愁よろしゅうな幕開けを飾り、今度はギアチェンしてタイトなビートを刻むベースラインにブランの歌を乗せて進行し、再びギアチェンしてトロイの咆哮とスラッジーなリフで大胆不敵に展開し、トドメは2ndアルバム『Leviathan』の名曲”Megalodon”のスリリングな展開とリフのセルフオマージュをやってのけ、そのまま最後までテクニカルなリフの波状攻撃、そしてブレントによる名曲”The Czar”の血が通った泣きのGソロを最期に、『高い砂の城の男』である『砂の王』との契約により、マストドンは再びNWOAHMの頂点に君臨する。

あの名盤『Crack the Skye』というのは、鍵盤をフィーチャーしたスペース/サイケ・ロックにはなり切らない絶妙なサイケ風アレンジがキモであり、『Crack the Skye』を歴史的な名盤たらしめた最もたる要素、その所以でもあって、今作でも名曲”The Czar”の世界観を更に深く掘り下げるような鍵盤が全編にわたって鳴り響いている。とにかく、アルバム前半はバロにゃんことBaronessに「格の違い」を見せるけるようなバロにゃん煽りでキャッチーに展開し、しかしアルバム後半からは往年のマストドン、それこそ「神がかり的」だった頃=1stアルバム~4thアルバムまでのマストドン全盛をフラッシュバックさせるような、リフメーカーことビルの『Crack the Skye』直系のキザミ系のリフを筆頭に、2ndアルバム『Leviathan』や3rdアルバム『Blood Mountain』を連想させるテクニカルな怒涛のリフ攻め、最初期のスラッジ/ハードコア然とした獰猛なヘヴィネス、名曲”The Czar”をルーツとするブレントの超絶epicッ!!な泣きのGソロとトロイのハードコア然とした咆哮、そして何よりもタンバリンとトライアングルという最強装備を身につけたマストドンに敵なしだ。とにかく、3人のボーカル面とインスト面のガチっぷりは近作にはない、それこそ「神がかってた」時代の初期衝動が『砂の王』の力によって現代のマストドンに憑依したかのような、久々に年間BESTの可能性を大いに感じさせる怪作、というより「復活作」と表記した方が的確かもしれない一枚だ。

正直、全7曲の大作志向というガチなプログレやってた『Crack the Skye』とは打って変わって、今作は全11曲で曲尺も至って普通の長さで、となるともう聴く前からその内容が全く想像できなかった。しかし、久しぶりのコンセプト・アルバム、そして初めて過去作と同じプロデューサーを起用したことで危惧していた、いわゆる二番煎じに陥ることもなく、クラシック・ロックというよりはモダンな音を多用した実に現代的な『Crack the Skye』とでも言うんだろうか、とにかく彼らが求心(神)力を失った『The Hunter』のウェイ!系のパリピ感が完全に消え去ったことが何よりの進歩で、小細工なしの基本的なリフとメロディ、そして複雑な展開/構成力で聴かせる、言うなればオーガニックなマストドンに回帰したことが何よりも嬉しい。あと、やっぱりって事前にガッチリコンセプト決めて曲書いたほうがいいバンドだと再認識させられた。じゃなきゃこいつら5thや6thみたいに好き勝手やり過ぎるからなw
 
エンペラー・オブ・サンド
マストドン
ワーナーミュージック・ジャパン (2017-03-31)
売り上げランキング: 942

Pain of Salvation 『In The Passing Light Of Day』

Artist Pain of Salvation
new_pain1

Producer/Mixing Daniel Bergstrand
new_daniel-bergstrand-en-colombia-1

Album 『In The Passing Light Of Day』
f0cd095c2b179f69a37c571fccf3af50

Tracklist
01. On A Tuesday
02. Tongue Of God
04. Silent Gold
05. Full Throttle Tribe
07. Angels Of Broken Things
08. The Taming Of A Beast
09. If This Is The End
10. The Passing Light Of Day

 稲川VR淳二
new_スクリーンショット (34)「こんばんわ、稲川VR淳二です。」

 稲川VR淳二

new_スクリーンショット (34)「ところで最近、私が長年応援してきたスウェーデンのペイン・オブ・サルヴェイションが新しいアルバムを出したって言うんでね、さっそく買って自前の音楽プレイヤーで再生してみたんですよ。」

 稲川VR淳二
new_スクリーンショット (34)「するとねぇ、一曲目のイントロからポリリズムを多用した、それこそメシュガーみたいなモダン・ヘヴィネスが聴こえてきて、妙に変だなぁ・・・って、だっておかしいじゃない、PoSの新作を再生したはずなのにガーガーとメシュガーガーが聴こえてくるんだもん。」

 稲川VR淳二
new_スクリーンショット (34)「そんでもって、遂には亡者の囁きみたいな声が聞こえてきて、うわ~ヤダなぁ~怖いなぁ~って、グワァ~!っと身の毛もよだつほどの鳥肌が立った瞬間、私ねぇ・・・気づいちゃったんですよ」

「あぁ、これPoS復活したんだって」 
new_スクリーンショット (35)

1984年にスウェーデン南部の都市エシルストゥーナで結成された、奇才ダニエル・ギルデンロウ率いるPain of Salvationは、1997年に1stフルアルバムの『Entropia』でプログレ・メタル界の未来を背負っていく期待の新星として華々しいデビューを飾り、初期の頃はプログレ・メタル界の旗手として順調にキャリアを重ね、2000年代に入ると3rdアルバム『The Perfect Element I』と2002年作の4thアルバム『Remedy Lane』というプログレ・メタル界のみならずメタル界屈指の名盤と評される二枚の歴史的な金字塔を打ち立て、遂には「アメリカのDream Theater、北欧のPain of Salvation」とまで称されるまで、このシーンにおける確固たる地位を確立した。しかし、順風満帆に見えた彼らの音楽人生は前途多難のものだった。そのDTの名盤『Metropolis Pt. 2: Scenes From a Memory』と対をなす二枚の傑作から、バンドの中心人物であり奇才ダニエル・ギルデンロウの「変態性」および「アヴァンギャルド」な嗜好が顕著に作中に露見していたが、それ以降はダニエルの独創的かつ奇抜で破天荒なセンスとオルタナティブ方面への嗜好が優先されるようになり、その後は「ダニエル、お前と音楽やるの息苦しいよ・・・」という真っ当な理由から幾度とないメンバーチェンジを経て発表された2004年作の5thアルバム『蜂』と問題作となる『スカシッペ』というスランプ期ならぬメンヘラ期を経験し、これまでも多種多様な音楽遍歴を辿ってきた彼らは、2010年代に差しかかるとクラシックなヴィンテージ・ロックに目覚めた『塩1』『塩2』を立て続けにドロップする。しかし、十数年間もの間休みなく創作活動を続けてきた無理がたたって、ダニエルに病魔が襲いかかる。どうやら原因は塩分の過剰摂取みたいで、それを期に意識高い系健康オタクとなったダニエルは、糖質制限ダイエットとライザップによって鍛え上げられた鋼の肉体を手に入れることに成功し、その体脂肪率2パーセントまで絞り上げられたダニエルの背中に「鬼の貌=オーガ」が宿りし時、Pain of Salvationは奇跡の完全復活を遂げる(ここまで全部嘘)。これは、『死』という人生最大の危機に直面し、そして『死』に立ち向かった男の、『魂』揺さぶる奇跡のカムバック物語だ。 その男の名は・・・

「サンシャイィィィィン!!」
「ダニエ゛ル゛ッ!!」
「ギルデン゛ッ!!」
「ロ゛ォウ゛ゥ!!」

「イエエエエェェエエエエエェェエィイ!!」
kakaka

ごめん、このブックレットにある今にも飛び出してきそうな疾走感溢れるダニエルの写真見て笑わんかった奴おる?僕は笑った。とにかく、そのダニエル・ギルデンロウの範馬勇次郎顔負けの肉体が音像化したように、一曲目の”On a Tuesday”からMeshuggah×Gojiraなポリリズムを駆使したポスト-スラッシュ系のゴリゴリなキザミ&ヘヴィネス、『死』という人生最大の危機に直面した男の『心の闇』に迫るパーソナルな歌詞を、それこそ一人二役も三役もこなすダニエル・ギルデンロウ主演の前衛的な演劇ばりにコンセプチュアルに歌い上げ、そしてアイスランドの雄大な自然と崇高な雪景色が一面に広がるようなフォーキーなメロディと内省的なピアノの音色が、まるで『死』という悪夢と『生命』への渇望が激しくせめぎ合うように、『静=(生)』と『動=(DIE)』のメリハリを効かせながら場の緊張感を繋いでいき、そしてまさに映画のクライマックスシーンを飾るスケール感マシマシのアウトロまで、そのリリカルでドラマティックな世界観が重くのしかかる。

鬼の顔

『死』に直面し、数ヶ月の入院生活を余儀なくされたダニエルの孤独な精神状態がリアルに反映された、「I cry in the shower And smile in the bed」と繰り返し何度も連呼する憂鬱で病んだ歌詞と、魑魅魍魎がネッチョリと身体にまとわり付くかのようなヌー・メタル風のダークなヘヴィネスで展開する#2”Tongue of God”、そしてシングルの#3”Meaningless”のイントロのもはや人間の声にすら聞こえる奇才ならではのフォーキーな美メロを聴けば、あらためてPoSが完全復活したことを実感する・・・というより、実はこの曲の原曲がイケメンギタリストのRagnar Zolbergがフロントマンを担うアイスランドのバンドSign”Rockers Don't Bathe”という曲のカバーで、原曲の方はもっとヌメヌメして病んだイメージだが、PoS版だとラグナルの「美しすぎるハイトーンボイス」をフィーチャーした、全体的にその「メロディの美しさ」にフォーカスしている。 
 


2013年に加入したアイスランド人の超絶イケメンギタリストRagnar Zolbergを筆頭に、2014年作のカバーアルバム『Falling Home』を除くと、ダニエル以外の他のメンバーが加入してからは初のオリジナルアルバムということで、その中でもやはりダニエルとともに今作のコ・プロデューサー(Co-producer)を務めたイケメンRagnar Zolbergの本作における役割、その存在感というのは絶大なものがあって、彼の出身地であり、それこそシガーロスにも精通するアイスランドの雄大な自然を雪化粧で染め上げるような、繊細かつスケール感溢れるPost-系サウンドを繰り広げていく。とにかく、ラグナルが今作のコ・プロデューサーを担っている影響が、そのPost-系のサウンドをはじめ、コーラス/ボーカル面などの各パートから否応にも伺うことができる。これにはラグナル「抱かれたい」と妄想しちゃう腐女子続出だ。



中盤のハイライトを飾る大作の#5”Full Throttle Tribe”は、往年のPoSおよび往年のダニエルを彷彿とさせるボーカルワーク、それよりもレーベルメイトのJollyって今何してんの?って思っちゃったんだからしょうがないというか、とにかくアウトロの伏魔殿が降臨して世界に破壊と混沌をもたらすかのような鬼ヘヴィネスがヤバい。「メタル回帰」を堂々宣言する#6Reasonsは、ゴジラやメシュガーは元より、レーベルメイトのLeprousTesseractをはじめとした、イマドキの若手がやってるPost-Djent界隈からの影響を強く伺わせる。超絶怒涛のギターソロが炸裂する#7”Angels of Broken Things”、ミニマルに繰り返されるキーボードとダニエルのダーティな歌声をフィーチャーした#8”The Taming of a Beast”、ルーテやツィターなどの弦楽器やアコーディオンを駆使したダーティなスロウコア風のパートと、本棚の裏という五次元空間へと堕ちたマシュー・マコノヒーばりに「STAY!」と咆哮するヘヴィネスパートが激しく交錯する#9”If This Is the End”、そしてこのカムバック物語のクライマックスを飾る約15分の大作の#11”The Passing Light of Day”には、ここまでの痛みと恐怖に支配された苦難の道から解放され、再び「光」という名の「生命」を取り戻し、「神」への信仰心と「神」からの赦しを得たダニエルが再び歩み始めたその先には、「清らか」な心と「幸福」に満ち溢れた「未来」の世界が広がっていた。

やってることは思った以上に、音使いやアレンジも至ってシンプルで、PoSというよりダニエル・ギルデンロウがここまで洗練されたド直球のアルバム作るなんて逆に新鮮だし、これまではあらゆる音楽ジャンルを巧みに吸収し、それを変態的な感性をもってエクストリーム合体させてきたが、今作ではそれこそダニエルの鋼のような肉体のごとし、無駄な要素(贅肉)を身体から削ぎ落とした実にソリッドでヘヴィなメタルを展開している。『死』を目の前にして極限まで研ぎ澄まされた感覚と肉体が気高い精神となって音に宿り、それこそ「プログレッシブ」で「オルタナティブ」、そして「メタル」な往年のPoSが現代に蘇ったかのような、PoSにしか出せないセンスの塊みたいな、紛れもなくPoSの音世界である。実際、もう10年以上もヘンテコな音楽やってきて、ただでさえブランクの長いバンドに対して、いざまた「メタルやれ」って言われてもそう簡単に出来るもんじゃあないです。でも、それを軽くやっちゃう辺りが天才集団たる所以で、でも今回は音が変態というより、その音楽性に合わせて己の肉体を鍛え上げちゃうダニエルが一番変態だわ。

デビュー当時からシーンの流れを先読みして、いち早くヘヴィメタルにラップやヌー・メタルおよびオルタナティブ・メタル的な要素を取り入れ、常にシーンの流行りを的確に捉え、前衛的かつ先進的な音楽スタイルを貫き通してきた彼らだが、しかし今回ばかりは多少のブランクはあるものの、現代的なオルタナティブメタルとされるMeshuggah的なモダン・ヘヴィネスを取り入れ始めたのは、「オルタナティブバンド」としてもはや必然的な引かれ合いだったのかもしれない。そのように、メシュガーの存在が90年代のヌー・メタルに代わる「現代のオルタナティブ・メタル」と解釈すれば、もはやダニエル・ギルデンロウにしてみれば「メインストリーム音楽」同然で、むしろ赤子の手をひねることのように簡単な事だったのかもしれない。

「オルタナティブバンド」として、常に「新しいメタル」、常に「新しい音」を追い求めてきたPoSが、本格的に「メタル」から離れ始めてからというもの、21世紀の「新しいメタル」として最もシーンを賑わせたのが、他ならぬメシュガーやシン・ゴジラの音で、それは後にDjentなる新興ジャンルを生み出すことになるのだが、数ヶ月ものあいだ病室のベッドの上に拘束され精神的にも肉体的にも衰弱しきったダニエルは、ふと「若さ」を羨み、ふと「若さ」を嫉み、そして「若い音」への強い渇望が目覚め、そしてダニエルは若かりし頃の自分=「メタル」こそ「生命の源」であることに気づく。『死』から解き放たれた彼は、若くて新しい血に飢えて飢えてしょうがなかったのか、カラッカラなダニエルの喉の渇きを潤すかのように、すかさず「若いイケメン」という「新しい血」を新メンバーとして迎え入れ、そして「新しいメタル」という名の「生命エネルギー」ズキュウウウン!!と己の身体とバンドに注入している。 結果、老人ホームで流れてるようなヨボヨボなクラシック・ロックの印象から一転して、イマドキのお肌ツヤツヤでエネルギッシュな音に若返っている。もはやダニエルは「メタル界のディオ」だ。

今でこそスウェーデンを代表する、いやメタル界を代表するエンジニア/プロデューサーといえばイェンス・ボグレンだが、しかしイェンスがエンジニアとしてまだ駆け出しの頃、90年代から00年代初頭のスウェーデンのエンジニアの頃と言ったら、今作のプロデュースを担当したダニエル・バーグストランドに他ならなくて、彼はMeshuggahをはじめ、BehemothIn Flamesなどの誰もが知るエクストリーム系メタルバンドのプロデュースを数多く手がけたエンジニア界屈指の重鎮で、その良くも悪くもメタルシーンがある意味最も面白かった時期に活躍した彼とダニエル・ギルデンロウという「二人のダニエル」が、一世紀の時を経て遂に邂逅した、何とも感慨深い作品である。それこそ、メシュガーをよく知る一人、というより、メシュガーをここまでの怪物バンドにまで育て上げた生みの親と言うべき、繁忙期のメタルシーンを語る上で欠かせない偉大な人物の一人だ。比較的オールラウンダーに何でもこなすイェンス・ボグレンと違って、エクストリーム系バンドに特化したトガッた音作りに定評のあるダニエルのエンジニアリング・スタイルは、21位世紀となった今でも色あせることなく、常に最先端の音であり続けている。

しっかし、90年代のフレドリック・ノルドストロームに始まって、00年代のダニエル・バーグストランド、 そして10年代のイェンス・ボグレンという、昔と今のメタルシーンを『裏』から支え続けてきた3人の名エンジニア、そしてダニエル・ギルデンロウを生み出したスウェーデン人ってやっぱ音楽の天才だわ。
 
イン・ザ・パッシング・ライト・オヴ・デイ
ペイン・オブ・サルヴェイション
マーキー・インコーポレイティド (2017-02-22)
売り上げランキング: 52,107

Deftones 『Gore』

Artist Deftones
new_dbbff5b063bd43e7b8e239e3a8bd7974

Album 『Gore』
jpeg

Tracklist
01. Prayers/Triangles
02. Acid Hologram
03. Doomed User
04. Geometric Headdress
05. Hearts and Wires
06. Pittura Infamante
07. Xenon
08. (L)MIRL
09. Gore
10. Phantom Bride
11. Rubicon

欧州最大の怪獣であり、現在エクストリーム・ミュージック界の頂点に君臨するGojira『MAGMA』は、Lamb of GodMastodonをはじめとした、いわゆる「アメリカのメタル」を喰らい尽くした末、遂に『シン・ゴジラ』へと突然変異を遂げた。そのゴジラが喰らった「アメリカのメタル」の中には、90年代から現代アメリカのモダン・ヘヴィネス界隈の繁栄に大きく貢献してきた「デブ豚」ことDeftonesの姿があった事を、あの日の僕達はまだ知らない。

デブ豚がアメリカの現代ヘヴィネスを更新し続ける一方で、遠い北欧スウェーデンの魔神Meshuggahが独自の解釈で新時代のモダン・ヘヴィネスを創り上げ、そして遂にDjentとかいうメタルの新しいサブジャンルが確立、辺境界隈の中で小規模ながらも爆発的なムーブメントを起こしていた。そのシーンの変化に危機感を覚えたデブ豚は、「アメリカのメタル」を代表してメシュガーへの回答として、ベーシストチ・チェンの悲劇を乗り越えた末に誕生した6thアルバムのDiamond Eyesをドロップした。その二年後、デブ豚は7thアルバムの『恋の予感』とかいう謎アルバムをリリースする。今作の『Gore』は、その前作から約4年ぶりとなるフルアルバムだ。



幕開けを飾る#1”Prayers / Triangles”からして、前作の恋の予感を踏襲した「男のフェミニズム」全開の色気ムンムンなシンプルなロックナンバーで、しかしかき鳴らし系のギターや全体的な音使いは、ダイヤモンドのように硬いガッチガチなヘヴィネスを鳴らした過去二作と比べると軽めだ。 一転して『Diamond Eyes』を彷彿とさせるスラッジーな轟音ヘヴィネスやGojira顔負けのクジラのように「キュルルゥゥ!!」と鳴くギターをフューチャーした#2”Acid Hologram”、今度はMastodon顔負けの動きがアクティブなリフ回しを披露したかと思えば、転調してプログレッシブなアプローチを垣間見せる#3”Doomed User”、Post-Djentなリズムで攻める#4”Geometric Headdress”、正直ここまでは現代ヘヴィネス勢の影響を感じさせる曲が続く印象で、過去二作と比べても存外アッサリした感じ。 某”U, U, D, D, L, R, L, R, A, B, Select, Start”のポストロック系譜にある、ここにきてようやくデブ豚らしいセンセーショナルなメロディセンスを発揮する#5”Hearts / Wires”だが、しかし如何せんイントロがクライマックス感は否めない。

中盤もパッとしない、そんな中で今作が如何にイマドキのモダン・ヘヴィネスから影響を受けているのかを証明するのが、他ならぬ表題曲の#9”Gore”で、この曲ではDjent然とした軽快なグルーヴを存分に取り入れている。シューゲイザーかじってた5thアルバム『Saturday Night Wrist』の頃を彷彿とさせる曲構成と、これまでセンセーショナルな感情を押し殺していたチノがここにきてようやく本気を出し始める#10”Phantom Bride”、そしてDIR EN GREYが大喜びしそうな音響アレンジが際立ったラストの#11”Rubicon”まで、中盤までの曲と違って終盤の三曲は明らかに本気度というか、気の入りようが違う。つうか、本気出すのおせぇ・・・。

基本的なバンドの音使い自体は近年のデブ豚を踏襲つつも、曲の雰囲気的には5thアルバム『Saturday Night Wrist』への回帰を予感させる、つまり脱力感のある”Alternative”なロックへの回帰を予感させるノリというか、過去二作にあった張り詰めたような独特の緊張感みたいなのは薄くなって、良くも悪くも聴きやすくはなった。これは別に過去二作と比べて地味だとか、手抜きだとか決してそういうわけじゃあないが、しかしどこか徹底したナニかに欠けて聴こえてしまうのも事実。例えば『Diamond Eyes』のように 徹底してゴリゴリのモダン・ヘヴィネス貫くわけでもなし、前作のように『恋の予感...!』不可避なエッチなフェロモンを色気ムンムンに醸し出すわけでもなく、となると今作の『Gore』にはどこか一貫した”コア”の部分がゴッソリと抜け落ちている気がしてならない。それはフロントマンチノ・モレノの歌メロを筆頭に、アレンジ含むメロディや肝心のリフに関しても、極端に突出しないどっちつかずな、悪く言えば中途半端な、良く言えば変に取り繕ってない自然体で素直な”Alternative”やってた本来のデブ豚への回帰、いわゆるシューゲイザーかじった掻き鳴らし系ロックバンドへの回帰と捉えることも出来なくもない。一貫した”ナニか”がない分、逆に アレンジやリフの種類が豊富に楽しめる利点もあるし、完成度という点ではそこまで過去作に引けを取っているわけではない。例えるなら、『Diamond Eyes』が脂ギットギトの豚骨ラーメンだとすると、今作は脂控えめなアッサリ系の豚骨ラーメンみたいな。

ゴジラの『MAGMA』もそうだったけど、今作はそのゴジラや「アメリカのメタル」の象徴であるマストドンをはじめ、現代モダン・ヘヴィネスの最先端であるDjentからの影響が著しい作品でもあって、そういった側面から分析すると、この『Gore』はかなりパンピーやキッズ向けのアルバムと言えるのかもしれない。当然、それはイマドキのモダン・ヘヴィネスをベテランなりに解釈した結果でもあるし、常に「最先端の音楽」を臆せず自分たちの音楽に取り入れてきた、実にデブ豚らしい好奇心旺盛な作品でもある。しかしそれ故に、精神面での弱さが目立つというか、これまでのメンタルエグってくるような音のギミックは稀少。ウリである「存在の耐えられないエモさ」ではなく「存在の耐えられない(音の)軽さ」、むしろデブ豚がカモメのように空を飛べるくらいの「軽さ」がキモになっている。フアンの中には、四年かけてこの内容は正直キツいと難色を示す人も少なからず居るはず。しかしこれだけは言えるのは、過去二作の中ではDIR EN GREYが一番のオキニにしそうなアルバムだということ。あとやっぱ丼スゲーなみたいな話。

Gore
Gore
posted with amazlet at 16.08.11
Deftones
Repri (2016-04-08)
売り上げランキング: 13,062

SikTh 『Opacities』

Artist SikTh
new_6a16f8b94d6c4607c6820fb96846ca0f

EP 『Opacities』
jpeg

Tracklist
01. Behind The Doors
02. Philistine Philosophies
03. Under The Weeping Moon
04. Tokyo Lights
05. Walking Shadows
06. Days Are Dreamed

復活 ・・・2001年にイギリスはワトフォードで結成された6人組のSikThは、2002年にEPの『How May I Help You?』で鮮烈なデビューを飾り、2003年には1stフルアルバム『The Trees Are Dead & Dried Out Wait for Something Wild』を発表、そして2006年に傑作と名高い『Death of a Dead Day』をリリースし、その破天荒で複雑怪奇な展開とラップ&ハイトーンのツインボーカルを駆使した、言うなればハチャメチャごった煮エクストリームおっぱいサウンドでリスナーのド肝を抜き、一瞬にしてその名をアンダーグラウンド・メタルシーンに轟かせた。しかし2008年に解散。今なお一部のフアンの中ではカルト的な、一種のレジェンド的なバンドとして崇拝されている。そんなドチャクソ変態クソ野郎が解散から約7年の時を経て、かのPeacevilleから奇跡の復活作となるミニアルバム『Opacities』を発表した。



音合せ ・・・幕開けを飾る#1”Behind The Doors”からして、Textures顔負けのグルーヴィなヘヴィネスを乗せてメタルコアっぽく始まり、ドレッドヘアをチャームポイントとするミキー・グッドマンのラップとバンドの中心人物であるジャスティン・ヒルによるエモいハイトーンボイスが奇妙奇天烈に絡み合い、転調を効かせた中盤以降の展開もSikThらしさに溢れている。次の#2”Philistine Philosphies”では、俄然USヌー・メタル的な縦ノリグルーヴを効かせたモダン・ヘヴィネスとミキーのアヴァンギャルドなラップ、そして今世紀最大のエモーションをブチかますジャスティンの超絶ハイトーン・ボイスに胸を打たれ、そして全盛期のSikThがカムバックしたような転調以降のテクデス然とした展開は、これは紛れもなくシクス、変わらないシクスの完全復活を宣言するかのよう。その後も、今作をリリースした直後に来日公演を行うほどの親日家ぶりを垣間見せる#4”Tokyo Lights”を織り込みながら、初期のマスコア的な要素とアトモスフィアを取り入れた#5”Walking Shadows”、バンドの新機軸を予感させるPost-的要素を取り入れた#6”Days Are Dreamed”まで、流石に復活前のメカニカル感やドが付くほどぶっ飛んだ変態度こそ薄いが、全盛期のシクスと比べると比較的素直というかマジメなグルーヴ・メタルやってて、でも中には新しい試みを垣間見せたりして、そう遠くない未来に出るであろうフルアルバムに俄然期待を持たせる、この全6曲トータル27分に凝縮された音から次作を無限大に妄想させるような一枚だ。というより、彼らにとってこのEPはあくまでも顔合わせ、すなわち音合せ(サウンドチェック)程度の実力に過ぎないのかもしれない。

元祖 ・・・解散から7年の間、この手の界隈には様々な変化が起きた。中でも筆頭なのはDjentの台頭で、シーンを代表するUSのペリフェリーやUKのテッセラクトをはじめ、この手のジャンルやテクデス界隈のバンドでシクスの影響を受けていないバンドなんてこの世に存在しないんじゃないかってくらい(その影響は日本のマキシマム・ザ・ホルモンにまで及ぶ)、スウェーデンのメシュガーとともにDjentの元祖であり、Djentの原型を作り出した偉大なバンドである。彼らが冬眠する間、ペリフェリーやテッセラクトがシーンを牽引し、共に3作目でこれまで"アンダーグラウンド"なジャンルだったジェントを"メインストリーム"にブチ上げることに成功した。もはやシクスが産み落とした子(後継者)が親から授かった使命を貫き通し、切磋琢磨し合いシーンの『未来』を切り拓いていく姿に、子が親という偉大な存在を超えていく姿に、僕はマシュー・マコノヒーばりに咽び泣いていた。

新世界の神 ・・・テッセラクトのフロントマンことダニエル君が『惑星ポラリス』の中で「俺がジェント界の夜神月だ」とシーンに宣言したこのタイミングで、夜神月の「新世界の神」となる『野望』を阻止するため、ニアとメロのツインボーカル率いるシクスは復活したんだ、という風に考察すると俄然この手の界隈が面白く見えてくるかもしれない。ともあれ、このEPは「フルいけるやん!」と確信させるような、文句のつけようがない復活作です。
 
Opacities
Opacities
posted with amazlet at 16.02.20
Sikth
Imports (2015-12-11)
売り上げランキング: 21,096
記事検索
月別アーカイブ