Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

オーストラリア

Ne Obliviscaris 『Citadel』

Artist Ne Obliviscaris
Ne Obliviscaris
Mixing/Mastering Jens Bogren
Jens Bogren

Album 『Citadel』
Citadel

Tracklist
01. Painters Of The Tempest (Part I): Wyrmholes
02. Painters Of The Tempest (Part II): Triptych Lux
03. Painters Of The Tempest (Part III): Reveries From The Stained Glass Womb
04. Pyrrhic
05. Devour Me, Colossus (Part I): Blackholes
06. Devour Me, Colossus (Part II): Contortions

ネ・バブリシャス ・・・今やAC/DCに次いでOGを代表するバンドにまで成り上がったメルボルン出身の六人組、ネ・バブリシャスことNe Obliviscarisの2ndアルバム『Citadel』は、その成り上がりを実現させた陰の立役者であり、近年のメタル界では五本指に入るんじゃないかくらいの衝撃をシーンに与えた1stアルバムPortal of Iでもお馴染みの超売れっ子エンジニア、スウェーデン人のイェンス・ボグレンを迎えて制作されている。その前作の一曲目に収録された"Tapestry Of The Starless Abstract"は、近年のベストメタルアンセムと言っても過言じゃあない名曲で、言うなればOpeth『Ghost Reveries』がノルウェイゲン・ブラック化したようなプログ・スタイルに、まるで葉加瀬太郎が雄大な自然の中を満面の笑みで無邪気に走り回る姿が脳裏に浮かび上がるような、天空を駆け巡るJ-RPG顔負けのクラシカルなヴァイオリンを豪快にブッ込んだ、まさしく超絶epicッ!!なエクストリーム・メタルを繰り広げていた。そんなデビュー作がデビュー作だけに、期待と不安が入り混じりった2ndアルバムなんだけど・・・

ネ・BTBAM ・・・収録曲を見ればわかるように、#1~#3までの三部構成となる組曲"Painters of the Tempest"、#4の"Pyrrhic"、#5~#6の二部構成となる"Devour Me, Colossus"まで、実質3曲でトータル約48分という、前作とは少し構成が違った俄然コンセプティヴな作風となっている。で、聴く前にCDに【BTBAMファンにオススメ!】とかいうウリ文句が書いてあって、「おいおい、さすがにネ・バブリィBTBAMは全然スタイルが違うだろ・・・」って思ったけど、実際にこのアルバムを聴き終えた後には、呆然としながら「こ...これはもはやネ・BTBAMだ・・・」と呟いていた。まず、三部構成となる"Painters Of The Tempest"のパート1から、Vampillia"tasogare"を彷彿とさせる哀しげなピアノと舞台役者のように慟哭するヴァイオリンの歪みが織りなす、意表を突くような迫真のプロローグから聴き手をその世界へと引きずり込み、そして本作の目玉となる約17分の大作のパート2へと繋がる。まず驚くのが、初っ端からDeathObscuraを連想させる転調しまくりのテクデス然としたカオティックな展開だったり、低音デス主体のボーカル・パートだったりと、この時点で前作のようなOpeth系ノルウェイゲン・ブラック感は薄まって、それこそUSのBTBAMを想起させる"コア"なスタイルに変化しているのが分かる。前作に引き続き、相変わらず葉加瀬太郎の笑みが溢れるようなヴァイオリンの音色をフューチャーした曲ではあるが、特に7分以降から始まるDream Theaterの名盤『Images And Words』をリスペクトした美メロなクリーン・パート一つ取っても、先ほどの"US"あるいは"コア"っぽいイメージに拍車をかけている。この先が読めない目まぐるしい展開力や俄然リリカルでドラマティックな音のスケール感・・・とにかく、前作の弱点だった展開の乏しさやリフの単調さを克服してきている。そのパート2のエンディング的な役割を担うパート3では、葉加瀬太郎の情熱的なヴァイオリンとアコギが優雅に舞い踊る。デスラッシュ気味に突っ走るブルータルな前半から急激にポストブラック化する後半へと繋がる、実にツウ好みな展開を垣間みせる#4"Pyrrhic"、今作の中では最もOpe-Styleをベースにした曲で、かつAlcestっぽい癒し系アコギ・パートを盛り込んだ#5"Devour Me, Colossus (Part I): Blackholes"、そのエンディングを担うパート2では、悲劇のヒロインが泣き崩れるような歪んだ音色を奏でる葉加瀬太郎もといヴァイオリンに慟哭不可避だ。

ネ・葉加瀬太郎

ネ・葉加瀬太郎 ・・・今作、特にクリーン・パートのバリエーションが広がったのと音の表現力が格段に増したのが大きくて、それはAlcestDTリスペクトな美メロだったり、NeurosisIsisあるいはDEAFHEAVENを連想させる”Post-系”のモダンな空間能力を発揮する場面だったりと、なんだろう音のメリハリの効かせ方が実にUS的というか、様々な面でEU的というよりもUS的な音に歩み寄っているのは確かで、正直デビュー作だけの一発屋になるかと思っていた僕を真っ向から否定するかのような、めざましい進化を遂げている。まさかここまで柔軟性のある、ここまで器用で繊細なバンドだとは微塵も思ってなくて、USのバンドが出せないEUの音とEUのバンドが出せないUSの音を併せ持つ、それこそ新世代のメタル界を担う救世主こそ、このネ・バブリシャスなのかもしれない。また、バンドの生命線であるヴァイオリンからの脱却に成功した、バンドとしても確かな進化を感じさせる一枚でもあって、つまり"バンド・サウンド"が一段と高まったことで、よりヴァイオリンの音色が際立っているし、むしろ逆にヴァイオリンの存在が他の楽器を引き立てながら、互いに良い相乗効果を生んでいる。そして今作では全編を通してベースが活きているのが分かる。そんな様々な変化が巻き起こっている中でも、持ち前の葉加瀬太郎もといヴァイオリンが奏でる叙情的なメロディは不変で、しかし前作で言うところの”Tapestry Of The Starless Abstract””Forget Not”をはじめとした、あざと可愛いくらいの葉加瀬太郎の満面の笑顔ほとばしるエピカルなJ-RPG成分が少し薄まったのは賛否あるかもしれないし、大手のテクデス勢や流行りのポストブラック勢と似たようなスタイルになってバブリシャスらしさが消えたとも言われかねないが(もはや好みの世界)、それらのプラスマイ要素を引っ括めても、その完成度は前作に勝るとも劣らない傑作である事には違いない。とにかく、このアルバムを届けてくれた葉加瀬太郎には感謝の言葉しかない。ありがとう葉加瀬太郎、フォーエバー葉加瀬太郎

Citadel -Digi-
Citadel -Digi-
posted with amazlet at 14.11.22
Ne Obliviscaris
Season of Mist (2014-11-10)
売り上げランキング: 20,111

sleepmakeswaves 『Love of Cartography』

Artist sleepmakeswaves
Sleepmakeswaves

Album 『Love of Cartography』
Love of Cartography

Tracklist
01. Perfect Detonator
02. Traced In Constellations
03. Singularity
04. Emergent
06. The Stars Are Stigmata
07. A Little Spark
08. How We Built The Ocean
09. Something Like Avalanches
10. Your Time Will Come Again

【2011年度BESTアルバム】・・・正直なところ、あの時は「マイナーな新人バンド挙げてドヤ顔するぜ!」っつー思惑もなきにしもあらずだったから、2011年にリリースされたsleepmakeswavesのデビュー作...and so we destroyed everythingをその年のBESTに入れた時点では、今やKarnivoolDead Letter Circusと並んでオーストラリアを代表するバンドにまで成り上がるなんて思いもしなかった。その1stアルバムから約三年ぶりとなる待望の2ndフル『Love of Cartography』がリリースされた。

【光の地図】・・・今年はsukekiyoといいANATHEMAといい、そして本作のアートワークを見ても分かるように、どうやら今年のトレンドは映画『ゼロ・グラビティ』サンドラ・ブロック状態らしい。まぁ、それは冗談として→オープニングを飾る”Perfect Detonator”から首都高を勢いよく駆け巡るような65daysofstaticばりの近未来感あふれるエレクトロニカ、Epic45ばりのエピックなメロディ、RosettaあるいはRussian Circlesばりの轟音ヘヴィネス、If These Trees Could Talkばりのアトモスフェリックな空間形成、そして持ち前のプログレスな感度を交えたリリカルかつドラマティックな展開力は不変で、それはまるで眠らない夜の街と街を繋ぎ合わせる光の残像が紡ぎ出す音のプラネタリウム、それこそ映画『愛のカートグラフィ』をシネマティックに描き出している。つまり、今こうしている内にも全国各地で夜の営みが行われているという現実に今にも打ちのめされそうになる童貞の激情的な感情を姿形にしたのが、この『Love of Cartography』というわけだ。



【ポストロック界のANATHEMA(妙な矛盾)】・・・このsleepmakeswaves、いわゆるポストロック四天王を代表とする王道的な普通のポストロックとは一味違って、時にシネマティックでノスタルジックなメロディ、時に繊細で耽美なメロディ、時に希望に満ち溢れた恍惚感あふれるメロディと煌めくようなエレクトロニカと轟音ヘヴィロックが高らかにオーバードライブし、ぶつかってはハジけぶつかってはハジけ飛ぶ宇宙規模のサウンドスケープを生成していく壮観な姿は、ここ最近のANATHEMA、それこそDistant Satellitesを彷彿とさせる。つまり、彼らはある種の”メタル系ポストロック”だと僕は解釈していて、その”メタル”に通じるビッグなスケール感は今作で更なるレベルアップが図られ、それを証明するかのように#4”Emergent”や#8”How We Built The Ocean”ではロシアのPowder! Go Awayばりに超絶epicッ!!な、それこそプログレ・メタル顔負けのダイナミックな展開力を発揮している。いい意味で初々しくて粗削りだった前作と比べると、展開に俄然メリハリが出てきて音も洗練された感じがする。65daysリスペクトなキッレキレのエレクトロニカをはじめ、ピアノ/シンセ/キーボードによる虹色に輝く多幸感あふれるラヴリィなメロディが大きな鍵を握る本作品、それは中盤の”Great Northern””The Stars Are Stigmata”、そして本作のハイライトを飾る”Something Like Avalanches”からの”Your Time Will Come Again”を耳にすれば明らかだ。特に打ち込み系の”Your Time Will Come Again”は、ANATHEMA”Distant Satellites”に匹敵するドラマティックなキラーチューンで、まるでビッグバン級の超エネルギーを放出する怒涛の展開に度肝抜かれる事うけ合いだ。

【2014年度BESTアルバム】・・・しっかし、またしても自分の審美眼を褒めたくなるくらい、このアルバム『Love of Cartography』における目覚ましい”進化”には素直に驚かされた。もはやANATHEMAと一緒にツアーしてもおかしくないレベルに達してるというか、ANATHEMAをサポートするに相応しいバンドになったと思う。少なくとも今のオーストラリア生まれのバンドで一番キテるのは確かです。

Woods of Desolation 『As the Stars』

Artist Woods of Desolation
Woods of Desolation

Album 『As the Stars』
As the Stars

Tracklist
01. Like Falling Leaves
02. Unfold
03. And If All The Stars Faded Away
04. This Autumn Light
05. Anamnesis
06. Withering Field
07. Ad Infinitum

ぼく「えぇ!?ラントロス君がポストブラックをやめるだってぇ!?」
廃材君「えぇ!?ラントロス君がポストブラックをやめるだってぇ!?」

ぼく「よっしゃ!NEXT-ALCESTは廃材君に決まりや!」 
廃材君「よっしゃ!ラントロス君に習って俺たちも初期アルセ化や!」

ぼく「えっ」
廃材君「えっ」 

【ブラゲの極み乙女】・・・ポストブラック界の皇帝アルセスト『シェルター』でポストブラックを超越したとなると、じゃあその空いたポストに誰が入るの?という話で、その”ポスト-アルセスト”に最も近い存在こそ、このオーストラリア出身のD.氏によるWoods of Desolationなんだ。2011年作の2ndTorn Beyond Reasonを初めて聴いた時の衝撃ったらなくて、正直あのDEAFHEAVENよりも先に激情系ブラゲ/ポストブラックやってたのがこの廃材君なんだ。そのポストブラック界に名を残す名盤だった前作から約三年ぶり通算三作目となる『As the Stars』なんだけど、その幕開けを飾る#1”Like Falling Leaves”を再生すると同時に、無骨で粗暴なブラストとともに解き放たれるジジジ...ノイジーなギターの音使いから確信犯で、続く#2と#3などのポストロック流れにある気品漂うポジティヴなメロディを聴けば分かるように、まるでアルセが”ポストブラックをやめる”ことを予見していたかのような、まるで「俺たちがアルセだ」と言わんばかりの、それこそ初期アルセの代表作である『Le Secret』の再来を予感させる、これぞまさしく”ブラゲの極み乙女”なポストブラックを展開している。

【スーサイド系男子】・・・ふと胸を掻きむしりたくなるほどの衝動に襲われる、自傷行為イイネ☆系デプレブラックだった前作、それを何倍にもキレた印象を与えていた張本人である→時として激情的、時としてビャアアアアアアアアアアアアアア!!とかいう金切り声を聴かせていたTim "Sorrow" Yatras氏が惜しくも脱退し、今回は初期のデモ音源でボーカルを担当していたThrydwulf(Old)がバンドに出戻りした形となっている。彼は前任者のティムと違って、どちらかと言えば高音ではなく低音を効かせたイヴェ゛アアアアアアアアアアアアアア!!みたいな金切り声を特徴としていて、言うなればスウェーデンのShiningのスーサイド系男子ことNiklas Kvarforthを彷彿とさせ、それによってバンドのキモであるデプレッシヴな激情感およびepicッ!!な勇壮感が著しく減退している。このボーカル交代は、バンドの致命傷になるのではないかと少し心配していたが、その躁鬱感溢れる焦燥感と終末感が入り乱れた『幸福』な音世界に触れてしまうと、あたらめてD.氏の音作りと作曲能力の高さに脱帽させられる。確かに、ここ最近のポストブラック界隈で著しく流行っているシューゲイザー化の煽りを多少なりとも食らってはいるものの、しかしこれはポストブラ特有の儚くも淡いメランコリックな一面が露骨に表面化した結果であり、その音の根幹にある精神性は不変で、その著しく洗練された音使いと楽曲からは、少なくともダッチ産あたりのポストブラとは一線を画した確かな説得力がある。それこそ霧の季節20世紀メディアあたりと契約してもオカシクないレベルだと。

【ポストブラックの先駆け】・・・おいら、以前にも少し書いたが→KATATONIA『Brave Murder Day』はポストブラックの先駆けだと確信していて、今作の『As the Stars』では初期アルセは元より、そのKATATONIAの名盤『Brave Murder Day』を彷彿とさせる、ドゥーム/デプレッシブ・ロックな音を積極的に取り入れている所も大きなポイントだろう。それは#6”Anamnesis”を耳にすれば、いかにしてKATATONIA『Brave Murder Day』が、USのレジェンドAgallochをはじめとしたポストブラック界隈に与えた影響、その大きさを痛感する事になるだろう。そんな印象もあって、よりShining (Swe)っぽい鬱系ブラック感を与えている。

【Post-Black is Love】・・・本人達はこう呼ばれる事に不満を持つかもしれないが、このWoods of Desolationこそ”NEXT-ALCEST”と呼ぶに相応しい、その最もたる存在であることを皮肉にも証明してみせた一枚なんじゃあないか、って。現にラストを飾る#7”Ad Infinitum”は、それを確信的なモノにするくらい、とてつもなくラヴリィ♥な多幸感をまき散らしている。その超絶epicッ!!な光景は・・・まるでAlcestの名盤『Souvenirs d'un autre monde』の幼女が浜辺で戯れているかのような、それこそ「Post-Black is Love」のセカイだ。
 
As the Stars -Digi-
As the Stars -Digi-
posted with amazlet at 14.06.02
Woods of Desolation
Imports (2014-02-06)
売り上げランキング: 72,649

Karnivool 『Asymmetry』 レビュー

Artist Karnivool
Karnivool

Album 『Asymmetry』
Asymmetry

Track List
01. Aum
02. Nachash
03. A.M. War
04. We Are
05. The Refusal
06. Aeons
07. Asymmetry
08. Eidolon
09. Sky Machine
10. Amusia
11. The Last Few
12. Float
13. Alpha Omega
14. Om
 
西オーストラリア州はパース出身の五人組、Karnivoolの約四年ぶりとなる待望の新作『Asymmetry』なんだけど、前作の2nd『Sound Awake』をキッカケに初めて聴いた時は→まるでヌーメタルかと思うほど地を這うように泥臭くウネるバッキバキなベースのグルーヴィな重低音を軸に、そこへ浮遊感のあるArt-Rock成分やパーカッションを使ったアヴァンギャルドな要素をクロスオーヴァーさせた、比較的オーガニックでありながらも独自の世界観を確立したオルタナ系プログレやってて(それこそOceansize的な)、初めて聴いた時は本当に度肝を抜かれた記憶があるんだけれど、そんな彼らの基本的なスタイルであるTool直系のモダンなヘヴィロックは、通算三作目となる本作で着実な”深化”を遂げている。

 あらためて、その”Toolのフォロアー”っぷりを発揮する謎の精神セカイは、シガロを彷彿とさせるイントロの#1”Aum”から顕著に表れていて、そのトオオオオルルルルン...トオオオオルルルルン...トゥーリッシュな感覚は次の#2”Nachash”やシングルの#4”We Are”での【ATMSフィールド】および『Aenima』大好き♥なリフ回しを聴いた瞬間に確信へと変わり、作品全体から漂う著しく洗練されたアンビエンスな音使いや色気づいたメロゥなムードを核に、Djent顔負けの巧みな変拍子やウネりを効かせたブッリブリなベースのグルーヴ感を発揮しながら、と同時に中期Porcupine Treeを彷彿とさせるサイケ&ホラー、ソフト&ウェットな”Post-Progressive”色を著しく強めた結果がこの『Asymmetry』というわけ。早い話、完全に現代プログレリスナー(俺たちATMS厨)向けの作風になってる。で、初期の面影を感じさせる激しいリズムを刻む#3”A.M. War”やMastodonもビックリのポストHCやってのける#5”The Refusal”の存在も”本作ならでは”で、持ち前の歌メロの美しさという点では名曲”New Day””All I Know”を誇る前作のが上だけど、#6の”Aeons”を聴けばわかるように、フロントマンのイアン・ケニーが”ボーカリスト”としてのポテンシャルをフルに発揮した結果→作品全体により繊細でしなやかなArt性を付与することに成功している。この時点で、過去最高にボーカルを聴かせる作風だという事がわかる。で、前作を思わせる歌モノちっくな#8”Eidolon”から、近年Riversideを彷彿とさせるオリエンタルなプログレ曲の#9”Sky Machine”、そしてVoイアンの独り舞台である#12”Float”からLeprous顔負けのexperimentalismを見せつける#13”Alpha Omega”までの流れは終盤のハイライト。そして物哀しいピアノの音色で静かに幕を閉じる#14”Om”まで、全14曲トータル約一時間弱。とりあえず過去最高に大衆受けが良さそうな、もの凄い耳障りの心地よい音使いにまず惹かれる。と同時に、とにかく”モダン”なイメージを聴き終えた後に強く残す。

 確かに、前作ほど”大作志向”みたいな印象は全くないし、楽曲のオリジナリティやインパクトという点では前作に劣るが、よりプログレッシブに、よりモダン&スタイリッシュ!!な知性を身につけた本作での”深化”は素直に評価すべき所だと思う。少なくとも、ある種の”凄み”すら感じられた前作のような唯一無二の完成度を求めなければ、今年度最高の【ATMS】系モダン・プログレとして聴けるハズです。なんつーか、前作がUSオルタナティブ・ヘヴィ(例えばTool)の影響下にある作風だとしたら、本作はUKプログレッシブ・ヘヴィ(例えばPorcupine Tree)の影響下にある作風、そんなイメージ。要するに、前作がプログレ・メタル風にヘヴィなリフでゴリ押していく作風だとすれば、本作は音の隙間を埋めていくようにピンク・フロイド的な空間形成に比重を置いた、言わばポストメタル的な奥行きのある音の立体感や静と動の緩急を効かせたダイナミックな展開力を発揮した作風。つまり、PT『Fear Of A Blank Planet』に通じるモダンヘヴィロック感やそこはかとない狂気を含んだ陰鬱な雰囲気だったり、レディへやシガロ顔負けのアンビエンス/ポストロッキンな浮遊感すなわち皆んな大好き【ATMSフィールド】を展開しながら、それこそジャケのような芸術性を意識高い系美大生ばりに高めた結果→一段と洗練されて一皮むけたモダンなプログレッシブ・ヘヴィがココに誕生した。

 なにはともあれ、前作よりも遥かに”深み”のある立ち位置から音を鳴らしてるのは確かで、正直ここまでメロゥなムードは並のバンドじゃなかなか出せない。大袈裟じゃなしに、いわゆる”俺の界隈”を構成しているその手のプログレバンドと肩を並べる所まで遂にキタと確信した。もはや今のPTより面白いプログレやってるんじゃあないか?って。それこそ来年のProgressive Nationに追加で呼ばれそうな雰囲気すらあるし、もはや”Toolのフォロワー”とかいうクッソ狭い枠組みで語るなんてことは二度と許されない、名実ともに今のプログレ界において必要不可欠な存在となった。もちろん本国では絶大な人気を誇る彼らだが、本作の登場により本国をはじめ世界中でその名を轟かすことになりそう。何にせよ、まさかここまで俺たちATMS厨が(ニッコリ)しちゃう音に【変化(深化)】してくるとは・・・とか言うても、前作を聴いて只ならぬ”衝撃”を受けた時点で、ある程度は予測できた展開というか、むしろこれは必然的な【変化】だったのかもしれない。要するに、Welcome To My ”俺の界隈”というお話。

 ちなみに、DVD付きには本国でのライブの模様がフルで収録されてて、もちろん演奏もボーカルもムチャクチャ上手いし、何よりもボーカルの動きがキモ面白くて色々な意味で見ごたえある(中でも名曲”New Day”は圧巻)。なんで、これは是非ともDVD付きをオススメしたい。しかしリージョン1指定なんで注意が必要。



Asymmetry
Asymmetry
posted with amazlet at 13.08.28
Karnivool
Workhorse Music Grp (2013-08-06)
売り上げランキング: 23,312

Be'lakor 『Of Breath and Bone』 レビュー

Artist Be'lakor
Be'lakor

Album 『Of Breath and Bone』
Of Breath and Bone

Track List
1. Abeyance
2. Remnants
3. Fraught
4. Absit Omen
5. To Stir The Sea
6. In Parting
7. The Dream And The Waking
8. By Moon And Star

オーストラリアはメルボルン出身の五人組、Be'lakorの約三年ぶり通算三作目で、”赤ずきんチャチャ”をジャケに迎えた『Of Breath and Bone』なんだけど、思えば2009年にリリースされた前作『Stone's Reach』の一曲目を初めて聴いた時の”衝撃”といったらなくて、しかも今回はあのイェンス・ボグレンがミックス&マスタリングを手掛けたってんだから、そらもう本作にかかる期待もひとしおよ。まず、彼らのスタイルとしては、Insomnium直系の扇情系”イエテボリ・スタイル”を基本の世界に、そこへピアノ/keyによる”セカイ系”アピールや初期Opethスキー♥なアコギそして”静と動”の展開美を溶けこませたようなガチ系エクストリームメタルをやってて、要するに昨年の2012年度BESTでも記憶に新しい、同郷の”ぼくがかんがえたさいきょうのえくすとりーむめたる”ことNe Obliviscarisをグッとメロデス寄りにしたバンド、というわけだ。で、本作でも”テッテッテッテッテッテッテ♪♪”とかいう単音リフをアホみたいに乱発する、現時点で世界最高峰にあるメロデスを展開している。#1から寂寥感漂う静寂パートをプログレスかつ耽美に織り交ぜながら、持ち前の”テッテッテッテッテッテッテ♪♪”とかいう単音リフを乱射する良曲で、この一曲を聴いただけで、もはや”イエテボリ・スタイル”の正当なる後継者といっていいこのBe'lakorとイェンスが持つ音嗜好とのマッチアップは絶妙だと、切に実感した。前作と比較すると、なんか全体的にメロディックになった分、殺傷力は少し控えめに感じた。あと前作同様、後半にかけての金太郎飴っぷりが露になるのが難点。全8曲中4曲は聴けるが他の4曲は耳に入ってこない、みたいな。まぁ(この手のジャンルにそれを言っちゃあ)いかんでしょ。結論として、作品のインパクトでは前作に劣るが、それでも楽曲の質その完成度は、この手の界隈の中では他を寄せ付けないレベルにはある。というわけで、OG産の”エクストリーム系”といったらNe ObliviscarisとこのBe'lakorの二強、であると同時に”イェンス産”繋がりでもあるんで、どうぞ。

Of Breath & Bone
Of Breath & Bone
posted with amazlet at 13.01.16
Be'Lakor
Ais (2012-06-12)
売り上げランキング: 198,799
記事検索