Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

ジョジョ

別冊マーガレットの『岸辺露伴は動かない』を読んだ

DHCWOtGVwAE0RTL

この出来事は、この僕が何故「日本一のジョジョヲタ」を自称しているのかを証明するかのような出来事だった。

これはクソみたいな女兄弟がいる人なら共感してくれると思うのだけど、おいら、子供の頃は暇さえあれば姉が読んでいた『リボン』『マーガレット』をはじめとした、いわゆる「少女漫画」をパラパラと読みふけっていた、それこそ小学生の頃に『ジョジョの奇妙な冒険』と出会うよりもまず先に「少女漫画」に触れていた子供だった。いつだったかな、確か相対性理論『天声ジングル』のレビュー記事の中で、僕はジョジョは男が読む少女漫画であるしたがって「女はジョジョを理解することができないのに何故読むのか?女は女向けの少女漫画を読んでいればいい」からの僕が認めるジョジョヲタはやくしまるえつこだけとも書いたことがあって、それこそ今回の『ジョジョの奇妙な冒険』=『岸辺露伴は動かない』シリーズと「少女漫画」の運命いや必然的な引かれ合いは、まさにその証明としか言いようがない出来事だった。

今回の裏表紙の岸辺露伴を見てもそうなのだけど、最近の、というよりジョジョ7部『スティール・ボール・ラン』の終盤以降の荒木飛呂彦先生が描く絵というのは、それこそ「少女漫画」に連載されていてもおかしくないくらい、どこか物凄く「中性的」いや「女性的」な、すなわち「ジェンダーフリー」の精神がその現代的な画風から滲み出ていて、それこそ常に絵柄が変化していく「オルタナティブ漫画家」であることでも知られる飛呂彦だが、この件について「日本一のジョジョヲタ」の僕が思うに、飛呂彦って基本的に男女問わず全ての主要なキャラクターを描く時に、まず足がかりにあの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」を描くイメージをもって、本来意図するキャラへと近づけていく漫画家であると。ではなぜ「モナ・リザ」なのか?ご存知な人もいるかと思うが、「モナ・リザ」の絵にまつわる『謎』は幾つもあって、その諸説の一つに実は「モナ・リザ」のモデルって「男性」「ダ・ヴィンチの愛人」であるという一説は特に有名な話で、つまりはそれがこの話の「答え」で、要するにキャラクターを描く時に始めに「モナ・リザ」をイメージして描くことで、最終的に「男性」にも「女性」にもペンを動かす事ができる、例えば描き始めは「モナ・リザ」で絵が完成するまでの過程でジョジョ8部『ジョジョリオン』の主人公東方定助とヒロインの広瀬康穂、そのどちらの「性別」=「SEX」にも持っていけるというわけ。この「モナ・リザ」の話は、飛呂彦自身がどこかの雑誌のインタビューでそれっぽい事を語っていたような気もするし、それはただの僕の捏造かもしれないのであしからず。

で、今回の『岸辺露伴は動かない』シリーズのエピソード9を読んでみての感想なんだけど、流石にいつもと違って「少年(青年)漫画」ではなく「少女漫画」に記載されるというだけあって、今回のテーマは人の「D・N・A」にまつわる「奇妙」で「運命的」な、露伴シリーズらしからぬ?露伴シリーズ初となる「恋バナ」となっている。これまでの露伴シリーズにはなかった「恋」をテーマにしているので、果たして飛呂彦に「恋バナ」が描けるのであろうか?『ジョジョの奇妙な冒険』「恋バナ」と言うとジョジョ1部のジョナサンとエリナ、ジョジョ2部のジョセフとスージーQ、ジョジョ4部の広瀬康一と山岸由花子、ジョジョ5部のジョルノとミスタ、ジョジョ6部の徐倫とアナスイか、、、う~ん・・・と懐疑的に思ったフアンも少なくないはずだが、そこはさすがの飛呂彦の奇妙な感性と科学的な嗜好と知識をもって「荒木飛呂彦なりのラブストーリー」を、これはもはや「荒木飛呂彦なりの『君の名は。』」を描き出すことに成功している。

露伴シリーズは基本的にジョジョ4部の世界線もしくはパラレルワールドの話で、今回のエピソードには懐かしの山岸由花子が登場する。今回の露伴ちゃんは野球好きのセクハラキャラと化していて、今の画風で描かれる山岸由花子はもはや別人、というより実写映画版で山岸由花子役を演じている小松菜奈に寄せて描いたのかもしれない、と噂されるくらいには似ている。正直、読み終えた率直の感想としては、これまでのエピソードと比較してもかなり面白い部類に入ると思った。登場する子供の「逆さまの言葉」ネタとか最近の探偵ナイトスクープであった気がするし、「5センチのシッポ」が生えているとか、「皮膚が保護色化する」とかメタルギアかな?ってなるし、その流れで「それが原因で子供がイジメられる」からの「普通の規準」の話に繋がって、結論として露伴はそれが子供の「個性」であると、その子供の「個性」を尊重する場面は実に露伴らしいクールなカッコよさがあるし、そもそも露伴自体が「普通」ではない「個性」の塊なので、露伴は自分とその子供に共通するシンパシーを感じたに違いない。露伴の名言「だが断る」も登場するし、山岸由花子の口の悪さも相変わらずでサイコーだし、とにかくジョジョ4部フアンにはたまらない話かもしれない。話の後半は、テーマとなる「D・N・A」が指し示す『運命の引かれ合い』すなわち『LOVE』へと展開していく。特に、今回のキーセリフとなるきっといいヤツを、逆さまの言葉しか喋れない子供が生まれて初めて「普通」に喋るシーンとかベタな伏線回収だけど好きな演出。他の露伴シリーズと比べて話自体はわりとシンプルな感動モノで、それこそ『マーガレット』読者をはじめ初見の人でも理解できて楽しめるような内容にはなってる。素直に泣けるっちゃ泣けるくらいシンプル。皮肉な話だけど、少女漫画特有の男には到底理解不能なブッ飛んだ話の展開と比べたら、逆に超マジメな話に見えるかもしれない。でもこれ本当に映画『君の名は。』に近い「運命論」の話で、もはや『君の名は。』を観たと飛呂彦が宣言しているようなもんで、中でもクライマックスのきっといいヤツ」=「君の名はみたいなシーンは間違いなく確信犯です。そういった意味でも、この「恋バナ」を「少女漫画雑誌」で描いたのは大きな意義があったと思う。これで「少女漫画」を制覇したとならば、今度は「ホラー漫画」かな?いや、ジョジョそのものが「ホラー漫画」だからないか。

絵的にも普段連載している本家ウルトラジャンプの『ジョジョリオン』よりも丁寧に描いている印象で(皮肉)、正直『ジョジョリオン』よりもジョジョっぽい絵柄を意識して戻しているのが分かる。絵の構図やコマ割り、セリフ回しや演出面でも、いつも以上に気を使って丁寧に、しかし飛呂彦らしく「リズム」にノッて楽しく描いているのがよく分かる。普段のウルトラジャンプや漫画本のモノクロ仕様だが、青紙のジョジョは初めて?だと思うので、自分自身約20年ぶりに『マーガレット』を読んで懐かしく感じたと同時に、ジョジョの絵柄と青紙が醸し出す雰囲気は、より少女漫画チックで最高にマッチしているし、何よりも新鮮だった。とにかく、ジョジョフアンならマストバイの一冊です。

勿論、ここまでの話は全て僕の「日本一のジョジョヲタ」アピール以外ナニモノでもなくて、改めて子供の頃に少女漫画を通過した人間の方がより『ジョジョの奇妙な冒険』という名の「男が読む少女漫画」を理解できるんじゃあないかって、だから今度は「日本一のジョジョヲタの僕が実写版ジョジョの映画を観た」って記事書いちゃってもイイっすか~?だって僕、きっといいヤツなんで!

ジョジョ4部映画化について

ちょっと前に『ジョジョの奇妙な冒険』が実写映画化決定みたいな噂という名の定期ネタが話題を呼んだかと思ったらガチで4部を実写化する事が決まったらしい。そもそも、「日本一のジョジョヲタ」である僕が「もしジョジョ(7部)を実写映画化するなら」という問に答えると、まず監督は『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督で、配役はクリント・イーストウッド(スティーブン・スティール役)をはじめ、『ドライヴ』のライアン・ゴズリング(ジャイロ役)、『インターステラー』のマシュー・マコノヒー(マウンテン・ティム役)、『ミステリアス・スキン』のジョセフ・ゴードン=レヴィット君(ジョニィ役)、『ナイトクローラー』のジェイク・ギレンホール(ディエゴ役)、『偽りなき者』のマッツ・ミケルセン(リンゴォ役)、そして『ジュノ』のエレン・ペイジ(ホットパンツ役)は自分の中で既に配役が決まってたりする。まぁ、それは兎も角として、今回は絶賛クソアニメとして絶賛放送中のジョジョ4部『ダイヤモンドは砕けない』の実写化で、監督はクソ映画請負人でも知られる三池崇史監督、主演は今をトキメク山崎賢人とのことで、この時点でクソ映画待ったなしでもう今の気分は最高にハイ!ってやつなんだが、とは言え実際に観てみないと何とも言えないので、淡い期待と絶望的な不安を抱きつつ気長に劇場公開を待ちたい。どうやら飛呂彦と脚本の意見交換とかもしてるらしいので、その辺は大きく「ハズす」ことはないのかなと一安心。それこそ、「日本一のジョジョヲタ」である僕に監修させるべき事案なんじゃあないか?(えっ)

これは長年のジョジョヲタなら共感してもらえるはずなんだが、そもそも大昔から『ジョジョ』っつーのは二次創作がことごとくクソ以下の作品しかなくて、例外中の例外はカプコンの三部格ゲーだけで、いくらジョジョを取り扱った二次創作がクソ以下だからといって、既にクソ以下の前例が腐るほどあるからと言って、もはやジョジョヲタ界隈では『タブー』とされてきたジョジョの実写化、すなわちパンドラの箱に遂に手を出してしまったのだ。ともあれ、この実写映画化はその「ジョジョの二次創作はクソ」という長年の『伝統』を受け継ぐ、そのルーティーンにダメ押しを決める『伝説』の映画となるに違いない。

つうか、もし監督が園子温だったらどーなってた?

aikoの新曲『プラマイ』のMVにジョジョリオン

取り急ぎ。この曲好き。

ジョジョ4部のアニメ化について

アナセマ×ジョジョ

ジョジョ4部のアニメ化が決定した。確かに、1部から3部までは『ジョジョの奇妙な冒険』でありながらも『ジャンプの王道』を貫き通した作品で、『王道』だけあってアニメ化も比較的しやすかったと思う。しかし、4部以降、特に今回アニメ化が決定した4部というのは、作者である荒木飛呂彦オルタナティブなセンスが爆発した、それこそジョジョの最高傑作と呼ぶに相応しい作品だ。上記の年表にもあるように、日本一のジョジョヲタである僕が導き出した→『ジョジョの奇妙な冒険』=【ANATHEMAの音楽遍歴】であると理解ッ、そして解釈すれば、ジョジョ4部はANATHEMAのDiscographyで言うところの中間に位置する5thアルバム『A Fine Day to Exit』と6thアルバム『A Natural Disaster』に当たる。この中期のアルバム以降、ANATHEMAの音楽性は"オルタナティブ"→ポスト・プログレッシブへと大きな変貌を遂げていく。一方で荒木飛呂彦も4部以降、これまでの『ジャンプの王道』から徐々に方向転換し、本当の意味で『奇妙な冒険』らしさを全面に押し出してくる。その"らしさ"すなわち、荒木飛呂彦の本性でもあった。特に4部はジョジョの中でも最も"異質"とされる作品で、これまでの『王道』を嫌った(奇をてらった)ストーリーをはじめ、日常に潜む隣合わせの恐怖、子供から宇宙人まで魅力的なキャラクター、まるでイギリスの空模様のように優柔不断な雰囲気、ドンヨリとした世界観を描き出していた。1部から3部とは何から何まで違っていた。過去を振り返らずに、自らをNEXTステージに押し上げる貪欲な姿勢、これぞ"オルタナティブ"だ。だから、これまでアニメ化した1~3部と同じやり方、同じ演出じゃあ失敗するのが目に見えている。

じゃあどこの誰ならアニメ化していいんだ?となると、それこそ宮﨑駿率いるジブリスタジオ以外に、ジョジョ4部から醸し出される巨匠江戸川乱歩からの影響、それこそ『少年探偵団』からの多大な影響、その実に奇妙奇天烈な"オルタナティブ精神"を満足に、事細かく表現できるスタジオが存在するのだろうか。このクリエイティブ国家において、江戸川乱歩という偉大なる人物の作品で育った宮﨑駿、その下の世代のクリエイターとして荒木飛呂彦の名前ももれなく追従してくる。だから僕は、「もしジョジョ4部をアニメ化するとしたら?」という長年の問には、「ジブリ」以外他に考えられなかった。というより、ジブリ以外のスタジオがジョジョ4部独特のシュールな世界観を忠実に表現することなど不可能に近い。

3部までは『納得』できた、しかし荒木飛呂彦の真の才能が爆発した4部以降はダメなんだ。タブーなんだ。こう言っちゃあ悪いが、萌アニメしか描けない深夜アニメ如きじゃあ4部以降の"オルタナティブ"を正しく表現できるわけがない!できるわけがない!できるわけがない!できるわけがない! だから僕は、一人のジョジョファンとして、ジョジョヲタガチ勢を代表して、そして日本一のジョジョヲタとして、ジョジョ4部のアニメ化には断固反対だ。

【11/27】 Dirty Loops 『"HIT ME" JAPAN TOUR 2014』@名古屋ダイアモンドホール



『ジョジョの奇妙な冒険』
荒木飛呂彦がアルバム・ジャケットを手がけた、スウェーデン王立音楽アカデミー出身の三人組ダーティ・ループスの来日公演、実は直前まで行くか迷ってて、そんな僕に行く決意をさせたのが、某赤い人のとある会話(ツイート)だった。


・・・さすがじぇいぽっぱー(笑)としか言いようがなくて、実際10月は赤い公園のライブの予習がてら名盤猛烈リトミックと過去作を集中して聴いている合間に合間に、飛呂彦がジャケを描いたDirty Loopsのデビュー作『Loopified』を聴いていた個人的な事情もあって、しかし偶然にしてはなかなか面白い出来事だったので、そして何時ぞやの当ブログの検索ワードに【Dirty Loops ジョナ ゲイ】とかいう謎の検索ワードがあって、それが気になって気になって夜も眠れない状態だったので、その真相を確かめるため、僕は一人のホモもとい一人のジョジョヲタとして今回の来日公演に行く決意をしたのだ。初めは自分も"なぜ赤い公園メンバーが!?"って思ったけど、「ダーティ・ループスの音楽はある意味J-Pop」というようなニュアンスをLoopifiedのレビュー記事にも書いたように、一見複雑そうに難解そうに見えてその本性はドチャクソ"ポップ"みたいな・・・それこそ赤い公園のコンポーザーである津野米咲が目指す、あるいは求めている"J-Pop"の一つの完成形がこのダーティ・ループスの音楽なんじゃあないかって。そう考察すると→赤い公園メンバーの音楽に対する意識の高さが伺えるようで、「やっぱこいつらおもしれー」ってなったし、もっと言えば2ndアルバムの『猛烈リトミック』が日本レコード大賞の優秀アルバム賞を受賞し、その同賞に飛呂彦がジャケを手がけた石川さゆり『X-Cross II-』も受賞しているのを見て、「もしかして...こいつら『ジョジョの女たち』なのかもしれない」って・・・そんなわけアルケー(伏線)

首がダルビッシュ聖子 ・・・それはさておき→前日に寝違えて首がダルビッシュ聖子になってショッキングな当日、イヤ~な気分のまま名古屋公演の会場となるダイアモンドホールに向かった。が、やはり微妙に遅刻して開演5分後くらいに会場に入った。「やべえ...もしかして”Hit Me”終わっちゃったか・・・?」という不安をヨソに入場するやいなや、ジョナのソウルフルなハイトーンボイス、ヘンリックのバッキバキにウネリまくるベースライン、そしてアーロンの正確無比なドラミングが織りなす、まるで"Groove!!Groove!!&Groove!!"とばかりのグルーヴィでダンサンブルなサウンドにガシッと心を鷲づかみされる。で、ヤバイ(YABAI!!)とかいう片言系の日本語を使ったユニークなMCをはじめ、ライブ独自のアレンジや各メンバーのソロパートを織り交ぜながら、ライブはダーティ・ループスのサウンドのようにリズミカルにテンポよく進んでいく。デビュー作Loopifiedの楽曲を惜しげもなく披露していく流れの中で、特に中盤のバラード”It Hurts”から”Wake Me Up”を挟んで”Sexy Girls”までの流れはハイライトで、”It Hurts”は演歌歌手ばりのコブシを効かせたジョナの歌声に聴き惚れるし、”Wake Me Up”はオシャンティな幕開けから突如EDM化する後半へと繋がる破天荒な楽曲だし、そして”Sexy Girls”で導入されるアーロンのドラム・ソロは尋常じゃない凄さで、もはやジョナとヘンリックのホモホモしい小芝居がどうでもよくなるくらい、アーロンの鬼ドラムを中心としたドリーム・シアター顔負けのダイナミックな展開力に只々圧倒された。ああ見えてアーロンはとてもチャーミングな人のようで、もはやスウェーデン出身でex-KATATONIAダニエルex-Opethマーティン・ロペスに次いで好きになったドラマーかもしれない。ヘンリックはヘンリックで、もはやベースで鳴らせる音全部出してるんじゃあねぇかって、「はっ!?ベースってこんな音まで出せんの?絶対嘘ですやん・・・それ絶対ギターの音ですやん・・・」みたいなドシロウトな感想しか出てこなくて、兎に角これまで聴いてきた音楽の常識を覆すような、それこそ『プロフェッショナル ホモの流儀』的な"プロ"のライブを繰り広げていた。ここで改めて気づかされる...ダーティ・ループスは音楽の天才なのだと。で、一回目のアンコールでは宇多田ヒカルの”Automatic”とジャスティン・ビーバーのカバー曲を披露し、二回目のアンコールでは携帯の光を演出として利用した曲から、最後はこれまたアーロンの鬼ドラムが炸裂する曲を披露する。それこそライブのクライマックスを飾るに相応しいラストで(既にアレンジ凄すぎて原曲わかんねぇ状態)、「あぁ...やっぱり”Hit Me”は一曲目に演っちゃって聴けないオチかぁ・・・」と思いきや、まさかまさかラストのラストに”Hit Me”・・・キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!もはや首がダルビッシュ聖子であることを忘れるくらいテンションがブチアガったのは言うまでもない。ただでさえ名曲なのに、ライブだと更に化けてて最高スギタ。他の曲ももっと予習しとけばよかった(反省)


今年のトレンドはホモ ・・・総括すると→会場は普通に隅まで埋まってたし、思いのほか年齢層は高め、男女比は半々くらいで、とにかくリア充オサレミュージックっぷりがハンパなかった。まるで英会話教室のようなノリで、初めはヲタクの僕には「いや~キツイっす」みたいな所もあったけど、ライブが進むに連れて→「そんなん関係ねえ!俺は今ッ!最高にリア充だッ!」←こんな気分になった。それぐらい楽しいライブだったし、もはや"ガールズロック界のスティーヴ・ハリス"こと赤い公園藤本ひかりがヘンリックの生の超絶ベースプレイに触発されて、赤い公園の次の新曲がフュージョンっぽくなったらどうしよう・・・って心配になった(えっ)。いや、むしろアリか、アリだな・・・。俺たちの藤本ひかりなら・・・【フュージョン×メタル=Djent!!】赤い公園の中でやってくれるんじゃあないかって。ハッ!?もしかして藤本ひかりは、このダーティ・ループスに只ならぬ"ホモ"の匂いを嗅ぎつけたからライブを観に行った可能性・・・?こ、こいつ腐ってやがる・・・。
記事検索
月別アーカイブ