Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

デンマーク

℃-ute解散がショック過ぎるので更新停止します

VOLBEAT 『Outlaw Gentlemen & Shady Ladies』 レビュー

Artist Volbeat
Volbeat

Album 『Outlaw Gentlemen & Shady Ladies』
Outlaw Gentlemen & Shady Ladies

Track List
01. Let's Shake Some Dust
02. Pearl Hart
03. The Nameless One
04. Dead But Rising
06. Room 24 [Feat. King Diamond]
07. The Hangman's Body Count
08. My Body [Young The Giant Cover]
09. Lola Montez
10. Black Bart
11. The Lonesome Rider [Feat. Sarah Blackwood]
12. The Sinner Is You
13. Doc Holliday
14. Our Loved Ones

     【祝!!サマソニ2013参戦決定ッ!!

いきなりだけど、当ブログWelcome To My ”俺の感性”に流入検索キーワードで一番多いのってなんだと思う?そう、実はその答えこそ”Volbeat”なんだよね。ずっと前から自分でも疑問に感じてたんだけど、まるで今回の『サマソニ2013』への出演決定がその答えおよび伏線であるかのように、つまり長年のギモン対して納得ッが生まれた瞬間、というわけ。案の定、サマソニ参戦が決まったお陰で、過去のVolbeatのレビュー記事のアクセス数が急激に増えた結果→当ブログWelcome To My ”俺の感性”の2ちゃんねるデビューも相まって、過去最高のアクセス(ユニーク)数を記録w これはもう『VOLBEAT応援ブログ』としてやってけっつー事ですかぁ?

 まぁ、そんな前置きは置いといて、今や欧州のメタルフェスでその名前を見ない日はないと言っても過言じゃないぐらいのモンスターバンドへと成り上がった、北欧デンマークが世界に誇るロカビリー/エルヴィス・メタルバンド、Volbeatの前作Beyond Hell / Above Heavenからは約三年ぶりとなる通算五作目『Outlaw Gentlemen & Shady Ladies』なんだけど、本作品は2011年にギタリストのThomas Bredahlが脱退した代わりに元アンスラックスのギタリストRob Caggianoを新メンバーとして迎え入れ、そしてエンジニア/プロデューサーには毎度お馴染みの(Anubis Gateで知られる)ヤコブ・ハンセンを...つまりこれ以上ない万全の布陣で制作された待望の新作。で、この”デンマークのメタリカ”もしくは”デンマークのマシへ”の特徴といえば、ヘヴィ&グルーヴ/カントリー/クラシックHR/ストーナー/パンク/ブルース/スラッシュ/R&Rなど幾多の要素を実にデンマークらしいモダニズムに溢れた通称”ヤコブ・サウンド”へと落とし込み、そしてサマソニでも共演するメタリカジェームズ・ヘットフィールドリスペクトなフロントマン、Michael Poulsen男爵のまるでミュージカル俳優顔負けの”オトコの色気”を帯びた野太くダンディな雄叫びがアリーナ級のスケール感と圧倒的なダイナミズムを演出する、要は単純に聴いてるだけで自然と楽しくウキウキな気分にさせる、それこそまさにサマソニ(フェス)向けのノッリノリなメタルンロールをやってるわけ。で、デビュー作の頃はスラッシーなビートに身を任せたゴリゴリかつダークなヘヴィメタルやってた彼らだが、最高傑作と名高い2007年作の2ndフルRock The Rebel / Metal The Devilを期にカントリーやロカビリー的なノリノリな要素を著しく強めた結果→今の”Volbeatサウンド”を確立する事に成功し、その勢いで一気に今の地位まで上り詰めた、というわけ。事実、2008年作の3rdGuitar Gangsters & Cadillac Bloodや特に前作の4thBeyond Hell / Above Heavenなんかはその大衆受けを狙ったメジャー嗜好が強く感じられたが、その4thの流れを着実に汲んだ本作で”遂に”というか、そのいわゆる”メインストリーム”な市場を明確に意識した、Volbeat史上最もポップでキャッチーな作風に仕上がっている。それは初期のゴリゴリ感やモダンヘヴィネスが皆無で、露骨にメインストリームを意識した歌モノAORの#2”Pearl Hart”やクラシックHR調の#3”The Nameless One”を聴いて(おいおいニッケルバックか)って思うぐらい顕著に表れていて、そしてシングル曲の#5”Cape Of Our Hero”を聴いて(おいおいおいおいマジでニッケルバックじゃねーかw)って確信するぐらい、もはや叙情的な香りすらある実にメロディアスなHRを展開している。だって、ゲストVoにKing Diamondを迎えた#6や#7を聴いてやっと初めてコイツらがメタル畑出身だという事にハッ!!っと気づかされたぐらいだし...。過去作ではHank WilliamsJimmy WorkそしてDusty Springfieldsの曲をカバーしてたが、今回はYoung The Giantの”My Body”をカバーしてる。そしてゲストVoとしてカナダ出身のSarah Blackwoodを迎えた#11、エスニックな音を使った#13、ラストを飾るバラード調の#14まで、全14曲トータル約一時間程度。そんな感じで、ぶっちゃけると今作はニッケルバック大好き♥な歌モノ系オルタナ/ハードロック色が強すぎて、あくまでも初期というか2ndの頃のグルーヴ/ヘヴィ/カントリー/ブルージー/スラッシュ/R&Rなどの要素をバランスよく取り込んでモダンに昇華した作風こそ彼らの持ち味およびスタイルだと信じてやまない人からは、色々な面で少し物足りなさを感じると思う。確かに、これまでの作品と比較しても明らかにスラッシュ的な”勢い”やメタル的な”重さ”が大幅に削がれたつまり”軽い”内容ではあるが、逆に言えば初めてVolbeatを聴くっていう人には打って付けの、過去最高に取っ付きやすい(聴きやすい)洗練された作風とも言えなくはないし、それこそ今年のサマソニの予習がてら聴くにはこれとない一枚だと思う。けど、やっぱり個人的な好みだと2ndをゴリ押ししたい。マジで傑作だから。ヴォアッ!! こう言っちゃ何だが、そもそもVolbeatの曲調って似たような感じの金太郎飴が多いし、むしろそれが”Volbeatらしさ”というか、だがそれがいい、みたいな風潮あるじゃん?だからサマソニの予習として最低限押さえとくベキなのって、やっぱ初期の傑作2ndと新作の二枚になるんじゃね?って。4thも名曲多いけどね。

 何はともあれ、当ブログの読者および俺たちからすればホント今更かよ...って感じだが、今回まさかのサマソニ参戦という、やっと彼らの名前が日本で知れ渡る大きなキッカケというのができて本当になにより。つうか、欧州ではトリを飾るレベルの彼らがサマソニではこんなに小さい(低い)扱いを受けているトコロに、日本での知名度のなさ...というよりも、主催者側からVolbeatへ対する敬意が一切感じられないのがアレ。しかしながら、こんな無礼を顧みず初来日を決意したVolbeatに、僕は敬意を表したい。



Outlaw Gentlemen & Shady Ladies
Volbeat
Republic (2013-04-09)
売り上げランキング: 3,162
Rock the Rebel / Metal the Devil
Volbeat
Megaforce (2008-06-24)
売り上げランキング: 8,344

Anubis Gate 『Anubis Gate』 レビュー

Artist Anubis Gate
48735803

Album 『Anubis Gate』
Anubis_Gate_Cover

Track List
01. Hold Back Tomorrow
02. The Re-Formation Show
03. Facing Dawn
04. World In A Dome
05. Desiderio Omnibus
06. Oh My Precious Life
07. Golden Days
08. Telltale Eyes
09. River
10. Circumstanced

デンマークのプログレッシヴ・メタラーAnubis Gateの約2年ぶりとなる最新作で、本作ではバンドの中心人物ヤコブ・ハンセンがボーカルの座から退き(
バンドの裏方へと回った)代わりに新ボーカルのヘンリックを迎えた通算5作目でセルフタイトルの『Anubis Gate』なんだけど、これがヒッジョーに良質なプログレ・メタルってる件。

 まず新Voのヘンリックが”歌える”っつー所からしてバンドの底上げに見事成功し、そのメロハーばりに爽やかで初期DTのラブリエを意識したようなヘンリックの伸びやかなハイトーンにより、本来の超絶モダンでメロドラマティックなサウンドが一段と叙情的かつキャッチーになり、結果として前々作『Andromeda Unchained』に匹敵する、もしくは超える良作となっている。今回でヤコブが裏方に回ったお陰か、全体的に表現力が増して一皮むけた気がする。

 実にAnubis Gateらしい泣きの哀愁を含んだキャッチーなメロハー曲の#3”
Facing Dawn(はじめの歌い方がデヴィンっぽい)や#7”Golden Days”などのコンパクトな楽曲は勿論のこと、プログ・パワー寄りの#5とメシウマタイムの#6や#8、#1”Hold Back Tomorrow”や#4”World In A Dome”そして北野ブルーばりにアトモスフィアー全開な#10”Circumstanced”などの超絶メロドラマティックな大作の聴き応えったら流石の一言。といった感じで、ドラマティックな曲はトコトンドラマティックに、パワー寄りの曲はよりアグレッシヴに、ヲタッキーな曲はトコトンヲタッキーに、まさしく彼らの集大成と呼ぶに相応しい内容で、セルフタイトルにしたのも納得。つーわけで、ボーカルが代わってもAnubis Gateらしさは不変です。なんで、この手のメロディック系の音楽が好きならオススメ。

B

Anubis Gate
Anubis Gate
posted with amazlet at 11.10.09
Anubis Gate
Nightmare Records (2011-09-13)
売り上げランキング: 6442

RAUNCHY 「A Discord Electric」 レビュー


HR/HMのCDをてけとーにレビューするブログ
北欧デンマーク出身のインダストリアル/ポップ・メタルバンド、RAUNCHY の約2年振りとなる5作目「A Discord Electric」を紹介。


01. Dim The Lights And Run          ★★★★
02. Rumors Of Worship              ★★★★☆
03. NGHT PRTY                  ★★★★★
04. Street Emperor                 ★★★★
05. Blueprints For Lost Sounds         ★★★☆
06. Shake Your Grave               ★★★★☆
07. Tiger Crown                   ★★★★
08. Big Truth                     ★★★★
09. The Great Depression             ★★★★☆
10. The Yeah Thing                 ★★★☆
11. Ire Vampire                   ★★★★
12. Gunslingers And Tombstones        ★★★★


デンマーク出身の6人組、RAUNCHYの5作目「A Discord Electric」は、ピコピコ系キーボードやエレクトロニカな音を大胆に鳴らした、キャッチーなモダン/ポップ・メタルなを聴かせる内容で、前作の「Wasteland Discotheque」は、なかなか質の高いポップ&メロディックなメタルコアで好印象だったけど、今回はその「メタルコア」というよりは、モダンな「インダストリアル・ポップ・メタル」という風に呼んだ方が適当な音楽性になり、そう、今キッズに話題のそにっくしんでぃけいと の新作に近い「ポップ過ぎるメタルはメタルか??はい、メタルです」を聴かせるんだ。
 激しいスクリームよりも、「エモ」ーショナルなハイトーン系クリーンVoがメインになってて、言わずもがなこれまで以上にキャッチーな作風になってるし、リフ使いもメロデスやメタルコアっぽさが薄くなり、例えるならば「オルタナ・メタル」なサウンドって書いた方が分かりやすいかもしれない。つーか、「高音ボイス」×「デンマーク産らし過ぎるモダンなサウンド」の組み合わせを聴くと、俄然同郷のANUBIS GATEっぽく感じるなぁ、って。

オープニングとなる1の”Dim The Lights And Run”は、全編「エモ」っぽいクリーンVoで歌うミドルテンポな曲で、ポップなボーカルとkeyやシンセの音を豪快に鳴らしてダイナミズムを演出している。スクリームで進みサビの部分がポップなクリーンVoで歌う2の”Rumors Of Worship”、前作収録の”Warriors”みたいなイントロで始まる3の”NGHT PRTY”はSybreed みたくノレる「ダンス/ディスコ・メタル」で最高や。エレクトロなピコピコサウンドが印象的な4の”Street Emperor”、ゴリゴリなリフとホラーチックな雰囲気が印象的な6の”Shake Your Grave”は「エモ」ーショナルなサビがツボ。メタルコア系Gリフで疾走する7の”Tiger Crown”、めっちゃ明るくてポップなイントロを聴くと「アニソン!?それともUKかUSバンドのカバー曲??」って勘違いする事ウケアイな8の”Big Truth”には色々な意味で衝撃を受けた。てか明らかに浮きすぎだろこの曲w 大仰なキーボードやアグレッシブな疾走パートやネオクラみてーなインスト&メロスピみてーなソロ・パートが融合した9の”The Great Depression”、約7分弱あるラストの”Gunslingers And Tombstones”...etc...という感じ。
 前半はポップ&キャッチーな曲が並び、後半は激しめな曲が主体となってるけど、今作の「味」というか「聴き所」となるのは前者のポップな楽曲なんじゃないかなーって思った。好きな曲は2,3,6,9。捨て曲っぽいのがないのも○ 個人的には今回の「変化」は全然ありだし、むしろここまで開き直るが如くポップにしてくれて逆に良かった。良い曲と呼べるのは前作のが多かったかもしれんけど、今回のコレも、これはこれで普通にアリです。聴く回数を重ねるうちにジワジワと楽しめるようになった作品で、オイラ的には前作より好みかも・・・!!


7.0 / 10


A Discord Electric
A Discord Electric
posted with amazlet at 11.01.16
Raunchy
Lifeforce Records (2010-10-12)
売り上げランキング: 49085

VOLBEAT 「Beyond Hell / Above Heaven」 レビュー


HR/HMのCDをてけとーにレビューするブログ
北欧デンマークが誇る爆走ロカビリー・メタルバンドの4人組、VOLBEAT の約2年ぶりとなる通算4作目「Beyond Hell / Above Heaven」を紹介。

01. The Mirror And The Ripper          ★★★★★
02. Heaven Nor Hell                 ★★★★★
03. Who They Are                  ★★★★★
04. Fallen                       ★★★★☆
05. A Better Believer                ★★★★
06. 7 Shots                      ★★★★
07. A New Day                    ★★★★
08. 16 Dollars                    ★★★★
09. A Warrior's Call                 ★★★☆
10. Magic Zone                   ★★★☆
11. Evelyn                      ★★★★☆
12. Being 1                      ★★★☆
13. Thanks                      ★★★☆

本国デンマークは勿論のこと、欧州全体で爆発的な人気を誇る、通称エルヴィス/ロカビリー・メタルこと、デンマーク出身のメタルンローラー VOLBEATの約2年振りとなる4作目「Beyond Hell / Above Heaven」なんですが、前に当ブログでも記事にした2ndの名盤「Rock the Rebel / Metal the Devil」でかなりの衝撃を受けたオイラとしては、前作の3rd「Guitar Gangsters & Cadillac Blood」の駄作的な内容には残念な思いをしたわけなんだけど、その前作から約2年振りとなる本作は、2ndの頃のゴリゴリに爆走するスラッシーな勢いが回帰している印象が強く、つまりは「Volbeat復活!!!」と堂々言い切れるほどの会心な出来で、これはMetallicaの前座を経験した影響なのか、そのメタリカ的なスラッシュ成分をストレートに感じさせる3曲目”Who They Are”があったりと、何かが吹っ切れたようにゴリゴリと押しまくる、2ndを彷彿とさせるが如くな「メタルンロール」に爆走するダイナミックかつヘヴィ、スラッシーかつキャッチーなロカビリー・サウンドは実に「Volbeatらしさ」に溢れてるし、同郷デンマークの「モダン・マスター」こと、ANUBIS GATEヤコブ・ハンセンが今回も手掛ける、モダンマンセーなモダニズムがたまんねー音質も実にVolbeatらしいじゃないか。
 気のせいか、今作はこれまで以上に「ヘヴィ・メタル」な感度が強い作風で、メロディアスなギターがちょくちょく入ってたりと、「モダン・スラッシュ」に「カントリー」な要素を加えた本来のVolbeatサウンドを基本としつつも、所々にさりげない「変化」を感じさせてくれるんだ。名盤2ndほどの「凄み」は存在しないけど、上手にまとめてきた良作だということは確かです。ゲストとして参加しているNapalm DeathMark "Barney" GreenwayKreatorMiland "Mille" PetrozzaKing DiamondMichael Denner、の3人もいい味だしてます。
 メタリカのVoジェームズを非常に意識したVoマイケルのあの特徴的でいてキャッチーな歌唱は更に磨きがかかった印象で、2ndの頃を彷彿とさせるついつい一緒に歌いたくなるキャッチーな歌メロも多くあり、その辺も彼らの「復活」を思わせるポイントとなっているんだ。まぁそれでも、1~3作で既に聴いた事あるような歌メロがあるのはご愛嬌って事で(笑 てか、むしろこのバンドは、その「デジャブ」な感覚に「らしさ」があるからイイんだよ。

オープニングを飾るはVolbeatらしい爆走系モダン・R&Rチューンの”The Mirror And The Ripper”は最後の刻みがカッコ良すぎる!!!イントロからめっちゃHRなリフとカントリーな雰囲気で始まる2の”Heaven Nor Hell”はキャッチーなサビがツボ。激ヘヴィでガチメタリカ的スラッシュ・メタルな3の”Who They Are”は正直今のメタリカよりスラッシュ然としてます。シングル曲の4”Fallen”はカントリーチックでキャッチーなナンバー。Volbeatらしいメタルンロールな5の”A Better Believer”、イントロからカントリーな香り漂う6の”7 Shots”はVolbeatには珍しく流麗なGソロ入りでKreatorのVoが参加。ミドルテンポのリフのグルーヴ感が心地良い7の”A New Day”、Voマイケルのコミカルな歌が印象的な8の”16 Dollars”、同郷の格闘家に提供されたらしい9の”A Warrior's Call”、Napalm DeathのVoが参加してるデス&ロールな11の”Evelyn”、アコギを交えた疾走チューンの12”Being 1”、ノリノリ系R&Rな13の”Thanks”・・・という感じ。
 1から5まではキャッチーに疾走するファストなナンバーの連続でツカミは文句なし。この怒涛な流れからして「Volbeat復活したわ」って思った。兎に角、1曲目~4曲目が神がかってる。前半の曲と比べると勢いは落ちるけど、後半の曲もなかなかに聴かせる曲が多い。特にナパデのVoが参加してる”Evelyn”はずば抜けて激しい。全体的に疾走感があって聴いててダレのが良い。何となくだけど、2ndよりはヘヴィじゃないから比較的聴きやすくなってるかも。

という感じで、日本にVOLBEATを聴いてるリスナーが、はたしてどれくらい存在してるのか分かんないけど・・・2ndが好きなら聴いて損はない良盤だし、「デンマークのヘヴィ・メタル」とは「ナニか」が知りたきゃコレ聴けばok

Beyond Hell/Above Heaven
Beyond Hell/Above Heaven
posted with amazlet at 11.01.16
Volbeat
Universal Import (2010-09-28)
売り上げランキング: 183691

VOLBEAT 『Guitar Gangsters & Cadillac Blood』 レビュー

Guitar Gangsters & Cadillac Blood

デンマークのモダン・グルーヴ・メタルンロールバンドVolbeatの、なんと1年振りというローテーションの早い3rdアルバム「Guitar Gangsters & Cadillac Blood」を紹介。


1. Intro / End of the World 1:05   ☆☆
らしいアコースティックインスト・イントロナンバー。


2. Guitar Gangsters & Cadillac Blood 3:08  ☆☆☆☆
ミッドテンポに進むノリの良いグルーヴ・メタルンロールナンバー。拍手が交わる感じもVOLBEATらしいノリを魅せる。グルーヴのあるモダンなリフが印象的だ。


3. Back to Prom 1:51               ☆☆☆☆☆
しょっぱなからノリノリかつカントリーでドライビングなメロディで疾走し始めるノリノリR&Rナンバー。2分以内と非常にシンプルなナンバーだ。


4. Mary Ann's Place 3:41             ☆☆☆☆☆

ヘヴィで重々しいイントロからアコースティックギターを交えながらはじまり、ズンズンとメタリックでヘヴィなリフでミッドテンポに進み、美しい女性ヴォーカルとハモリを見せるサビが印象的なロックナンバー。


5. Hallelujah Goat 3:30               ☆☆☆☆
リズム感の良いリフではじまり、独特なヴォーカルの歌い回しとヘヴィでメタリックなリフが印象的なミッドテンポの曲。


6. Maybelenne i Hofteholder 3:20        ☆☆☆☆☆
カントリーでアコースティックなVOLBEATらしいはじまりから、テンポアップして程よい疾走感を漂わせるメタルンR&Rナンバー。ノリの良いリフも印象的だ。


7. We 3:46                      ☆☆☆☆☆
アコースティックでハワイアンなはじまりから心地良く、その後ノリノリに疾走し始めるカントリーなメタルンロールナンバー。ヴォーカルの「オーオーオーオーオーオー」と歌うパートが印象的だ。


8. Still Counting 4:21               ☆☆☆☆☆

ノリが独特で軽いはじまりからスラッシーかつアグレッシヴに突っ走り始めるメタリカっぽいメタルンロールナンバー。女性コーラスも入る曲。


9. Light a Way 4:42                ☆☆☆☆
スローテンポにメランコリーなギターで展開する、壮大な雰囲気漂うロックナンバー。


10. Wild Rover of Hell 3:42           ☆☆☆☆☆
重々しい始まりから、スラッシーなリフで勢い良くアグレッシヴに突っ走るメタリカっぽいメタルンロックンロールナンバー。


11. I'm So Lonely I Could Cry 3:21      ☆☆☆
モダンなリフで疾走するノリの良いR&Rナンバー。


12. A Broken Man and the Dawn 4:45    ☆☆☆☆
アコースティックでノリの軽いはじまりから、モダンでヘヴィなリフでミッドテンポに進むロックナンバー。


13. Find That Soul 3:43             ☆☆☆
幻想的なイントロからズンズンヘヴィなリフでミッドテンポに進むロックナンバー。


14. Making Believe 3:29             ☆☆☆☆
ノリの良いメタルンロールナンバー。


デンマークのモダン・グルーヴ・メタルンロール・R&RバンドVolbeatの3作目。前作の「Rock The Rebl / Metal The Devil」から約1年振りとなる今作は前作の延長線上にある、メタリカがロックンロールバンドになったらこんな感じになるだろうなぁ的な、メタリックでノリの良いカントリーな雰囲気も感じられるメタルンロール・ロックンロールサウンドは相変わらずだが、ストレートに前作の延長線上のアルバムなので、曲のインパクトは前作より薄いかも。なんというかヴォーカルの独特な歌メロに関しても、骨太でモダンでグルーヴ感のあるリフに関しても、前作の曲の方が印象的に残る。この微妙に練りこめていない具合が、前作から1年という早いアルバムローテーションの短さの影響が音に表れてしまっている、致命的な印象を受けた。曲全体にフックが無いというか・・・耳に残らない曲ばかり・・・。といっても、個人的に大好きなデンマークのバンドらしいザクザクしたメタリックでモダンなギターサウンドは変わりなく、楽曲のキモとなる基盤を築いている。前作より良い所と言えば・・・曲数が多い所か^^;前作より良い曲が入って14曲なら大歓迎なんだが^^;。正直前作の方が分かりやすくて良い曲があった。それでも、4曲目で女性ヴォーカルとデュエットしている曲なんかは結構新鮮な感じがして印象的だし、10曲目のメタリカバリのスラッシーな曲は印象に残ったりする。悪くはないんだけど前作の方が俄然分かりやすくて、印象に残る曲が多かったから、今作はチョット肩透かしを食らったアルバムでした。期待しすぎたかな?



82



4. Mary Ann's Place http://www.youtube.com/watch?v=eTtLhJnnYYs

10. Wild Rover of Hell http://www.youtube.com/watch?v=wSOOe11FXGA

記事検索