Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

ドイツ

℃-ute解散がショック過ぎるので更新停止します

Lantlôs 『Melting Sun』

Artist Lantlôs
Lantlôs

Album 『Melting Sun』
Melting Sun

Tracklist
01. Melting Sun I: Azure Chimes
02. Melting Sun II: Cherry Quartz
03. Melting Sun III: Aquamarine Towers
04. Melting Sun IV: Jade Fields
05. Melting Sun V: Oneironaut
06. Melting Sun VI: Golden Mind

ぼく「えぇ!?アルセストがポストブラックをやめるだってぇ!?」

ラントロス君「えぇ!?アルセストがポストブラックをやめるだってぇ!?」

ぼく「よっしゃ!NEXT-ALCESTはLantlôsとWoods of Desolationの一騎打ちや!」 

ラントロス君「よっしゃ!アルセストに習って俺たちもシューゲイザー化や!」

ぼく「えっ」
ラントロス君「えっ」 

・・・ドイツはレーダ=ヴィーデンブリュック出身のマルチミュージシャンMarkus Siegenhort通称Herbst氏によるポストブラックプロジェクト、Lantlôsの約二年ぶり通算四作目『Melting Sun』は、ほぼこんな感じ。近頃は兄弟分のアルセストが新作のシェルターで”脱ポストブラック”宣言をし、ポストブラック界隈が騒然とする中で、そのアルセストの跡目争いの最有力として推薦されたのが、このラントロスやOG産のWoods of Desolationだった。で、まずWoDが3rdの『As the Stars』で先手を打ったが、そのあまりにもガチ”NEXT-ALCEST”な内容に日和ったのか、このラントロスは今作で大きくシューゲイザー方面に振り切っている。まぁ、その”変化”はアルセストのネージュが脱退した事をはじめ、Herbst氏がLíamを放置して新たにLowCityRainなるソロ・プロジェクトを立ち上げた時点で、こうなる事はあながち予想できなくもなかった。

このラントロスの名が一躍有名になるキッカケとなったのが、アルセストのネージュが加入してリリースされた2ndアルバムの.neonだ。このアルバムは、言うなれば今は亡きAmesoeursもしくはAlcestをデプレ系ブラックメタルに振り切ったような、刹那的かつ退廃的な、激情的でありながらも荒涼感に満ち溢れた、それこそポストブラック界の歴史に名を残すほどの傑作だった。しかし、今作のオープニングを飾る#1”Azure Chimes”を耳にして、まず何食わぬ顔でクリーンボイスを披露してみせるHerbst氏に度肝を抜かれ、そしてレジェンドのIsisや同郷のThe OceanIntronautJesuらのPost-Metal勢やDoomgaze勢を連想させる、スラッジーな轟音ヘヴィネスと魅惑のダイナミズムが織りなす超絶ドリーミーなサウンドスケープ、その美轟音の渦に飲み込まれた僕は、まるでフランスのサイケデリックアニメ『ファンタスティック・プラネット』ばりのアートワークのように、「アッダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」とかいう奇声を発しながら、色々な意味で涙を抑えることができなかった。本来、彼らの持ち味であったジャジーでアンニュイでダーティな空間形成は皆無に近く、もはや2ndの頃のラントロスと今のラントロスは別物と言い切っていい。つまり、前作の3rdアッガンペーから既に、いわゆる”ポスト化”が著しく音に現れていたが、その流れが確信的なモノへと変わった結果、その答えこそ今作の『Melting Sun』なんだろう。しっかし、この作風の変化すらもアルセストの後追いというか、デジャブ感を与える所は、ある意味でアルセストの正統な後継者と呼べるのかもしれない。

しっかし、昨年かのDEAFHEVEANサンベイザー【シューゲイザー×ブラックメタル】の新たなる形を音楽シーンへと掲示し、その煽りを受けてその手のジャンルの本家本元アルセストまでも、しまいには兄弟分のラントロスまでも日和ってシューゲイザー化してしまったのは些か考えもので、今のポストブラック界隈にはこの嫌な流れを断ち切る新星が求められている気がしないでもないが...さてさて。
 
Melting Sun (Deluxe Edition)
Melting Sun (Deluxe Edition)
posted with amazlet at 14.05.22
Prophecy Productions (2014-05-02)
売り上げランキング: 6,971

Kokomo 『s/t』 レビュー

Artist Kokomo
Kokomo

Album s/t
Kokomo

Track List
01. Kaputt Finker
02. They Seem To Be Dead Set
03. Tauben Im Gras
04. Ein Dachs Hat Zweifel
05. Deconstructure
06. Le Trieste

ポストロック専門レーベルとして知られるdunk!records所属で、そのレーベルが主催する今年のdunk!festivalにもその名を連ねた、2008年にドイツはデュイスブルクで結成されたジャーマンポテトロックの五人組、その名もKokomoちゃんの約二年ぶり通算三作目『s​/​t』なんだけど、そのスタイルとしては、1stのJuniusGrouperそしてGod is an Astronautを連想させる、いわゆる轟音系ポストロック/ポストメタルをベースとした、もはや【ATフィールド】ならぬ【ATMS(アトモスフェリック)フィールド】全開の、まるでオランダ産ポストブラック勢やオーストリアのOur Ceasing Voiceのようなエモーショナルかつドラマティックそしてダイナミックなサウンドスケープを形成するインスト系ポストロック。で、全編に渡って響き渡るまるで白銀の南極にトリップさせるかのようなヒンヤリと冷たく甘味なメロディその残響音が産み落とす”無慈悲”な静寂、そして時おり荒々しく激情する轟音が交錯するその瞬間ッ、その狭間で巻き起こる刹那的な光景を目の前にして、胸の高なりを抑えることができない僕たちボーイズのハートはもうメロメロ。特にクッソシブいサックスの音を使った#4”Ein Dachs Hat Zweifel”はブヒれる。そんなわけで、いわゆるアトモス系のソレ系が好きなら気に入るかもな一枚。

Heaven Shall Burn 『Veto』 レビュー

Artist Heaven Shall Burn
Heaven Shall Burn

Album 『Veto』
Veto

Track List
01. Godiva
04. Fallen
06. You Will Be Godless
07. Valhalla [Blind Guardian cover]
08. Antagonized
09. Like Gods Among Mortals
10. 53 Nations
11. Beyond Redemption

CalibanMaroonと並んで三大ジャーマンポテトメタルコアの一角を担う、Heaven Shall Burnの約三年ぶり通算七作目となる『Veto』が、今となってはホントーに貴重な硬派で漢クサいガチムチ系メタルコアやってて、その内容も相変わらず壮絶的な件。で、イギリス人画家ジョン・コリアが1898年頃に描いた『ゴダイヴァ夫人』をアートワークに掲げた本作品は、5thの『Iconoclast』からライブ作品『Blindersturm』に続く三部作の最終章である2010年リリースの前作Invictusからは約三年ぶりの新作で、とりあえず一曲目のゴダイヴァを聴けば分かるとおり、相変わらず鋭利なエッジを効かせたゴッリゴリかつブルータルなGリフとツインギターのハモリが織りなす90s北欧メロデスリスペクトな”無慈悲”でありながら【美しいかぎりの、聖い心もちの女性】と讃えられたゴダイヴァ夫人のキメ細やかな素肌のように滑らかで美しい叙情的なメロディを主体に、そしてフロントマンMarcus BischoffのUSニュースクールHC界隈リスペクトな、ある種【悪魔】のような只ならぬ【狂気】を感じる残虐的なスクリームが、今やベテランと呼ばれる長い活動歴の中で培ったその成熟した形/スタイルと共に過去最高のパフォーマンスを発揮し、そして近年のDIR EN GREYやワンオクの最新作でも知られる重鎮チュー・マッドセンの彼らHSBの作品および作風そして【精神性】に対する親のような理解ッが最高の成果を生んだ結果→まさに彼らの【集大成】と呼べる一作となった。そして、この作品でジャーマンHC界隈で頭ひとつ抜きん出た絶対的な存在へとのし上げることに成功した結果→本国ドイツのチャートで二位を獲得するという快挙を成し遂げた。ゲストVoに本家ブラガのハンズィ・キアシュを迎えた#7”Valhalla”やKilling Jokeの”Beyond Redemption”のカバーも王者としての風格、余裕すら感じられる。冗談じゃなしに、久々にここまでゴッツいメタルコア聴いた気がする。それぐらい、もはや『伊藤英明×坂口憲二』もビックリのアツいキモチ入りまくりな一枚。良作。
 

VETO
VETO
posted with amazlet at 13.05.08
Heaven Shall Burn
Century Media (2013-04-19)
売り上げランキング: 38,410

The Ocean 『Pelagial』 レビュー

Artist The Ocean
The Ocean
Mixing/Mastering/Producer Jens Bogren
Jens Bogren

Album 『Pelagial』
Pelagial

Track List

01. Epipelagic
02. Mesopelagic: The Uncanny
03. Bathyalpelagic I: Impasses
06. Abyssopelagic I: Boundless Vasts
07. Abyssopelagic II: Signals Of Anxiety
08. Hadopelagic I: Omen Of The Deep
09. Hadopelagic II: Let Them Believe
10. Demersal: Cognitive Dissonance
11. Benthic: The Origin Of Our Wishes

   『The Ocean × イェンス・ボグレン』 

今は亡きポストメタル界の皇帝Isisの次期王位を狙う、今やCult of Lunaと並びポストメタル界隈の二強その一角を担うジャーマンポテトメタルの雄、The Ocean Collectiveの約三年ぶり通算六作目『Pelagial』なんだけど、今作でまさかの『The Ocean×イェンス・ボグレン』とかいう奇跡のコラボという名の”引かれ合い”が実現し、あまりの嬉しさにアヘ顔ヘブン状態のおいら、もはや今年の初めに”俺の界隈”の裏方として”イェンス・ボグレン”という存在を紹介/記事にした”意味”というか”伏線()”その”答え”が、まさしくこの”引かれ合い”だと確信している。だって、あのThe Oceanがあのイェンス・ボグレンと組むって・・・一体誰が想像したよ?一体誰が予想したよ?俺のキング・クリムゾンですらこれだけは予測できなかった、だからこそ今回”まさか”のコラボには”衝撃”や”喜び”という概念を超えたナニか別の感情を憶えたんだ。そう、もはやANATHEMAChrister-André Cederberg”引かれ合い”に匹敵するレベルの「月までブッ飛ぶこの衝撃...」とはまさにこの事よ。そんな、割りとどぅーでもいー前振りを踏まえての本作品、ハッキリ言って傑作だった前作の5thAnthropocentricや(ベクトルは違うが)最高傑作と名高い3rd『Precambrian』をも凌駕する、それこそ新世代の『ポストメタル界の王』を襲名するに相応しい、もはや”ポストメタル”というジャンルを超越した先にある究極形を、まるで『進撃の巨人』の超大型巨人がウォール・マリアを崩壊させた時と同じような”60メートル級ボディプレス”を、いわゆる”俺の界隈”という一つの小さな共同体に無情にも叩きつけてきた。そして跡形もなく木っ端微塵になった”俺の界隈”の見るも無残な姿に絶望した主人公の僕は「駆逐してやる...(震え声)」という他に言いようがなかった。

            『Pelagial』=『能年玲奈』

 ほぼ同時期(2010年)にリリースされた近作は、4th『Heliocentric』=『地動説』と5thAnthropocentric』=『天動説』とかいう難解な宇宙論をコンセプトに掲げた作風だったが、今回はバンド名として掲げる『大海洋』という『男のロマン』に満ち溢れたコンセプトを元に、それこそ『ディスカバリーチャンネル』やNHKスペシャル『世界初撮影!深海の超巨大イカ』を観ているかのような、超スペクタクルな世界観を形成している。との情報を得た我々調査兵団(潜水土木科)は、さっそく深海の謎を解明すべく、まずは表海水層(深層ゼロm~200m)=”Epipelagic”を探索し始めた。(ふわぁ~ッ、まさに神秘的かつ神聖なる深海の入り口ってやつだな・・・)という小学生並みの感想を持ちながら、更に奥深くへと潜入する調査兵団の先に待ち受けていたのは中深層(200m~1000m)=”Mesopelagic”で、ここでは優美なストリングスとポストロック的なメロウネスそしてドライヴ感満載のラウドなヘヴィネスの激しい鬩ぎ合いを耳にした調査兵団→(これはまるで海洋生物の宝石箱や~♪)・・・そこから更に深い、もはや「光源は生体発光しか存在しなくなる」らしい漸深層(1000m~3000m)=”Bathyalpelagic”まで潜入する調査兵団→(おっ、海鮮丼ならぬマスト丼か?)・・・そして遂に深海層(3000m~6000m)=”Abyssopelagic”までこぎ着けた調査兵団→(これはもはや神秘的という言葉すら生ぬるい領域だな...んッ!?あっ、あれは【幻の珍獣】と噂される魚介類系アイドルことnkskィ!?)・・・そして、ここから先は人類未達の地、未知の領域となる超深海層(6000m以深)=”Hadopelagic”へと足を踏み入れ、遂に海の底=”Demersal”に到達した調査兵団→(そこには”ひどく風に怯えた誰も見たことない花が咲いていたよ~”)・・・そして音圧MAXの轟音ヘヴィネスの如し大水圧に押しつぶされそうになるのを耐え抜き、遂に【深海の謎】が眠るとされる海底の”底の底(∞)”=”Benthic”に辿り着いたその瞬間ッ、どこかで...そう確か朝8時ぐらいに耳にしたような【謎の声】が聞こえてきた→伝説の未確認海洋生物???「じぇじぇじぇ」 調査兵団→(ファッ!?あ...あれはまさかッ!朝ドラ『あまちゃん』のヒロインこと能年玲奈ちゃんだああああああああああああああああッ!!ウニかッ!?それはウニかッ!?)・・・ここまで全11曲トータル約53分の探索期間を終え、無事(?)何事もなかったように調査兵団が地上へと帰還。海底で目撃した夢か幻か...その数多き深海の謎を記した報告書を取りまとめ、そして遂に調査兵団長が出した”答え”がコレだ・・・

     「能年玲奈はnkskを超えたッ!
能年玲奈はnkskを超えた

       「なーにいってだこいつ」
なーにいってだこいつ

ちなみに、海底の探索マップは大体こんな感じ↓
探索マップ

    『The Ocean VS Cult of Luna』

 ・・・さて、気を取り直して、なんつーか自分が想像した以上に『イェンス×オーシャン』の相性は良かった。むしろ全然違和感ないというか、【初期衝動】型脳筋スラッジ/ハードコアやってた初期のゴリゴリとした勢いや3rd『Precambrian』を彷彿とさせる典雅なストリングス、そしてここ最近のモダンなプログレ・メタルをよりテクニカルかつプログレッシブそして”experimental”な方向性へと大きく舵を切り、それらの変化および新要素の集合体がこの『Pelagial』というわけなんだが、2009年に加入したスイス出身の専属ボーカリストLoïc Rossettiの”ボーカリスト”としてのポテンシャルをフルに発揮したクリーン/咆哮と、バンドの中心人物でありサウンド/インスト面の全権を握る総指令官ことRobin Stapsによる多彩なサンプリングやメシュガニキ直系の鬼グルーヴが注入された重厚なモダンヘヴィネスを中心に、音の強弱および緩急を織り交ぜた過去最高にテクニカルでキッレキレな、まさに【深海の謎】の如く予測不可能な未知なるストーリー展開、そしてまるで獲り立て新鮮なウニのような能年玲奈ちゃんバリの清らかな透明感と繊細で瑞々しい美少女感のある【アンビエント/ポストロック/アトモス/kawaii/ポスト-サブカル】成分配合の美メロ、それらの全てがイェンス兄さんの腕によって一皮も二皮もズル剥け、音が極限まで研ぎ澄まされ→それすなわち【洗練】された結果→完全に【深(海)した。それは(Instrumental)盤を聴くとホントーによーく分かる。実際、聴く前から「イェンスとオーシャンの音って相性的にどうなん?」という疑いは正直な所あった。けど、本作を聴いてみたらスグに納得ッしたというか、今回ナゼにオーシャンが『イェンスという名の潜水艇』に身を委ねたのか、その”答え”がありのままに凝縮された結果の傑作だと言える。とりえあず今年のBESTは確定。何はともあれ、これはソイルワークのThe Living Infiniteでも思ったが、”ボグボグ兄さん”ことイェンス・ボグレンとかいう『神』の存在に、俺たちは再びッ!!多大なる敬意を表さなければならない...と。まぁ、今年はいわゆる”Post-系”の年になると前々から予想はしていたけれど、スウェーデンの暗黒魔帝Cult of LunaVertikalを筆頭に、まさかこれほどまでの傑作を連発してくるとは夢にも思わなんだ。いやはや嬉しい限りの一言なんだが、しかしこうなってくると今は亡き皇帝Isisの王位を継承する、”真”の『ポストメタル界の王』の座を掴み取るのは一体ドコのダレなのか、俄然その後継者争いとその結末が楽しみになってくるわけで...さてさて。結論として→「今日から俺は能年玲奈推しになるぞジョジョー!!あーでもやっぱ橋本愛ちゃんも捨てがたーいッ!!くっそ!こうなったら【二推し】の出番やッ!」・・・というお話。うーんこの...てか何の記事だこれ?

          「ばーか」
橋本愛×能年玲奈

俺の界隈の再構築...フェーズⅣ...完了
 
Pelagial
Pelagial
posted with amazlet at 13.05.03
Ocean
Metal Blade (2013-04-30)
売り上げランキング: 4,887

Long Distance Calling 『The Flood Inside』 レビュー

Artist Long Distance Calling
Long Distance Calling

Album 『The Flood Inside』
The Flood Inside

Track List
01. Nucleus
02. Inside The Flood
03. Ductus
04. Tell The End
05. Welcome Change
06. Waves
07. The Man Within
08. Breaker

ジャーマンポテトロックの雄、Long Distance Callingの約二年ぶり通算四作目『The Flood Inside』なんだけど、セルフタイトルの前作Long Distance Callingに引き続き、本作でもIf These Trees Could Talk直系のユウゲンなメロウネスとメタリックなヘヴィネスがプログレッシヴに交錯する安定感抜群のポストロックを展開している...と見せかけて、昨年にFear My ThoughtsMartin Fischerを専任ボーカリストとして迎え入れた結果→一曲目の”Nucleus”からジャズ/プログレ嗜好の強いブルージーなGソロがあったり、歌入りの曲が多数(#2,#4,#7)あったりと、これはもうポストロックというより比較的クラシックでレトロな(叙情派)ネオ・プログレ/ストーナー/サイケ・ロック方面に方向性を変えている。なんつーか、USのInside Out所属のJollyを彷彿とさせるトコロもあって、それは特にセルフタイトルの#2から顕著に感じる。だから当然、これまでのいわゆるモダン-ポストロック的なダイナミズムとリリカルな展開美は大きく影を潜めた形となっていて、更に本作を最後にオリメンでありアンビエンス/音響担当のReimut van Bonnが脱退したワケ理由を、これまでの超宇宙空間その世界観の形成に大きな役割を果たしていたアトモス/スペース成分が”もはや皆無”というトコロから漠然と推測できる。結果として、本作は至ってシンプルかつオーガニックな音の印象が俄然強くなる。それらの”変化”を踏まえて、あらためて本作を聴いてみると、もはや同じバンドとは思えなかった。個人的に、このLDCというバンドはインストで聴かせてナンボだと思ってて、あくまでもインストメインの構成で一曲もしくは二曲ぐらいゲストに歌わせるという”従来の攻め方”なら納得ッできるんだが、本作のような完全な歌モノというか専任Vo入りバンドになってしまうのはちょっとアレ。誰もが納得ッするようなボーカルが加入するならまだしも、ね。とにかく、賛否両論ありそうな今回の変化を受け入れられない人は、俺(私)の中でLoDは3rdで終わった・・・と言うハズ。なんだかんだ言うても、ITTCTリスペクトな#1や#3で聴けるメロディは流石といったトコロ。関係ないけどおいら、2ndAvoid the Lightの曲を聴くと毎回思うんだけど、LDCとフランク・デフォルトって絶対に相性いいよな、って。マジで一回試してほしいわ。

 最後は本作のゲストボーカルについて・・・デビュー作ではThe Hauntedピーター、傑作と名高い2ndAvoid the LightThe Nearing GraveにはKATATONIAヨナスきゅん、3rdS/TにはAnthraxジョン・ブッシュが歌い手として参加してたけど、さーて気になる本作のゲストは...なんとッ!!俺たちのANATHEMAヴィンセント・ギャヴァナーと、いわゆる”俺の界隈”黄金のシンボル”ことWeather Systemsでもお馴染みのノルウェイ人SSWピーター・カールセンが歌い手として参加している...というトコロからも(やっぱコイツら分かってるなぁ)と再確認した次第で、2ndで肩さんのヨナスを迎えたってんだから、そら今度はヴィンセントが歌い手として迎えられるこの結果は予定調和というか想定内の出来事ってレベルじゃなかった。で、その二人が共演する#5”Welcome Change”で意外にも叙情的な歌とハモリを披露してる。要するに泣かせる曲。というわけで、今回の”変化”に対応できる人は過去作と同じように”安定感抜群”の一枚として楽しめるハズだし、おいらからすればANATHEMAヴィンセントが参加してるってだけで有無を言わさず”買い”だと思うよ。

Flood Inside
Flood Inside
posted with amazlet at 13.03.13
Long Distance Calling
Century Me (2013-03-12)
売り上げランキング: 313,072
記事検索