Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

メロデス

Kreator 『Gods of Violence』

Artist Kreator
new_281ea54e084c85a01c456f8adb1bcdbe

Producer/Mixing Jens Bogren

Jens Bogren

Album 『Gods of Violence』
anai

Tracklist
01. Apocalypticon
02. World War Now
06. Army Of Storms
07. Hail To The Hordes
08. Lion With Eagle Wings
10. Side By Side
11. Death Becomes My Light

いわゆる「ジャーマンスラッシュ三羽烏」の一角を担うKreator2012年に発表したPhantom Antichristは、OpethAmon Amarthを手がけたイェンス・ボグレンをプロデューサーに迎え、ドイツ流の伝統的なスラッシュ・メタルとスウェーデン人が編み出したイエテボリ・スタイルすなわち北欧メロデスが融合した、もはや「ドイツ人」の皮をかぶった「スウェーデン人の音楽」だった。その前作から約5年ぶり、通算14作目となる『Gods of Violence』でも再びイェンス・ボグレンとのタッグが実現、その内容も前作同様に、いやそれ以上のコンセプトを掲げて「ドイツ人×スウェーデン人」の連合軍が織りなす超絶epicッ!!なイエテボリ型スラッシュ、その再演を果たしている。 
 


アメリカの新大統領にアナル・トランプが爆誕したことにより、地球最後の瞬間を概念的に表す「世界終末時計」の残り時間が2分30秒になって世界大戦間近か?と皮肉られている最中、このKreator『Gods of Violence』では、幕開けを飾る壮大なイントロに次いで、二曲目の”世界大戦いま!”からして、世界中の人々がアナル・トランプに冷ややかな視線を送る中、我先にとアナル・トランプのアナルをペロリンチョしに駆けつける極東のアナべべ・マリオを痛烈に皮肉るかのような、それこそアナル・トランプの移民受け入れをめぐる発言に対するスウェーデン人の「怒り」が暴虐的な憎悪となって、そして一昨年の2015年以降、より強固になったイェンス・ボグレン黄金のリベラリズム」が、世界中で打倒アナル・トランプを掲げた暴動を巻き起こすような、それこそ世紀の独裁者アドルフ・ヒトラーを生んだドイツ人とスウェーデン人に流れるスカンジナビアの血が脈々と噴き出すかのようなキラーチューンだ。あらためて、やはりイェンス・ボグレンという男は、「いま世界で最もリスペクトできる男」なのかもしれない。



そのアナル・トランプに対する強烈な皮肉が込められた#2”世界大戦いま!”から、畳みかけるように「悪魔=サタン=アナル・トランプ現実にいる」と皮肉ってみせる#3”Satan Is Real”Epica”Martyr Of The Free Word”ばりのエクストリーム・スラッシュの#4Totalitarian Terror、アコギとハープのエキゾチックな音色が織りなす楽園の如し神秘的なイントロから、一転してゴリゴリのスラッシュへとギアチェンする表題曲の#5Gods of Violence、ミドルテンポでよりヘヴィな重さに比重を置いた#7”Hail To The Hordes”、再び神秘的なイントロからガチガチのイエテボリ・スラッシュにギアチェンする#8”Lion With Eagle Wings”、再びミドルテンポでグルーヴィに聴かせる#9”Fallen Brother”、再び緩急を効かせた#10”Side By Side”、そしてドラマティックに展開するラストの#11”Death Becomes My Light”まで、基本的には前作の流れを汲んだイエテボリ型のスラッシュ・メタルに変わりないが、今の時代だからこそ「説得力」のあるメッセージ性の強いシミカルな歌詞を、痰を吐き散らすように吠えるミレのパンキッシュなスクリームと、スラッシーな「速さ」よりもヘヴィな「重さ」を重視した曲調、そして「世界大戦前夜」とばかりに世紀末的な世界観を際立たせるギミック面が絶妙にマッチアップした作品だ。

前作の『アンチクライスト』では神の存在を否定したが、一転して今作では神の「怒り」を表現している。 前作は「イェンス・プロデュース」ならではのギミックがモロに曲調に反映されていたが、今作ではその「イェンス・プロデュース感」は希薄で、俄然タイトで俄然ヘヴィな変化球なしのド直球なスラッシュ・メタルを展開していく。個人的には、超絶epicッ!!な北欧メロデス全開のイェンス節に溢れた前作のが好きだが、これは完全に好みの問題だと思う。少なくとも言えるのは、良くも悪くも二作目イェンス・プロデュースといった感じの作風だということ。

★この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などには、いっさい関係ありません。
 
Gods of Violence
Gods of Violence
posted with amazlet at 17.02.28
Kreator
Imports (2017-02-03)
売り上げランキング: 25,537

Dark Tranquillity 『Atoma』

Artist Dark Tranquillity
89e52631126fa412d48daf88f489ecf1

Album 『Atoma』
Atoma-cover

Tracklist

01. Encircled
02. Atoma
04. Neutrality
05. Force Of Hand
06. Faithless By Default
08. Our Proof Of Life
09. Clearing Skies
10. When The World Screams
11. Merciless Fate
12. Caves And Embers

かのイェンス・ボグレンを実質プロデューサーとして迎えた前作のConstructは、イェンスが得意とするタイトなヘヴィネスとエピカルでプログレスな展開力、そして鍵盤奏者のMartin BrändströmによるATMSフィールド的な空間表現が絶妙な塩梅で共鳴した、それこそイエモンの吉井和哉が北欧メロデスやってみたような傑作だった。そんな、イェンスとの邂逅を終えたDark Tranquillityが次なる邂逅として指名した人物こそ、イェンス・ボグレンの右腕として知られるデイヴィッド・カスティロで、イェンスを手玉に取ったDTは遂に【イェンス・ボグレン×デイヴィッド・カスティロ=勝利の方程式】に手をかけたのだった。

幕開けを飾る#1”Encircled”から、ブラック・メタル指数の高いトレモロ・リフを擁した北欧イエテボリ・スタイルへの回帰を宣言する。そして表題曲の”Atoma”では、イントロから今作のプロデューサーであるMartin Brändströmのパフパフふわふわしたキーボードの反復運動を全面に押し出しつつ、「北欧の吉井和哉」ことミカエル・スタンネによるダーティなクリーンボイスと「世界一美しいデスボイス」と称されるグロウルとのコントラストを効かせた、もはや「踊れるメロデス」の正統進化系で、この手のタイプに陥りがちなメタルコア化とは違って、しっかりとメロデスとして聴かせる所が彼らを信頼できる何よりの証拠だ。ミカエルが「北欧の吉井和哉」と呼ばれるキッカケとなった前作のUniformityを彷彿とさせるダンディなクリーンボイス、そして北欧からの極寒の風を運んでくるかのようなATMSフィールドと泣きのGソロが哀愁ダダ漏れ警報を発令する#3Forward Momentumでは、もうなんか「え、僕たちもうクリーンボイス歴20年ですよ?」くらいの貫禄とバンドの成熟を感じさせる。



一転してスラッシーな殺傷力の高さを垣間見せる#4”Neutrality”、盟友IN FLAMESのビョーンがゲスト参加した#5”Force Of Hand”、一転して哀愁を帯びたキーボードのメロディを主役にミドルテンポでジックリと盛り上げていく#6”Faithless By Default”、再びフロントマン吉井和哉のクリーンとグロウルのコントラストを効かせた曲で後半に一瞬カッコイイギターが入る#8”Our Proof Of Life”、超絶epicッ!!な#9”Clearing Skies”とアンジェラ時代のアチエネをフラッシュバックさせる北欧メロデス然とした#10”When The World Screams”、そしてWe Are The Voidを彷彿とさせる慟哭不可避なキーボードと終盤の吉井和哉の歌で徹底的に泣かせにくる#11”Merciless Fate”までの流れは今作のハイライトで、今作ではキーボードの哀愁を帯びたミニマルなメロディ重視のミドルテンポで聴かせる曲とメロデス然とした殺傷力の高いリフでファストに聴かせる曲、その美意識的な部分と暴虐的な部分のコントラストをより鮮明に、前作のように曲単位で「静と動」のメリハリを付けるのではなく、一枚のアルバムの中で音の強弱と緩急を織り交ぜていく作風となっていて、それにより俄然音のスケール感が増して聴こえる。

基本的なスタンスは、We Are The Void以降のモダンでタイトなエクストリーム・ミュージックに変わりないが、前作のConstructを素直に発展させ更に深化させた形で、前作からソングライティングの部分でも鍵盤奏者のマーティンがバンドの主導権を握っていたが、前作はあくまでも「実質イェンスプロデュース」みたいなノリがあったのも確かで、今作では自身でプロデューサーを兼任しているだけあって、マーティンが作曲した5曲(#1,#6,#9~#11)を筆頭に、全編に渡って魅惑のキーボードがミニマルに響き渡っている。面白いのは、彼が作曲した5曲のうち3曲がアルバム後半のハイライトを飾っている所だ。今作のキーボードの役割としては『Fiction』みたいにサビで鳴るようなメロディではなく、あくまでもミニマルな反復運動を意識したメロディで、イメージ的には中期の『Character』『Damage Done』に近く、音の質感は『We Are The Void』に近いです。

今作における、それらをひっくるめた「マーティン推し」は国内盤に収録されたボートラの曲調にも顕著に現れていて、フロントマンの吉井和哉もといミカエル・スタンネは全編クリーンボイスで展開、しかし注目すべきはバックトラックのアレンジで、例えるならNine Inch Nailsばりのインダストリアルやミニマル・アンビエントみたいなアレンジを全面に押し出した、それこそDTの裏の顔=「シン・DT」の姿をお披露目している。正直、これ本編よりボートラのが完成度高いんじゃないかってくらい、マーティンの本気と書いてマジな顔を垣間見せている。となると、次作ではこの路線の本格化を期待しちゃうのが俺たちDTの定めなのかもしれない。つうか、もうマーティンはソロ・アルバムでも作っちゃえよw

前々作の『We Are The Void』がナゼあっこまで微妙な評価がなされたのかって、それは「スウェーデン人」であるはずのDT「フィンランド人」のフリをして「当て振りメロデス」やっちゃったことで、しかしこの『Atoma』では、前作で「スウェーデン人」とは何たるかをよく知る「スウェーデン人」イェンス・ボグレンとの邂逅を経験し、再び「スウェーデン人」としての自覚と自信を取り戻したことで、「スウェーデン人」による「スウェーデン人」のための「スウェーデン人の音楽」へと回帰することに成功し、つまり『We Are The Void』とかいう『失敗』を真っ向から『肯定』した結果がこの『Atoma』なんだ。そう、これはもう一種の『君の名は。』系メロデスだなんだって。
 
アトマ
アトマ
posted with amazlet at 17.02.12
ダーク・トランキュリティ
(株)トゥルーパー・エンタテインメント (2016-11-09)
売り上げランキング: 8,764

Children of Bodom 『I Worship Chaos』

Artist Children of Bodom
new_CROPWV-WIAE-ZUD

Album 『I Worship Chaos』
jpeg

Tracklist
01. I Hurt
02. My Bodom (I Am The Only One)
04. Horns
05. Prayer For The Afflicted
07. Hold Your Tongue
08. Suicide Bomber
09. All For Nothing
10. Widdershins

アンチ・イェンス同盟 ・・・昨今のメタル界隈には「イェンス・ボグレンと仕事してないバンドは時代遅れ」みたいな風潮が無きにしもあらずで、その証拠に今やメロデス四天王のうち、スウェーデンのSoilworkArch Enemy、そしてDark Tranquillityイェンス・ボグレンの手中に収められ、しかしその一方で、そんな風潮クソ食らえという勢力があるのも事実で、その言わばアンチイェンス・ボグレン同盟の先陣を切って立つバンドこそ、北欧フィンランドのギター・ヒーローことアレキシ・ライホ率いるChildren of Bodomだ。このチルボドといえば、初期の頃は"エクストリーム・パワーメタル"とかナントカ呼ばれたりしたけど、しかし00年以降のメロデス界に降りかかったUSを発祥とするモダン・ヘヴィネス、いわゆるモダン化の流れを直に受け、それが特に顕著に表れた5thアルバム『Are You Dead Yet?』、そして近年メタル界の三大駄作の一つで知られる6thアルバム『Blooddrunk』をトドメに、「もうどうにでもな~れ」と彼らに見切りをつけた人も少なくないだろう。その結果、いわゆる初期厨やニードル厨が大量発生する事態となった。



黄鎌 ・・・そんなわけで、チルボドのアルバムを聴くのは6thアルバム以来実に数年振りで、今のチルボドが一体どうなっているのか、試しにピーター・テクレンをプロデューサーに迎えた8thアルバム『Halo of blood』を、俺たちのアップル・ミュージックを使って聴いてみたら驚いた。一曲目から赤鎌アルバムのパチモンで、しかしその内容は普通に傑作で笑ったんだが、そんな"チルボド復活"の兆しを受けて、その前作から約二年ぶりとなる9thアルバム『I Worship Chaos』を発表した。前作の勢いはそのままに、メロデス然としたファストなアグレッションを発揮する#1,#4,#6,#7,#8、ド派手なGソロだったりキーボードとのソロバトルを繰り広げるドラマティックなスローナンバーの#5,#9、そしてサノバビッチ系モダン・ヘヴィネスの#2,#10など、スロー/ミドル/ファストな曲でメリハリを効かせながら、メンバーそれぞれのソロパートという名の見せ場も要所で垣間見せ、従来のシリアルキラー的効果音みたいなタマタマフィンフィンパフパフキラキラした音じゃなくて、それこそジャケの黄泉の入り口に誘うような神秘的かつ妖艶な神秘性を帯びた、同郷のSwallow the Sunを彷彿とさせるキーボードのアトモスフィアを広域に展開しつつ、そしてアレキシのギターとのハーモニーを全面に押し出している。前作より展開に幅をもたせている印象。

モダン化再びッ!! ・・・なんだろう、前作が赤鎌こと『Hate Crew Deathroll』回帰路線なら、今作の黄鎌は彼らのモダン化が加速した5thアルバム『Are You Dead Yet?』を、隣国のメシュガーやDjentをはじめ、7ギョン(弦)ギターを駆使した現代的モダン・ヘヴィネス的な解釈をもって再構築したようなイメージ。しかし”モダン”という言葉を聞くと、あの頃のトラウマが甦る人もいるかもしれない。とは言え、あの頃とは違って往年の"ボドムらしさ"を前提にモダン化しているので、さすがに白鎌ほどの勢いがあるというわけじゃあないが、少なくともモダン化以降の作品の中では上位に置けるくらいは聴けます。スウェーデンのSoilworkイェンス・ボグレンという名の電車に乗って、アメリカ主導のモダン化の波から無事逃れることに成功したが、Soilworkと同じようにモダン化して落ち目となったこのチルボドは、本作品で他人の力を借りず自らの手で再びッ!!モダン化の道を歩もうとしている。なおインフレイムス。
 
I Worship Chaos
I Worship Chaos
posted with amazlet at 15.10.18
Children of Bodom
Nuclear Blast Americ (2015-10-02)
売り上げランキング: 24,136

Soilwork 『The Ride Majestic』

Artist Soilwork
Soilwork

Producer/Mixing/Mastering Jens Bogren

Jens Bogren
Recording/Engineer David Castillo
David Castillo

Album 『The Ride Majestic』
jpeg

Tracklist
01. The Ride Majestic
02. Alight In The Aftermath
03. Death In General
04. Enemies In Fidelity
05. Petrichor By Sulphur
06. The Phantom
07. The Ride Majestic (Aspire Angelic)
08. Whirl Of Pain
09. All Along Echoing Paths
10. Shining Lights
11. Father And Son, Watching The World Go Down

ビョーン「イェンス先生、復活したいです・・・」

イェンス「ならテメーら大人しく俺の言うこと聞いとけや」

ビョーン「は、はい・・・」

イェンス「ソイルよ、モダン(アメリカ)の時代は終わった!北欧魂を取り戻せ!」

ビョーン「うおおおおお!!ピロピロピロピロピロ♪ランランララランランラン♪」

勝利の方程式 ・・・いわゆる「イェンスと組んだ一作目は名作になる」というメタル界の迷信には、時として例外も存在する。厳密には、時としてイェンス・ボグレンは迷走したベテランの進路修正役としてその任務を果たしたり、時としてイェンス・ボグレンは落ち目バンドを蘇らせる"復活請負人"としての役割を担う事がある。元嫁が怪談作家の宍戸レイで知られる、フロントマンビョーン・スピード・ストリッド率いるこのSoilworkも例外ではなく、2007年作の7thアルバム『Sworn to a Great Divide』をリリースした時は、00年代以降のモダン・メタルコア/メロデスブームの終焉を告げる近年メタル界三代駄作の一つで、もはや「こいつらこれからどーすんの...」ってくらい、事実解散する可能性すら否定できない謎の絶望感すらあって、しかしその解散危機を回避する為にSoilworkが"復活請負人"として選んだ人物こそが、他でもないイェンス・ボグレンだ。イェンスとのなりそめは、世紀の駄作から約三年ぶりとなる2010年作の8thアルバムThe Panic Broadcastで、この時点ではまだミキシングエンジニアとしての関係だったが、二枚組の大作となった次作の9thアルバムThe Living Infiniteで、本格的にプロデューサーとして初タッグを組んだ結果、かつての栄光を失ったSoilwork『イェンスという名の電車』に乗って、見事メタルシーンに返り咲く事に成功するのである。実質的に、「イェンスと組んで3作目」となるSoilworkの10thアルバム『The Ride Majestic』は、いわゆる「イェンスと組んだ一作目は名作になる」というメタル界の迷信を只の迷信で終わらせるような、一時はどん底まで堕ちたバンドには到底思えないほど、「This is Melodeathッ!!」な傑作となっている。それもそのはず、彼らは遂にイェンスだけじゃ飽きたらず、MoonspellLeprousの新譜でもお馴染みのDavid Castilloをエンジニアとして迎えており、つまり今作は【Jens Bogren×David Castillo=勝利の方程式】が実現した、約束された傑作なのだ。

集大成 ・・・オープニングを飾る表題曲#1”The Ride Majestic”のストリングスを交えたメッロメロなイントロから、ビョーンのクリーン・ボイスが炸裂するサビメロや叙情的なGソロまで、俺たちがソイルに求めている要素が凝縮された楽曲で、ダークという名のブラストに乗ってカオティックに展開する#2”Alight In The Aftermath”、ここにきてボーカリストとしてのポテンシャルを限界突破していくビョーンのクリーン・ボイスが冴え渡る#3”Death In General”、そして今作のハイライトを飾る#4”Enemies In Fidelity”までの序盤だけでガッツポーズ不可避だ。しかしそれ以降も走るのなんの。中でもメロブラ然としたブルータリティ溢れる#6、Rolo Tomassiみたいなマスコア風のオシャンティな単音リフを擁した裏表題曲の#7、その勢い最後まで衰えるばかりか、まるで今の脂が乗った彼らのように増すばかりだ。それこそ、"メロデス"とかいうサブジャンルとしての彼ら以前に、"北欧メタル"として"北欧メタル"であるべき真の姿を取り戻すかのよう。なんだろう、イェンスから「とりあえず走れ」「とりあえず弾け」「とりあえず歌え」という3つのシンプルな指令があったんじゃあないかってくらい、いま最もメタル界隈でキテるエンジニアが一同に集結した、そして「イェンスと組んで3作目」の円熟からなる近年ソイルの集大成であり最高傑作だ。
 
ライド・マジェスティック
ソイルワーク
マーキー・インコーポレイティド (2015-08-26)
売り上げランキング: 7,078

October Tide 『Tunnel Of No Light』 レビュー

Artist October Tide
October Tide

Album 『Tunnel Of No Light』
October Tide - Tunnel of No Light

Track List
01. Of Wounds To Come
02. Our Constellation
03. Emptiness Fulfilled
04. Caught In Silence
05. The Day I Dissolved
06. Watching The Drowners
07. In Hopeless Pursuit
08. Adoring Ashes

KATATONIAノーマン兄弟擁する北欧スウェーデンはストックホルム出身の五人組、October Tideの前作A Thin Shellからは約三年ぶりとなる通算四作目『Tunnel Of No Light』なんだけど、前作のVo&BassにはIn Mourningトビアス(Vo)とピエール(Bass)が担当していたが、昨年に早くもそのIn Mourning勢が脱退してしまった。その代わりに、本作ではノーマン弟(マティアス)VolturyonのVoアレクサンダーが新加入し、前作と同様にスカシンのJonas Kjellgrenをミックス/マスタリングとして迎え入れ、新体制となった形で再びッBlack Lounge Studiosにてレコーディングされた作品。というわけなんだけど、メンバーが代わったとは言えど、本作でやってる音楽は実にOctober Tideらしい【ATMS】系モダン・メロドゥームの王道を相も変わらずに展開してて、今や死の王と化してしまった今のKATATONIAにはない、初期~中期のKATATONIA直系つまり本家本元のメロドゥームとやらを、まるで「KATATONIAよ、これがメロドゥームだ」と言わんばかりのナニを見せつけている。そして本作を聴き、更にノーマン兄弟のいない『死の王』を聴くと改めて、KATATONIAの根っこにある【漆黒の意志】すなわち【ヒキコモリ精神】の大部分はこのノーマン兄弟が担っていたんだなぁと、シミジミ思ったりするわけです。でも正直なところ、ウチのブログでも贔屓にさせてもらってるIn Mourningのメンバーが速攻で脱退したのは地味に残念だったが、しかし本作の内容を聴けば、彼らの脱退なんぞほんの些細な事でしかなかったと、そう聴き手に納得させるほどの良作だと理解できるハズ。とか言うても、曲のクオリティは単純に前作のが上だったりするw なんつーか、今回は全体的にDaylight Dies的なダークメタル成分が増した感。

 ところで、新Voアレクサンダーの歌が思いの外いい感じだった件。声質的にはIn Mourningのトビアスとテイストの似た感じのグロウルだが、そのグロウルのバリエーションが高音から低音デスまで幅が広いというか、ノーマン兄弟が織りなす鬱々しく幽玄に揺らめいて寂寥感を煽るメランコリックなメロディと絶妙に相まって、文句のつけようがないド迫力のパフォーマンスを見せている。ちなみに、今回の曲の歌詞はヨナスきゅんが書いてたりする。

Tunnel of No Light
Tunnel of No Light
posted with amazlet at 13.06.09
October Tide
Pulverised (2013-04-16)
売り上げランキング: 168,490
記事検索
月別アーカイブ