Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

Hardcore

Darkest Hour 『Godless Prophets & The Migrant Flora』

Artist Darkest Hour
new_8b66c718ecfbfaf1c3781fea0c4e82bf

Album 『Godless Prophets & The Migrant Flora』
c2f0d38c7f5d206a4fe8bd7630844fc5

Tracklist

01. Knife in the Safe Room
02. This Is the Truth
03. Timeless Numbers
04. None of This Is the Truth
05. The Flesh & the Flowers of Death
06. Those Who Survived
07. Another Headless Ruler of the Used
08. Widowed
09. Enter Oblivion
10. The Last of the Monuments
11. In the Name of Us All
12. Beneath It Sleeps

hjっh

現代メタル界を代表する「秋葉系男子」と言えば、今をトキめくDEAFHEAVENのギタリストことケリー・マッコイだが、その「秋葉系男子」の先駆者的な存在である「元祖秋葉系キモロンゲメガネ」ことジョン・ヘンリー率いる、1995年に結成されたワシントンDC出身のDarkest Hourは、初期の頃こそデスラッシュ系のバンドとして活動するが、2005年作の4thアルバム『Undoing Ruin』と2007年作の5thアルバム『Deliver Us』では、「秋葉系DT男子」だけにdtことDark Tranquillityなど北欧メロデスからの影響を色濃く受けた、いわゆる「メロディック系メタルコア」の金字塔となる作品を立て続けにドロップし、As I Lay DyingKillswitch Engageと並んで00年代のメタルコア繁忙期を支えたバンドとしてその地位を確立する。しかし、2013年にアズアイのボーカリストことランベシスが元嫁に対する殺人教唆罪で逮捕されて以降、メタルコアというジャンルはメタル界の黒歴史として闇へと葬り去られ、その煽りを受けたメタルコアバンドたちは露頭に迷うこととなる。メタルコア全盛を支えたこのDHも例外ではなく、代表作となる4thと5th以降はアルバムを出す毎に、ジョンのトレードマークだったメガネやキモロンゲやオタファッションをやめて徐々に「脱オタ」していく。それに伴って、バンドの音も脱メタルコアを図るようにして徐々に垢抜けていき、そして2014年にSumerian Recordsから発表されたバンド名を冠した表題作のDarkest Hourでは、「ポスト・メタルコア」として10年代のメタルシーンにムーブメントを起こした「Djent」とかいう、それこそPeripheryを代表とするスメリアン仕様のエモくてモダンな流行りのスタイルへと様変わりしてみせ、つまり「メタルコアバンドとしてのプライド」を捨てて、逆に開き直って「流行り」に媚を売ることで、一時期の迷走期間から「脱童」することに成功する。

アルバムを出す毎に変化していく彼らの多彩な音楽性、その幅広さに習って、ここ最近は1作ごとに違うレーベルから作品を発表してきた彼らが、約三年ぶり通算9作目となるアルバムをリリースするにあたって選んだレーベルこそ、アンダーグラウンド界の名門レーベルで知られるSouthern Lordだった。そのSouthern Lordといえば、レーベル創設者であるグレッグ・アンダーソン率いるSunn O)))をはじめ、最近では新世代スラッシュのPower Tripが在籍している事でも有名だが、それというのも、実はPower TripのフロントマンRiley Galeの歌い方を初めて耳にした時に真っ先に思い出したのが、他ならぬDarkest Hourのキモロンゲで、まさかこのタイミング、こんな形で両者が繋がるなんて思いもよらなかった。

その作風も、約17年前のデビュー当時に立ち返ったようなハードコア路線へと回帰するかの如く、エモいクリーンボイス中心だった前作に対して今作は極悪なスクリーム中心、かつ北欧メロデス特有の叙情的なフレーズも皆無に近く、あくまでもオーガニックなアメリカン・ハードコアを最後まで貫き通している。それは幕開けを飾る一曲目の”Knife in the Safe Room”から顕著で、キモロンゲによるブラッケンド・ハードコア直系の極悪ボイスを筆頭に、同じくSouthern Lord所属のBlack BreathTrap Themを連想させるクラスト/ハードコア・パンク直系のカオティックなサウンドを展開し、挨拶がてら咆哮高らかにサザンロード入りを宣言する。そして、後半のハイライトを飾る9曲目の”Enter Oblivion”では、それこそサザンロードの専売特許であるドローンドゥーム然としたダーティかつヘヴィな、実にアンダーグラウンドな本格サウンドを繰り広げる。

流行りのオーバーグラウンドな作風から一転して、今作では流行りとは程遠いアンダーグラウンドな作風に様変わりする、こんな落差あり過ぎな事やっちゃう、やっても許されるのはDHの特権だし、そのあらゆる音楽ジャンルに精通し適合(適応)する柔軟性こそDHの真骨頂だし面白さでもあり、とにかく今作でも毎作違った目線(アプローチ)から曲作りする「オタク」ならではの繊細さと器用さを垣間見せている。メタルコアブームが去って、メタルコアという過去のジャンルに囚われることなく、自らの音と真意に向き合い、プライドを捨ててバンドの可能性と未来を探求し続け、数々の修羅場をくぐってきたベテランとしての貫禄を帯びた今のDHの格好良さったらない。今の彼らには、童貞だった「秋葉系男子」の面影はない。
 
GODLESS PROPHETS & THE MIGRANT FLORA (ゴッドレス・プロフェッツ & ザ・マイグラント・フローラ: +2 bonus tracks)
DARKEST HOUR (ダーケスト・アワー)
Daymare Recordings (2017-03-22)
売り上げランキング: 94,562

Power Trip 『Nightmare Logic』

Artist Power Trip
3330c11e60c54844983b7067812b4249

Album 『Nightmare Logic』
b7b286fcd3a4d4dd53998bd41a2f5988

Tracklist

01. Soul Sacrifice
04. Nightmare Logic
05. Waiting Around to Die
06. Ruination
07. If Not Us Then Who
08. Crucifixation

このテキサス州はダラス出身の五人組ことPower Tripは、なんかもう元メガデスのギタリストマーティ・フリードマンSpotifyで毎月やってるメタルジュークボックス企画のプレイリストにブッ込んできそうなくらいの極悪非道なスラッシュ・メタルで、それこそエクソダススレイヤーを筆頭に、スラッシュ全盛だった頃の”パンク”をルーツとする80年代の伝統的なスラッシュ・メタルがそのまま現代に蘇ったかのような、かつConvergeにも精通するハードコア・パンクやメタルコアあるいはメタリックハードコアやら、その手のハードコア/パンク成分がクロスオーバーした、最高に頭悪くて最強最悪のスラッシュ・メタルだ。

まず一曲目の#1”Soul Sacrifice”から、稲川淳二ばりに「ダメだダメだダメだこいつダメだ。こいつ危ない。こいつ怖い。」ってなる。そんな荒廃したスラム街に立ち込む淀んだ空気漂うイントロのSEから、ミョ~ンと唸るギターや「ヴァ゛ッ゛!!」と吠えるボーカルを交えながらリズミックなキザミに乗せてミドルテンポで進み、そしてボーカルの「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ッ゛ッ゛!!」という叫び声を合図に、それこそクソ頭の悪いスラッシャー親父とクソド低脳なパンクスが今にも殴り合いおっ始めそうな、それこそサークルモッシュヘドバンを誘発するかのような、それこそスプラッター映画ばりに極悪非道かつ鋭利な刃物の如し切れ味抜群のスラッシーなキザミと共に猪突猛進し、その猛烈な勢いのままノンストップでギターソロに突入する姿は、まさに全盛期のスレイヤーさながらの猟奇的なシリアルキラーだ。



今話題のあんな人やこんな人も登場する、このアングラ感全開のMVも最高だ。そのMVからタイトなキザミリフまで全てが80年代仕様で最凶にカッコ良ければ、ボーカルのSwing of the Axe!という雄叫びやむさ苦しい歌い方もクソカッコよくてハゲあがるかと思った。イントロからV系好きのバンギャが拳を上げてプルプルさせそうなハードコア・パンク然とした暴れ曲で、それこそDIR EN GREY(中期)のが好きそうな#3”Firing Squad”、唸るようなギターとグルーヴィなリフで始まるイントロからタイトなキザミ主体の曲で、後半からテンポが変わってフロントマンRiley Galeの暴力的なボイスパフォーマンスが炸裂する表題曲の#4”Nightmare Logic”、現代的なイントロから往年のメタリカを彷彿とさせるリズミックなリフでデレッデレと展開する#5”Waiting Around To Die”、初期のマストドンにも精通する獣性むき出しのソリッドかつヘヴィな#6”Ruination”、中盤以降の怒涛のキザミ祭りがとにかく気持ちよすぎてトリップできる#7”If Not Us Then Who”、ラストの#8”Crucifixation”まで、超絶怒涛のキザミに次ぐキザミ、バリエーション豊かなリフからリフの応酬で、休む暇もなくノンストップで約32分間を一気に駆け抜ける。
 

もちろん、「速い」ところは全盛期のスレイヤーばりにトコトン「速い」のは確かなんだけど、「ただ速い」だけじゃないのがこのバンドの魅力の最もたる所で、そこは80年代スラッシュのリバイバルバンドと呼ばれるだけあって、「速さ」よりも往年のメタリカを彷彿とさせるグルーヴィなリズムおよびテンポやノリを重視したスタイルで、それこそミドルテンポのリフで聴かせられるバンドこそ本物のスラッシャーだと証明するかのような、彼らはミドルテンポの時にその類まれなるスラッシャーとしてのセンスを発揮する。だから、「速い(ファスト)」からミドルへの繋ぎ方と曲展開が凝っていて、最後まで全く飽きさせない。「キザミ」のキレ味と鮮度抜群に調理する凶悪なプロダクションも相まって、その「音」からしてメタクソ気持ちがいい。

元々は、アングラ界隈の名門レーベルで知られるSouthern Lord出身のエリート集団で、既にDEAFHEAVENとの対バンも経験し、その実績も十二分にあって、後はブレイクするだけみたいな状況、このタイミングでこの傑作をブッ込んできた。そろそろ某Nuclear Blastに引き抜かれないか心配になるくらい、とにかく今年のスラッシュ・メタルではマストバイです。とりあえず、デフヘヴンと一緒に来日したら神!デフヘヴンと一緒に来日したら神!
 
NIGHTMARE LOGIC (ナイトメア・ロジック)
POWER TRIP (パワー・トリップ)
Daymare Recordings (2017-02-22)
売り上げランキング: 46,423

Killer Be Killed 『Killer Be Killed』

Artist Killer Be Killed
Killer Be Killed

Album 『Killer Be Killed』
Killer Be Killed

Tracklist
01. Wings Of Feather And Wax
02. Face Down
03. Melting Of My Marrow
04. Snakes Of Jehova
05. Curb Crusher
06. Save The Robots
07. Fire To Your Flag
08. I.E.D.
09. Dust Into Darkness
10. Twelve Labors
11. Forbidden Fire

【DEP×丼×Soulfly×The Mars Volta】・・・先日、Opethミカエル・オーカーフェルトIn Flamesビョーン・イエロッテMastodonビル・ケリハーによる新プロジェクトが発表された。Opethのミカエルはコラボの常連だが、そのミカエルとビョーンのスウェディッシュ勢とUS勢のビルとの組み合わせはちょっと想像つかなかった。しかし、ビルと同じマストドンのベーシストトロイ・サンダースは、一足先にThe Dillinger Escape PlanSoulfly/ex-Sepulturaの主要メンバーらとコラボしてたりする。そのスーパーバンドこそ、このKiller Be Killedだ。

【kojiki-Metal】・・・これまたムッサ苦しいくらい濃ゆいメンツで、この獣臭い髭もじゃ野郎たちで繰り広げるメタルはさぞかしムッサい”kojiki-Metal”なんだろうと想像したとおり→とりあえず、一曲目の”Wings Of Feather And Wax”を聴けば分かるように、アメリカン・モダンヘヴィネス/グルーヴ・メタルとブラジリアン・スラッシュがエクストリーム合体した、なんかもう”計算され尽くしたメタルコア”といった感じの曲で、リードボーカルはトロイでサビメロはDEPのグレッグが担当し、転調してからはマックス・カヴァレラの独壇場だ。普段はバカテクのカオティックなハードコアを本職としている連中には、もはや「メタルコアなんてチョロいっす」みたいなノリというか余裕すらある。実際スゲー良い曲なんだけど、本家でやってる音楽性から見ると「へーすごい(棒)」みたいな感想しか出てこないのは、本家のDEPやマストドンの”凄み”を表しているのか、それともDjentに立ち位置を奪われたメタルコアというジャンルに倦怠感を感じているからなのか?まぁ、それはさて置き、それ以降は「メロディなんかクソ食らえ」と言わんばかりの、ブルータリティ溢れる重心の低い極悪なヘヴィネス一辺倒で全てを捻り潰していく。そして、マストドン譲りのプログレッシヴな展開力を発揮しながら、ザックザクに刻み込むリフに乗せてトロイ&グレッグ&カヴァレラの野性的かつ獰猛な咆哮のかけ合いが、半ば強制的にヘドバンを誘発する。その中でも、グレッグ中心のDeftonesライクなオルタナティブ・ヘヴィの#3”Melting Of My Marrow”や#6”Save The Robots”、スラッシーな#4”Snakes Of Jehovah”、ミドルテンポ主体で凶悪なヘヴィネスを轟かせる#5、カオティック・ハードコアの#7”Fire To Your Flag”、もはや当たり前のようにGojiraライクなハードコアパンク/デスロールの#8”I.E.D.”、オルタナ期のメタリカっぽい#11”Forbidden Fire”など、各メンバーそれぞれの持ち味を活かした男気あふれる硬派なエクストリーム・ハードコアをよりどりみどり取り揃えている。例えるなら→グルーヴ・メタル化したConvergeみたいな雰囲気すらある。

最大手Nuclear Blastからのリリースということで、言わずもがな、その内容は折り紙つきだ。メタルコアというより、メロディを極力排除したガチなハードコアファン向けって感じだけど、どちらかと言えば各メンバーが属するバンドのコアなファン向けの企画モノなのかもしれない。



Killer Be Killed
Killer Be Killed
posted with amazlet at 14.07.10
Killer Be Killed
Nuclear Blast Americ (2014-05-08)
売り上げランキング: 1,334

Misery Signals 『Absent Light』 レビュー

Artist Misery Signals
Misery Signals

Album Absent Light
Absent Light

01. A Glimmer of Hope
02. Luminary
03. Reborn (An Execution)
04. Carrier
05. Shadows And Depth
06. Lost Relics
07. Two Solitudes
08. Departure
09. The Shallows
10. Ursa Minor
11. Everything Will Rust

USはミルウォーキー出身の五人組、Misery Signalsの前作Controllerから約五年ぶりとなる待望の新作で、ミキシングにはTDEPの作品で知られるSteve Evetts、マスタリングには重鎮アラン・ドーチェスを迎え、ギタリストのRyan Morganと新メンのGreg Thomaによるセルフプロデュース作となる通算四作目『Absent Light』なんだけど、わかりやすい前置きとして→前作をリリースした後に所属するFerret Musicを離れてから「やっべw 新譜作る金がねぇ・・・」と気づき→「くっそ!こうなったら乞食の出番や!」と自身のHPでカンパを募った結果→「ファッ!?10万ドルも集まったンゴ・・・やったぜ。」というお話。で、プロデューサーにデヴィン・タウンゼンド総裁を迎えた2008年作の3rdControllerはメタルコア界屈指の名盤だったが、待ちに待った新作でセルフリリース(Basick)となる本作の作風としては、メシュガニキやゴジラにも通じるゴッリゴリなブルータリティや独特のマシナリー感を帯びた、マスいリズムをタイトに刻んでいく無機質なテクニカル・メタルコアをベースに、ポストロックにも通じるアート/オルタナ成分や叙情派ナントカスクールHC直系のメロディセンス、そして今のDjent界隈にも多大な影響を与えたであろうカオティックなポリリズムやキング・クリムゾンでも予測不可能な未知なる展開その構成力の高さにはやはり驚かされるし、とにかく音の根幹にある漢クサい硬派なハーコー精神は相変わらずかっこ良くて、間違いなくここ数年の中では一番刺激的なメタルコアだと言い切れちゃうほど、そこらのメタルコアとは比べものにならないぐらいの”格”の違いを見せつけるような、それこそ五年も待ち望んだ甲斐が本当にあった力作となっている。

 とりあえずオープニングを飾る#1”A Glimmer of Hope”からして、(あぁ...遂にコイツらもスクリーモ化してしまったか・・・)と勘違いするぐらい超絶エモーティヴッ!!なイントロの美メロや立体的な空間を形成する荘厳なオーケストラ、そしてフロントマンKarl Schubachの獣性むき出しの獰猛な咆哮が織りなす、まるで「ABRよ、これが10万ドルのストリングスだ」と言わんばかりの、激しくも美しい壮麗なサウンドスケープを目の当たりにした僕たちは自然と胸がepicッ!!に高まる。その流れからMSらしい複雑怪奇(カオティック)な展開を見せる#2”Luminary”や#3”Reborn (An Execution)”での優美なストリングスを擁したドラマティックかつダイナミックな展開は圧巻の一言だし、本作のハイライトとなる#5”Shadows And Depth”ではスラッジーな激重ヘヴィネス、#7”Two Solitudes”ではエレクトロニクスな【ATMSフィールド】、#9”The Shallows”ではToolスキーなexperimentalismを発揮したりと、これまでにはなかったようなインスト面での新しい試みが多く、要するにその”新要素”と今までの”MSらしさ”が絶妙なバランスで共存した結果の傑作というわけ。だから、近頃のメタルコアというジャンルに対して嘆かれる”マンネリ”という言葉は、この今のMisery Signalsには一切通用しない。けど、今回は起伏のある大胆な展開やシンフォニックなアプローチを強めて音にスケール感を持たせた分、少なくとも前作みたいなDjent直系の変拍子を多用した”リフリフアンドリフ”でゴリ押していく感じのインテリ作品ではないし、あのScale the Summitにも通じる癒し系メロディも最小限に抑えられてる感じだから、その辺は好みが別れそうな予感する。なんつーか、過去最高に”プログレ”に対する意識が高くなってる感スゴい。あと#4,#6,#11にはそれぞれゲストVoが参加。

 確かに、傑作『Controller』特有の”いともたやすく行われるえげつない冷徹さ”を纏った、緊迫感のある鋭くモダンな空間は薄くなっているし、ほぼ曲間なく一気に畳みかける勢いは前作ほどではないけれど、今作は曲単体の濃密度が高く、音の広がりや幅もあって、これ以上ないってほど”メタルコアの中の漢のメタルコア”を存分に堪能させてくれる。さすがに、より俄然Djent大好きな作風かつ知的なインテリ系メタルコア気取ってた前作を超える衝撃というのはないけど、過去最高に自身のexperimental性を高めた今作もその前作を凌ぐレベルの完成度で、またしてもメタルコア界を代表する一作がココに誕生したと言っていい。なんかもう【メタルコア界のTool】とでも呼んじゃいたいぐらいだ。これは文句なしにオススメだけど...このジャケだけは謎、ホント謎。
 
Absent Light
Absent Light
posted with amazlet at 13.07.30
Misery Signals
Basick Rec (2013-07-30)
売り上げランキング: 3,260

Heaven Shall Burn 『Veto』 レビュー

Artist Heaven Shall Burn
Heaven Shall Burn

Album 『Veto』
Veto

Track List
01. Godiva
04. Fallen
06. You Will Be Godless
07. Valhalla [Blind Guardian cover]
08. Antagonized
09. Like Gods Among Mortals
10. 53 Nations
11. Beyond Redemption

CalibanMaroonと並んで三大ジャーマンポテトメタルコアの一角を担う、Heaven Shall Burnの約三年ぶり通算七作目となる『Veto』が、今となってはホントーに貴重な硬派で漢クサいガチムチ系メタルコアやってて、その内容も相変わらず壮絶的な件。で、イギリス人画家ジョン・コリアが1898年頃に描いた『ゴダイヴァ夫人』をアートワークに掲げた本作品は、5thの『Iconoclast』からライブ作品『Blindersturm』に続く三部作の最終章である2010年リリースの前作Invictusからは約三年ぶりの新作で、とりあえず一曲目のゴダイヴァを聴けば分かるとおり、相変わらず鋭利なエッジを効かせたゴッリゴリかつブルータルなGリフとツインギターのハモリが織りなす90s北欧メロデスリスペクトな”無慈悲”でありながら【美しいかぎりの、聖い心もちの女性】と讃えられたゴダイヴァ夫人のキメ細やかな素肌のように滑らかで美しい叙情的なメロディを主体に、そしてフロントマンMarcus BischoffのUSニュースクールHC界隈リスペクトな、ある種【悪魔】のような只ならぬ【狂気】を感じる残虐的なスクリームが、今やベテランと呼ばれる長い活動歴の中で培ったその成熟した形/スタイルと共に過去最高のパフォーマンスを発揮し、そして近年のDIR EN GREYやワンオクの最新作でも知られる重鎮チュー・マッドセンの彼らHSBの作品および作風そして【精神性】に対する親のような理解ッが最高の成果を生んだ結果→まさに彼らの【集大成】と呼べる一作となった。そして、この作品でジャーマンHC界隈で頭ひとつ抜きん出た絶対的な存在へとのし上げることに成功した結果→本国ドイツのチャートで二位を獲得するという快挙を成し遂げた。ゲストVoに本家ブラガのハンズィ・キアシュを迎えた#7”Valhalla”やKilling Jokeの”Beyond Redemption”のカバーも王者としての風格、余裕すら感じられる。冗談じゃなしに、久々にここまでゴッツいメタルコア聴いた気がする。それぐらい、もはや『伊藤英明×坂口憲二』もビックリのアツいキモチ入りまくりな一枚。良作。
 

VETO
VETO
posted with amazlet at 13.05.08
Heaven Shall Burn
Century Media (2013-04-19)
売り上げランキング: 38,410
記事検索
月別アーカイブ