Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

Opeth

【次回予告】ゴジラゴジラゴジラがやってきた♪

Opeth 『Pale Communion』

Artist Opeth
Opeth

Mixing/Sexual Steven Wilson
Steven Wilson

Album 『Pale Communion』
Pale Communion

Tracklist
04. Elysian Woes
05. Goblin
06. River
07. Voice Of Treason
08. Faith In Others
 
ミカエル・オーカーフェルトの頭脳

カミングアウト ・・・今年、2014年度のメタル界を最も賑わせた衝撃ニュースといえば→USのレジェンドCynicの頭脳ポール・マスヴィダル”ホモ”をカミングアウトした事だと思うが、まさか北欧スウェーデンが誇るゆるキャラ”オペにゃん”ことOpethも約三年ぶりの11thアルバム『Pale Communion』”ホモ”をカミングアウトするなんて...一足先にリークされたフェイクのアートワークを目にして「パチもんクセぇw」なーんて笑い転げていた当時は、まるで知る由もなかった。で、ここで前回までのOpethをおさらいしてみると、自分の中で前作の10thアルバムHeritageというのは→”9thアルバムWatershedという伏線()があって、結成から20周年を迎えた記念すべき10作目という事から”納得”した作品”だった。では本作の作風はどうだろう?結論から言ってしまえば→問題作となった『Heritage』の流れを踏襲した、言うなれば”70年代回帰路線”である。そんな彼らオペットゥの11作目は、”髭もじゃおじさん”ことペルが脱退して元イングヴェイのヨアキムが正式加入してから初のアルバムで、7thアルバムの『Damnation』以来約10年ぶりの再会となる、いわゆる”俺の界隈”の代表取締役兼CEOとして知られるスティーヴン・ウィルソンをミックスに迎え、そしてバンドのフロントマンミカエル・オーカーフェルトがセルフプロデュースを手がけている。

Opeth is Djent!! ・・・一概に”70年代回帰路線”と言ってみても、前作の『Heritage』のようなディープ・パープル系のヴィンテージ臭あふれるクラシック・ハード・ロックあるいはフォーク・ロックというよりは、これは明らかに盟友スティーヴン・ウィルソンの影響だろうけど、70sは70sでも前作とは一転して今回はインテリ風のモダン・プログレに大きく舵を切っている。その”プログレ大好きおじさん”っぷりは幕開けを飾る#1”Eternal Rains Will Come”からフルスロットルに発揮されていて、まずイントロから「Animals as Leadersかな?」って「遂にオペにゃんがDjent化したか!?」ってくらいのオシャンティでジャジーなリズム&グルーヴに意表を突かれ、前作譲りのクラシックなリフ回しやSWソロの2nd『Grace For Drowning』と3rd『The Raven That Refused To Sing』に通じるユラユラ~~~っとしたメロトロンとピアノが曲全体を一際叙情的に演出しながら、中盤以降はリリカルでヒロイックなメロディと共にミカエルの叙情的なボーカルとウィルソンのコーラスが織りなす黄金のホーモニーからの初期Riversideを思わせる哀愁のGソロという、ベッタベタでありながらも確かな展開力を見せつける。とにかく”プログレ”に特化したレトロ感あふれる少し湿り気のある音使いを中心とした、要するに前作よりは本来のオペットゥらしい音に回帰している事が理解できる、というよりSWソロを嫌でも思い浮かばせる情緒感に溢れた淡い音使いに驚かされる。とにかく”アコースティック”で”メロウ”、そんな印象を聴き手に強く与える。

あのキザミ ・・・今年はホモもといポール・マスヴィダル率いるUSのCynicも3rdアルバムKindly Bent to Free Usの中で古典的なプログレに挑んでいたが、それで言うところの”True Hallucination Speak”を彷彿とさせる、ジュクジュクと前立腺を刺激する”あのキザミ”リフを軸に展開する#2”Cusp Of Eternity”は、そのキザミリフを中心とした申し訳程度の幽玄な世界観からは中期すなわち全盛期のオペットゥをフラッシュバックさせたりして、その”70年代回帰路線”であると同時に今作は”オペットゥ回帰路線”でもある事に気がつくと、無性に(ニヤリ)とせざるを得なかった。元々、4thアルバムの『Still Life』や5th『Blackwater Park』そして8th『Ghost Reveries』の中でも”あのキザミ”の只ならぬセンスを要所で垣間みせていたし、あらためてこうやってガッツリと刻んでくれると素直にブヒれるってもんです。鍵番が主導権を握る今作で唯一”リフ主体”のメタリックなナンバーでもあって、アルバムの二曲目に動きの激しい曲を配置する構成は、Mastodonクラック・ザ・スカイ的な匂いを感じる。

再構築 ・・・10分を超える大作で早くも今作のハイライトを飾る#3”Moon Above, Sun Below”は、再びSW譲りの少し仄暗いサイケデリカやアコースティック中心の情緒豊かな音使い、名盤『Still Life』の流れを汲んだ暗黒リフや『Heritage』譲りのオーガニックなリフが繊細かつ鮮やかに交錯していき、中盤にさしかかると一転して不穏な空気感を纏った漆黒の表情を垣間みせ、来たるクライマックスでは『Watershed』”Heir Apparent””Burden”で聴けたような”繰り返し”の美学、その作法が用いられている。まるで過去のOpetを今の70s型Opethの解釈をもって再構築したような、それこそOpetの”旨味”その全てが凝縮されたような集大成と呼べる楽曲だ。それこそナチスドイツ(ヒトラー)が終戦間際、秘密裏に建設した地下シェルターの最奥部に眠るとされる3つの歴史的な宗教画のように、お馴染みのトラヴィス・スミス氏が手がけたアートワークが醸し出す崇高であり深淵な音世界に不思議と吸い寄せられるようだ。

イタリアン・ホラー ・・・ここでも名盤『Still Life』を思わせる、寂寥感に苛まれそうになるムーディ&フォーキーなアコギがミニマルに響き渡る#4”Elysian Woes”は、”ノルウェイの森のクマさん”ことUlverKristoffer Rygg顔負けの妖艶なダンディズムが込められたミカエルの歌声、そのミカエルのボーカリストとしての才能を再確認させるダーティな一曲だ。そして、もはや本作品の主役と言っても決して過言じゃあない、新メンの鍵盤奏者ヨアキムが奏でる時にユラユラユウゲンと、時にトリトリトリッキーなメロディ、そのヨアキムの腕前が顕著に表れているのが五曲目の”Goblin”だ。その名のとおり、70年代に活躍したイタリアのプログレッシブ・ロック・バンドゴブリンをリスペクトしたインストナンバーで、そのゴブリンが音楽を手がけたイタリアの巨匠ダリオ・アルジェント監督の映画『ゾンビ』『サスペリア』シリーズなどの代表的なイタリアン・ホラーに登場する、主人公の背後に一歩づつ忍び寄る”姿のない恐怖”を主観映像で追体験させるハラハラドキドキした緊迫感とB級ゾンビ映画特有のコミカルでファンキーなノリが融合したような、それこそ70sプログレがソックリそのまま現代に蘇ったかのような楽曲で、まさしく本作の作風を象徴するかのような一曲と言える。そしてこの曲には→??「オペットゥはドラマーが代わって終わった」と言われるほど、??「オペットゥはマーティン(メンデスじゃない方)が辞めて終わった」と言われるまでの人物であり、オペットゥの黄金を支えたドラマーのマーティン・ロペスがゲストで参加している、そんなファン泣かせの粋な計らいがなされている。もしこの曲のMVを作るとしたら→オペットゥが演奏するレトロなジャズバーに(過去メンバーを含む)大量のゾンビがやってきて観客をコミカルに食い荒らしていく映像が浮かんだ。

今年のトレンドはホモ ・・・ここまで散々Cynicポール・マスヴィダルスティーヴン・ウィルソンの面影を感じさせた、それらの伏線()が遂に回収される、満を持して今年のメタル界のトレンドは”ホモ”だと確信させる曲の登場だ。今年の初めにAlcestシェルターの記事の中で、Opethミカエル・オーカーフェルトAlcestネージュの親和性について少し言及したが、この6曲目の”River”という曲は、まるで古代スカンジナビアの遊牧民と化したミカエルとその親友ウィルソンとその仲間たちが青々とした草原の中で仲良く手を繋いでキャッキャウフフ♥と股間辺りを弄り合っている、とっさに目を背けてしまいそうになる危険な情事が瞼の裏に半ば強制的に映し出されるような民謡歌で、つまり晴れて念願のシューゲイザーバンドになれたアルセスト=ネージュのように、子供の頃から憧れていた念願のプログレバンドになれて人生最大の『幸福』を感じているミカエル・オーカーフェルトのリアルな心情を歌ったような、これはもうミカエルとウィルソンとその愉快な仲間たちによる男だらけのミュージカル『愛と哀しみのホモ』あるいはアニメ『月刊少女ミカエルくん』だ。そんな風にミカエルとネージュの親和性を改めて考察させる曲なんだけど、それをより決定的な物にするかの如く、このたび目出度くOpethとAlcestのカップリングツアーが決まったらしい、そんな面白さもある。まぁ、そんな冗談は置いといて→これまでのオペットゥからは想像できないような、温もりのあるホットホットなホモーションもといエモーションに満ち溢れたこの曲では、コーラスを担当する脇役のウィルソン君と主演のミカエル君が織りなす黄金のホーモニーに只ならぬ恍惚感を味わうことができる。それこそ腐女子が大喜びしそうな801展開に絶頂不可避だし、この曲では他の楽曲同様に『Ghost Reveries』を彷彿とさせる”へゔぃ”なリフ回しを台風の目とした怒涛のインストバトルを繰り広げている。

真っ昼間の淫夢 ・・・イントロからサスペンスドラマ風のミステリアスなストリングスを大胆に取り入れた#7”Voice Of Treason”は、その荘厳なストリングスを軸にアラビアン・ミュージックリスペクトなエスニックなアレンジが際立った曲で、中でもクライマックスを飾るミカエルの情感(ホモーション)が溢れ出す歌声は大きなヌキどころ...もとい聴きどころだ。その”クサい”流れを引き継いで始まるラストの#8”Faith In Others”は、悲哀を奏でるストリングスで昼ドラばりにドロドロした悲壮感を演出し、それと同調するかのように、同郷レジェンドABBA直系のスウェディッシュ・ムード歌謡リスペクトなミカエルの通称”ウッフン歌唱”は真骨頂すなわち絶頂を迎え(この瞬間は、ミカエル・オーカーフェルト『世界一美しいデスボイス』『世界一醜いウッフンボイス』に敗北した瞬間でもあった)、歴代のプログレ勢とも決して引けを取らない中盤以降のガチで泣かせにくる感動的なシーンを最後に、このメタルゴッドロブ・ハルフォード主催の恋物語『真っ昼間の淫夢』は盛大に幕を閉じる...(ここでエンドクレジット)。

new_Opeth+l_5d8b1e2bc32a4296b50b60340b58
ミカエル「俺気づいたんだ、やっぱお前がいないとダメなんだって」

スティーヴン・ウィルソン
ウィルソン「どうやらそうみたいだね(ニコッ)」

new_Opeth+1
ミカエル「10年も待たせてゴメンな。また俺という名の楽器を奏で...もとい、また俺たちの音をミックスしてくれるかい?」

new_Steven+Wilson+Steven
ウィルソン「もちろんさ///」

ミカエル・オーカーフェルト
ミカエル「ア-ア-ア-ア-ア-ア-ア-ア-ア-ア-ア-ア-♪」

スティーヴン・ウィルソン
ウィルソン「アーイキソ」

ミカエルバンド ・・・自分の中で、このオペットゥというのは1stの『Orchid』から3rdの『My Arms, Your Hearse』までが初期の第一期で、4thの『Still Life』から8thの『Ghost Reveries』までが第二期つまりオペットゥの全盛期、そして9thの『Watershed』から現在までがプログレ期つまり第三期Opeth・・・そんなザックリした認識を持っているんだけれど、ハッキリ言って9th『Watershed』以降のオペットゥはフロントマンミカエル・オーカーフェルトのワンマンバンド、つまり実質ミカエルのソロバンドすなわち”ミカエルバンド”だという事は否定しようがない事実で、その”ミカエルバンド”感は今作で俄然強くなっている。そして、やはり約10年ぶりの再会を果たした盟友ウィルソンの存在も大きくて、勿論そのSWソロからの影響もそうなんだけど、2012年に発足されたミカエルとウィルソンの”初めての共同作業”ことStorm Corrosionからの影響も隠しきれていなくて、やっぱり二年前の味が忘れられなかったのか?なんて事は知る由もないけど、要するに『Pale Communion』の本質はOpethという名のブヨブヨの皮を被ったSWなんじゃあないか?って。もはや「これオペットゥちゃうやん、SWやん!」って、それくらいスティーヴン・ウィルソンの影が異様にチラつく。そのSWによるミックスだけあって存外アッサリした感じで、前作のように徹底してヴィンテージな雰囲気はないし、どちらかと言えばクラシック・ロックというよりモダンなプログレっつーイメージのが強い。だから変に外れた音は一つもないし、むしろ僕のようなプログレ耳にはドン引きするぐらい馴染みのある音なんだけど、その代わり”意外性”というのは皆無だし、「いや、今更これやるのかよ?それならまだ『ヘリテイジ』のがインパクトあったんじゃねーか?」というような批判にも全然納得できる。結局のところ→前作の鍵を握るのがディープ・パープルなら、今作の鍵を握るのはゴブリンっつー至ってシンプルな話でしかなくて、要するに「プログレ好きによるプログレ好きのためのプログレ」で、もうなんかプログレ好きだけが楽しめればいいじゃん(いいじゃん)的な作品だから、その間口は意外と狭いのかもしれない。けれど『ヘリテイジ』との差別化はハッキリしているんで、ホント、プログレが好きかそうでないかの世界です。ただ一つ僕が心配しているのは、はたしてミカエル・オーカーフェルトは憧れのスティーヴン・ウィルソンになれたのだろうか?という一点だけ。

俺の金玉の方がヘヴィだ! ・・・レーベル側のウリ文句として→【深遠な静けさを感じさせるような曲や、獰猛に炎を吹き出すかのようなヘヴィな曲、さらには、初期オーペスを想起させるようなオールド・スクールなオーペス・サウンド】とのプロパガンダらしき謳い文句があって、とりあえず【深遠な静けさを感じさせるような曲】←わかる、【獰猛に炎を吹き出すかのようなヘヴィな曲】←うーん?、【初期オーペスを想起させるようなオールド・スクールなオーペス・サウンド】←??!!!?!?!!!??といった感想を持った人が大多数だと思われる。これって結局、何をして”ヘヴィ”と捉えるか?の話であって、別にそのプロパガンダを擁護するわけじゃあないけど、事実『Ghost Reveries』や最高傑作『Still Life』をはじめとした、(当然、その音像はいわゆるデスメタル然としたデロデロ感はないが)オペットゥ自らのルーツを廻るような往年のヘヴィなリフ回しを露骨に意識して曲を書いていると率直に感じた、と同時に名盤『Blackwater Park』を彷彿とさせる幽玄な空間形成は全盛期のオペットゥそのもの...と言ってみても完全に別物だし今さら無意味かもしれないけど、あの頃のオペットゥを幾度となく連想させるギターのリフがフレーズが、ユラユラとユラめく鍵番のメロディが、マーティン・ロペスのヤンデレドラミングが、そしてAya-StyleもといOpe-Style然としたドラマティックな展開が、それらに加えてストリングスなどの新要素も積極的に取り込んできているのは確かで、だから【獰猛に炎を吹き出すかのような~】【初期オーペスを想起させる~】とかいう謳い文句もあながち間違っちゃあいないわけです。要するに→所詮”オペットゥ回帰路線”というのはキモチの問題で、あくまでも前作の『ヘリテイジ』を基礎に、過去作のリフやメロディを今のオペットゥで再解釈し、ドヤ顔でオマージュしてみせる一種の余裕というか、実にミカエルらしいユニークな感性ここに極まれりって感じだし、それこそ6部で世界を一巡させた荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』のように、世界が一巡して過去(70s)からリスタートしたパラレル世界のオペットゥを僕たちは目撃しているんじゃあないか?って。あのホモもといCynic『Kindly Bent to Free Us』で21世紀のプログレをクラシックな視点から総括していたが、そのホモと決定的に違うのは→「ポール・マスヴィダルは21位世紀のプログレを総括したが、ミカエルは自身の過去を精算し、そして総括した」ところだ。つまり、これはOpetであってOpethではない、いやOpethであってOpetではない、そんな”一巡説”を考察として織り込みながら本作を聴けば、より一層楽しく面白く聴けるに違いない。これはもはや-君はどれだけオペットゥを理解しているか?君はどれだけプログレを理解しているか?-これはオペットゥからオペサーへの挑戦状です。だから今さらメタルだメタルじゃないなんて言ってる輩には回答権すら与えられていないんです。

・・・しっかし、ミカエルって本当にドSだよなぁって、絶対に”攻め”だよなぁって。ここで、あらためて宣言しよう!今年のトレンドは”ホモ”だ!この『Pale Communion』を今年のBESTに挙げる奴らはホモだ!俺もホモだ!お前ら全員ホモダチだ!

(PS. ミカエルへ、訴えないでください)

ペイル・コミュニオン
オーペス
ワーナーミュージック・ジャパン (2014-08-20)
売り上げランキング: 2,788

Fallujah 『The Flesh Prevails』

Artist Fallujah
Fallujah

Album 『The Flesh Prevails』
天使と悪魔

Tracklist
01. Starlit Path
02. Carved From Stone
03. The Night Reveals
04. The Flesh Prevails
05. Levitation
06. Alone With You
07. Allure
08. Sapphire
09. Chemical Cave

Atmospheric Music ・・・2007年にUSはサンフランシスコで結成され、2009年にEP『Leper Colony』でデビュー、2011年にUnique Leaderから1stフル『The Harvest Wombs』をリリースし、昨年のEP『Nomadic』で遂にATMS界隈の住人すなわちATMS厨に見っかっちゃった五人組、Fallujahの2ndフル『The Flesh Prevails』は→1stフルこそジャケからして”ありがち”なデスコアだったけど、先のEPで培ったAmbient/Atmosphericな美意識を高め、その才能が更に開花したのが本作である。

天使悪魔 ・・・その音楽性としては→基本はブラストを多用したデスメタル寄りのブラッケンド・デスコア/テクデス系の邪悪な凶暴性と、いわゆるAtmosphericな音響(宇宙)空間すなわちATMSフィールドの中で生成される美意識が融け合った、それこそMTG風の『天使と悪魔』を体現したような今作のアートワークの如し暴虐無人なスタイルで、その美(メロディ)と醜(デス)の要素がソリッドな緊張感と共に絶妙な均衡を保っている。そして何といっても、バンドのキーパーソンとなるギタリストのScott Carstairsによる、全盛期Opethミカエル・オーカーフェルトを彷彿とさせる流麗なギター・ソロ、そのギターの導入法というか取り入れ方のセンスが異常で、それは本作の幕開けを飾る#1”Starlit Path”のギター・ソロからして顕著だ。そのDjentにも精通する、歴代のギター・ヒーロー顔負けのギター・センスは全編にわたって発揮されているが、中でも#3”The Night Reveals”のエピカルで叙情的かつ耽美なメロディ、そしてPortalあるいはCynicリスペクトなフュージョン風のフェノミナンなギター・プレイを聴かせる#4”The Flesh Prevails”や#5”Levitation”は、もはやPost-Djentと言っても差し支えないレベルだ。

Ope-Style ・・・極めつけには→その#4や#5でもそのフェミニンな存在感を示していた女性ボーカリストRoniit Alkayamのウィスパーボイスをフューチャーした、Born of Osirisで言うところの”A Solution”や前作のEP『Nomadic』で言うところの”Silent”、そしてスウェーデンのCarbon Based Lifeformsを彷彿とさせる、インダストリアリズム溢れるシャレオツでチルいサイビエント/アンビエントナンバーを#6にドヤ顔でブッ込んでくるあたりもクソ憎らしいというかクソあざとい演出で、まさにFallujahAmbient/Atmospheric Musicに対する意識の高さ、ココに極まれりって感じだ。それこそ”真性デスメタルの皮を被ったAtmospheric Music”という本来の姿、その本性を堂々さらけ出している。それはまるで、デスメタルという偽りの姿で70sプログレやってた全盛期のOpethと存在が重なって見える。とにかく、デスメタルという醜い音楽性から”美しさ”を見い出すというドM行為、そのAya-StyleもといOpe-Styleを極めしオシャンティなセンスは全盛期のオペにゃんに匹敵するし、事実それを現代で極めてるのって最近だとOGのNe Obliviscaris(ネ・バブリシャス)しか僕は知らない。現に扇情感を煽るクリーンなメロディをブラストに乗せて天まで駆け上がる超絶epicッ!!な展開力はバブリシャスと瓜二つだ。

Fallujah VS, BoO ・・・今回、比較対象としたBorn of Osirisとは少し違って、ジェント・リーなリフ回しでDjentへのフィーリングを垣間みせるのではなく、あくまでもギターのエロいテクニックやソロプレイでDjent感をさり気なくほとばしらせていく玄人風のスタイルで、もはや「キーボード()とか邪道、男は黙ってギター!」と言わんばかりの、キッズ向けのBoOよりも俄然”ツウ好み”な圧倒的ソングライティング、BoOのギタリストLee Mckinneyを凌駕し、あのトシン・アバシに迫りゆく圧倒的なギター・ミュージックに涙不可避な快作だ。現在の所属レーベルはUnique Leaderだけど、これを聴く限り次作あたりでSumerianに移籍しても全然驚かないし、むしろ今のBoOより全然勢いある。
 
Flesh Prevails
Flesh Prevails
posted with amazlet at 14.08.24
Fallujah
Unique Leader (2014-07-22)
売り上げランキング: 7,703

Anciients 『Heart of Oak』 レビュー

Artist Anciients
Anciients

Album Heart of Oak
Heart of Oak

Track List
01. Raise The Sun
02. Overthrone
03. Falling In Line
04. The Longest River
05. One Foot In The Light
06. Giants
07. Faith And Oath
08. Flood And Fire
09. For Lisa

カナダはバンクーバー出身の四人組、AnciientsのかのSeason of Mist(霧の季節)からリリースされたデビュー作『Heart of Oak』が、まるで全盛期=中期のOpethが”ストーナー化”したような、もしくはMastodonが”エクストリーム・メタル化”したようなプログレ・メタルやってて、その内容が割りとマジで衝撃的な件。についてで、そのスタイルとしては、ケニー(Lead Gt,Vo)とクリス(Gt,Vo)二人によるコッテコテなストーナー風味全開の泥草い歌と多様に使い分けるアグレッシヴな咆哮/デス声、サイケ/トラディショナル系ドゥーム大好き♥なヘヴィネスそして『My Arms, Your Hearse』『Still Life』期のオペにゃん超リスペクトな年季を感じるアコギとプログレッシブかつオーガニックなリフリフアンドリフが複雑に絡み合う、考えてみると今までにありそうでなかった感じのエクストリームメタル。で、もはやあざといぐらい確信犯的なアコギをジャラリ♪と靡かせるイントロから、テクニカルなリフに次ぐリフの応酬と北欧的な哀愁を帯びた歌メロそして激しい咆哮を交えてプログレスに展開する#1”Raise The Sun”と#3”Falling In Line”は特に、もはや”お約束”のイントロのアコギから暗黒デスメタルの血脈が通ったリフ回しまで全てがOpethの『My Arms, Your Hearse』~『Still Life』リスペクトし過ぎでウケる。そして初期マストドン顔負けの凶暴な獣性とHigh On Fireバリの疾走感を垣間見せる#4”The Longest River”からも、彼らのスラッシュ/ヘヴィメタルへのアツい想いを感じ取ることができるし、中盤の#5にベタでクサいアコギインストを挟んでくる所もまたニクい演出だ。んで、再びマストドンや近年Enslavedを連想させるテクニカルかつプログレッシブで実に濃密な展開にシビれる#6”Giants”、初っ端からブルータルなリフ~バロネスっぽい中盤~そして後半ドゥームっぽくなる#7、その後半の流れを汲んだサイケ&ドゥーミーな#8”Flood And Fire”、本編ラストを飾るEarth風の#9”For Lisa”まで、ボートラ除くと全9曲トータル約一時間、もうなんか全盛期のオペにゃん系プログレ/ヘヴィメタル好きは今年はコレだけ聴いときゃエエんちゃうん?ってぐらい、とにかくその完成度およびポテンシャルの高さに只々圧倒されるデビュー作にして最高傑作だ。その質の高い楽曲陣のレベルをもう一段階アゲるかのような、重鎮アラン・ドーチェスが手をかけた良質なサウンドプロダクションを見ても、あらゆる面で隙や手抜かりは一切ない。いやはや、これはマジにスゴイわ...。最近流行りのGhost B.C.好きにもオススメしたい。今年のBEST行きの可能性大。ちなみに、ボートラの”Built to Die”は初期マストドンのカバー。えっ?違うの?あっ・・・(察し)
 
Heart of Oak
Heart of Oak
posted with amazlet at 13.05.01
Anciients
Season of Mist (2013-04-16)
売り上げランキング: 24,283

OPETH 『Heritage』 レビュー

Artist OPETH
opeth2011

Album  『Heritage』
opethheritage

Track List 
1. Heritage
2. The Devil's Orchard
3. I Feel The Dark
4. Slither
5. Nepenthe
6. Hxprocess
7. Famine
8. The Lines In My Hand
9. Folklore
10. Marrow Of The Earth

北欧スウェーデンが世界に誇る暗黒帝こと、Opethの約3年ぶり節目の通算10作目を飾る『Heritage』は、脱退したペルに代わり鍵番奏者に新メンバーのヨアキム・スヴァルベリが加入、エンジニアにイェンス・ボグレン、ミックスには(もはや説明は不要でしょう)バンドと交流が深いスティーヴン・ウィルソン先生、そしてフロントマンの
ミカエル・オーカーフェルト自身がプロデュースに携わった作品。で、Acoustic/Folk/70s-Progressiveへのアプローチを俄然強め、悪く表現すれば”おっさんフォーク・メタル”だった前作のWatershedからのプログレッシヴェ・・・な香りそのままに、本作ではOpethの心臓部である”ミカエル・オーカーフェルト”の音楽人生に置けるバックグランドが色濃く楽曲に反映された結果、一足先に公開された”The Devil's Orchard”を聴けば嫌でも”理解ッ”できるように、活動25周年を迎えた今のOpethにしか成し得ない、Opethの潜在的な芸術性をこれ以上ないほど開花させたプログレッシブ・ミュージックを堂々とやってのけている。本作ではVoミカエルのグロウルが一切ないという事を聴いて、PoSの例の最新作みたく”なにもお前らがそれをやらんでもええやろ・・・”的な作風だったらどうしようかと思ったけど、実際に本作を聴いてみて理解ッした、この音楽は”オペスがやらなきゃダレがやる、オペスがやるからこそ許される”・・・作品だということを。

 酒を酌み交わしたくなるほどアダルティなムードを醸し出すピアノインストでタイトル曲の#1”Heritage”で本作=”オトコの芸術世界”の幕を開き、King Crimsonライクな本格派70sプログレをやってのける#2”The Devil's Orchard”では、レトロな音作りやオーガニックなGリフとミカエルの過去最高に近い歌いっぷり、そしてラストでの泣きまくりな超絶Gソロをトドメに叙情的かつドラマティックな演出が際立った名曲。GoW3に提供された楽曲”The Throat of Winter”を彷彿させるスパニッシュ調のアコギとメロトロンで西洋絵画の如くアンニュイな色彩でマイルドに描く#3”I Feel The Dark”は、3分から急激に場面が変わってヘヴィなギターで暗黒魔界を創造する。この”静と動”を意識した感じは”OPETHスタイル”そのものですねぇ。そして・・・
今は亡きDioに捧げられた、まさしくRainbowの名曲”Kill The King”をOpeth流の解釈でやってのける#4”Slither”、味わい深きジャシーなムードに酔いしれる#5”Nepenthe”、小児が戯れる情景を脳裏に浮かばせるSEを擁して物語をより繊細かつアートに演出してみせる#6”Hxprocess”は、”らしい”アコギの入れ方や儚すぎるソロパートに悶絶することウケアイな名曲。アマゾンの原住民が秘術を唱えるがごとく、同郷のBjörn J:son Lindh氏が奏でるフルートやマラカスやパーカッションなどのエスニックな民族楽器を大胆に取り入れた#7”Famine”は後半のサバスlikeなトラディショナル・ドゥーム/ヘヴィ・サイケまで全てが70s祭り。序盤はビンテージ感をゆったりと漂わせ、中盤のアコギから終盤にかけての展開に浪漫を感じざるを得ない#9”Folklore”は、胸が熱くなるほどの”音楽のロマン”、いや、”おっさんのロマン”が詰まっている。#9のラストで時空を超えて現代へと帰還し、郷愁に満ちた哀愁が夢か現実かを彷徨うフォークギターインストの#10”Marrow Of The Earth”で『Heritage』=”70sセカイ”の味わい深き余韻を残す・・・という感じで、メタル成分が薄いという点では『Damnation』を一番に彷彿とさせるが、しかし本作品はそれとも一線を画した無二で孤高の音世界を繰り広げている。特にスパニッシュ風味のアコギを多用してるあたり、今思うとGoW3に提供された”The Throat of Winter”が全ての伏線だったと理解ッするわけです。そしてメタル界屈指のボーカリストと称されるミカエルの歌は、自身でプロデュースしてるだけあってか、過去最高レベルのパフォーマンスを見せている。けど、過去最高に歌っているアルバムなのにも関わらず、ボーカルのミックスは楽器隊と同じ位置なのが意外というか、”らしい”なぁって。あと今回の歌メロに関して不自然さというか無理矢理に感じる部分が所々あるのはご愛嬌か。#2のGソロ前の『Oh, stigmas revealing our vices And oh, oh, stigmas revealing our vices』のとことかステキやん。それとマーティンのベースがブリブリッモリモリッに主張しまくりなのも本作の聴きどころ。
 
 ・・・つーわけでこのアルバム、まるで欧州映画を見ているかのような錯覚に陥る”自由繊細緻密”な音の積み重ねにより構築され、同時に”70s”に対しての敬意ッに満ち溢れた、もはや”オマージュアルバム”とでも呼びたいくらいで、キングクリムゾンとのパイプを持つスティーヴン先生を”70sと現代を結ぶ仲介者”として起用した”本当のワケ”というのが嫌でも分かるハズです。亡きDioに捧ぐ#4とかは特に露骨で、あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜッ!俺はオペスの新作を聴いていたと思ったら、いつの間にかRainbowを聴いていたんだ・・・って、冗談なしにこんな感じ。正直、こういう露骨なオマージュ(というか最早カバー)はボートラ扱いでよかったんじゃねーかと・・・思ったけど、まぁこれを本編に入れるからこそ”意味”があるってもんなんだろう。本作を象徴する一曲でもあるわけだし。
 今までの作品はあくまで"70s的な雰囲気"だったのが、今作は音の質感からアートワークまで完璧に”70s”のオンパレードで、つまり今までのオペスからは聴き慣れないような音に対して始めは当然戸惑うかもしれない。が、聴きこむ内に”こりゃ全てにおいてオペスそのものだわ”って納得せざるを得ない、お馴染みのトラヴィス・スミス氏が手掛けたビンテージ臭漂うジャケのような、ある種の魔術が込められたような作品です。いわゆる”プログレ”に属する音楽ではあるんだけど、そのプログレという言葉からイメージされるようなヲタっぽくて聴きづらいアルバムでは決してなくて、あくまでもオペスならではのプログレを、っつーか、”プログレ”というジャンルどうこう以前に”OPETH”という一つのジャンルを聴いてるんだと理解ッした方が早いです。細かく言えばOpethというよりはミカエルの”プログレヲタ”っぷりを一番に実感させる一枚。だって、”今のOpeth=ミカエル・オーカーフェルト”で間違いないわけだからね。プログレという音楽じゃくてオペスの音楽、オペスの音楽じゃなくてミカエルの音楽、みたいな。話はいたってシンプルなわけだ。正直ここまでくると”Opethらしさ”ってなんだろう?って気がするが、これもまた一つの”Opethらしさ”ってやつなんでしょう。
 しょせんは”似非70s”に聴こえるかもしれないが、しかし現代のバンドでそれを徹底してるのはオペスしかいないし、時代を超えてもなお目指し続けるその探究心には敬意ッを抱かざるをえない。タイトルの『遺産』が示すとおり、先人達が残した音の遺産を骨の髄までしゃぶり尽くしてますw・・・なるほど、これが今のOpethが導きだした”NEXT”への答えですか。
 当然のごとく、これまで培ってきた”メタル”を期待する人には退屈極まりないアルバムだと思うし、前作がダメだって人なら尚更に”睡眠助長アルバム”にしか使い道ねーんじゃないかと。さすがのオイラも一周目を聴き終えた後しばらく脱力した気分になった。つまり本作を聴くにあたって、如何に”受け身の対応者”になれるかがポイントかなぁと。少なくとも、どこか一曲を切り取って聴くようなアルバムじゃあないです。つか、これがダメに聴こえる人がいるってんなら、それは筋金入りのメタラーぐらいだろうw

 ・・・というわけで、本作はオペス=ミカエルが”本当にやりたい事をやっている”ような作品で、とりあえずプログレ好きは大歓喜なアルバムでしょう。正直、前作を超えてくれるならなんでもイイと思ってたから、実際に前作よりは長く聴けそうな予感がするので、今回はスルメになってくれる事に期待して暫くはヘビロテです。当然この路線は”あり”なんだが、節目となる10作目だからこそ挑めた作風であり、今後このプログレ路線一本で行くという事はなさそう。しかしこうなると次回作が一体どんな感じになるのか、全く想像できない・・・ところがまた面白い。

B
 
ヘリテイジ
ヘリテイジ
posted with amazlet at 11.09.20
オーペス
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-09-14)
売り上げランキング: 760

Devin Townsend Project 『Deconstruction』 レビュー

Artist Devin Townsend Project


Album
『Deconstruction』


Track List
01. Praise The Lowered [feat. Paul Kuhr]
02. Stand [feat. Mikael Åkerfeldt]
03. Juular [feat. Ihsahn]
04. Planet Of The Apes [feat. Tommy Rogers]
05. Sumeria [feat. Joseph "Joe" Duplantier & Paul Albert Masvidal]
06. The Mighty Masturbator [feat. Greg Puciato]
07. Pandemic [feat. Floor Jansen]
08. Deconstruction [feat. Dave "Oderus Urungus" Brockie & Fredrik Thordendal]
09. Poltergeist

本日紹介するのは、メタル界屈指の”ド変態”こと、もといカナダが生んだ奇才デヴィン・タウンゼンド大先生のプロジェクトバンド、Devin Townsend Projectの約2年ぶりの新作『Deconstruction』『Ghost』で、今回紹介するのは前者の『Deconstruction』についてなんだけど、本作はゲストに”俺の界隈”の野郎どもが一堂に集結し夢の共演を果たし、#1には好盤だった新作が記憶に新しいNovembers Doomポール老師、#2には新作を控えたノーペスのミカエル、#3にはイーサンの叔父貴、#4には今年ソロデビューを果たしたBTBAMトミー・ロジャース、#5には”シー・シェパード・メタル”ことGojiraジョーCynicポール、#6にはTDEPグレッグ、#7には紅一点の役割を果たすフロール・ヤンセン、#8にはメシュガーのフレドリックと怪物くん、そして本作の極めつけとなるは、かのイェンス・ボグレン氏がミックスを担当し、これ以上ないってほど豪華で俺得なゲスト陣を迎え作られた最新作。

 一昨年にリリースされたAmbient的癒し系な作風だった『Ki』、俺の界隈のマドンナ=アネク姐さんを大フューチャーした例えるなら”ディズニー・メタル”の傑作だった『Addicted』、この両極端な作風で僕達リスナーを楽しませてくれたデヴィンだが、さてさて、気になる本作の作風なんだが、#1”Praise the Lowered”を耳にした瞬間に分かるとおり、『気』のエレクトロ/Ambientな香りを残しつつも、2曲目以降は『Addicted』のトロピカルワンダーランドな桃色世界から一転してミステリアスかつサスペンチックな硬派な世界観へと変貌を遂げ、デヴィン流の実にアヴァンギャルドで実にユニーク、そして実にFunnyな”音のフリークショー”を壮大なスケールで描ききり、#2のビッグスケールなシンフォニック・アレンジ、イーサン叔父貴が参加の#3で覗かせるブラッキーな暴虐性、10分を超える大作プログ・メタルナンバーまで、桃色の片思いバリに徹底してポップだった『Addicted』とは対極に位置する、デス寄りのヘヴィネスとアグレッションを全面にアプローチしたプログレッシヴな作品で、その内容は言わずもがなに”濃いぃ”の一言です。トータルで比較すると『Addicted』ほどの衝撃や凄みっつーのはないけども、多彩なゲスト陣が持つそれぞれの個性と特徴を巧みに楽曲へと活かしながら、館長デヴィンが指揮する約70分間の奇想天外摩訶不思議なエレクトリカルパレードをド派手に繰り広げ、唯一無を誇るデヴィン・ワールドを三度目創り上げている。

 っつーわけで、デヴィンにしか創り得ない、デヴィン大先生の変人センスが再び爆発した本作品『Deconstruction』はぐぅの音も出ないほどの完成度で、メタル好きなら今年のマストなアルバムでしょう。ここまでコンスタントに作品をリリースしているにも関わらず一定以上のクオリティを保ってくるのは流石です。つーか、Cynicのポールがこういうのにゲストで参加するなんてかなり貴重じゃねェ?

8 / 10


ディコンストラクション
デヴィン・タウンゼンド・プロジェクト
マーキー・インコーポレイティド (2011-06-22)
売り上げランキング: 14314
記事検索