Welcome To My ”俺の感性”

音楽のレビューというか感想をてけとーに書き殴るブログです。

Rock

℃-ute解散がショック過ぎるので更新停止します

Acid Black Cherryの新曲『黒猫 ~Adult Black Cat~』を聴いた。

    CDでーた

【七不思議】
・・・8月にレビューした前作Greed Greed Greedの記事が、(別に大したこと書いているわけでもないのに)未だに週間アクセス数ランキングのトップ5内に入り続けていて、これはyasuおよびABC人気の証明その裏打ちであると同時に、当ブログWelcome To My ”俺の感性”の七不思議となっている。まぁ、他の記事が不人気なだけって言ったらそれまでなんだけど(笑) そんなこんなで、昨年のシングル”イエス”から約1年半ぶりのシングル『GGG』から約三ヶ月ぶりとなる新曲『黒猫 ~Adult Black Cat~』がリリースされた、というわけ。

【金!暴力!SEX!】・・・ABCが8月からスタートさせたプロジェクト『Shangri-la』あらため『チケットが取れないプロジェクト』のリリース第1弾となった前作のGGGといえば→”グルーヴ! ドライブ! 五感で感じる完全攻めの新ABCサウンド!”というウリ文句どおり、人間の欲望すなわち【金!暴力!SEX!】をさらけ出すような歌詞と、これまでのABCにはなかったゴッリゴリなギターとバッキバキなベース主体のモダンヘヴィネスを聴かせる楽曲で、個人的に何回リピートしたかわからないほどツボにハマった。この新曲『黒猫』は、そんな『チケットが取れないプロジェクト』のリリース第2弾にあたる。

【394円】・・・シングル恒例のカバー曲は松任谷由実の名曲「青春のリグレット」で、これはプロデューサーに勧めてもらった曲らしく、どうせなら今流行りの”ひこうき雲”が良かったなぁ...とか思いながらも、まっこれは『Recreation 4』で聴けばいっかー・・・というわけで、例のように今回もGGGと同じシングル一曲だけが収録された394円版を手にいれた。そして例のように、アイドル商法顔負けのカードが初回限定特典として付いていた(相変わらずの誰得)。それにしても、アラフォー間近のオッサン、未だ現役バリバリですって感じだ。

【ロック界の氷川きよし】・・・『℃-ute=DIR EN GREY』の薫のインタビューも記載されている音楽雑誌『CDでーた』のインタビューの中で、「自分の中でシャッフルの最終兵器ができたと思う!」と自信ありげに語るyasu。その言葉どおり、ニャオ~~~ン♪と可愛い鳴き声を上げるYUKIのギターが夜の街にこだまし、サックスやトランペットそしてトロンボーンが豪快にぶつかり合う、yasuが主演を務めるド派手なレイトショーの幕開けの合図(イントロ)から、1st『BLACK LIST』”Black Cheryy”や3rd2012”蝶”を連想させるジャジーでアダルティな妖気を引き連れて、”長い髪をかきあげて 少し上目使い”というyasuの全てが詰まったようなBメロ、そして”私は黒猫(ウェ~オウェ~オウェ~オウェ~オ)”から始まって→まるで「おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?」というディオの問いに”仕留めた男の数?覚えてない”と切り捨てるように答え→極めつけに”神様だってなんだって逝かせてみせる”という、これにはナントカ隆法総裁およびキリストもoh...Jesus Christus!!とか叫びながら逝っちゃう、そんなアンチクライストなサビ。このサビの締めを飾る→”だんだん! 街は どんどん! 私を染める”という部分は、yasuにしか歌えない独特のフレーズというか、微妙に氷川きよしの”ズンドコ節”みたいなユニークなノリもあったりしてスゲー面白いし、もうなんかyasuって”ロック界のズンドコ”やなぁって。あとこのサビ、裏のリズミカルなクラップもポイントの一つとなっていて、ライブでもシッカリとクラップすべし。

【ポイントはBメロ】・・・あらためて、今回の曲調や展開は至ってシンプルなんだが、モダンなヘヴィロックだった『GGG』とはひと味違って、よりダイナミックなスケールすなわちビッグバンド感が増した、これぞyasuの本領発揮というか、それこそyasuのバックグラウンドを垣間見せるようなレトロ調のロックナンバーだ。そんな、様々なユニークな仕掛けが施されている黒猫だが、個人的には、Janne Da Arc時代に通じるBメロが全てだと思う。このBメロのような、JDA時代からファンがニヤリとしちゃうyasuらしいフレーズを聴くと、あらためてJDAの復活を切望してしまう。

【サポメン】・・・今回の曲に参加したサポメンは→ギタリストには紅白出場が決定したLinked Horizonでお馴染みのYUIKI君(ワンチャン紅白に出演する可能性ある?)、前作の『GGG』ではバッキバキなベースを披露していたベーシストのIKUOさん、そしてドラムにはVenomstripの山崎慶君という編成で、中でもABC作品に初参加となる若手ドラマー山崎君による、yasuお墨付きの広がりのあるダイナミックなドラムプレイは聴きどころの一つだ。で、最後のサビで聴けるようなYUKIのフリーダムなギタープレイを筆頭に、サポメンも参加した黒猫のジャケやMVを見ても、今やABCはサポメンなしでは語れない、もはや成り立たないほど大きな存在となっていて、特にこの黒猫が放つ只ならぬビッグバンド感は、サポメンではなく一人のABCメンバーとして音を集結させた結果だと言っても過言じゃあない。

【捨て猫から黒猫に】・・・このABCといえば→メンヘラ力もとい女子力の高い歌詞だ。この黒猫は物語性の強い歌詞で、その中に『あんたなんか キライ!×∞』 そう言って泣いていた六年前という歌詞がある。お気づきのとおり、六年前にリリースされたABCのデビュー曲”SPELL MAGIC”にもあんたなんか キライ!×∞という歌詞や捨て猫というキーワードだったり、今回の黒猫の歌詞とリンクするフレーズが幾つかある。要するに、物語は至ってシンプルだ→六年前に捨てられた女が夜の世界に堕ち、カラフルなネオンがド派手に彩る夜の街で、夜の女すなわち嬢王へと成り上がっていく物語。それこそ、いたって普通の女が”男もネオンも振り返る”くらいの凄艷な女へと変貌していく・・・まるでクリスティーナ・アギレラ主演のミュージカル映画『バーレスク』のような曲だ。そして、許してやんないけど 謝んなさいという一部の歌詞には、JDAがデビューした時は”見向きもせんかった”くせに、今になって擦り寄ってきたメディアに対するyasuなりの批判とyasuなりの女々しさが込められている。いやはや、こんなメンヘラ力もとい女子力の高い歌詞はつんく♂の弟yasuにしか書けないというか、新機軸な要素をウリにしていた前作の『GGG』から一転して、今回は曲調をはじめyasuのファンキーなボーカルや歌詞もABC節全開で、これこそABCファンがABCに求めていた楽曲と言える。

【リアル黒猫】
・・・数ヶ月ほど前、俺たちTEAM-ABC(男子部)のアイドルこと日南響子ちゃんが事故ったらしく、同じTEAM-ABCとして心配なところではあるんだが、それこそ今回の黒猫の歌詞って、今の日南響子ちゃんが置かれている”捨て猫”的な状況に近いというか、つまり捨て猫が黒猫に成り上がっていく歌詞のように、是非とも日南ちゃんにはこの黒猫を聴いて元気を取り戻して、また以前のようなリアル黒猫の姿で僕たちTEAM-ABC(男子部)をブヒらせてほしいブヒ。



【そのお酒の名前は?】・・・あのABCにしては(どういう意味や)、ヤケにカネがかかったヤケに本格的な今回のMVは(上のはショートVerだが)、黒猫のファンキーな曲調をうまく活かした、yasuが主演(オーナー)を務める豪華なキャバレーといった感じ。これを観てまず思ったのは、yasuの売れっ子ぶり。TVは勿論の事、各メディアへの露出が極めて少ないのにも関わらず、この黒猫でまた過去の売上を超えたらしく、未だABC人気に陰りなど一切ないし、むしろ当然の結果でしかない。そんな、今やドーム公演ができるレベルの人気を誇っているABC、もはや”いま最もチケットが取れないアイドル”といえばこのABCだろう。今年の『チケットが取れないプロジェクト』に参戦できなかった身としては→いい加減にABC版『男尻Night』やってくれや・・・って感じ。話を戻して→このMV、偽広末みたいな女優も見どころの一つだが、しかしなんだろう・・・いつものオフザケが過ぎるABCっぽくないMVというか、思いのほかマジメ過ぎて面白くない・・・と思ったら、最後のシーンで偽広末が「このカクテルの名前は?」というセリフに、バーテン役のyasuが放った一言に全てが救われた。

【アダルト・ブラック・キャット(キリッ)】 ・・・ファーーーーーーーーーーーーーーwwwwwwww さすがyasuゥ!おれたちにできない事を平然と言ってのける!そこにシビれる憧れるゥ!この”ダサさ”こそyasuというか、むしろこの”ダサさ”がなけりゃyasuじゃないというか、ダサいはダサいでもダサカッコイイを出せる人間は今の時代このyasuしかいない。やっぱyasuはダサくてナンボやなぁと。もはや”ダサい”という言葉はyasuのためにある言葉だって、はっきりわかんだね。
 
黒猫~Adult Black Cat~ (初回生産限定盤)
Acid Black Cherry
motorod (2013-11-20)
売り上げランキング: 176

Acid Black Cherryの新曲『Greed Greed Greed』を聴いた。

Greed Greed Greed

Janne Da Arcのボーカリストyasuこと林保徳のソロプロジェクト、Acid Black Cherryの約一年半ぶりとなる待望の新曲『Greed Greed Greed』を聴いた感想なんだけど、本作は通常版と限定版の他に394円(Thank you for 価格)版の三形態リリースとなっていて、ABC恒例のカバー曲(今回は徳永英明”輝きながら…”)は『Recreation 4』が出た時に聴けばいっか...と思ってる自分は、謎の好奇心で新曲”Greed Greed Greed”の一曲だけが入った394円盤を買ったわけなんだけど、なにやら初回限定生産特典としてオリジナルカードが付いてくるらしく、おいおい(まるでアイドル商法だな・・・)とか思いながら、自分は白yasu×黒yasuのカードを引き当てた。それにしても、一体全体このカードをナニに使えと言うんですかねぇ。あっ・・・(yasuニーか...察し)。

 TBS系のドラマ『悪霊病棟』の主題歌としてタイアップされているこの新曲”Greed Greed Greed”は、昨年の”イエス”から約一年半ぶりの新曲ということで、あのバカップルのクッサイ関係を描いた名バラードの次にどんな曲で攻めてくるか...全く想像がつかなかったわけなんだけども、しかしいざ蓋を開けてみると→”なるほど...こうきたか”という存外想定内のナニがあった。で、気になるその曲調としては、売り文句として”グルーヴ!ドライブ!五感で感じる完全攻めの新ABCサウンド!”と謳っているだけあって、まさにその言葉どおり、イントロからHIROさんによるモダンヘヴィネス風のゴッリゴリなGリフとIKUOさんのバッキバキでブッリブリなベースの絡みがグルーヴィなウネりを上げるアッパーなヘヴィロックチューンで、過去作で言うなら2ndの『Q.E.D.』に近いモダンな感覚というかダークな雰囲気があって、少なくとも2012年作の3rd2012のようなキャッチー&メロディック路線じゃないのは確かで、要するにこの【モダンなヘヴィネス×インダストリアルなエロぃアレンジ×yasuの歌声=キング・オブ・ABC】というお話。で、肝心のサビについてなんだけど・・・タイアップ曲のわりには別段フックのあるサビではなくて、悪く言えば”地味”なサビメロだったりするし、結構こねくり回して少し強引に(英詞っぽく)押し倒すかのような”字余り感”のあるサビメロなんだけども、じゃあ”JDAっぽい”とか”ABCっぽい”感じのサビ...というわけでもなくて、そんな事を色々と考えながら聴きこんだ結果→これはもはや”yasuにしか歌えないサビ”という結論で納得した。

  さっきも書いたように、音的には2ndの『Q.E.D.』寄りのデジタル&モダンなアプローチがあって、その2ndよりも更にメタリックな重厚感と重低音を強化したのがこの新曲”GGG”といった感じ。つい先日誕生日を迎えたHIROさんのドライヴしまくりなGソロも俄然そのメタル感を強めていて、なんつーか、今回は単純に音がメタルっぽい。もはやこの曲の一番の聞き所は、yasuの歌ではなく楽器隊の音だと言い切れるぐらい、とにかくバンドサウンド全開な所がクッソカッコイイ(これはギターやってる人はコピりたくなるんじゃないか?)。まぁ、ABCの主役であるyasuの本領発揮は次のシングルに持ち越しっつー事で。

 そんなABC待望の新曲”GGG”は、これ以上ないってほどドエロかつドヘヴィな、実にABCらしいロックナンバーであると同時に、歌詞も「金!暴力!SEX!」つまり人間の”欲望”=”Greed”をテーマとした、実につんくボーイのヤンチャな弟yasuらしい歌詞なんだけど、今の時代ここまで”いい意味でクッソダサい歌詞”が書ける人って、兄のつんくかその弟のyasuぐらいだと思うわマジで。ほら、でもあれじゃん?yasuが書く歌詞ってオマケみたいなもんだから...多少はね?

 話をまとめると・・・あの”イエス”みたいな”売れ線”を狙った曲では決してないし、悪く言えば”無難”な落とし所といった感じは否めないけど、これまでのABCにはなかったようなモダン・グルーヴ/ヘヴィネスには、それこそ”新ABC”を感じる確かな目新しさがあって、なんだかんだリピートしちゃうほどハゲしくノレる曲なのは確かです。当然、ライブでもハゲしく盛り上がること必須。あと他のアーティストも394円盤出せばいいのにって、切実に思った。普通に需要あると思う。そんな時代を先取りしちゃうファン思いのyasuってやっぱかっけ~(あまちゃん風) つうか、新プロジェクト『Shangri-la』のライブチケがまたしても取れなかったんですがそれは・・・。ついでにのリリイベも全落してたンゴ・・・もう怒りました!もうTEAM-AB℃-uteやめます!
 
Greed Greed Greed (初回生産限定)
Acid Black Cherry
motorod (2013-08-07)
売り上げランキング: 55

Acid Black Cherry 『2012』 レビュー

Artist Acid Black Cherry
Acid Black Cherry

Album 『2012』
Acid Black Cherry

Track List
01. ~until~
02. Fallin' Angel
03. in the Mirror
04. ピストル
05. 少女の祈りIII ~『2012』ver.~
06. Re:birth
07. 指輪物語
08. CRISIS
09. ~the day~
10. その日が来るまで
11. so…Good night.
12. doomsday clock
13. 蝶
16. ~comes~

おいら、高校の頃はほぼジャンヌダルクやXばかり聴いてた思い出しかないんだが(特にJDAは俺の中では”もはや”アイドルだった)、そのJDAが2007年に”活動休止=事実上の解散”を発表して以来、メンバーのソロ活動には全くといっていいほど興味がなかった。しかし、せめてyasuニキのソロだけは聴いておこうと思い、このAcid Black Cherryの1stがリリースされた時はうれうれと飛びついたが、(その1stを聴いた時、心の何処かで”コレジャナイ感”を感じとったのか)ナゼか続く2ndはスルーしていた。あれほどジャンヌにハマったのにも関わらず、ABCや他メンのソロに対するこれほどまでの興味の沸かなさは(今は少し異なる立ち位置にいるせいか)、やっぱ俺はJanne Da Arcというバンドが好きだったんだなぁと、シミジミと実感させる所でもあった。で、前作から約二年半ぶり通算三作目となる『2012』は、5ヶ月連続シングルを含む計七曲のシングルが収録された作品というわけで、このABCのスタイルといえば、インダストリアルな味付けを効かせたポップなヘヴィロックをやってて、今回もyasuニキの艷ェのある歌声とエロぃ歌詞をフューチャーした楽曲を中心に、本家JDAから”Vっ気”を抜いたような、”至ってシンプル”なロックを展開している。もはや後期JDAの延長線上にあるといってもいいかもしれない。そして、本作を聴いて改めてyasuの声ってエエなぁと再確認したと同時に、ジャンヌの凄さというのを改めて実感する事ができた。どうしても比較する対象としてJDAの名を例に出さざるをえないんだが、(当然っちゃ当然だが)やはり楽曲のバラエティ/クオリティは明らかにジャンヌのが上。しかしシングル曲はJDAに匹敵するレベル。だが、やっぱyasu一人では限界があるなぁ、と。つまり、そろそろジャンヌダルクの復活、どうぞ(願望)

 この幻想的な物語の幕を開け的な役割を果たす#1” ~until~ ”、サビがJDAの” answer ”っぽいというか、程よい叙情性と中期JDAを彷彿とさせる艶やかで儚げな雰囲気で楽しませるミドルチューンの#2” Fallin' Angel ”、一転してノリの良いハードなロックナンバーの#3” in the Mirror ”、ABCらしいエロさを押し出したアッパーな#4、そして90sアニソン並に綺羅びやかかつポップでキャッチーな9thシングルの#6” Re:birth ”、仄かなオルタナ感を身にまといながら歌謡ちっくなレトロなムードに酔いしれる#7” 指輪物語  ”、ヘヴィロック調のイントロで始まりJDAライクなフックに富んだ歌謡風メロディック・ロックチューンの14thシングル#8” CRISIS ”までの中盤の盛り上がりは本作一で、ジャンヌのアルバム『Another Story』的なファンタジックな雰囲気を醸し出すバラードの#10”その日が来るまで”なんかでは特に嫌でも俺の琴線に触れてくる。序盤~中盤のハードな曲調から一変してほのぼの系の曲が中心の後半では、昭和歌謡のカバー曲かと思うほどレトロ風味な13thシングルの#13”  ”、再びJDAっぽい15thシングルの#14” イエス ”はなかなか良い。という感じで、JDAにしか興味がないキリッとか、そんなこと言いつつも、やっぱこのABCの曲も好きっちゃ好きなんだよなぁ・・・。特にシングルの#6や#8はJDA好きなら歓喜する事ウケアイよ。シングル以外では#2が一番好き。そんなわけで、完全に思い出補正ですけど、今年のBEST候補の一つですコレ。つうか、フッツーに良いアルバムですわ。

 なにわともあれ、今年の当ブログのキーワードの一つでもある『2012』年の今ッ!!、”俺の感性”と必然的に引かれ合う”引力”を秘めたバンドらにより構成された、いわゆる”俺の界隈”に属した音楽を聴くワケッ理由ッ答えッというのは、全てジャンヌダルクにあると言うても決して過言じゃなくて、その”キッカケ”となった”引かれ合い”を演出してくれたJDAには、今ここで最大限の感謝ッと最大限の敬意ッを表したい。そして、本作『2012』を聴く事により”俺の感性”の原点そして今の立ち位置、その根本的な部分を改めて身近に感じ、なお一層に理解ッすることができた。もし、その”原点”がラルクだったらまた違った感性/嗜好になってたと思う。そう、全ては”ジャンヌ・ダルク”から始まったからこそ今ッがあり、その今ッ俺が聴いている音楽との確かな繋がりを、本作から嫌でも感じる事ができるんだ。サンキューヤッス。

『2012』(DVD付A)
『2012』(DVD付A)
posted with amazlet at 12.08.18
Acid Black Cherry
motorod (2012-03-21)
売り上げランキング: 2224
Acid Black Cherry TOUR 『2012』 (DVD2枚組)
motorod (2012-10-17)
売り上げランキング: 30

The Rasmus 『S/T』 レビュー

Artist The Rasmus
The Rasmus

Album 『The Rasmus』
st

Track List
1. Stranger
3. It's Your Night
4. Save Me Once Again
5. Someone's Gonna Light You Up
6. End Of The Story
7. You Don't See Me
8. Somewhere
9. Friends Don't Do Like That
10. Sky

北欧フィンランドを代表するロックバンド、The Rasmusの約四年ぶり通算8作目にして初のセルフタイトルの名を冠した本作『The Rasmus』なんだけど、おいらも一時期超ハマっていた、彼らの人気を確たるものにした2003年作の名盤5thDead Lettersのプロデューサーマーティン・ハンセンを再び迎え入れた本作品は、東京でMV撮影がされたという#2”I'm A Mess”を筆頭とする、”ポップさ”を全面に押し出したデジタル風味な作風となっており、”あの頃”の実に北欧的な良い意味で田舎くさくて陰湿でゴスちっくな雰囲気というのは希薄で、本作品はVoラウリ・ヨーネンのソロ活動の影響も多少はあるのか、北欧という暗いイメージとは対極にある爽やかな哀愁と明るくポジティヴなメロディを擁した、俄然オルタナ/ユーロポップ寄りの綺羅びやかなサウンドへと変化を遂げ、そう、つまり本作が2001年作の4th『Into』への”回帰”とされているワケを嫌でも理解ッさせる一枚となっている。かのデスモンド・チャイルドを迎え、ヘタにシンフォニック・メタルの要素を取り入れた結果”コレジャナイ感”が多少なりともあった、要するに”全方位中途半端アルバム”(とか言いつつその年のBESTに入れてるんだよなぁ・・・)の7thBlack Rosesよりは作品の一貫性や完成度はある。が、”The Rasmus”=『Dead Letters』というイメージが強い人には少々物足りなさが残りそう。確かに、”あの頃”の”歌謡バリのドロドロ哀愁”=”北欧ロマン”は感じられないし、近年のダークな作風とは一線を画してはいる、がしかし本作の楽曲はどこを取ってもラスマスであり、それはS/T名義からも明らかで、4thへの”原点回帰”を謳った本作品も、もう一つのラスマスとして十分に楽しむことができる。そして過去最高に大衆向けっぽい作品でもある。

 ”あの頃”のラスマスとの決別を宣言する#1”Stranger”、シングルの#2”I'm A Mess”からして”アリーナ級”のポップサウンドを見せつけ、ユーロポップ的なサウンドとラスマスらしい哀愁がロマンティックに融け合う#3”It's Your Night”、ラウリの歌がいつになくエモい#4”Save Me Once Again”までの頭4曲や#6”End Of The Story”なんかは”サスガ”のメロディを聴かせるんだが、それ以降は如何せんメロが弱い印象。前作でも思ったが、後半の曲がイマイチパッとしない所も、実にラスマスらしいというわけで納得。つうか、#2とか五輪のテーマソングに使われそうな雰囲気あるな笑・・・そんなわけで、名盤5thや6thの感じを期待するとアレだが、4th『Into』への原点回帰を謳った前向きなラスマスも悪くない。少なくとも、妙な”ぎこちなさ”が残った前作よりはサクッと気持ちよく聴けます。



Rasmus
Rasmus
posted with amazlet at 12.05.11
Rasmus
Universal (2012-05-01)
売り上げランキング: 37067

Nickelback 『Here and Now』 レビュー

Artist Nickelback
300785_10150303555137086_6248267085_7713014_1346699910_n

Album 『Here and Now』
387502_10150405370562086_6248267085_8250404_1209434003_n

Ttack List
1. This Means War
2. Bottoms Up
3. When we Stand Together
4. Midnight Queen
5. Gotta get me Some
6. Lullaby
7. Kiss it Goodbye
8. Trying not to Love You
9. Holding on to Heaven
10. Everything I Wanna Do
11. Don't Ever Let it End

カナダが誇るモンスターロックバンド、Nickelbackの約3年ぶりの通算7作目『Here and Now』なんだけど、その年の俺的BESTにも入れた前作のDark Horseは、マット・ラングをプロデューサーに迎えたことによりデフレパライクな80sHRテイストとニッケルらしいグルーヴィな骨太ロックが絶妙な相性で調和した、いわゆるカーS◯X・ミュージック界の傑作だったけど、本作の#1”This Means War”と#2”Bottoms Up”からしてそのグルーヴィで骨太でダイナミックな極上ロックは健在で、バックスっぽいゲイコーラスを擁したアコースティックバラードの#3”When We Stand Together”、小刻みなGリフが気持ちいい勢いに溢れた#4”Midnight Queen”・・・と、とりあえずココまでの流れは前作ほどではないものの確かにイイんだが、しかし名馬だったDHの対抗馬となりうる曲は#1くらいで、如何せんそれ以降はDHの馬フンにもならないような残念な印象。しかし#1だけはGリフがグルーヴ・メタルばりにカッコイイです。

 ・・・要するに、丼→『前作が凄すぎただけなんや・・・』、マシへ→『前作が凄すぎただけなんや・・・』、ニッケル→『ゼンサクガーゼンサクガー』、というわけですね。それにしても今年のRR系のハズレっぷりは・・・どういうことだってばよ!

D

Here & Now
Here & Now
posted with amazlet at 11.11.22
Nickelback
Roadrunner Records (2011-11-22)
売り上げランキング: 80
記事検索