Next Stage

司法書士・司法書士受験生のために。 報われないかもしれないところで、誰も見ていない努力をする人を応援するためのブログ。

Next Stage イメージ画像

更新情報

⑤合格は義務ではないと思う。 義務にしてしまうと、変に気負ってしまって、 平成26年本試験当日の私のように、「本試験の魔物」にやられてしまいす。 こいつにロックオンされると、その年の合格は絶望的です。⑥本試験が怖くなくなった。 この1年は穴がないよ

択一実践の民法が終わりましたね! 3回受けてみて みなさんどうでしょう~? 順調な人も、なかなか思うように 結果が出せなかった人も、、、 いろんな想いを込めて、3回を終えて、 次は不動産登記の択一実践に 挑もうとしてる思います。これは、僕が受験時代、や

みなさま、初めまして。 平成28年に合格しました、 大阪在住の阿部理恵と申します。 早いもので、 もう去年の合格者になってしまいました。 今日は、私の長かった受験生活(6年)を振り返って、ご合格した年だけいつもと違った点を ピックアップしてみました

こんばんは。齋藤です。 編集長のただならぬ熱意におされ、 ブログを更新させていただきます。 今回は実務での最近の驚きを お伝えしたいと思います。 それは登記情報提供サービスで インターネット謄本を取得した場合、 照会番号取得1通として取得して

みなさん,こんにちは。髙橋智宏と申します。 ブログ移転後最初の投稿となりますが,どうぞよろしくお願いします。   司法書士試験の学習において,やってはいけないのは「なんとなく」学習することです。 「何を,どのように,どんな順序で学習すべきなのか」。この学

③つくばでの前期中央新人研修について前期は3日間、全国の合格者がつくばと神戸の2会場に分かれて開催されます。(ちなみに後期は4日間、全国8会場で開催)つくばでは約350名の合格者が国際会議場に集まり、実務家の司法書士・弁護士、大学教授の先生方の講義を受け

それでは、まとめに入ります。 私からまとめとして皆さんにお伝えしたいことは二つです。 一つは、答案構成という手法は誰のためのものか、ということです。 皆さんが今後記述の学習をする際、答案構成に対する批判的な意見を耳にすることもままあるかと思います。ですが

新年あけましておめでとうございます。皆さん初めまして、平成28年度合格の香取里佳子と申します。編集長の阿部さんとご縁があり執筆の機会をいただきましたので、僭越ながら投稿させて頂きます。私は弁護士事務所で勤務しながら6回目の受験でようやく合格し、現在は退職

あけましておめでとうございます。ついに答練も始まりますね!一気に緊張感が増すと思います。答案構成ですが、ぜひ、みなさん、ここまでの時間を短縮する練習してみてください。それはどこまでかというと「現況把握」です。正確かつなるべく早く必要な情報を答案構成に落と
『答案構成の練習:武藤竜太さん』の画像

さて、ここからがメインテーマとなる、「事前準備」についてです。 私が事前準備をする上で、意識をしていたことは主に3つです。 一つ目は択一の方法論の確立、二つ目は本試験現場を意識した勉強、三つ目は自身の弱点の把握、です。 はじめに一つ目について説明していきま

↑このページのトップヘ