こんにちは。

岡田瞳です。

 

今は年明け答練が始まり、
受験生の方々は頑張って
勉強されている事と思います。

 

結果が出ている方もそうでない方も、
たんたんと勉強に向き合って、

一つ一つ実力を積み上げていってくださいね。

 

さて、今回は私が合格前に知っておきたかった
研修の情報についてお話したいと思います。

お時間のある時に気分転換にでも
お読み頂ければと思います。

司法書士試験に合格しますと、
様々な研修を受ける事になります。

私がまず戸惑ったのは〇〇研修
というものがいくつも存在する事です。

 

受験時代私もよく耳にしていて、
合格後は何やら忙しいみたいだな、

ぐらいにしか思っていませんでした。

なので、研修をこなしている現在も、
これが噂のあの研修なのか、と言った形で、
めまぐるしく研修をこなしていっています。

 

さて、研修がどういった形で
進んでいくのかと言いますと…

 

東京で登録される方の研修スケジュール

12月東京司法書士会新人研修会、中央研修前期

1月関東ブロック研修、中央研修後期

2月特別研修

 

以上で全部で4つの研修を受ける事になります。

(東京は配属研修が任意なのでここでは省略します)

同期で最速で司法書士登録をした方に聞いたところ、
12月の東京司法書士会新人研修を受け、
修了認定を受ける事を前提として、
東京で登録が可能だそうです。

修了認定前に登録ができる事にもびっくりしました。

 

12月、1月の研修は実務全般の研修で、

2月の研修は簡裁訴訟代理等能力認定考査の
資格を得るための研修です。

 

私は合格して一つ誤算がありました。

研修費がけっこうかかるという事です。

上記研修で255000円ほどかかります。

先輩司法書士の先生の話ですが、
研修のためのローンもあるようです。

 

そして今現在、4つ目の研修の特別研修中です。

事前課題がかなりボリュームがあります。

フルタイムで仕事をしながら、
研修をこなさなければならない人はかなり大変な

カリキュラムであると感じています。

 

いろいろと大変な研修ではありますが、
1月に東戸塚で行われた関東ブロック研修は

合格者約270名が受講しており、
ホールのような所で研修を受けましたが、

このような機会はなかなかないので
とても感慨深かったです。

お昼ご飯は研修費に含まれており、
ちょっとびっくりしました。

合格し、研修を受ける際は
楽しみにしていて下さい。

 

合格してからも勉強の日々ですが、
頑張るか頑張らないかは自分次第です。

受験勉強を頑張られているみなさま、
今の努力を実らせた合格後はどんな自分で

ありたいか、勉強に疲れたときなど
ちょっと想像してみて下さい。

 

頼もしい同期や新しい出会いが
あなたを待っています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。