こんにちは、株式会社NEXT STAGEです。

まだまだ緊急事態宣言の渦中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

コロナ禍で転職市場は複雑に変化してきています。
変化した内容を紹介いたします。

①求人数の減少

職種・業種によって大きく違いはありますが、大きく減少した職種・業界は、
職種:製造、事務、販売、接客
業種:飲食・運輸・観光・サービス・自動車

逆に開発・設計職といった職種、IT業界・ゲーム業界・医療・健康業界は大きく求人数を増加しました。


②採用活動のスピードアップ

WEB面接が主流となり、採用までのスピードがアップしました。

求職者は、従来は面接に参加するために休暇を所得する必要があり調整のために期間がかかったり、参加を辞退するケースがありました。
コロナ
禍によりWEB面接およびテレワークが増えたことで効率的な時間運用が可能となり、日程調整もしやすくなりました。

求人企業にとってお、WEB面接にすることで採用担当者や人事決裁者が一同に会する必要がなくなったため、日程調整がスムーズになったため採用活動がスピードアップしました。


③採用のハードルアップ

先行きが不透明になったことで、採用企業側で採用に対して慎重になる傾向があります。
コロナ禍前は、人手不足傾向が続いていたため、採用要件を完全に満たしていない場合でも、採用に至るケースが少なからずみられていました。

コロナ禍後は、見込み採用のようなケースは大幅に減少していると体感しています。また、業績不振のため中途採用をストップする場合も増えてきました。


④転職希望者の希望条件の変化

リモートワーク・在宅勤務など、希望条件に働きやすい制度を上げる求職者が大幅に増加しました。

リモートワークや在宅勤務は、コロナ禍前は希望条件にあがることが全くなかった要素です。
通勤よる感染のリスクを回避でき、自由時間を増やすことができるリモートワーク・在宅勤務ができる企業を選択する傾向は、さらに増加すると言われています。

また、副業可能な企業の人気も高くなっています。



2021年の転職はこまめた情報所得が重要です!

以上見てきましたとおり、2020年現在は、過去に経験がないほどたいへん複雑な情勢となっています。
2021年に転職を成功させるには、情報収集が今まで以上に重要となります。

ご自身で、インターネットを中心としてこまめに情報収集をされるとともに、人材サービス会社を上手に活用して、効率的な就職活動をされることが転職成功への近道です。

ぜひご参考にしてください。


株式会社NEXT STAGE
〒266-0003 千葉県千葉市緑区高田町
代表取締役 石田智樹
TEL    070-4517-0288
MAIL          info@next-stage.chiba.jp
Web Site    https://next-stage.chiba.jp/