>>1の通訳連れてきて

寝起きで頭が回らず冒頭の一文に5分も費やしている

という冒頭の一文


文章書くことが相変わらず苦手だ

特別書くことが無いとか、読みやすい文章を書けないとか

そういう訳ではなく、書く事をまとめるのがとにかく苦手のよう

書きたい事を考えているうちに

書きたい事と関連した何某がでてきて

それも書かなければ、と思うと本来言いたい事が薄れてきて・・みたいになる

よくよく考えるとこの現象は文章書くときに限った話じゃなくて

普通に人と喋る場面でもよくある

そういえば以前やっていた就職活動の面接で

始めこそ学生時代に頑張った事を話していたはずが

気づいたらハロー効果という心理効果について力説していた事があった

そして当たり前の如くその企業は落ちた、というか何処も受からなかった


そんなこんなで今は大学院生をやってる訳だけども

プレゼンや研究報告などの機会でも

いつの間にか一人だけファンタジーの世界に紛れ込んだかのように喋っている

これは割とマジで由々しき事態ではないかと

最近になってやっと思い始めたが、今まで気づかなかった時点で既に

俺の脳は殺人アメーバにでも犯されているかも知れない、これが脳姦ってやつか

色々と対策を練る前に、まずは脳神経外科からですかね

ブログ始めました的なアレ

どうも、ブログスレを拝見していると自分も書きたくなってきたので始めた

見切り発車で始めたし、何もコンセプトとか決まってない

他のブログ書いてる人を見ると、何かしら趣味の話を軸として記事を書いているようだ

ところがどっこい私には趣味と呼べるような趣味がない

『完璧主義』と『飽き性』と決して組み合わさってはならない二つの側面を合わせ持つ私は

DQ3は始めの性格を決める段階で

全てのパターンを見ないと気が済まなくなりその途中で飽き、

割と続いた趣味である麻雀も

実力向上を目指して戦術本に手を出し始めた挙句、

すぐさま積み本と化し、部屋のインテリアとして異彩の輝きを放っている

そういう人間なのです


ただ幼少期から変わらず、ずっと続けているように思う癖?習慣?がある

それは、なんか言うのも小っ恥ずかしいが、考えごとをすること的な何かだ

(人は『的な』とか『何か』等と物事を曖昧に表現して自己防衛をしているらしい、今のそれ)

昔からよくボーッとしているなと言われてきたが、

何も考えずにそうしていたのではなく、何か物事に思い耽っていた事が多かった様に思える

しかも大概が目の前の現実とは全くかけ離れた何かを考えている

例えば進路相談をしている時に、おっぱいと宇宙の相関について考えていたり等だ

こんな性格のせいで損した事は計り知れないが、そういう人間なので仕方ないと諦めた

なので、このブログでは日頃考えたしょうもない事を垂れ流すような場にしていこうと思う

考えるだけ考えて大して詳しく調べたりはしないので、

自分の持つ知識量に依存し、その筋に精通してる人には滑稽な文章になる事もあると思うけど

それは温かい目で黙殺して欲しい、たまには罵詈雑言を浴びせて辱めるのも悪くない


こんな大して内容もないブログにも30分近く時間をかけている現状、

果たしてこのブログもいつまで続くのだろうか、乞うご期待
ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ