2020-07-24_13-39-35

最近はコミュニティFMでゲームのお話とかしてるんですけど、
正直あんましゲーム出来てないなーとか思ってる今日この頃。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

そんな中で4連休&嫁さんが実家に子供を連れていくイベントが発生。

久しぶりになんかやるか!と言う事でプロジェクトEGGで
ガリウス買って4連休で配信でもやろうかなと思ったら
1日でクリアしてしまい、いきなりの燃え尽き症候群。



このままではいかんと、昔PC88で遊んで雰囲気がとても好きだったけど
クソ難しくてクリアできなかったゲーム
ザ・スクリーマー」にリベンジをする事にしました。

このゲームの世界観、よく「北斗の拳」とか言われるのですが、
どちらかと言えばフォールアウトシリーズの方が近い気もします。



ま、それはさておいて。
早速初めて行きましょう。

オープニング

「君は災害都市に立っている。
ビーストシティには生物学的な知性に基づいた人工的システムが存在している。
我々はそれを”BIAS”と呼んでいる。
BIASで何が起こっているのか誰も知らない。
BIASの深い息吹が君にも聞こえるか。
ここで生き残るためには……
血まみれになり、人間を辞めろ」

2020-07-24_13-37-04


キャラ紹介。
2020-07-24_13-37-09
ジパングさん。
28歳。

28歳!?
2020-07-24_13-37-13

2020-07-24_13-37-19
セコンドキラーさん。

なんか荒野で小型のヘリとか乗ってませんでしたか?
2020-07-24_13-37-21

マッドマックス2 日本語吹替音声追加収録版 [Blu-ray]
パーノン・ウェルズ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2019-12-18



2020-07-24_13-37-28
ジャンクスさん。

この風格で40歳。
2020-07-24_13-37-30

2020-07-24_13-37-37
チーフさん。

脳みそチェンジとかしてるんでしょうか。
2020-07-24_13-37-39

2020-07-24_13-37-46
ラットさん

12歳。

12歳……。
2020-07-24_13-37-48

2020-07-24_13-37-55
モンスターマーダーさん。

別にセックスしてるカップルを最初に殺したりはしません。
2020-07-24_13-37-58

2020-07-24_13-38-04
ナチさん。

このゲームのメインヒロインです。

たぶん。
だって他に女性いないし。
2020-07-24_13-38-07

2020-07-24_13-38-13
サムライさん。
2020-07-24_13-38-16

そして……。
2020-07-24_13-38-18

バン!!
2020-07-24_13-38-21
スタッ
2020-07-24_13-38-25
チャッ
2020-07-24_13-38-28

君だ……。
このキャラを作れ。

性別とかは選べないぞ。
2020-07-24_13-38-36
こうした個性豊かな様々なキャラクターと
時には協力し、時には敵対しながら
地獄のBIASで戦い抜け!!
2020-07-24_13-38-44
……というのは嘘です。
uso
たまに会ったり情報交換とかアイテム交換とかするだけの人たちです。

なのになぜこんなに無駄に個性豊かなのか。
いや、すげー雰囲気好きですけど。

タイトル画面
2020-07-24_13-39-35

君がビーストシティの入り口にやってくると、
門番が話しかけてきた。
「お前は既に登録しているスクリーマーか?
それとも新人か?
何せ命知らずが多くてね。
顔を覚えきれないのさ……」
2020-07-24_13-39-49

これは何を聞いているのかと言えば
新人=キャラクターメイク
登録済み=ロード
です。

当然始めたばっかりなので新人を選んでキャラメイクします。

門番「OK,ボーイ。
お前の名前を言いな。
その瞬間にスクリーマーの一丁上がりって訳さ」

さあ君の名前をキーボードでインプットしてくれ。
ここから君の冒険がはじまる!!
2020-07-24_13-40-43

2020-07-24_13-40-59

NEZUOっと……。
門番「この名前でリストに登録するがいいのか?」
2020-07-24_13-41-10

はいっと。
門番「よし、今からお前さんはスクリーマーだ。
がんばれよ!」
2020-07-24_13-41-15

ビーストシティの中に入りました。
とりあえず一番大事な施設に行きます。
それは”首屋”です。
2020-07-24_13-44-20

首屋「おや、いらっしゃい。
どうだいアンちゃん、稼いで来たかい?
どれFRDを見せてくれ。
どのくらい稼いだか調べてやるから……。
ほら早く見せな。アンちゃんわかってんだろ?
FRDっちゅうのは
ファイティングレコーダーデバイスのこったよ」
2020-07-24_13-44-27
胡散臭い店の親父ですが、よく来る事になります。

とりあえず見せるコマンドを選ぶと……。
おめえデバイス持ってねえじゃねえか!!
そんな奴には賞金は渡せないぜ」
2020-07-24_13-44-50
怒られました。
(´・ω・`)

次にFRDをもらうコマンドを。
首屋「ホラよ。持ってきな。
アンちゃんも知ってるとは思うが、一応説明しておくよ。
FRDっちゅうのは正確にはファイティングレコーダーでバイスと言って、
お前さんの戦いの記録を録画しとくビデオみたいなもんなんだ」
2020-07-24_13-44-58
このゲームが発売された1985年はまだVHSとかの時代なので、
そんな便利なモノがあるとかなんだかスゴいです。」

首屋「こいつが無いとモンスターをぶっ倒したところで、BPはあがらんし、金も手に入らないってわけだ。
いいか。BIASに入る時には必ず身に着けろよ。
見せる時は別に外さなくていいから」
2020-07-24_13-45-06

お次に武器屋に行きます。
とりあえずニンジャシューターと言う武器だけ買っておきます。
2020-07-24_13-47-05

武器屋「ヒッヒッヒまいどどうも。
ほれ、受け取ってくれ」
2020-07-24_13-47-11

いよいよこのゲームの目的地、
ダンジョンであるBIASの前に来ました。
ここはスクリーマーたちが準備をする場所です。
装備品の装備とかはここでします。
2020-07-24_13-48-03
とりあえず攻撃手段であるニンジャシューターを装備。
FRDも装備しなければ、敵を倒しても一切BP増えないし、
ダンジョンに入っても無駄になります。
2020-07-24_13-48-23

門番「ようボーイ。今日もお勤めかい?
毎度ご苦労だが、まあしっかり稼いでくるんだな」
2020-07-24_13-48-36

門番「ところで許可証は持ってるんだろうな?
許可証には”DATA DISK2”と書いてあったはずだが。
持ってるんならそいつをドライブ2に入れてスペースキーを押してくれ」
2020-07-24_13-48-41

昔のゲームなのでディスクの入れ替えとかやらないとなのが
面倒と言えば面倒なのですが、
単なるディスクの入れ替えを「許可証を入れろ」とか言ってくるのが
センスあると言うか、これからダンジョン内に入っていくぞと言う期待を
すげえ高めてくれますね。

でもこれは今の時代に発売された奴ですしオートで対応したりしてるのかな?
と思ってそのままスペース押してみました。

門番「おいおい間違えるなよ。
こいつは許可証(ディスク2)じゃないぞ!
そんな事じゃ一人前のスクリーマーにはなれないせ!
おちついて、もう一回やってみな。
2020-07-24_13-48-52
そんな甘くはないか。
やりなおしました。

門番「よし、ゲートをオープンするぞ。
ここから先は地獄の一丁目って訳だ」
2020-07-24_13-49-03

jigoku

BIASの中はこんな感じ。
2020-07-24_13-49-38

ちょっと歩くと敵モンスターが。
2020-07-24_13-49-20


こんなのとか。
とりあえずはザコではあるのですが油断は禁物です。
2020-07-24_13-49-50

ちなみに戦闘シーンは軽いアクション要素のあるモノとなっており、
上手い事やればこっちのダメージは0で敵を倒すこともザラではあります。
2020-07-24_13-50-06
ミミズは最弱の敵で、BPも6とか安いです。

2020-07-24_13-51-18
ちょっと固い火の玉っはもう少し美味しい感じ。
序盤はときかくひたすらBP貯めてハンター(レベル)アップ
上昇を目指します。

ちょっとダメージ食らっちゃったので、街に戻ります。
2020-07-24_13-51-38

帰ってくる時はこの画像が流れます。
生き延びて帰って来たよろこび。
2020-07-24_13-51-46

で、首屋さんにFRDを見せると、
稼いだBPに応じたお金をくれます。
2020-07-24_13-52-04

2020-07-24_13-52-08
また、一定以上にポイントを稼いでいると、ついでにハンターランクも上げてくれます。
HPとか攻撃力とか。
首屋さんは「レベルアップして金くれるおじさん」なのです。

超うさんくさいお医者さん。
大友克洋っぽい。

医者「よう若いのどうした。バイアスの中のかわいこちゃん達に
だいぶかわいがられたようだな。
よし、診察してやるから見て欲しい所を言いな」
2020-07-24_13-56-07
医者「よっしゃ治療してやろう。
値段は1ポイントにつき5クレジットだ。
いくら払うね?」
2020-07-24_13-56-14
このゲームにおいて体力は1晩5ゴールドの宿屋に泊まれば
HPもMPも全回復してくれるようななまっちょろいモノではありません。
5クレジットにつき1ポイント、この医者に頼って回復する以外の体力回復手段はありません。※1


とりあえず帰って来たのでセーブします。
セーブは「街から出る」というコマンドが該当します。

「ヘイベイビー、おうちにお帰りかい?
おまえさんのデータは取っておくから、また戻ってくるんだな。
BIASはいつでも歓迎してくれるぜ!」
2020-07-24_14-08-04

んで、ロード画面は登録済みのスクリーマーを選ぶが該当します。
門番「おやおやお帰り!
隣町までショッピングにでも行ってきたのかい?
さあやつらに君の名前をつげてくれ。
そこから新たな冒険がはじまる。

それとも、尻尾を巻いて逃げるかい?」
2020-07-24_14-08-25

門番「お前本当にこの名前だろうな?」
2020-07-24_14-08-33
門番「OK確認した。
お前を登録済みのスクリーマーとして認める。
通ってよし。
今度一緒に酒でも飲もうや!
まあ、お互い生きていたらの話だがな……。」
2020-07-24_14-08-36

そんなこんなでBIASに潜る事数回。
ちょっとお金を稼いだので新たな武器ハンドボムをゲットしてみました。
2020-07-24_17-17-53

武器屋「ヒッヒッヒまいどっどうも。ホレ受け取ってくれ」
2020-07-24_17-18-00

しかしこのハンドボム、使いづらいっす。
なんやかんやあって、BIAS内で死んでしまいました。

「君は力尽き死んでしまった。
しかしビーストシティは新たなる戦士の出現を待っているぞ。
もし君が真の勇者ならば、もう一度最初からやりなおしてくれ」
2020-07-24_17-22-56

あははは、死んでしまいました。
さてセーブしたところからやりなおし。

……はできません

え?どういうこと?

このゲームを伝説たらしめた仕様のひとつとして
ダンジョン内で死亡した場合、どのような場面であっても。
たとえそれが死ぬほど苦労してたどり着いたラスボスに負けたとかそういう場面であっても
死んだらキャラデータは消されます
現実で死んだらやりなおしだとかリセットボタンだとかは無いのです。
このゲームで死んだら死ぬのです。
救済処置は一切ありません。

最初からやりなおしてください。

ウィザードリィですら救済処置はあるのに。

hidoi


※1 回復アイテムとかもあるけど少なくとも序盤は医者の方が安い。
あと後半にやっと知ったのですが、ダンジョン内で止まってるとちょっとずつ体力回復します。
ただし敵も出てくるので放置して帰ってきたら死んだりします。
序盤は金も惜しいですし結局ダンジョン内でがんばらないといけないので、そっちの方が良いかも。

伊丹十三DVDコレクション お葬式
津川雅彦
ジェネオン エンタテインメント
2005-08-24