ねずねずお 怒りのゲームロード

古めの家庭用ゲーム等のプレイ日記的な奴になっています。 ねずねずおさんはラジオパーソナリティだよ。本当だよ。 ボードゲームメインのブログだった筈が、 あまりにも一緒に遊ぶ友だちとかがいないので家庭用ゲームメインな感じに。 でもボードゲームの事とかも気が向いたら書き散らしたりします。

2015年11月

このブログはボードゲームがメインのブログなんだよ。
でもね。
ボードゲームって実際に会って一緒に遊ぶ友だちが必要なんだよ。

さてここでねずおさんのスペックを見ていきましょう
・田舎在住
・出不精
・性格悪い

そんな訳でボードゲームとか普段遊べないの!!

嫁さんはいるけど、あんましゲームやらないし、
やっとゲームで遊んでくれたと思ったら立体ピクロスハマって3DSを取り上げられる始末だし。
かわいそう

……まあ、それは仕方の無い事なので(改善とかする気はあんまし無い)
一人でピコピコゲームやるしかないよね。

ゲームブログはじめちゃうぞーッ。

タイトルは思いつきな程良い。
特に怒りとか抱いてないけど、面白い映画タイトルには乗っておこうね。

「怒りのゲームロード」でいいや。
異論は無いね。あっても知らないよ。

じゃあ第一回はこちらのゲームを紹介しちゃうぞ。
タイトル画面
「キラキラスターナイト」だ!

知らない
と言うような人も多いと思うんですけど、
ファミコン最後のソフトが出てからも同人で結構ファミコンのタイトルって出てるんですよ。
バトルキッドとか。

そんな中で、このゲームは2013年に出てるんですね。
販売形態が本あって。
その中にCDがついてて
更にその中に.exeと.nes形式でゲームがあると言う物。

ここでポイントなのが.nes形式で、PCのエミュレータとかで遊ぶ事も出来る訳ですが、
今ナウなヤングが巷でフィーバーしまくってるのが
皆さんご存知レトロフリーク。

.nesはこのレトロフリークで動くんだよ!
こいつは互換機なんだけど、割りと実機で遊んでるような気分にさせてくれる素晴らしい奴だ。

大事なのは「ファミコン風」とかじゃなくて、
ちゃんとファミコンそのものとして動くゲームだって事なんだよね。
なんとロムカセット版も存在するそうで、
まさに世はファミコン全盛期ってな物なんじゃないかと思っちゃうよね。
何言ってんだ

で、ゲームの内容としては
1面道中
画面はこんな感じ。
真ん中の紫のが主人公。

で、画面の至る所から星が降って来まして。
星が出てきた
ジャンプとかしてそれを取るだけです。
ジャンプ出来るぞ
時間が切れるまでにノルマ以上に星を取っていればクリア。
ステージ1クリア
時間が切れた時点でノルマ越せなかったらゲームオーバー。
ゲームオーバー
内容自体はシンプルなんですが、
音楽の良さと、レベル1(ノーマルモード)では
アドリブだけで初見全面クリア出来ちゃうぐらいの難易度なんで
すぐに楽しめます。
高いジャンプも
ハイジャンプとか
壁ではねかえる
斜めジャンプで画面端に当たると三角飛びするんで、
そうしたテクニックを使って全10面のクリアを目指しちゃおうね。

クリア時のご褒美画像も全部かわいいのでステージ2以降も貼っちゃうぞ。
ステージ2クリアステージ3クリア
ステージ4クリアステージ5クリア
ステージ6クリアステージ7クリア
ステージ8クリアステージ9クリア
エンディング。お疲れ様でした。
エンディング
とにかくキャラがかわいいのと、
クリアを目指すだけなら誰でも遊べてしまう難易度なので、
オススメ度は高いです。

また、クリアしてからも
星が出てくるセットを全回収するごとに得点がおまけでプラスされる
ダライアスみたいなシステムを採用している為、
お友達同士でスコアアタックとかするのも熱いかもしれないね。

なんとまだ手に入れる事が出来るので、皆も買っちゃおうね。

面白いよ。
http://d-stage.com/shop/detail.php?seq=44711

※12月4日に確認したところ品切れになっておりました。
再販情報とかあったら、また更新したいところ。

公式
http://kirakira-star-night.riki2riki.com/

家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ



ゲームマーケット2015秋お疲れ様でした!
スペース
写真ブレブレですが、割りといつも通りの感じです。
前々回の初参加の時は忘れてて、
前回は忙しすぎてスペースの写真撮れなかったので、
今回やっと撮ることが出来ました。

ポスターとか用意すると綺麗なのですが、
そんなに絵も上手くないですし、インパクト重視とコスト格安の
習字アピールです。

ちなみに初回は「だいなし」
前回は「正義は悪だ!」と書いてありました。

今回はゲーム名ではなく、キャッチフレーズ的な感じなのは
単純に書くスペースの問題です。
おつかれ

新作リボルバールーレットは多くの方に触れていただけまして、
序盤はプレーンなルールとダイスルールやブラフルール等を回していたのですが、
スペシャルカードを入れたルールの方が皆さん楽しんで頂けていたように思います。

この辺り、最初からそっちの方をアピールしておけば良かったかなと
反省する部分も多いのですが、
後半になって、僕の方も解説が慣れて来てからは
より楽しい部分がアピール出来たのではないかと思っています。
楽しそう
特に評判が良かったのはこちら。
黄泉よりの声
「黄泉よりの声」カードです。

とにかくすぐにプレイヤーが死んでしまうゲームなのですが、
死んでしまってからの暇な時間でも
ゲームに積極的に参加して頂けることが出来る部分が良かったのかなと
思っております。

また、殺伐とした内容のようでいて、
ゲラゲラ笑えるパーティゲームだったりもするので
意外と女性の方の評判が良かったりもして、
制作した者としては嬉しく思います。

皆さん本当にありがとうございました。
ありがとう

また神戸ゲームマーケットにも参加する予定ですので、
よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ