muri
第5章
「ベル船長」
サブCはジョーンズ博士の居場所を探索するが……。
海峡が進路を阻む!!
StarTropics (USA)-326
海峡って言うか船が邪魔して進めません。

「迂回すればいーじゃん」と思わなくも無いですが、
左右両サイドとも浅瀬になってて迂回も不可能です。
画面下の方は無限ループになります。
StarTropics (USA)-327
とりあえず島の村へ。
StarTropics (USA)-329
村民「ここはベルコッラだよ!」
StarTropics (USA)-332
少年「僕はキャプテンベルみたいなヒーローになりたいんだ……」
StarTropics (USA)-333
少年「もちろん僕らの”島祖”イギリス人キャプテンベルの事は知ってるよね?」
StarTropics (USA)-334
他の人にも話を聞きます。
少女「私のパパはお飾りなんかじゃないわよ!!
彼は私たちの”島祖”なのよ!!」
StarTropics (USA)-335
婆さん「私は島で2番目の高齢者。
128歳なのよ」
StarTropics (USA)-336
島兵「誰だお前?あっち行け!!」
StarTropics (USA)-338
フラグを立てないと入れない奴ですね。
しかし通せんぼ好きだなこのゲーム。

島民「今朝早く釣りに行ったんだ。
”早起きは三文の得”ってな!」
StarTropics (USA)-339
おじさん「海峡を通るのはムリじゃぞい」
StarTropics (USA)-341
作曲家「やあ。僕はすごい作曲家なんだよ。
僕の歌知ってる?
”ミ・ソ・ミ・ベル・ミ・ソ”」
StarTropics (USA)-342
この辺りでフラグが立ったらしくて、
通せんぼが解除されます。
島兵「おっ、C島から来たのかい?
僕らの酋長が君を待ってるよ」
StarTropics (USA)-346
中に入ります。酋長がいました。
StarTropics (USA)-347
酋長「マイク。ワシがベラコッラの酋長だ。
伝書鳩を通じてCアイランドからの手紙を受け取った」
StarTropics (USA)-348
酋長「コラコッラの酋長が海峡の秘密をワシに聞いてきたのだ」
StarTropics (USA)-349
酋長「だがワシは承知しなかった……。
マイク、君は秘密を守れるな?」
StarTropics (USA)-351
   はい 
ニア いいえ \ピッ/

酋長「無理!?
無理なら秘密はしゃべらんぞ!!」
StarTropics (USA)-352
まあそりゃそうだと言う反応になりました。
今度はちゃんと答えましょう。

酋長「秘密を守れるな?」
StarTropics (USA)-353
ニア はい \ピッ/
   いいえ
酋長「よしよし、信用しよう。
耳をかっぽじって聞くがよい」
StarTropics (USA)-354
酋長「1680年。
この島を侵略する海賊と
イギリスのベル船長との戦いがあった……」
StarTropics (USA)-355
酋長「彼は自らの船を犠牲にし、海峡を塞いだのだ」
StarTropics (USA)-356
酋長「それからと言うもの、ベル船長は
”島祖”として知られるようになったのだ」
StarTropics (USA)-357
酋長「しかし彼は海峡を開く為に
洞窟に秘密を残した」
StarTropics (USA)-359
酋長「マイク。ベル船長の洞窟に入るのは簡単なことではない。
”ピーター”の助けを借りるのだ」
StarTropics (USA)-360
酋長「じゃ、そういう事で」
StarTropics (USA)-361
ピーターと言う人物の助けを借りて洞窟に入らなければならないようです。

以上の情報を得たうえで島を歩いていると、
なんか鳥がいました。
StarTropics (USA)-362
鳥「ハロー!ハロー!!
ボクがピーターだよ!ハロー!!」
StarTropics (USA)-363

 お 前 か よ 。

ピーター「オミヤゲ無いならシャベラナイ!!
オミヤゲ無いならシャベラナイ!!」
StarTropics (USA)-364
イラッと来る鳥です。
お土産的な物をもっていかないとダメなようです。
しばらく周囲をうろつきます。
StarTropics (USA)-365
StarTropics (USA)-366
StarTropics (USA)-369
StarTropics (USA)-370
StarTropics (USA)-372
StarTropics (USA)-375
StarTropics (USA)-376
StarTropics (USA)-378
StarTropics (USA)-379
なんか小屋がありました。
StarTropics (USA)-380
フック「俺はフックってんだ。
釣りの達人なんだぜ」
StarTropics (USA)-381
フック「釣りのイロハを教えて欲しいかい?」
StarTropics (USA)-382
   はい
ニア いいえ \ピッ/
フック「もしかしてあんたネスターって名前なんじゃないの?」
StarTropics (USA)-383
この部分が意味不明だったんですが、
どうもアメリカの雑誌ニンテンドー・パワーで有名な
ネスターと言うキャラクターがいたらしく、
そう言うネタなのかなと思います。
リンクの冒険の「ユウシャロトココニネムル」的な奴?
たぶん。

https://en.wikipedia.org/wiki/Nintendo_Power#Nester
知らねえよ。
(´・ω・`)

フック「釣りのイロハを教えて欲しいかい?」

ニア はい \ピッ/
   いいえ
StarTropics (USA)-384
フック「おk。
早朝に新鮮なミミズを見つけるんだ」
StarTropics (USA)-385
フック「島じゃこう言う諺があるんだ。
”早起き鳥がミミズを捕まえる……。あと魚もね”ってね!
早起きは三文の得。あとおまけもあるよ的な)」
StarTropics (USA)-386
フック「ほら、新鮮なミミズの方は用意してやったから」
StarTropics (USA)-387
新鮮なミミズを手に入れた!!
StarTropics (USA)-388
フックとの会話は終わりです。

フラフラと進んでみます。
StarTropics (USA)-389
StarTropics (USA)-390
StarTropics (USA)-391
StarTropics (USA)-392
StarTropics (USA)-393
StarTropics (USA)-394
なんか祠だかの建物がありました。
StarTropics (USA)-395
StarTropics (USA)-396
学芸員「私はキャプテンベル記念館を保全してます!
僕ちゃん、その辺りの物にさわっちゃダメよ」
StarTropics (USA)-397
学芸員「さてさて。
オウムのピーターっていたわよね。
あいつの曾じいちゃんはキャプテンベルのペットのオウムだったって知ってた?」
StarTropics (USA)-398
そうなんだ
翻訳が長めになって来たので今回はここまで。



レトロゲーム ブログランキングへ