足慣らし第二弾。先日は雪のない山だったので雪を踏みたくて。

登山口8:45−片折岳10:05−11:00頂上11:15−12:55登山口

利賀村は雪が多く残っていて田んぼは雪に覆われていたりする。登山口の橋を渡るといきなり雪。今年はやはり多いのかな。沢を渡り(水が多くて安全に渡れる場所を探さなければいけない)尾根への道に取り付くと雪はなくなりそのまま1km地点を過ぎてしばらくまで雪は無い。雪が現れてからは片折岳を過ぎるまで快適な雪歩き。ブナ林の中を適度な傾斜を登っていく。片折岳を過ぎ鞍部からの登りあたりで足が重くなる。ここまでは結構軽快に登ってこれたのだが。ここから先の尾根は雪が無くなるところが多くなる。上部では雪は少ないようだ。
頂上には5人ほど。意外と少ない。眺望は霞んでいて北アルプスは見えず。
少し休んで下山。あたたかいからか、自分のトレースはもちろん、すれ違った人達のトレースも溶けてしまってよく分らなくなっているのには驚いた。道が分らなくなることも無いけれど。
13時前に下山。一人だと歩くだけなのでやはり早い。

DSC_0185
登山口。雪がある。
DSC_0172
このあたりの雪歩きは気持ちいい。
DSC_0184
片折岳。2月に来た時より看板はずいぶん上に上がった。
DSC_0177
頂上近くの尾根は雪が無くなる。