登山イベントのスタッフとして参加。

1日目
富山6:00−10:00一ノ沢登山口10:15−11:30大滝11:40−12:30笠原沢12:50−13:30胸突八丁13:45−最終水場14:05−15:05常念小屋

2日目
常念小屋5:15−6:45常念岳7:00−8:00常念小屋8:40−9:20最終水場9:30−胸突八丁9:50−10:30笠原沢10:40−11:30大滝11:50−13:05登山口14:00−18:40富山

バスは糸魚川経由で登山口へ向かうが案外時間がかかる。安房経由の方が早そうだ。登山口への林道でも狭い道に難儀しているよう。
天気は晴れだが、山の上はガスが出ている。今年の気圧配置からこうなるのは予想通り。
一ノ沢のルートは人気があるようで結構な人。我々のような団体もおり、すれ違いや休憩場所など行動に気を使う。道は整備されており浮石も少なく歩きやすい。はじめのうちは平坦な道なので息が切れることもなく歩ける。ゆっくりとしたペースで50分を目安に歩くが、参加者は問題なくついてきている。
胸突八丁から傾斜が増してくる。この辺りは花がたくさん咲いている場所。最終水場から急登になるが道はジグザグに付けられており歩きやすい。
雨に降られることもなく小屋に到着。予想通りの混雑だが布団2枚に3人というスペースは与えられた。食事は18:40から。4回転目くらいになるのかなあ。
最上階の部屋だったので、熱気がこもり暑かった。

IMG_9843
樹林帯のなだらかな登から。この日は日差しもなく暑さは無い。
IMG_9849
残念ながら山はガスの中
IMG_9853
麓は明るいのだが
IMG_9871
稜線手前。花が広がる。
IMG_9875
常念乗越に到着。やはり槍は見えない。
IMG_9878
常念小屋の夕食。凝ったところはないがボリュームはある。

翌朝は3:30起床。4:20から食事。荷物をまとめた後頂上へ向け出発。夜はガスが出ていたが、今朝は比較的景色は良い。槍穂高はしっかりと見える。日の出も見ることができた。
頂上へは急な道で安定はしているがゴロゴロとした石の道が続くのでゆっくりと慎重に歩く。歩いてもなかなか頂上に近づかない感じ。前常念からの道と合流し緩やかな道になると頂上はすぐ。頂上に着いた頃はあいにくガスが出てきて眺望は無くなってしまった。この日はこの後晴れることは無くずっと雲の中。
長い下りを小屋に戻り荷物を整えて下山。疲れもあると思うので下山の方が気を使う。笠原沢に着いたところで雨が降り出す。ポツポツ来たと思ったらあっという間に土砂降りに。登山道も川のように。30分くらい強く降り続く。こんな雨に遭うとは。山の天気は分からない。やがて雨も上がり登山口では晴れていた。
帰りに安曇野の道の駅で休憩したが、ものすごい暑さ。登山口とはすごい温度差。富山市内ももちろん暑かった。

IMG_9895
今日は槍が見える
IMG_9889
小屋の前で御来光
IMG_0024
穂高にも日が当たってきた
IMG_0035
雲海の向こうには富士山も
IMG_0037
頂上付近からの槍。この日はこれ以降ガスの中に
IMG_0038
大天井方面
IMG_0040
頂上に着いた時からガスが出始めた
IMG_0045
ガスに隠れて幻想的な穂高
IMG_0051
下山路。下にもガスが立ち込める
IMG_0056
登山口近くでは晴れてきた