陸上の大会に子供を県総合運動公園に送って行ったついでに親は山登り。こういうことをするのも、とりあえずは、今回が最後。(これまで、小佐波御前山大辻山鍬崎山焼岳と同様のパターンで行ってきた)

馬場島駐車場8:30−登山口8:40−10:00頂上10:35−11:40馬場島

先週と違い快晴。先週連れて行った人に申し訳ない。周回予定で馬場島荘前の駐車場に車を止めてスタート。やはり人気の山で県外ナンバーも多い。コースは相変わらず急(当たり前だ)だが道は整備されており、オーバーペースに気を付ければ難なく登れる。予定通りのペースで1100mの看板まで登る。ほどなくして登りは終わるが、そこからが意外と長い。何度かアップダウンを繰り返し頂上へ。やはり良い景色だ。ただここは、クズバ山に眺望を遮られるため劔から猫又山までしか見えない。360度の眺望を望むときは、大熊山かクズバ山へ登らないと。
陸上の競技時間の関係もあり30分ほどで頂上を後にする。下山は東小糸谷ルートを行く。こちらも道は整備されているし、傾斜も若干緩いように感じる。新緑がまぶしく、きれいな森の中を歩く。沢沿いには1か所雪が残るが難しくなく通過。この日は団体も登っており、約10名のパーティ3組とすれ違う。

DSC_8196
いい天気。木々の間から山も見える。
DSC_8198
足元も良く順調に登る
DSC_8199
ここまで1時間。予定通り。
DSC_8212
頂上にて
DSC_8220
山ガール?ポーズを決めているらしい
DSC_8233

DSC_8241
花もきれい
DSC_8239
後半は沢沿いを歩く。今気づいたけれど格好が怖いです。


この後、総合運動公園にもどり、最後の高校総体の応援。結果は1種目で翌日の決勝進出。予想外(って、親なら期待してやれ)の結果に、久々に興奮を味わった。これで区切りを付けることになるだろうが、最後まで頑張っている姿を見て、我が子ながらたいしたものだと思う。とりあえず、もう一回走ることが出来て良かったね。