職場のクラブで。台風襲来前の半日を狙い一か八か行ってみましたが、まあ正解でした。今年は、狙ったように週末が悪天候なので、大荒れでなければOKみたいな乗りになってしまっているような。前回の空木岳と言い、こんなことをしていると危ないということは分かっているのですが。

富山4:30−6:40戸隠キャンプ場前駐車場6:50−登山口7:20−8:30一不動8:40−五地蔵9:20−9:55九勢至10:05−10:50高妻山11:10−六弥勒12:10−戸隠牧場13:30−駐車場

高速道路は夜間工事のため朝6時まで名立谷浜から通行止め。高速を降りて8号線18号線と走るがそれほど変わらない時間で戸隠に到着。

天気は晴れ。風も無い。とりあえずは大丈夫そうだ、というより登山日和ではないか。
キャンプ場から牧場へ抜け登山口。はじめは緩やかに登っていき沢沿いを歩くようになると傾斜を増していく。感覚的には大日岳へ登るときの大日平からの登りのような感じ。地図で見るほどの急登ではない。鎖場が数か所現れるが、足場も鎖もしっかりしており危険はない。ただ、岩の質なのか濡れると滑りやすい。沢沿いでもあるし雨の日は歩いてはいけないルート。
一不動に近づくにつれ風の音が気になりだすが、一不動からの稜線上は気になるレベルの風はない。風は南風を予想していたが台風の位置関係なのか北からの風。景色は良いが黒姫山や飯綱山の頂上辺りは雲が掛かっている。紅葉はあと1週間後くらいが見ごろか。地図から読み取れるよりも見た目の大きなアップダウンを何度か繰り返しているうちに五地蔵。そこから5分ほどで六弥勒で牧場側からのルートと合流。高妻山を目指し稜線をピストン。高妻山方面は雲の中だが妙高山方面はきれいに見渡せる。途中風の通り道が何箇所かあり強い風が吹き抜ける。九勢至までは順調に数字を上げていきあっけなく到着。ここから300mの登りがあるが言われているほどの急登でもなく着実に標高を稼ぎ十阿弥陀。ここが頂上かと思っていたが頂上かここから5分ほど先。
頂上からはやはり何も見えないが、風は弱くガスも酷くなく案外快適に過ごせた。これならばバーナーを持ってきても良かったか。

天気が崩れる前に下山したいので休憩もそこそこに下山。徐々に風は強くなってきているようで登より明確に風を感じる。木が大きく揺れるとこも。六弥勒からは牧場へ向け尾根を下るコース。このルートはまだ新しいルートらしくそれほど踏み固められた感じはない。ただただ標高を下げていく単調なルートで下りということもあり飽きてくる。一旦平らになり少し登り返してから再び下り牧場へ。牧場を5分ほど歩くと行きのルートの登山口。キャンプ場を横切るが、3連休初日ということでたくさんのテント。これから台風が来るのに正気か?と余計なことを思ってしまう。キャンプ場まで下りて来れば風は治まっていたが。

駐車場。台風前だがそれなりに。
IMG_1457
キャンプ場から戸隠山。良い天気だ。
IMG_1461
まずは沢沿いを登っていく。
IMG_1468
もうすぐ稜線か。風の音が気になりだす。
IMG_1472
晴れてよい景色だが、山の上には雲がかかる。
IMG_1480
紅葉の見ごろはもう少し先か
IMG_1485
五地蔵から先は妙高山が見える。向こうは雲が無い。
IMG_1500
高妻山方面はガスの中
IMG_1510
谷は良い感じの色づき。風とガスが吹き上げてくる。
IMG_1518
頂上はガスの中。
IMG_1525
深い森に吸い込まれるような下り
IMG_1534
アップダウンを繰り返す稜線を戻る
IMG_1541
妙高山もガスに覆われてきた。紅葉がきれいな森が続く。
IMG_1553
この看板を見たときはがっくり。実際は40分ほどで下れた。
IMG_1559
牧場に出て登山道は終わる。風はないが雲が厚くなってきた。
IMG_1561