日本工学院F・マリノス 応援ブログ

関東サッカーリーグ2部に所属する「日本工学院F・マリノス」に関する情報を発信していく応援ブログです!サポーターによる運営です。

2014年05月

みなさん、こんにちは!

明日は関東サッカーリーグ2部 前期第9節の試合が行われます。

相手は大成シティFC坂戸です。

前節は悔しい敗戦となったF・マリノス。今節、勝利を納めれば自力での天皇杯神奈川県2次予選への出場権獲得が決まります。

今節もトップチームの試合日と被っていない日程となっておりますので、普段はなかなか工学院の試合には来れない、またF・マリノスの試合がなくてサッカー観戦に飢えているというF・マリノストップチームのサポーターの皆様、ぜひぜひ応援にお越しください!
そして、天皇杯予選出場の瞬間を共に喜びましょう!

日本工学院F・マリノスへの応援、よろしくお願いいたします! 

image


2014年5月31日(土)11:00キックオフ
関東サッカーリーグ2部 前期第9節
日本工学院F・マリノス vs 大成シティFC坂戸
会場:日本工学院グラウンド(アクセスはコチラ

2014年5月25日(日)15:00キックオフ
会場:東京海上日動多摩総合グラウンド
関東サッカーリーグ2部 前期第8節
東京海上日動サッカー部 1-0 日本工学院F・マリノス
 
【得点】
69分 7鷲尾俊介(東京海上日動)

【スタメン】
--------------22小林築-------------
-------------11河合力也------------
7庭田智弘-------------------8辻流帆
-------6奥秋琉比----5森貫司--------
2高橋拓未----------------15大槻和樹
------3瀧村翔太----23石井元希------
--------------31小泉諒-------------

【交代】
22小林築→9勝矢恭平
5森貫司→17小野幹斗

みなさん 、こんにちは!

土曜日に行われました2014関東サッカーリーグ2部前期第8節、東京海上日動サッカー部戦は、0-1で残念ながら敗戦となりました。

前節からMF No.9 勝矢恭平選手に変わってMF No.8 辻流帆選手がスタメンに起用されたこの試合。
前半から相手の強いフィジカルを活かしてシンプルに前線にボールを入れてくるサッカーに苦しめられます。DF No.3 瀧村翔太選手を中心に跳ね返し、GK No.31 小泉諒選手のスーパーセーブに救われ、バーやポストに味方されながら試合は進んでいきますが、なかなかペースを握れないまま時間が過ぎていきます。
前半30分過ぎ頃からFW No.22 小林築選手が前線で体を張り、MF No.11 河合力也選手が前線からボールを全力で追いかけ、チャンスを作るシーンも出てきましたが、ペースを握るにはいたらず。前半を0-0で折り返します。

後半になりペースをつかみたいF・マリノス。しかし、相手の攻撃の芽をつみ取ることができず、前半に引き続き苦しい時間帯が続きます。そんな中で迎えた69分、それまで集中を切らさずになんとか相手の攻撃を凌いできたDF陣に一瞬の隙が生まれてしまい、そこを的確につかれてDFラインの裏をとられてしまい、東京海上日動に先制点を許してしまいます。
反撃に出たいF・マリノスでしたが、直後にDF No.23 石井元希選手がこの日2枚目のイエローカードで退場。10人での闘いを世議されなくなってしまいます。センターバックにはMF No.7 庭田智宏選手が入りました。
そこからMF No.5 森貫司選手に代えてFW No.17 小野幹斗選手を投入し、同じく後半頭に小林築選手に代わって入ったFW No.9 勝矢恭平選手、前半から奮闘を見せる河合力也選手とともに相手ゴールを目指して攻撃的に展開していくF・マリノス。しかし、最後まで東京海上日動の堅い守備陣を崩すことができず、タイムアップ。またしても東京海上日動多摩総合グラウンドで勝つことができず、悔しい敗戦となってしまいました。

image
昨年の最終節以来となる東京海上日動多摩総合グラウンドでのアウェイゲーム。

image
我々サポーターは、この会場では斜面にペグを打ち込んで横断幕を固定します。

image
GK No.31 小泉諒選手を先頭に入場する選手たち。

image
円陣にも気合いが入ります。

image
右サイドバックのDF No.15 大槻和樹選手。終盤には足をつりながらも、攻守に渡り奮闘しました。

image
センターバックのDF No.3 瀧村翔太選手。非常高い集中力で相手の攻撃を跳ね返していった。

image
前半は0-0。後半に向け、リラックスした表情で臨む日本工学院F・マリノスの選手たち。

image
しかし69分、一瞬の隙をつかれて失点を喫してしまう。

image
直後の70分にはDF No.23 石井元希選手がこの日イエロー2枚目で退場。厳しい展開となった。

image
試合終了間際に途中出場のFW No.9 勝矢恭平選手が放ったシュートは、わずかに右に外れる。

image
0-1のまま試合は終了悔しい敗戦となったが、次節に向けて切り替えていきたい。



次節はホーム・日本工学院グラウンドに戻って、大成シティFC坂戸との試合となります。前期最終節となり、勝てば自力での天皇杯神奈川県2次予選出場が決まる試合です。ぜひ応援よろしくお願いいたします!

2014年5月31日(土)11:00キックオフ
関東サッカーリーグ2部 前期第9節
日本工学院F・マリノス vs 大成シティFC坂戸
会場:日本工学院グラウンド(アクセスはコチラ

みなさん、こんにちは!

明日は関東サッカーリーグ2部 前期第8節の試合が行われます。

相手は東京海上日動サッカー部です。
昨シーズンの最終節、2-6と大量失点での悔しい敗戦を喫したチームです。ぜひリベンジしたい相手です!

またチームからの情報によると、神奈川県の天皇杯2次予選の関東リーグ所属チームの出場権は、前期第9節までの成績で神奈川県協会所属チームの中で上位2チームに出場権が与えられるとのことです。
日本工学院F・マリノスは現在、東邦チタニウムに次いで神奈川県チーム内で2位。残り2試合勝利すれば、自力で天皇杯2次予選出場権を獲得できます。こちらもぜひ出場権を獲得したいところです。

F・マリノスのトップチームは現在、ワールドカップの中断期間のためオフとなっており、「週末にF・マリノスが見られなくてつまらない」と思っているマリサポの方も多くいらっしゃると思います。
そんな方は是非、日本工学院F・マリノスの応援にお越しください!若きトリコロールの選手たちのハツラツとしたプレーを見ることができます!

日本工学院F・マリノスへの応援、よろしくお願いいたします! 

image

2014年5月25日(日)15:00キックオフ
関東サッカーリーグ2部 前期第8節
東京海上日動サッカー部 vs 日本工学院F・マリノス
会場:東京海上日動多摩総合グラウンド
(アクセスはコチラ。小田急多摩線「唐木田」駅、もしくは京王相模原線「京王堀之内」駅より徒歩・タクシーでお越しください。

2014年5月17日(土)13:00キックオフ
会場:日本工学院グラウンド
関東サッカーリーグ2部 前期第7節
日本工学院F・マリノス 0-0 tonan前橋サテライト
 
【得点】
なし

【スタメン】
--------------22小林築-------------
-------------11河合力也------------
7庭田智弘-----------------9勝矢恭平
-------6奥秋琉比----5森貫司--------
2高橋拓未----------------15大槻和樹
------3瀧村翔太----23石井元希------
--------------31小泉諒-------------

【交代】
11河合力也→8辻流帆
22小林築→10河野稜磨
5森貫司→13松島寿樹

みなさん 、こんにちは!

土曜日に行われました2014関東サッカーリーグ2部前期第7節、tonan前橋サテライト戦は、スコアレスドローという結果に終わりました。

tonan前橋サテライトは、関東リーグ1部に所属するtonan前橋のBチームで、今年から関東リーグ2部に昇格してきたチームです。

前節と同じスタメンでこの試合に臨んだF・マリノス。前半はお互いにボールを蹴り合う展開でとなり、両チームともなかなかペースを掴めずに試合が推移していきます。
F・マリノスはFW No.22 小林築選手の高さを生かそうとボールを送りますが、なかなか前線では収まりません。ただ、そのセカンドボールに対してMF No.11 河合力也選手が全力でプレスをかけにいく場面が多く見られ、河合選手の奮闘ぶりが目立ちました。
対するtonanサテも、1トップの外国人FWの選手を目掛けてロングボールを入れてきますが、F・マリノスは前節に引き続きスタメン出場のチームキャプテンDF No.3  瀧村翔太選手を中心に跳ね返していきます。結局、数本の決定機はあったものの、両チームゴールを奪えずに前半を終えます。

後半に入るとF・マリノスが怒濤の攻撃を見せます。前線から激しいプレスをかけてボールを奪い、ショートカウンターという場面を多く作っていきます。ボールを奪う場面ではMF No.5 森貫司選手の体を張ったプレー、また小林築選手が中盤まで落ちてのボール奪取が光り、 攻めてはDF No.2 高橋拓未選手の再三にわたるオーバーラップや、MF No.9 勝矢恭平選手、交代出場のMF No.8 辻流帆選手のサイドでの早さを生かした攻撃が展開され、何度も決定的な場面を作ります。しかしながら、ゴールを奪えないまま試合終盤を迎えます。
終了間際のロスタイムには、攻撃に偏っていた場面で一瞬の隙をつかれ、相手FWにDE[Fラインの裏を完全に取られてしまいキーパーと1vs1の場面を作られてしまいましたが、ここはGK No.31 小泉諒選手が集中したセービングをみせ、なんとか難を逃れます。

試合はそのまま終了。後半はF・マリノスペースの時間が圧倒的に多い試合展開でしたが、最後までゴールを奪うことはできず。0-0のスコアレスドローで勝ち点1を積み重ねました。

image
前節に引き続き連勝を狙うF・マリノス。

image
怪我で離脱中のMF No.24 内田大貴選手も練習には合流。リラックスした表情を見せる。

image
MF No.13 松島俊樹選手は怪我から復帰し、今期初のベンチ入り。

image
前線で起点となるFW No.22 小林築選手。攻守に渡りチームに貢献。

image
DF No.15 大槻和樹選手。高さを生かしサイドで競り合う。

image
センターバックのDF No.23 石井元希選手は安定した守備と前線への正確なロングボールの配球が光る。

image
MF No.6 奥秋瑠比選手。持ち前のテクニックで相手を翻弄。

image
同じくボランチのMF No.5 森貫司選手。素晴らしい運動量で幾度も相手のチャンスの芽を摘む。攻撃面でも積極的な飛び出しを見せる。

image
サイドバックのDF No.2 高橋拓未選手は、何度もオーバーラップを繰り返してチャンスを演出。

image
後半終了間際には、松島俊樹選手が約半年振りに公式戦のピッチへ。

image
奮闘したもののゴールは奪えず。スコアレスドローに終わった。

image
この日も幾度となく決定的なピンチを救ったGK No.31 小泉諒選手。頼れるゲームキャプテンだ。

image
勝てなかったものの、最後まで闘い抜いた選手たち。この試合内容を継続し、次節は勝利を!


次節は久しぶりのアウェイ、東京海上日動多摩総合グラウンドで、東京海上日動サッカー部との試合となります。応援よろしくお願いいたします!

2014年5月25日(日)15:00キックオフ
関東サッカーリーグ2部 前期第8節
東京海上日動サッカー部 vs 日本工学院F・マリノス
会場:東京海上日動多摩総合グラウンド

みなさん、こんにちは!

明日は関東サッカーリーグ2部 前期第7節の試合が行われます。

相手はtonan前橋サテライト、関東1部リーグに所属するtonan前橋のBチームです。

前節久々の勝利をあげたF・マリノス、連勝して勢いに乗っていきたいところです。

今節は久しぶりにトップチームの試合日と被っていない日程となっておりますので、普段はなかなか来れないというF・マリノストップチームのサポーターの皆様も、ぜひぜひ応援にお越しください!

日本工学院F・マリノスへの応援、よろしくお願いいたします!

P1140061


2014年5月17日(土)13:00キックオフ
関東サッカーリーグ2部 前期第7節
日本工学院F・マリノス vs tonan前橋サテライト
会場:日本工学院グラウンド(アクセスはコチラ

このページのトップヘ