2016年10月31日(日)13:30キックオフ
会場:tonanサッカーパーク
KSL市原カップ 予選Dグループ第1節
日本工学院F・マリノス 1-2 ジョイフル本田つくばFC

P3080089


【得点】
10分 27赤尾(つくばFC)
18分 25長谷川(つくばFC)
54分 11大嶌駿(F・マリノス)



【スタメン】
image


【交代】
DF16宍戸勇亮→DF17宇野陸
DF13加藤陸斗→DF25金井有希
MF8桜井裕幹→MF19後藤準弥
FW9伊藤峻平→FW22花形聖和


【最終布陣】
image



みなさん 、こんにちは!

10月30日(日)より、2016KSL市原カップが開幕しました!
我らが日本工学院F・マリノスの初戦はジョイフル本田つくばFCとの対戦。関東1部リーグで5位、また先日行われた第52回全国社会人サッカー選手権大会では関東勢最高位となるベスト4進出と、強豪を相手に挑んでいきます。
F・マリノスのスターティングメンバーは、リーグ戦ではほぼ不動だった5バックのメンバーを入れ替え。右サイドバックにDF16宍戸勇亮選手が久々の先発出場、左サイドバックにはDF24菊池壱星選手、センターバックの左にDF13加藤陸斗選手、中央にはDF3堀川春樹選手が入りキャプテンマークを巻きました。前線はFW9伊藤峻平選手とFW11大嶌駿選手の2トップと、攻撃的な布陣で臨みます。


試合は序盤から一進一退の攻防。F・マリノスは右サイドからの攻撃を中心につくばFCゴールに攻めていきますが、フィニッシュのところで跳ね返されてしまいます。一方、つくばFCは、素早いパスでのカウンターからチャンスを作っていきます。
試合が動いたのは前半10分でした。つくばFCの左コーナーキックからピンポイントでヘディングで合わせられてしまい、これがゴール右に。F・マリノスは早々の失点となってしまいます。
悪い流れを断ち切るため、F・マリノスはここで早くも選手交代。DF16宍戸勇亮選手に代えDF17宇野陸選手を投入し、守備の立て直しを図ります。
しかし、前半18分でした。F・マリノスのコーナーキックのボールを跳ね返したつくばFC、そこからスピードに乗ったカウンターでF・マリノスの左サイドを破ってそのままゴール。早い時間帯で0-2と2点のビハインドを背負ってしまいます。
しかしここから攻勢をかけたのはF・マリノス。FW9伊藤峻平選手がゴール前やサイドでポストとなって起点を作り、そこから右サイドDF5菊池和馬選手の駆け上がりからのクロスや、FW11大嶌駿選手のミドルシュートを引き出していき、チャンスを作っていきますが、ゴールには至りません。前半は0-2のまま終了します。

HT明けから、普段は右サイドハーフの25金井有希選手を右サイドバックとして投入、さらに右サイドにはMF19後藤準弥選手を投入し、前半多くのチャンスを作ることができていた右サイドからの攻撃を活性化させようと動いてきます。
するとその交代が当たり、チャンスを生みます。53分、FW11大嶌駿選手の右サイドからの鋭いクロスを、エリア内で受けたFW9伊藤峻平選手が倒され、PKを獲得。これをFW11大嶌駿選手が確実に沈め、1-2と後半開始早々に1点差に追い上げます。
その後もつくばFCゴールを目指して怒涛の攻撃を仕掛けていくF・マリノス。しかし、つくばFCも前線からの体を張った守備と的確な交代策でF・マリノスの攻撃を封じ込め、なかなか決定的なチャンスを作ることができません。
一方、つくばFCもカウンターを中心にF・マリノスゴールに襲い掛かってきて、何度も決定機を迎えますが、F・マリノスの守護神GK41小林紘大選手がこの日は大当たり。ビッグセーブを連発し、相手の決定機をことごとく阻んでいきます。
終盤にはFW22花形聖和選手を投入し、最後の最後まで同点、そして逆転を目指して攻めていったF・マリノス。しかし、結局PK後に再びつくばFCゴールをこじ開けることはできず、試合終了。KSL市原カップ初戦は黒星スタートとなりました。




P3080118
ジョイフル本田つくばFC戦に臨む日本工学院F・マリノスイレブン



P3080104
コールに応えるMF6奥秋琉比選手



P3080110
コールにエンブレムを握りしめて応えるMF7庭田智弘選手



P3080228
久々の先発となったDF16宍戸勇亮選手だったが、無念の前半での途中交代



P3080195
1失点目のシーン。セットプレーから決められてしまった



P3080277
MF6奥秋琉比選手はこの試合もチームを引っ張る



P3080376
サイドからクロスを上げるFW9伊藤峻平選手



P3080315
2失点目のシーン。カウンターから鮮やかに決められてしまった



P3080373
MF7庭田智弘選手のノールックパス



P3080420
シュートを放っていくFW11大嶌駿選手



P3080804
途中出場のDF17宇野陸選手が相手ボールを奪う



P3080830
得点シーン。中央に持ち上がったDF3堀川春樹選手が右サイドに開き…



P3080832
これを受けたFW11大嶌駿選手が鋭いクロス!



P3080835
中にいたFW9伊藤峻平選手が相手GKに後ろから倒され、PK獲得!



P3080853
キッカーはFW11大嶌駿選手



P3080859
落ち着いて放ったこのキックは…



P3080860
完全に相手GKの逆を突き、左下スミにゴール!F・マリノスが1点を返した!



P3080876
PKを確実に決めたFW11大嶌駿選手



P3080954
DF24菊池壱星選手。サイドバックとしての公式戦出場は初めてだったが、安定したプレーを見せた



P3090078
相手の決定機もGK41小林紘大選手がスーパーセーブ!決定機を何本も阻んだ



P3080993
途中出場のMF19後藤準弥選手がサイドを突破しクロス。最後までゴールに近づいたものの…



P3090738
結果は1-2での敗戦。しかし、内容的には素晴らしく次戦以降に期待が持てる試合となった!





KSL市原カップ、次回は11月中旬の開催となります。

予選リーグ第2節の相手はtonan前橋。関東1部所属、前節は東邦チタニウムを相手に快勝し、現在グループD首位のチームです。
そして翌日には予選リーグ第3節と連続開催。相手は東邦チタニウム。関東2部で、今年は2敗を喫しているチームです。

厳しい闘いが続きますが、予選リーグ突破に向け全力で闘って参りますので、日本工学院F・マリノスの応援をよろしくお願いいたします!



2016年11月19日(土)13:30キックオフ
KSL市原カップ 予選Dグループ第2節
日本工学院F・マリノス vs tonan前橋
会場:市原スポレクパークCコート(アクセスはコチラ)
 
*************************************************

2016年11月20日(日)13:00キックオフ
KSL市原カップ 予選Dグループ第3節
日本工学院F・マリノス vs 東邦チタニウム
会場:市原スポレクパークDコート(アクセスはコチラ)