2016年11月20日(日)13:00キックオフ
会場:市原スポレクパーク
KSL市原カップ 予選Dグループ第3節
日本工学院F・マリノス 6-0 東邦チタニウム

P3160107


【得点】
30分 9伊藤峻平(F・マリノス)
32分 9伊藤峻平(F・マリノス)
34分 9伊藤峻平(F・マリノス)
74分 19後藤準弥(F・マリノス)
88分 25金井有希(F・マリノス) 
90+1分 19後藤準弥(F・マリノス)

 
【スタメン】
image


【交代】
MF10河野稜磨→MF22花形聖和
MF2坪田康平→MF19後藤準弥
DF3堀川春樹→DF15佐野吾叶夢
DF16宍戸勇亮→DF20荒井友斗
MF24菊池壱星→MF25金井有希


【最終布陣】
image



みなさん 、こんにちは!

11月20日(日)に行われました、KSL市原カップ 予選Dグループ第3節 東邦チタニウム戦。
この試合の前に行われたジョイフル本田つくばFC vs tonan前橋の試合においてtonan前橋が3-2で勝利したため、最終戦を前にDグループの順位表は以下のようになりました。

1 ジョイフル本田つくばFC 3試合2勝1敗 勝点6 得点10 失点4  得失点差+6
2 tonan前橋              3試合2勝1敗 勝点6 得点11 失点10 得失点差+1
3 日本工学院F・マリノス  2試合1勝1敗 勝点3 得点8  失点4  得失点差+4
4 東邦チタニウム         2試合0勝2敗 勝点0 得点1  失点12 得失点差-11

このため、F・マリノスは3点差以上で勝利すれば1位でDグループを突破できるという状況で東邦チタニウム戦を迎えました。


F・マリノスのスターティングメンバーは、MF24菊池壱星選手がこの日はボランチでスタメン出場。右サイドバックにDF16宍戸勇亮選手が入り、そして右サイドハーフにMF2坪田康平選手がスタメン。坪田選手は公式戦初出場となりました。


試合は序盤からF・マリノスペース。大勝した前日のtonan前橋戦の勢いをそのままに、前線からの早いプレスとボール奪取、そこからのショートカウンターという形で攻めていきます。
そんな中、この日公式戦初出場となったMF2坪田康平選手が大活躍。右サイドから相手のサイドバックとセンターバックの間のギャップをうまくつき、次々と決定的なチャンスを作っていきます。
すると30分でした。MF6奥秋瑠比選手からのスルーパスに抜け出したMF2坪田康平選手がボールを受けると、一度は相手のスライディングにボールを引っ掛けるものの、そこから立て直して中にクロス、待っていたFW9伊藤峻平選手が右足を振りぬいてゴール!F・マリノスが先制に成功します!
さらに直後の32分、再び後方からのロングボールに抜け出したMF2坪田康平選手が中央に折り返すと、再び中央で待っていたFW9伊藤峻平選手が今度はヘディングシュート!これが見事なコントロールでゴール隅に決まり、F・マリノスが追加点を取ります!
さらに直後の34分、相手GKのゴールキックをDF3堀川春樹選手がヘディングで跳ね返し、一度は相手ボールになるものの、そこにプレスをかけてボールを奪ったMF24菊池壱星選手、そこからドリブルで持ち上がって相手DFをかわし、左サイドからクロス、三たび中央で待っていたFW9伊藤峻平選手が今度は左足でダイレクトに合わせてゴール!3-0、なんと伊藤選手は4分間でハットトリックを達成しました!
前半はそのまま3-0で終了。この時点でF・マリノスがDグループ首位に立ちます。

後半になると東邦チタニウムの流れになる時間が少し増えます。しかし、F・マリノスは早い時間帯でMF19後藤準弥選手とMF22花形聖和選手を投入。前線の運動量を落とさずにプレスをかけ続けて行くことで、相手にチャンスを作らせないようにします。
そして迎えた74分でした。右サイドに開いたFW9伊藤峻平選手からのパスを相手GKとDFの間のスペースで受けたF19後藤準弥選手が相手GKの位置を見ながら冷静にシュート。これが決まって、4-0とリードを広げます。
さらに88分には後方からのロングボールに抜け出したMF25金井有希選手が右足を振り抜いてゴール!5-0とリードを広げます。
さらに終了間際の91分、MF22花形聖和選手からのスルーパスに完全に抜け出したMF19後藤準弥選手がキーパーとの1vs1を制してゴール!6-0とします。
そしてそのまま試合終了。二日連続での大量得点での勝利、これによりDグループの順位表は以下の通りとなり、日本工学院F・マリノスはDグループ1位!関東リーグ参入後初となる市原カップ決勝トーナメント進出を果たしました!

1 日本工学院F・マリノス  3試合2勝1敗 勝点6 得点14 失点4  得失点差+10
2 ジョイフル本田つくばFC 3試合2勝1敗 勝点6 得点10 失点4  得失点差+6
3 tonan前橋              3試合2勝1敗 勝点6 得点11 失点10 得失点差+1
4 東邦チタニウム         3試合0勝3敗 勝点0 得点1  失点18 得失点差-17







P3150654
東邦チタニウム戦に臨む日本工学院F・マリノスイレブン



P3160085
先制点のシーン。MF6奥秋瑠比選手が右サイドに展開すると…



P3160089
DF2坪田康平選手がシュート、これは相手DFにブロックされるものの…



P3160093
坪田選手が再び体勢を整えて…



P3160094
今度は中央にグラウンダーのクロス



P3160102
これをFW9伊藤峻平選手がダイレクトで右足で決めた!




P3160103
エンブレムを握り締めて喜びを表現する伊藤選手



P3160110
サポーターと抱擁。F・マリノス待望の先制点を奪った!



P3160130
2点目のシーン。MF2坪田康平選手が後方からのボールに抜け出し…



P3160142
中央へ今度は浮き球のクロス



P3160145
これをFW9伊藤峻平選手がゴール隅にコントロールしたヘディングシュート!




P3160146
これが見事に決まってF・マリノスの追加点となった!



P3160149
1点目の直後に追加点を決めたFW9伊藤峻平選手



P3160067
MF2坪田康平選手は公式戦初出場ながら2アシストの大活躍!前線からのプレスが非常に効果的で、幾度となくチャンスを作ってチームに貢献した



P3160176
そして再び直後の3点目のシーン。相手ゴールキックをDF3堀川春樹選手が跳ね返したボールを…



P3160178
一度は相手に渡るものの、MF24菊池壱星選手がプレスをかけてボール奪取



P3160186
そのまま菊池選手が左サイドを持ち上がってクロスをあげると…



P3160193
そこに待っていたのはまたしてもFW9伊藤峻平選手!ダイレクトに左足を振り抜いてシュート!



P3160204
これがゴール!伊藤選手はなんと4分間でのハットトリック達成となった!



P3160215
驚異的なペースで得点を決めた伊藤選手。しかも右足、頭、左足とすべての要素をコンプリートでのハットトリック!



P3160625
4点目のシーン。右サイドに開いたFW9伊藤峻平選手からのパスから…



P3160626
裏に抜けた途中出場のMF19後藤準弥選手がそのままシュート!



P3160634
これが決まって決定的な4点目となった!



P3160656
チームメイトから祝福されるMF19後藤準弥選手



P3160719
左サイドバックとしてフル出場したDF13加藤陸斗選手。このシーンでも相手の突破を許さずボールを奪った



P3160828
5点目後のシーン。MF25金井有希選手が右サイドからゴールを決めた!



P3160837
金井選手は待望の公式戦初ゴールとなった!



P3160844
ゴールを喜ぶ金井選手



P3160902
6点目のシーン。MF19後藤準弥選手が中央を突破し…



P3160906
右足でコントロールしたシュート!


P3160922
これがゴール!後藤選手は2日連続での2ゴール!もう誰にも止められない!



P3160981
リーグ戦で勝てなかった東邦チタニウムを相手に6-0の大勝!



P3170016
そして掴み取ったDグループ首位!関東リーグ参入後、5度目の挑戦にして初となるKSL市原カップ決勝トーナメント進出となった!





次戦はKSL市原カップ決勝トーナメントの初戦、準々決勝となります。

相手はジョイフル本田つくばFC。
予選リーグ第1節で1-2で敗れた相手との再戦ということになりました。

日本工学院F・マリノス史上初の決勝トーナメントの闘い、強豪との再戦ですが、リベンジを果たして勝ち上がりたいと思います!
日本工学院F・マリノスの応援をよろしくお願いいたします!


2016年12月4日(日)11:00キックオフ
KSL市原カップ 準々決勝
日本工学院F・マリノス vs ジョイフル本田つくばFC
会場:ゼットエーオリプリスタジアム(アクセスはコチラ)