2016年12月4日(日)11:00キックオフ
ゼットエーオリプリスタジアム
KSL市原カップ 準々決勝
日本工学院F・マリノス 1-1(PK 4-3) ジョイフル本田つくばFC

DSC05610
P3200399


【得点】
39分 19中里(つくばFC)
78分 6奥秋瑠比(F・マリノス)



【スタメン】
image


【交代】
DF24菊池壱星→MF19後藤準弥
MF10河野稜磨→DF13加藤陸斗
DF20荒井友斗→MF12キムソンサ
MF25金井有希→DF4キムヨンボ


【最終布陣】
image



みなさん 、こんにちは!

12月4日(日)に行われました、KSL市原カップ 準々決勝 ジョイフル本田つくばFC戦。
F・マリノス史上初となる市原カップ決勝トーナメントの舞台、スターティングメンバーは、MF24菊池壱星選手がこの日は左サイドバックでスタメン出場。ボランチにMF7庭田智弘選手が復帰し、右サイドはMF25金井有希選手がスタメン出場という布陣で臨みます。


試合は序盤から激しい攻め合いに。F・マリノスが得意のショートカウンターからチャンスを作りセットプレーで押し込もうとするも跳ね返され、逆につくばFCのロングボールを主体とした攻撃を受けるもののF・マリノスDF陣が集中してこれを跳ね返し…というシーソーゲームで進んでいきます。
前半15分頃、F・マリノスにアクシデントが発生します。ボールを奪った後に相手のスライディングを受けたDF24菊池壱星選手が、着地の際に右足首を捻ってしまい、プレイ続行不可能に。無念の負傷交代となります。MF19後藤準弥選手が右サイドハーフとして投入され、それまで右サイドハーフだったMF25金井有希選手が左サイドバックに移動します。
その後は再びシーソーゲーム。お互いにチャンスを作りあう展開が続きます。
すると38分でした。F・マリノスDF陣のバイタルエリアに鋭いパスが入ると、一瞬反応が遅れ、相手FWに時間を与えてしまい、そのまま左足でミドルシュートを放たれ、これが美しい放物線を描いて決まり、0-1。つくばFCに先制を許す展開となります。前半はそのまま終了します。

後半に入っても序盤はシーソーゲームが続きます。F・マリノスはMF19後藤準弥選手、DF20荒井友斗選手が積極的にドリブル突破を仕掛け、FW9伊藤峻平選手やDF25金井有希選手が決定的なシュートを放っていくものの、中々ゴールを奪うことができません。
すると、先に疲労で足が止まってきたのはつくばFCのDF陣でした。度重なるF・マリノスの猛攻に徐々についていけなくなり、F・マリノスのチャンスが増えていきます。
そして迎えた78分でした。中央のMF10河野稜磨選手からのサイドチェンジを右サイドペナルティエリア付近で受けたDF20荒井友斗選手が、右足でクロスを上げると見せかけて切り返し!完全に相手DFを外すと、フリーで左足でクロス、これに中央でMF6奥秋瑠比選手がダイビングヘッドで合わせてゴール!1-1、土壇場でF・マリノスが同点に追いつきます!
その後、交代出場したMF12キムソンサ選手が決定的なチャンスを迎えるなど、逆転のチャンスもあったF・マリノスでしたが、つくばFCも突き放そうと攻勢に出てきて、お互いに一進一退。見応えのあるゲームは1-1のまま終了し、PK戦に入ります。

PK戦では先攻となったF・マリノス。1人目のMF7庭田智弘選手、2人目のMF6奥秋瑠比選手が順調に決めると、つくばFCも2人目まで順調に決めてきます。そしてF・マリノス3人目のキッカーのMF19後藤準弥選手、このシュートをつくばFCのGKがセーブ。続くつくばFCの3人目が決め、リードを許す展開となります。続くF・マリノス4人目のDF13加藤陸斗選手がきっちりと決め、迎えたつくばFCの4人目のキッカー。これをGK41小林紘大選手が横跳び一発セーブ!五分の状況に戻します。そして5人目のキッカー、先行のF・マリノスはキャプテンのDF17宇野陸選手が決め、そしてつくばFCの5人目。このキックをまたもやF・マリノスGK41小林紘大選手がセーブ!PK戦は4-3、小林選手の2連続セーブで勝利を掴んだF・マリノス、市原カップ準決勝進出を果たしました!



P3180541
ジョイフル本田つくばFC戦に臨む日本工学院F・マリノスイレブン



P3180735
相手のボールを奪いに行くDF3堀川春樹選手



P3180870
ヘディングで競り合うFW9伊藤峻平選手。この日は前線で体を張ってターゲットとなる場面が多かった



DSC05248
DF16宍戸勇亮選手。攻守に渡りピッチを駆け回った



P3190707
F・マリノスの同点シーン。MF10河野稜磨選手から…



P3190710
右サイドに展開されると、これを受けたのはF20荒井友斗選手…



P3190713
荒井選手がこのボールを…



P3190714
クロスをあげると見せかけて、鋭い切り返し!



P3190717
相手DFの完全に逆を取り…



P3190722
ゆっくりと狙って…



P3190723
あげた左足でのクロス…



DSC05595
これをMF6奥秋瑠比選手がヘディングシュート!



P3190726
ボールはゴールに吸い込まれた!!F・マリノスが同点に追いつく!



P3190748
奥秋選手を祝福するチームメイトたち



P3190754
アシストの荒井選手と奥秋選手の抱擁。鮮やかな同点弾だった



DSC05026
前線からプレスをかけるMF19後藤準弥選手



DSC05145
MF10河野稜磨選手。同点弾のきっかけとなった



DSC05228
この日はMF→DF→MFとポジションを変えてプレーしたMF25金井有希選手。足が攣るまで走り切った



P3200011
PK戦に向け、選手・監督・スタッフ全員で円陣を組むF・マリノス



P3200034
F・マリノスの1人目のキッカーはMF7庭田智弘選手



P3200050
全く危なげなく決めた。



P3200061
つくばFCの1人目のキックに反応するGK41小林紘大選手。方向はあっていて、あと少しだった



P3200070
F・マリノスの2人目のキッカーはMF6奥秋瑠比選手



P3200080
これも危なげなく決めた。F・マリノスの先頭2人はさすがの経験値がある



P3200098
つくばFCの2人目のキック。真ん中に決められたが、小林選手も足を延ばして止めようと反応していた



P3200109
F・マリノスの3人目のキッカーはMF19後藤準弥選手



P3200117
このキックはつくばFCのGKがストップ。点取り屋がPKを外すのは宿命か



P3200122
つくばFCの3人目のキック。これも小林選手の反応している方向はあっていたが、わずかに届かず



P3200138
F・マリノスの4人目のキッカーはDF13加藤陸斗選手



P3200147
難しい雰囲気をものともせず決めた。強い精神力の持ち主だ



P3200156
つくばFCの4人目のキック。ここでついにGK41小林紘大選手が相手ボールを捕らえた!



P3200158
見事な横っ飛びセーブ!追い込まれた状況でビッグセーブが出た!



P3200169
吠えるGK41小林紘大選手。これで両チーム4人を終えて3-3のイーブンに



P3200189
F・マリノスの5人目のキッカーはキャプテン・DF17宇野陸選手



P3200205
ゴール左上に豪快に突き刺した!キャプテンの気持ちのこもった1発



P3200229
そしてつくばFCの5人目のキック。これをまたしてもGK41小林紘大選手がストップ!!



P3200231
4人目とは逆のコースだったが、これを見事にセーブ!



P3200234
そして試合終了!PK戦を4-3でF・マリノスが制した!



P3200249
ヒーロー・GK41小林紘大選手の元に駆け寄るF・マリノスイレブンたち



P3200254
劇的な展開でPK戦を制したF・マリノス



P3200261
興奮冷めやらぬ選手たち。スタジアムに歓喜の声がこだました!



P3200371
激闘を制したF・マリノス。いよいよ準決勝の舞台へ!


PK戦の様子はYoutubeで動画でご覧いただけます!



次戦はKSL市原カップ決勝トーナメント、準決勝となります。

相手はVONDS市原。
2016シーズンの関東1部リーグで2位、優勝した東京23FCが市原カップに出場していないため、名実ともに最強の相手との対戦となります。

失うものは何もない、チャレンジャーの我らが日本工学院F・マリノス。ここまできたらなんとしても決勝戦に勝ち上がるため、応援よろしくお願いいたします!


2016年12月10日(土)11:00キックオフ
KSL市原カップ 準決勝
日本工学院F・マリノス vs VONDS市原
会場:ゼットエーオリプリスタジアム(アクセスはコチラ)