2016年12月10日(土)11:00キックオフ
ゼットエーオリプリスタジアム
KSL市原カップ 準決勝
日本工学院F・マリノス 0-4 VONDS市原FC

P3210937


【得点】
16分 29柏瀬(VONDS)
65分 29柏瀬(VONDS)
76分 20島田(VONDS)
77分 29柏瀬(VONDS)


【スタメン】
image


【交代】
MF25金井有希→MF12キムソンサ
DF5菊池和馬→DF4キムヨンボ
MF10河野稜磨→MF19後藤準弥
FW9伊藤峻平→FW22花形聖和
DF20荒井友斗→DF2坪田康平



【最終布陣】
image



みなさん 、こんにちは!

12月10日(土)に行われました、KSL市原カップ 準決勝 VONDS市原FC戦。
スターティングメンバーは、DF5菊池和馬選手がセンターバックの一角としてケガから復帰。MF7庭田智弘選手を欠くボランチにはMF3宇野陸選手がセンターバックから1列上がる形で入るという布陣で臨みます。


強風が吹くゼットエーオリプリスタジアムでキックオフしたこの試合。前半は風上に立ったF・マリノスが優位に試合を進めていきます。立ち上がりにいきなりコーナーキックを獲得すると、このコーナーキックにDF3堀川春樹選手がドンピシャヘッド!入ったかに思われたシュートは、相手GKのファインプレーでかき出されてしまいます。
その後も攻めていくF・マリノス・しかし、中々ゴールを奪えずにいると、16分に一瞬の隙をつかれて左サイドを破られ、先制点を奪われてしまいます。
その後も前半はF・マリノスペース。追い風を生かしてロングボールを織り交ぜながら攻撃を組み立てていきますが、得点を奪うことはできず。前半を0-1とリードされて折り返します。

後半はF・マリノスが風下に立つと、なかなか思うようにボールを前に運ぶことができなくなります。逆にVONDSは追い風を生かした攻撃を仕掛けてきて、F・マリノスゴールに迫ってきます。F・マリノスも、FW9伊藤峻平選手やMF10河野稜磨選手がシュートを打っていきますが、中々ゴールが奪えません。
すると65分、VONDS市原FCのセットプレーから押し込まれてしまい、0-2とリードを広げられてしまいます。
ここで引き離されるわけにはいかないF・マリノスは、MF19後藤準弥選手とFW22花形聖和選手を投入、なんとか得点を取ろうと攻撃に出ます。
しかし、それで前がかりになったところを狙われ、76分と77分に連続失点。これで完全に勝負あり。その後も1点でも取ろうと攻めるF・マリノスでしたが、守りを固める相手に崩すことはできず。0-4で敗戦。2016シーズンのKSL市原カップはベスト4、日本工学院F・マリノス史上最高順位で幕を下ろすこととなりました。





P3200466
VONDS市原FC戦に臨む日本工学院F・マリノスイレブン



P3200507
開始直後、F・マリノスの決定的なシーン。DF3堀川春樹選手のヘッドは相手GKにかき出された



P3200639
DF3堀川春樹選手。この日は3CBの中央に入り、チームの守備を支ええた



P3200991
この日も右サイドから何度もチャンスを作ったDF20荒井友斗選手



P3210067
DF16宍戸勇亮選手。CBの一角ながら攻撃に何度も絡んだ



P3210143
DF5菊池和馬選手は久々の出場。安定感のあるプレーを見せた



P3210677
相手のロングフィードに飛び込んでいくDF13加藤陸斗選手



P3210879
この日はボランチに入ったキャプテン・MF17宇野陸選手。中盤で相手ボールを狩り続けた



P3210118
MF6奥秋瑠比選手。何度も前線に飛び出してチャンスを作った



P3210459
サイドを上がるMF10河野稜磨選手



P3210519
シュートを放つMF25金井有希選手。がむしゃらなプレーでチームを引っ張った



P3210393
ドリブル突破をするFW9伊藤峻平選手



P3210588
失点シーン。GK41小林紘大選手がくらいつきにいったものの、届かなかった



P3210857
途中出場のMF12キムソンサ選手。積極的に仕掛けた



P3210769
同じく途中出場のDF4キムヨンボ選手。相手ボールを跳ね返していく



P3210743
前線から相手ボールを奪いに行くMF19後藤準弥選手



P3210867
クロスを上げるFW22花形聖和選手。最後までゴールを目指したが…



P3210945
得点は奪えず。躍進を見せたKSL市原カップだったが、最後は0-4の完敗で大会を去ることとなった





KSL市原カップを終え、本来ならシーズン終了、学生チームである日本工学院F・マリノスにとってはこの代での公式戦は終了となりますが、来シーズンは天皇杯の本戦日程の前倒しにより、2017年1月以降4月までの間に、神奈川県天皇杯予選が開催される予定となっております。

詳細なスケジュールはまだ決まっておりませんが、リーグ戦・市原カップともに過去最高の成績を残した今シーズンの日本工学院F・マリノスの闘いは、もう少しだけ続きます。
皆様、天皇杯予選でもぜひ日本工学院F・マリノスの応援をよろしくお願いします!