2017年7月1日(土)11:00キックオフ
会場:日本工学院グラウンド
関東サッカーリーグ2部 前期第8節
日本工学院F・マリノス 1-0 tonan前橋

P3950514

P3950885


【得点】
76分 11花形聖和(F・マリノス)


【スタメン】
image


【交代】
GK21小林紘大→GK1植栗大貴
FW12毛利大河→FW11花形聖和


【最終布陣】
image




みなさん 、こんにちは!

7月1日(土)に行われました、関東サッカーリーグ2部 前期第8節 tonan前橋戦。

F・マリノスのスターティングメンバーは、GK21小林紘大選手がローテーションでスタメンに。フィールドプレイヤーはキャプテンのDF3堀川春樹選手が負傷の影響でメンバー外に、DF4佐野吾叶夢選手がセンターバックにずれて、DF16宍戸勇亮選手が久々の先発起用となります。キャプテンマークは1年生のFW12毛利大河選手が巻きました。


[前半]

是が非でも勝ちが欲しいF・マリノス。序盤からボールをポゼッションし、自分たちの流れの時間を長く作っていきます。
しかし、対するtonan前橋はF・マリノスの攻撃を着実に跳ね返してきて、F・マリノスは中々決定機まで持っていくことができません。

逆にtonan前橋はカウンターを主体に攻めてきて、決定機の数でF・マリノスを上回ります。しかし、F・マリノスDF陣も体を張って守り、得点を許しません。

迎えた32分頃でした。tonan前橋がショートカウンターから決定機を迎えると、ゴール至近距離から強烈なシュートを放ってきますが、これに対してGK21小林紘大選手が左手1本でファインセーブ!なんとか失点を免れますが、このプレーで左手の指を負傷してしまったGK21小林紘大選手。プレー続行不可能で、交代を余儀なくされます。代わってGK1植栗大貴選手が入ります。

その後、何度かあったセットプレーから攻められるF・マリノスでしたが、代わって入ったGK1植栗大貴選手がナイスセーブを見せ、失点を防ぎます。前半は0-0のスコアレスドローで終えます。


[後半]

後半も前半に引き続き、F・マリノスがボールを支配するものの決定機に欠き、tonan前橋が少ないチャンスから決定機を迎えるというシーンが増えていきます。

tonan前橋の決定機に対しては、DF5菊池和馬選手を中心としてDF陣が踏ん張って防いでいきます。

膠着状態が続く中、F・マリノスは前線でボールを追い続けて疲れが見えてきたFW12毛利大河選手に代えて、FW11花形聖和選手がピッチに立ちます。

すると迎えた76分でした。F・マリノスが中盤でボールを奪ってカウンターを仕掛けると、左サイドを駆け上がったMF7庭田智弘選手が中央のDFラインとGKの間のスペースに絶妙なスルーパスを出し、これにダイレクトで合わせたのはFW11花形聖和選手!右足でコントロールシュートを冷静にゴール右下隅に流し込んで、ゴール!1-0、F・マリノスが待望の先制点を奪います!

ここからtonan前橋が追いつこうと必死になり、F・マリノス陣内に次々と攻め入ってきます。サイドから中央に長いボールを入れて攻めてきますが、F・マリノスDF陣はこれをクリアし続けます。必然的にコーナーキックの機会が増え、終了直前までtonan前橋のコーナーキックが続き、後半だけで10本のコーナーキックを与えましたが、これを全て跳ね返したF・マリノス。

そして試合終了!1-0、日本工学院F・マリノスがついに2017シーズンの関東サッカーリーグ2部で初勝利を勝ち取りました!







image
tonan前橋戦に臨む日本工学院F・マリノスイレブン



P3950031
キャプテンマークを巻くFW12毛利大河選手。1年生の選手がキャプテンを務めることは非常に珍しい



P3950295
ダイレクトヒールパスを出すMF7庭田智弘選手



P3950330
カウンターで持ち上がるMF13山下翼選手。練習中の負傷があったが、包帯を巻いていつも通りの懸命なプレー



P3950350
相手に囲まれながらボールをキープするFW12毛利大河選手。前線で体を張った



P3950387
毛利選手交代後にキャプテンマークを巻いたDF5菊池和馬選手。獅子奮迅、気合のディフェンスを見せた



P3950495
得点シーン。MF7庭田智弘選手が中央へスルーパスを入れると…



P3950498
走り込んだFW11花形聖和選手がダイレクトでコントロールシュート!



P3950504
コースを狙ったシュートはゴール右下隅に転がり込んだ!F・マリノス待望の先制点!



P3950510
冷静に決めたFW11花形聖和選手



P3950516
チームメイトと喜び合う



P3950527
スタンドにアピールするFW11花形聖和選手



P3950556
勝利をグッと引き寄せるゴールを決めた背番号11



P3950571
前半に負傷交代したGK21小林紘大選手に代わって緊急出場となったGK21植栗大貴選手。小林選手の分までゴールを守った



P3950700
終盤は攻め込まれる展開に。MF6奥秋瑠比選手が相手のシュートを体を投げ出してブロック



P3950765
多くの被セットプレーも、全員で集中して跳ね返し続けて守った



P3950884
そして試合終了!リーグ戦今シーズン初勝利!選手たちからも笑顔がこぼれる



P3950903
1-0、ギリギリの勝負を制した選手たち。ここから勢いに乗っていきたい!



P3950935
決勝点を決めたFW11花形聖和選手。交代直後のワンチャンスでゴール、ヒーローに







次節は来週土曜日、アウェイ扱いですが、ホーム・日本工学院グラウンドでの試合となります。
相手は早稲田ユナイテッド。
昨シーズンの対戦成績は1勝1分。今シーズンのリーグ戦では8位と振るっていませんが、先日の全社関東予選を勝ち抜いて全社出場を決めている、強豪チームです。

初勝利をあげたF・マリノスは、次は関東リーグ2部残留ラインを目指して闘って参ります。そのためには、近い順位と勝ち点の早稲田ユナイテッドとの試合は非常に重要な試合となります。
日本工学院F・マリノスの応援、よろしくお願いいたします!



2017年7月8日(土)11:00キックオフ
関東サッカーリーグ2部 前期第9節
早稲田ユナイテッド vs 日本工学院F・マリノス
会場:日本工学院グラウンド(アクセスはコチラ)