2017年7月8日(土)11:00キックオフ
会場:日本工学院グラウンド
関東サッカーリーグ2部 前期第9節
早稲田ユナイテッド 1-2 日本工学院F・マリノス

P3980787

P3990289


【得点】
39分 16宍戸勇亮(F・マリノス)
59分 8桜井裕幹(F・マリノス)
61分 11森(早稲田)


【スタメン】
image


【交代】
MF10河野稜磨→MF11花形聖和
MF13山下翼→MF7庭田智弘
FW12毛利大河→FW23菊池壱星


【最終布陣】
image




みなさん 、こんにちは!

7月8日(土)に行われました、関東サッカーリーグ2部 前期第9節 早稲田ユナイテッド戦。

F・マリノスのスターティングメンバーは、GKは1植栗大貴選手選手がスタメン。フィールドプレイヤーはMF7庭田智弘選手がこの日はベンチとなり、ボランチのスタメンにはMF8桜井裕幹選手が久々に起用されました。キャプテンマークは前節に引き続き1年生FW12毛利大河選手が巻きます。


[前半]

前節、今シーズンリーグ戦初勝利をあげて勢いに乗るF・マリノス。非常にいい入り方ができ、ボールをポゼッションして優位に進める時間帯が続きます。

この日のF・マリノスの攻撃の中心はサイドから。DF2滝瀬俊選手とMF10河野稜磨選手が左サイドから攻め上がり、DF16宍戸勇亮選手とMF13山下翼選手が左サイドから崩しにかかります。また、MF8桜井裕幹選手が中盤で攻撃のスイッチを入れます。的確な判断で中盤でボールを奪うと、右サイド・左サイド・中央と状況を見てパスを出しわけ、前線にボールを供給していきます。

前半25分を過ぎたところで、この日は非常に気温が高かったため、クーリングブレイクが取られました。3分間、選手・審判全員が日陰で休憩を取ります。日本工学院F・マリノスの公式戦では初めてこの制度が適用されました。

再開後、F・マリノスが決定的なシーンを迎えます。DF2滝瀬俊選手とMF10河野稜磨選手が前線にプレスをかけると、相手GKがミスしてF・マリノスボールに、MF10河野稜磨選手が持ち込んで相手GKをかわしてシュートを打つも、カバーに入ったDFにラインギリギリのところでクリアされてしまい、ゴールを奪えません。

そして迎えた39分でした。右サイドをDF16宍戸勇亮選手がドリブルで持ち上がってカットインすると、中央のFW12毛利大河選手とワンツー、相手DFのタックルをかわし、バランスを崩しながらも、体勢を立て直して宍戸選手が右足でシュート!これが相手GKの手をかすめて左下隅にゴール!F・マリノスが先制に成功します!


前半はそのまま終了。F・マリノスが1-0でリードしてハーフタイムとなります。


[後半]

後半も主導権を握ったのはF・マリノス。DFラインからサイドへのロングボールを中心に、攻め上がっていきます。

そして59分、中央でボールを受けたMF8桜井裕幹選手が、そのまま右足で35m級のロングシュート!ボールはちょうどキーパーの足元に落ち、これをトンネル!ボールはそのまま転がり込んでゴール!F・マリノスが貴重な追加点を奪います。

これでF・マリノスが勢いに乗るかと思った矢先の61分でした。相手FWが右サイドからのクロスにヘディングで合わせてシュート、力のないボールがゴールに向かいますが、このボールの目測を誤ってしまったGK1植栗大貴選手。追いつくことができず、そのままゴールに。少々もったいない形で失点を喫してしまい、2-1と追い上げられてしまいます。

失点直後にMF7庭田智弘選手を投入しゲームを落ち着かせにかかり、また終盤にはFW12毛利大河選手に代えてFW23菊池壱星選手を投入し、前線でのプレスとターゲットを強化したF・マリノス。早稲田ユナイテッドに攻められつつ、それを跳ね返してカウンターから追加点を狙う、という展開が続きます。

カウンターからMF11花形聖和選手が2本ほど決定機を迎えましたが、シュートが枠からわずかにそれてしまい、追加点は奪えず。

しかし、最後まで集中して守り、1点以上の失点を許さなかったF・マリノス。そして試合終了。2-1で勝利し、前節のリーグ戦今シーズン初勝利より連勝をすることに成功しました!






P3980247
早稲田ユナイテッド戦に臨む日本工学院F・マリノスイレブン



P3980412
久々の先発となったMF8桜井裕幹選手。素晴らしい予測とタイミングで、相手のボールを狩り続けた



P3980454
DF2滝瀬俊選手は左サイドで奮闘。長い距離を走り続け、攻撃に積極的に関与していった



P3980579
前半の決定機。MF10河野稜磨選手が相手GKをかわして無人のゴールに流し込んだが、惜しくもギリギリでクリアされてしまった



P3980755
F・マリノスの先制シーン。DF16宍戸勇亮選手が右サイドでボールを受けると…



P3980760
中央に切れ込んで、パスを出し…



P3980762
これをFW12毛利大河選手がワンタッチで折り返し…



P3980765
再びボールを受けた宍戸選手…



P3980766
相手DFのタックルを受けるも…



P3980767
これをジャンプ一発!飛び越えてかわす!



P3980769
着地でわずかにバランスを崩しながらも…



P3980772
そのまま右足を振り抜いてシュート!



P3980773
このシュートが鮮やかにゴール左下隅に決まった!!



P3980782
見事な連携からのゴールを決めたDF16宍戸勇亮選手



P3980790
今シーズン初ゴールは貴重な先制点となった!



P3980814
チームメイトと喜び合う



P3990266
後半、F・マリノスの追加点のシーン



P3990267
MF8桜井裕幹選手が中盤でボールを受けると…



P3990270
意表を突いたロングシュート!これが相手GKのミスを誘い、ゴール!



P3990281
久々の先発出場でゴールという結果を残したMF8桜井裕幹選手



P3990293
ベンチメンバーも祝福。この追加点はチームにとって非常に大きかった



P3990309
川合監督も桜井選手を祝福



P3990315
直後の失点シーン。相手のこのヘディングシュートが…



P3990317
ボールに勢いはなかったが、GK1植栗大貴選手が届かない位置に飛んでしまい…



P3990320
そのままゴールへ。得点直後の勿体無い失点だったが、これでチームの意識が今一度引き締まったとも言える



P3990325
早稲田ユナイテッドMF20高橋健哉選手は、横浜F・マリノスユース出身の選手。ボランチで先発出場していた



P3990726
失点直後に投入されたMF7庭田智弘選手。豊富な経験を活かし、ゲームを締めにかかった



P3990893
そして試合終了!2-1でF・マリノスの勝利!



P3990895
得点を決めたMF8桜井裕幹選手を祝うGK1植栗大貴選手



P3990939
初勝利に続けて連勝!非常に喜ばしい理想的な結果となった。次戦も気を緩めずに闘っていきたい



P3990953
喜びの表情を見せるDF5菊池和馬選手。最終ラインで奮闘を見せた




関東リーグは今節をもって前期9節の日程を終了しました。

前期を終え、日本工学院F・マリノスの現時点の順位は9位。勝点7、2勝1分6敗、得点6、失点24、得失点差-18という戦績で折り返しを迎えることとなりました。

特に失点数が非常に多く、厳しい状況であることに変わりはありませんが、8節と9節で勝ち取った2勝により、最下位から脱出することに成功しました。

また、今シーズンの関東リーグ2部は、上位3チームの勝ち点が抜け出していますが、下位5チームは勝ち点差6の中におり、今後の結果次第で順位が入れ替わっていく可能性が大いにあるという展開になっております。

後期も決して諦めることなく、一戦一戦目の前の試合を全力で闘い、結果として最後に関東リーグ残留を勝ち取れればと思います。
後期も日本工学院F・マリノスの応援、よろしくお願いいたします!



その後期開幕戦となる次節は、早くも来週土曜日に開催されます。

アウェイ・東京国際大学坂戸キャンパス第2サッカー場での試合となります。
前期はアウェイゲームでも全て日本工学院グラウンドでの開催だったF・マリノスにとって、今シーズンのリーグ戦で初めてのアウェイ会場でのゲームです。

相手は東京国際大学FC。

前期の戦績は8勝1分、勝点25を獲得し、現在関東2部でダントツで首位に君臨しているチームとの対戦となります。
前期の対戦では0-1で敗戦という結果でした。

リーグ首位、未だ今シーズン負けなしの強豪との対戦となりますが、3連勝を目指して全力で闘って参ります。日本工学院F・マリノスの応援、よろしくお願いいたします!



2017年7月15日(土)10:30キックオフ
関東サッカーリーグ2部 後期第1節
東京国際大学FC vs 日本工学院F・マリノス
会場:東京国際大学坂戸キャンパス第2サッカー場(アクセスはコチラ)