2017年7月15日(土)10:30キックオフ
会場:東京国際大学坂戸キャンパス第2サッカー場
関東サッカーリーグ2部 後期第1節
東京国際大学FC 7-1 日本工学院F・マリノス

P4030727


【得点】
31分 7竹原(東京国際大)
44分 23坂口(東京国際大)
45分 12石塚(東京国際大)
54分 9中島(東京国際大)
61分 23坂口(東京国際大)
77分 23坂口(東京国際大)
88分 12毛利大河(F・マリノス)
90+5分 29西尾(東京国際大)


【スタメン】
image


【交代】
DF19岩下龍之介→DF3堀川春樹
MF7庭田智弘→MF11花形聖和
DF16宍戸勇亮→MF28中嶋竜彦


【最終布陣】
image




みなさん 、こんにちは!

7月15日(土)に行われました、関東サッカーリーグ2部 後期第1節 東京国際大学FC戦。  

F・マリノスのスターティングメンバーは、MF10河野稜磨選手が負傷の影響によりメンバー外となり、MF7庭田智弘選手が左サイドハーフで先発に復帰。ボランチのスタメンは前節に引き続きMF6奥秋瑠比選手とMF8桜井裕幹選手のコンビとなりました。キャプテンマークは3試合連続で1年生FW12毛利大河選手が巻きます。


[前半]

序盤、ボールを支配し優位にゲームを進めたのはF・マリノス。右サイドのDF16宍戸勇亮選手とMF13山下翼選手、左サイドのDF2滝瀬俊選手とMF7庭田智弘選手がそれぞれのサイドから効果的な連携で攻めていき、チャンスを作っていきます。

東京国際大学FCは、ボールを繋いでF・マリノスのDFラインを崩しにかかってきますが、ここはF・マリノスのDF陣が集中して跳ね返し、チャンスを作らせません。

ゴールの予感を漂わせつつ、守備ではきっちり締めていたF・マリノス。いい流れのまま、前半25分ごろにこの日もクーリングブレイクが取られます。3分間の休憩が明けると、試合の流れは一変します。

再開後、東京国際大学FCは前線の長身FWにロングボールをシンプルに入れてくる戦術へと変更。高さでは不利なF・マリノスDF陣が対応に苦しんでいると、31分でした。ペナルティエリア付近で与えてしまったFKを直接叩き込まれ、先制点を許してしまいます。

その後もシンプルに前線にロングボールを入れてくるサッカーを変えなかった、東京国際大学FC、F・マリノスはこれに対応しきれず、44分・45分と立て続けにラインの裏を取られて失点を重ねてしまいます。

そして前半終了。結局0-3と大きくリードされてハーフタイムを迎えます。


[後半]

ハーフタイム明け、前半に警告を受けていたDF19岩下龍之介選手に代えて、DF3堀川春樹選手が出場。怪我明けの復帰戦となり、FW12毛利大河選手からキャプテンマークを託されます。

後半になると東京国際大学FCは再びボールをポゼッションするサッカーに切り替えてきますが、これに対して3点のビハインドがあり、どうしても前掛かりになってしまうF・マリノス。カウンターからピンチを招いてしまいます。

そして54分、61分とまたしても連続して失点。0-5と大量にリードされてしまいます。

後半もクーリングブレイクが取られ、このタイミングでMF7庭田智弘選手に代わってMF11花形聖和選手を投入。ゴールを奪いに行きます。

しかし、直後の77分にも失点してしまい、0-6。リードを広げられます。

それでも最後まで闘う姿勢を崩さないF・マリノスイレブン。1点でも返そうと、東京国際大学FCのゴールへと向かっていきます。

そして80分ごろ、DF16宍戸勇亮選手に代えて、Bチームから昇格し前節より登録されたばかりのMF28中嶋竜彦選手を投入。リーグ戦初出場を果たすと、ここから流れが変わります。

そのMF28中嶋竜彦選手がボールを受けると、ゴールに向かって力強いドリブル突破を見せ、シュートまで持っていきます。

すると88分でした。右サイドを駆け上がったMF28中嶋竜彦選手、冷静に中を見て、ワンテンポ遅れて入ってきたFW12毛利大河選手に絶妙なラストパス、これを毛利選手がダイレクトで右足ボレーシュート!難しい体勢からのシュートでしたが、これが見事にゴール!1-6、F・マリノスが1点を返します!

その後5分間のアディショナルタイムでも攻めていったF・マリノスでしたが、逆に終了間際に、左サイドからの高いクロスに対してキャッチにいったGK1植栗大貴選手とクリアにいったDF2滝瀬俊選手が交錯してしまい、落球。これを押し込まれるとともに、試合終了。1-7、大量失点での敗戦となってしまいました。






P4020387
東京国際大学FC戦に臨む日本工学院F・マリノスイレブン



P4020474
ファーストシュートを放っていくDF2滝瀬俊選手



P4020495
相手選手と競り合うDF4佐野吾叶夢選手



DSC00682
DF3堀川春樹選手は後半から出場。復帰戦となった



P4030314
前線にパスを送るDF5菊池和馬選手



DSC00999
MF13山下翼選手。猛暑の中ひたすらに走り続けた



P4030613
MF28中嶋竜彦選手。日本工学院F・マリノスでの公式戦初出場。積極的な仕掛けでインパクトを残した



P4030704
F・マリノスの得点シーン。MF28中嶋竜彦選手が右サイドを駆け上がると…



P4030715
冷静に中を見てクロス、これにFW12毛利大河選手が右足ボレーで合わせてゴール!



P4030724
ゴールを決めたFW12毛利大河選手。待ち焦がれた日本工学院F・マリノス加入後公式戦初ゴールとなった



P4030912
試合は1-7で敗戦。敗れたものの、ポジティブな要素も見られた。結果に落ち込むことなく、切り替えて次節こそ勝利を!





次節は土曜日、ホーム・日本工学院グラウンドに戻っての試合となります。

相手は東邦チタニウム。
前期の対戦では2-2の引き分けという結果でした。

今節の敗戦を引きずらないよう、勝利を目指して闘って参ります。
日本工学院F・マリノスの応援、よろしくお願いいたします!!



2017年7月22日(土)11:00キックオフ
関東サッカーリーグ2部 後期第2節
日本工学院F・マリノス vs 東邦チタニウム
会場:日本工学院グラウンド(アクセスはコチラ)