NFS

http://blog.livedoor.jp/nfs/

江頭2:50みたいなボディサポーター着て仕事してたらいつのまにかキモい日焼けしてて笑った。

e

こんな腕でも一応、月の半分は解体屋やってます

現場仕事を快適に進める小ネタ(応用編)

若い子の髪の毛をぼくから見て左、若い子から見て右に引っ張るからうまく倒れてくれ、という打ち合わせをしておき、

アキオ「おう、午後一はおまえ、昼前やってたフロアあるだろ?あそこの残り、ひとりで決めろや」
若い子「えー、下の階の段取り(楽)じゃダメっすか?」
アキオ「調子んのんなルラアァァァァァ(髪の毛掴んで左にズシャアアア)」
若い子「ぐえぇぇぇぇぇ(右に派手にズシャアアア)」

※もっとうまいシチュエーションいくらでもあります

とやると、周囲のぼくに対する態度がますます腫れ物に触るようなモノに変わるのでたまにやり、
若い子からも缶コーヒーダッシュよりも少ない労力で同等の対価(缶ビール)を得られるのでこちらのほうが好評ではあるのだが、缶コーヒーダッシュ(有酸素運動)と違い、こっちの応用技は

現場所長「おまえなあ、暴力は最低だよ。わかるだろ? 親から教わらなかったのか?」

とマジレスが来る場合もあるので、ぼく個人としては缶コーヒーダッシュに留めておきたい、髪の毛ズシャアアアはリスキーすぎる、という見解だ。

現場仕事を快適に進める小ネタ

若い子と事前に打ち合わせしておいて、現場上がりに缶ビール1本買ってあげる約束で、
適当な休憩時間に「……オイ、コーヒー買ってこい」と小声でつぶやき小銭を投げたあと、歩き出した若い子に

「走れやあぁぁぁぁぁ!!ガイーン(バールで単管ブン殴る音)」

とやると、周囲の人間がその後ぼくに対して腫れ物を触るような態度になりとても仕事がはかどる。
かなりオススメ。

ただし、走る距離が長いとツマミも要求されるので、自動販売機の距離は事前に確認しておきましょう。

うさんくさいぼかしのかけかた

雑記を書いて茶を濁すのはやめたつもりだったのですが、さすがに半年も更新しないのは自分でもどうかと思うので、ちゃんとした記事(だいたい古いエロゲーネタ)を更新できないまでも、なにか書きます。雑記は定期的に消しています。

grp

今回の記事は寄る年波のせいか、せっかくおぼえた画像編集の小ワザをマッハで忘れる自分のためのメモ。
写真のように画面半分程度を“ぼかし”たいとき、それもかなり急を要するとき用。

1. クイックマスクモードに入る
2. グラデーション・プリセット「描画色から透明に」で画像上から下までドラッグ、ドロップ
3. クイックマスクモードを抜ける
4. フィルター「ぼかし」各種適用

画像下部ではなく上部をぼかしたい場合、下から上にグラデーションをかける。
(「選択範囲を反転」でもフォローできるので、その場合どの方向からグラデーションをかけてもよい)

我ながらフォトショップのポテンシャル中5%(かつての消費税率)程度しか引き出せていないところが悲しいが、こんなものでもおぼえておけば意外と役に立つ。
画像のように背景写真を撮ったはいいものの、他人を写しこんでしまった場合などのフォローに使える。

本当はうしろの歪んでしまったビルを矯正するテクニックなどをおぼえたいのだが、ぼくバカだからよくわかんないや。

マジで(チンコさわりながら)

転職活動中

shukatsu

証明写真をそのまま晒すのは恥ずかしいので濃い目に加工してあるが、
元のツラと服装(潰れてますが、ヒゲにストライプのジャケットです)は素。

「舐めてんのか」とツッコまれそうな写真だが、当方いたってマジメにこの証明写真(加工はしてない)で転職活動をしている。いま反省している唯一の点は、背景をブラウングラデーションでなく、ピンクグラデーションにすればもっといいデキになったなあ、という一点だ。

額の後退具合からもうかがえるが、ぼくも今年で30。
この記事を読まれたどこかのシャッチョサーン、月50くらいで雇っていただけませんか?

揚重以外ならやります
  • ライブドアブログ