大家塾 (名古屋不動産賃貸オーナーズクラブ)




名古屋の不動産賃貸@大家さんの勉強会です。月一度の会合、メーリングリストで大家さん業(アパート マンション経営)を勉強しています。
みんなで大家力を高めよう〜!!
紹介と入会方法 | 求!売アパート 売マンション 収益不動産  | 賃貸用物件

2013年04月

4月大家塾「シェアハウスセミナー」

はまやん♪です。

4月28日ゴールデンウィーク入りした、心地よい快晴の日曜日、不動産が大好
きな人たちが集まったのは、黒川の Share House 180°
http://www.sharehouse180.net/

DSCF0393











本日の講師はこのシェアハウスを超スピードで立ち上げた伊藤さん。

伊藤さん自身が世界各国のドミトリーやシャアハウスで生活し、その楽しさを自
分で実現したいという思いで、ビジネスをスタート。

シェアハウスは日本でもまだ始まったばかり。ノウハウを集め、分析するために
伊藤さんがしたことは「足で情報を集めること」

東京を始め、日本全国あちこちのシェアハウスや運営会社をめぐったり、実際に
名古屋のシェアハウスに住んでみたり… すばらしい行動力です。

若いっていいな。

=====

シェアハウスのいい所

・家賃収入が多い
・成長市場
・差別化がしやすい。アイデアがそのまま差別化につながる
・給排水を集約できるため、リフォームコストが抑えられる

内覧をさせていただき、びっくり仰天だったのは、1DKの部屋をリフォームし
て2部屋になっていたり、1フロアの中にロフト式にして二階建てベッドを作ったり
(これは文字では表現できません!!)

DSCF0395














アイデア満載でしたっ


シャアハウスの難しい所

・考えられるあらゆる問題が発生する(笑)


何人かの人が共同生活をするので、それぞれの人が「常識」「ルールを守って
る」と思っていても、他の人から見ると「非常識」「ルール違反」に映ることが
起きるのですね。
喧嘩の仲裁もせなあかん時もあるそうです(笑)

大変な面もありますが、入居者のコミュニティに入って生活を楽しむという充実
感があるというお話しです。

オシャレな内装も大切ですが、ソフト面が非常に成否を分けるポイントのように
思いました。


シェアハウスって、いいな。


PS:
今日はイジワルなことは何も書きません。
でも、このシェアハウスのすごいところ、面白いところ、経営観点のポイント。
ぜ〜んぶ、目と耳で触れないとわかんないですよ〜


大家塾、楽しいですよ。
興味のある方はご参加ください。
(但し、名古屋大家塾への参加は条件がありますのでご注意ください)

4月大家塾「保険について」

はまやん♪です。

4月21日に保険のセミナーが行われたので、レポートします。
今回はタイトルそのまんまで、保険の話です。

大家さんの立場の理解ができる頼もしい保険屋さん、有限会社GIAの名倉さん
にお話していただきました。

20130421-ed


私だけかもしれませんが、保険ってなんかお得な感じがしなくて、そこにお金使
うか? と思ったりするわけですが、いやいや保険っていいっすよ、というか、
保険かけてないとヤバイよって話です。

余談ですが…

私は自動車保険大好きで、車両保険を限界までかけるようにしています。
と、言うのも、新車3年くらいのマーク供別世蕕に身分不相応でした)を駅前
に路駐して出社したら、数日後に飛○村の中央分離帯で大破して発見されました。
ところがこれが、車両保険のおかげで、新車に即再生できました。
元々まぁまぁの車でしたが、ピッカピッカのインスパイアに再生しました。

保険って、窮地を救ってくれるので、経験するとホントありがたみがわかります。


トリビアじゃないですが、へぇな話をいくつか書きましょう。

(1)
地震で建物が壊れるのは大変困るわけですが、大家さんにとってもっと困るの
は、建物が傾くことだそうです。
壊れてしまえば100%保険が立て直すなり、売るなりすればいですが、少し傾いた
くらいだと、保険が出ても傾きを直したり、立て直したりはできません。
一方、傾いた部屋の入居者さんは住み続けてくれるでしょうか?これは大家さん
にとっては死活問題です。

(2)
地震保険は火災保険の補償額の1/2までしか出ない。
ご存知でした?(私は知ってました。エヘン)

(3)
ところが、火災保険は掛けられる補償額がある範囲で選べます(新価)。
地震で全壊しても再生できるように備えるなら火災保険をおおめにかければ良いわ
けです。

(4)
火災保険は火事だけが対象じゃない。実際は水災や盗難で使われることのが多い。


セミナー開始のころは、いきなり「付保割合ってわかりますか?」なんて質問か
ら始まって難しい話だなぁと思いましたが、具体的な例を挙げて、また、質疑応
答の形式でわかり易いように工夫してお話をしていただけました。


保険を掛けることの大切さが良くわかりました。
物件購入で数千万、億のローンを組んでいる方も少なくないわけですが、事故・
地震が起きて途端にローン返済に困るとそれで人生終了になりかねません。

少し大げさですが人生を守ってくれる保険、大切ですね。

====

保険について話題になると、よく塾長は、こんなことを言われます。

保険の大切さを皆さんにお伝えしているのに、皆さんちゃんと保険の見直しや設
計をしっかりやっているのか、せっかくセミナーやってるのに、活かせてもらえ
てないんじゃないか?

中古不動産を購入して、賃貸業を行う人にとって、保険はお買い得だといつも話
されていたのが良くわかりました。

皆さんも、保険の見直しと、設計をしましょうね。


PS:
なお、
セミナーでは事故があった時に何をしておくとよいのか? とか
地震保険の給付とそれに対する○○のしかた とか
それを知ってるのと知らないのじゃとんでもない違い
という話をいくつも惜しげもなく話していただきました。

ハイ。
ちょっとイジワルに書いてありますが、そりゃもうお金と時間を使って参加した
人がトクをしなきゃね。ごめんね。 (^_^);



PS:
私の隣に座っていた○山さんは、その場で保険屋さんに変更の連絡をしてました。
私の保険はダメダメなことが帰宅後バッチリわかりました。
GW中に設計してパワーアップしておきます。
それまで、地震起きないでください。
Recent Comments
訪問者数

Amazon
  • ライブドアブログ