大家塾 (名古屋不動産賃貸オーナーズクラブ)




名古屋の不動産賃貸@大家さんの勉強会です。月一度の会合、メーリングリストで大家さん業(アパート マンション経営)を勉強しています。
みんなで大家力を高めよう〜!!
紹介と入会方法 | 求!売アパート 売マンション 収益不動産  | 賃貸用物件

税金

5月大家塾〜大家さんにまつわる税務について〜

はまやんです。
最近、塾長がセミナー行脚に行かれるので、大家塾の手伝が忙しいです。

5月24日(土)は細江先生の税務セミナーでした。

    名古屋総合税理士法人 http://hosoe-tax.com/
    税理士  細江 博之(ほそえ ひろゆき 弟)   プロフィール
    税理士  細江 貴之(ほそえ たかゆき 兄)   プロフィール

名古屋総合税理士法人さんは、40年以上も前から、名古屋東部に多くの大家さんのクライアントを抱えて税務支援をされておられ、大家さんにまつわる税務に非常に強い税理士法人さんとのことです。

さて、今回もまたまた、栄ガスビルです。
ガスビル開催案内
ごく普通の案内です… ごく普通の…

最初の講師には、弟さんの細江博之先生に、特にアンケートで多かった税務調査を中心に事例を織り交ぜながら、お話いただきました。
細江博之税理士
細江博之税理士 〜税務調査を中心に〜

会場の様子
100人超の部屋なので余裕があります


お兄さんの細江貴之さんは、相続関係に強いとのことで、少しだけお話をしていただけました。(スイマセン)
細江貴之税理士
細江貴之税理士 〜相続関係に強い!〜


今回、時間配分をミスってしまい、Q&Aの時間があまり取れなかったり、相続対策のお話もほんのわずかの時間しか取れず、参加者の皆様にはご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありません。

相続対策をテーマにすることについては、アンケート等により、希望される方とそうでない方に偏りがあるように見えていました。
しかし、相続対策のテーマについて、今回参加者の多数の方の大半が話を聞きたいと思われていることも判りました。

6月はリベンジとして相続税対策をテーマにセミナーを実施予定です。

11月大家塾 相続対策と調査 〜不動産の法人化など〜

こんばんは、いまやんです。
ブログ係卒業しましたが、はまやんさんが欠席だった為急遽書かせていただいております。 ※卒業は取り消されておりますwww

2013.11.9(土)
相続対策と調査 〜不動産の法人化など〜

税理士法人レティング
代表税理士、公認会計士、税理士
木下勇人先生

の、セミナーでした。

当日はレジュメがセミナー開始に間に合わないので塾長の前説が長引いても安心していられる貴重なスタートとなりました(笑)
木下先生も1ページ目でレジュメが届くまで頑張っていましたが少々つらそうに感じたのは、一番先生から遠い位置にいたいまやんだからでしょうか?

税理士法人レティング木下勇人先生
税理士法人レティング木下勇人先生

相続税の現状、仕組みなどから始まり、続の話まで、もめやすい家族構成など話していただきました。

節税対策は養子縁組と法人についてです。
養子縁組も否認される可能性があるので注意が必要です。
法人は必要経費や法人経費の考え方からどのように法人へ移転するかなど、色々なお話を教えていただきました。
しかし最後は複雑な例を出そうとしすぎて、ホワイトボードでの説明が難しくなってメーリングリスト対応となりました。
メーリングリストに投稿される日を待ってます(^^)

10月大家塾 税務 〜減価償却と経営〜

こんにちわ はまやん♪です。
#10月もイベントてんこ盛りで… あ、いえ、言い訳です…

このブログは言わば「本家 名古屋大家塾」のブログなのです。
しかし、今年から立ち上がっている分科会がものすごい勢いで盛り上がっておりまして、あちこちに参加しているとブログの更新もままなりません。ほんと、名古屋大家塾、すごいことになっています。
分科会の方は、密度濃い勉強会だったり、ノリノリでリフォーム体験だったり、本当に皆さん積極的に活動されていて、ス・テ・キです♪

余談からいっぱい書いてしまいました。
さてさて、10月のテーマは「税金」です。

昨年に続き今年も、税理士 森広忠先生です。

森先生は、子供の頃から、「不動産賃貸業に詳しい税理士」を目指され、今、「シンプルタックス森会計」を運営されている、税理士大家さんです。
SimpleTax
最近、二人目の娘さんが生まれ、育児に忙しくされているそうです。


講演会テキスト
本日のテキスト。なんかかわいくない?

今回のテーマは昨年のアンケートでたくさん要望があった「減価償却」です。(ちなみに次回テーマは「相続」です)

《目次》
 【1】減価償却
 【2】借入金
 【3】事例演習
 【4】デッドクロス問題
 【5】損益分岐点(まとめ)

減価償却と相続について詳しく話して欲しいという要望はとても多く、大家さんの関心の強さが伺われます。

会場風景
今池ガスビル会議室。大きな箱もいい具合に入ってます


壇上の森先生
森先生、いつもニコニコ顔で身振り手振りのお話です

講演は減価償却の考え方から、計算方法の基礎までお話しいただきました。減価償却の計算問題の演習つきです。

RC造の耐用年数47年などはほとんどの方はわかっていましたが、中古物件の耐用年数の計算や、自己使用する資産の償却方法、経費か償却資産かの判断についての理解などには差があるようです。

私自身は自分で確定申告書を書いたこともあって、わかってるつもりでした。
でも、取得価額に付随費用を入れることや、登記費用・不動産取得税は経費にも資産にも計上できるなど気付いていなかったこともありました。
しっかり理解しないといけませんね。


電卓とノート
電卓叩いて演習問題!

演習問題は少し時間がタイトになってしまい、バタバタしてしまいましたが、皆さん実際に手を動かして計算されていました。
税額がいくらになり、手元にいくら残るか? 皆さん真剣です。

税理士さんにお願いすれば、面倒な確定申告も簡単に済ませられますが、定額法か定率法かどちらにするか、資産計上するか経費にするのかなどポイントを知ってお願いするかどうかは大違いだなと思いました。


休憩後の後半は、今日のもうひとつのポイント「デッドクロス」です。
こちらは、株式会社エーシーアイの栗崎さんとセッションで、年々の税引き前・税引き後キャッシュフローをグラフ化した資料を元に、収支がどのように変化して行くのかを解説していただきました。

デッドクロスのチャート
デッドクロスのチャート、あなたの物件は大丈夫?

減価償却が経年とともに小さくなり、返済が進んで利息分が減ることで、課税対象額がキャッシュフローを超えてしまいます。
これが、不動産資産を保持しているがために支出をしなければならない状態「デッドクロス」です。

参加者の皆さんも、デッドクロスという言葉自体はご存知の方が多かったようですが、今回のセミナーでデッドクロスの恐ろしさがしっかり理解できた人が多かったようです。

デッドクロスのチャート
前説中、得意満面の塾長(笑)


昨年の税金セミナーは10月から3回開催しましたが、今回も10月です。
皆さん、なぜ10月に税金のセミナーを開催するか、お分かりでしょうか?
これには塾長の深〜い思慮があります。(たぶん)

今年もあと二ヶ月です。
不動産賃貸業を制するには、税務は避けられません。
税務を制すれば、不動産賃貸業、危うからずです。

皆様が賃貸経営で繁栄されることを希望しております。
Recent Comments
訪問者数

Amazon
  • ライブドアブログ