2007年09月17日

食は健康の源ー五味五色五法

和食 の定式に五味五色五法というものがある。

「五味」とは、甘、酸、辛、苦、それに鹹(かん)、鹹とは塩辛いこと。

「五色」とは、白、黄、赤、青、黒のこと。黒には濃い紫を含む。

「五法」とは生、煮る、焼く、揚げる、蒸すという調理法を指す。生は生の食感を活かす。

日本食とはこれくらいデリケートな料理。

素材の持ち味を生かしながら、味、香り、色を大事にし、春夏秋冬の季節感をも重視し、材料の旬にも気を配る。

さらに、料理を盛り付ける器も、料理によって或いは季節によって、色、形、材質について配慮する。

色については、青の食材はないはず。緑のことだろう。

地球が誕生して、植物が生命を持ったとき、すべての植物は緑色であり、唯一の色だった。

この緑の食べ物は、主に体の調子を整えるとされる。

また、人類が最初に意識した色である赤い食べ物は、主に体の血や肉を作るといわれる。

黄色い食べ物はエネルギーになるとされる。

チャールズ・R・ダーウィンの「種の起源」によれば、その葉緑素は「植物の化学作用である変種や変異で、新しい色が進化した」という。

藻類が海から地上に進出したときに強烈な紫外線から身を守ったのが、抗酸化力という色の防御システムだった。

果実は未成熟の緑色をしているとき光合成を行い、成熟すると、カロテノイドやアントシアニンが生成され、赤、黄、紫に変化する。

この色素の抗酸化力は種を守り、同時に色づくことで、赤い色が識別できる鳥が種子を運ぶことが出来るように、食べてもいいというシグナルを送っている。

鳥だけでなく、赤色は、昆虫、動物、人間などにも食べてもいいというサインを送っているのだった。

こうして果実の色は、種の保存を図っている。

赤い果実がなぜ赤いのか、その理由は種の保存。

植物が種を切らさない、子々孫々の繁栄のためだった。

それを人間が食材として食べ、すべての生物に生きることに貢献している。

いただきます。ご馳走様。

すべの生物は、自然の恵みに感謝です。

五味五色五法は中国 の陰陽五行や薬食同源の考え方を源流に、日本に伝わり、独自にアレンジされたもの。

食は健康の源。五味五色五法は食のバランスをよく考えている。


 x  x

「名古屋 和食」の検索上位10位は次の通り。
(検索エンジンは、Yahoo! JAPAN)

1、和食まるや本店(天白区植田西)
2、美舟 ふぐ(遠州灘産のフグ料理=名東区藤ヶ丘)
3、【貴楽家 悠】(栄駅)
4、いこり屋(浅間町駅、国際センター駅)
5、蕎麦 【山葵野】(伏見)
6、京町家(錦3)
7、錦龍(中村区則武)
8、愛郷(熱田神宮・名古屋国際会議場すぐ西)
9、福寿(名東区上社・藤が丘)

10、☆ ENJOY 名古屋 2007 ☆ (個人ブログ)

その他、obanzai花ちゃ栄店、とりすず、厨や・のりのり、ひびきれい(名古屋市中区)
京たち花、割烹・竜むら大名古屋ビル店、豆富百珍・八かく庵・名古屋JRセントラルタワーズ店(名古屋市中村区)
赤石、か茂免、蔦の館「多門亭」(名古屋市東区)
松楓閣、いろり会席・間々宮(名古屋市千種区)

天雅、與エ門、成陣、隠れ屋DININGわしゃがんち(豊橋市)
魚祭庵・楽、味処さち(豊川市)
味波岩津店、いちかわ、味くりげ(岡崎市)
みと浜、小原庵、うな忠、フォーラムさと(豊田市)
活魚割烹・深海、あいみ(刈谷市)

食菜和さび、一期一会・禅、水上庭園と京懐石・焼肉・鍋料理・一心(一宮市)
庵、和楽、食の温度・百度、昭月、寿司割烹まるみ(稲沢市)
とんとんHOUSE(北名古屋市)
華菱(瀬戸市)
味花来、魚しま(津島市)
久(半田市)
山水、ゆず家、いちまるさん、季節料理日比野(春日井市)

ENSO、家庭食彩COHOODO、貴泉、季節料理うさ美、祥庵(岐阜市)
大垣城サルーン、萬十、四鳥、おくだや。(大垣市)
花心、空歩、一馬(各務原市)
食小屋こころ(多治見市)
おーまち、角一亭、やぐら屋(高山市)

割烹・柊、朝明楼、萬古茶や(四日市市)
割烹・満月、坂本小屋、お創菜ダイニング ピュア菜(津市)
日章館、割烹・大喜、五峯庵(伊勢市)
大和、新城、丁子屋、紅葉屋(桑名市)

松の家、一楽座・温石(浜松市)
沙山亭、魚河岸丸天、炙り焼&銘酒えん(静岡市)

ngoya_keizai at 23:28コメント(0)トラックバック(0) 
美容・健康 | 飲食店

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星