ナガサワブログ PART3~この熱い魂を伝えたいんや~

D級草どインディー老舗クラブ"三宿Web"店長ナガサワの趣味や考え方や日常が垣間見れる独り長文炎上ブログの続々編。

2006年11月

56e2186e.jpg
いやーやられちゃいました・・。初めて切られちゃいましたよ・・。

先週金曜日、渋谷に用事がバイクで出掛けたんですが、東急本店横のMODULEの前辺りの歩道に停めてたんですよ。渋谷は結構駐禁厳しいっていう噂はきいてたんですが、ココなら大丈夫でしょ!と高をくくってたんですが・・。

数時間後にバイクに戻ってみたら、長いシールが貼ってあって。あちゃー、また警告シール貼られちゃったなあって思って見てみると、駐禁のシールでした・・。っていうか、駐禁ってよく車とかにやってある、黄色のチェーンみたいなのを着けられるんだとばかり思ってたので、駐禁切られたという事実を理解するまでちょっと時間が掛かりました。シールの内容読んでようやく事の重大さを知った様な感じです。

どうやら後日違反金を振り込む用紙が郵送されてくるらしいです。調べてみたんですが、バイクの場合は9,000円らしいです・・。んぎゃーーー!って感じですよ、まったく・・。

っていうかもう恐くて渋谷とかにバイク乗ってけないッスよ。聞くところによると、ほんの30分ぐらいの間に切られたとかってのもあるらしいです。いやーマジで、バイカー側にとっては余りにも厄介な法改正ですよ。そんな訳で、もう当分はチャリ移動主体に変えますわ。バイカーの皆さんは、くれぐれもお気を付けください。

っていうか最近、体の調子は良くないわ駐禁切られるわ、ナンか踏んだり蹴ったりですよ・・。コレで明日の検査で重病発覚!とかなったら、間違いなく明日のジョー並みに前髪ばっさー状態ですわあ。。。

bc3c82f3.jpg
ウチからそこそこ近所の大きい病院と言えば、三宿病院・東邦医大・日赤・共立病院など色々あるんですが、ナニかとあると行ってしまうのが広尾病院です。まあたまに適当な扱いされる時もあるんですが、過去何度か来た事もあって、システム的な事を一番わかってるっていうのが、ココにしてしまう理由になってます。

夏ぐらいからナンか体の調子がおかしいんですよ。ナンか右の胸とお腹の間の溝落ち辺りに違和感があって。背筋伸ばしてるときは大丈夫ナンですが、ちょっとでも上体を曲げると、ナンかぶつかる感じがするんですよ。でも痛みとかは特になかったノデ、そのうち治るでしょ!とは思ってたんですが、全く持って治らず違和感だけは続いてたんですよ。

それにも増して、最近やたらとナンか疲れやすくて、寝ても寝ても体調が良くない日が多くて。んで昨日の夜にパソコンに向かって長時間打ち込み作業してたら、どう考えてもいつもよりも違和感が激しくて。触るとほんのり痛みも感じたりして。まぁ長期間違和感が続いてたノデ、ココ最近はかなり過剰に意識する様にもなってたんですが。

大のめんどくさがりの医者嫌いのオレでも、さすがにちょっと心配になってきてしまい、今日のお昼にとりあえず広尾病院に電話してみたら、症状が微妙ナノで、直接救急外来で診て貰ってくださいとの事。 という訳で早速行って来ました広尾病院。

ココに来るのは今年の初っ端のインフルエンザ以来です。待つこと30分くらいでしょうか?予想よりも早く診て貰いました。夏以降の症状を色々細かく説明しながら、心電図的には問題ないとの事。先生曰く、場所的に恐らく肝臓がちょっと腫れてるカモとの事。もしくは肝炎の可能性も。つーかそんなに酒とか飲む方じゃないんだけどなあ。。

「生まれつきB型肝炎を持ってる人もいるんですよねえ。まあ肝臓の場合、すぐにどうこうって事はないノデ、今までちゃんと診て貰った事ないんだったら、調べた方がいいですねえ。大丈夫だったらそれに越したことはないし。」という訳で、直後に採血して貰い、来週二度ほど通院して、腹部の超音波検査や消化器内科で再度検診して貰う事に。

うわーあと二回もココ来んのかあとは思いながらも、ぶっちゃけ最近ほんと体の調子が心配だったノデ、今回はバックレずにちゃんと行こうと思います。オレってば、一回行った時に特に酷い事言われなかったら、もう大丈夫でしょ!ってな具合に、その後の予約とかバックレちゃったりしてたんですよ。ちょっと前も右耳に違和感あった時も、耳鼻科に行って薬貰ってちょっと良くなったらバックレちゃいましたし。。

ちなみに今日は総合受付のおばちゃんも含め、診てくれた医者のおっさんも、かなりちゃんとした対応でほっとしました。インフルエンザの時とかはかなりいい加減だったノデ、インフルエンザ特有の猛烈なしんどさもあって、ちょっとご立腹気味だったんですけど。

いやーでも、ナンだカンだでもうオレも35の中年のおっさんですからねー。ほんと、気持ちや感覚はまだまだ若いつもりでも、体の調子だけは確実に老いてるのを実感しつつある今日この頃です。まあかれこれ17年も夜の生活続けてる事を考えると、そろそろ体のどこかしこに異常が出てきても、全然おかしな話しではないんですけどね。ま、とりあえず、ちょっと肝臓が腫れてる程度だといいんですけどねー。。こえーよおぉぉぉぉ!

10b988d8.jpg
もう約10年ぐらい愛用のヘアクリームです。確か95年ぐらいに試しに買って以来、使った感じと匂いが気に入ってしまい、それからずーっと使い続けてます。

オレの髪の毛って、生まれつきではあるんですが、パッサパサなんですよ。ソレに加え、二十歳ぐらいの頃からもうずーっとカラーリングやらブリーチやらをやっているので、常に髪が傷んでます。それをフェイクする為に元々は整髪料とかつける様になったんですが、バイクでメットを被る事が多いオレにとっては、セット力の強さは全く必要ないんですよ。という訳でトリートメント効果+ちょっとしたツヤ+ちょっとしたセット力が欲しいという訳で、オレにとってはヘアクリームがベストな訳です。

若い頃は冒険して、コレ以上のモノはないかと、ムースやらワックスやらジェルやら、色んな類のモノを買って試してみましたが、コレに匹敵するモノは未だオレの中ではありません。美容院とか行くと、最後に必ず整髪料とかつけてくれるじゃないですか?そういうのも色々やって貰いましたけど、やっぱコレよりいいってのはなかったですねー。

今週月曜日に、行き付けの渋谷の安い薬局へ、歯ブラシや歯磨き粉などの日用品がちょうどなくなってたので買いに行ったんですが、確かヘアクリームのストックもなかったなあと思い、いつもの棚を覗いて見たらなくて。あら?と思って、他の商品を購入する際に店員の人にきいてみたら、「あー、アレはもう販売終了しちゃったんですよ。もう入ってこないですねえ。」との事。えええええ!!マジっすかあ!!!と焦ったんですが、でもこういうのって、終売とか言ってもよそでは売ってる事もたまにあるので、他の薬局も軽く探してみたらなくて。

もうココまで来ると、三木道山並みに"一生一緒に居てくれや♪"状態だったノデ、その噂がほんとならちょっとやばい!っていう事で、火曜日からネットで探してみたら未だ全然売ってはいたんですが、あるサイトでも「この商品は販売終了となりますので在庫限りです」との文字。わーやっぱ噂は本当だったかー!と更に焦るオレ。で、一番安い30パーセントオフのところを見付けては「沢山欲しいんですけど在庫いくつありますか?」攻撃。が、全然返事が返ってこなくて。

一昨日も何通か送ったんですが、昨日朝メールチェックしてみると一通だけ返答があって、「こちらの商品ですが只今の在庫は1本しかありませんが、定番で動いている商品ですのでいくつでも入荷することが可能です。何本欲しいかと言うのをご連絡いただければ倉庫の方で入荷しておきまして、ナガサワ様用に確保することも可能です。」との事。あー、販売終了になった事知らないんだなあと思い、その旨を書いて一応返信してみると、またすぐに返信があり、「こちらで詳しく調べましたところ本日60本入荷致しますのでご安心ください!」との事。マジっすかあぁぁぁぁ!!!という事で、早速そのサイトへ行って注文してきました。

ほんとなら60本全部注文したいところですが、さすがにそこまで金はないので(汗)、とりあえず20本ほど注文しました。さて、この20本でいつまで持ちますかねえ?まあ最近はキャップ被る事も多いので、あんまり頻繁には使わないんですけどね。まあ20本無くなる前に、ナンとかコレに匹敵するモノが見付かればいいんですが。

いやーでも、ナンとか20本確保したノデ当分は持ちそうですが、販売終了はほんと痛いです。コレと以前ココでも書いたODEUR 53、あとはレラのシャンプーの三点セットは、もう一生モノのナガサワ的必需品ナンですよ。100歩譲ってシャンプーはいいとしても、長年使ってもう自分の匂いと化してしまっているODEURとwellaformは、やっぱないと落ち着かないと思います。ナンでしょ?この二つナシでの生活ナンて、もはや携帯がない生活ぐらい違和感を感じてしまいそうです。いやもうほんとそれぐらいのモノですよ、オレにとっては。

ちなみに最近、珍しくおマメ更新でしょ?単に書くテーマがあるってのもありますが、先週辺りからアクセス数が遂に三桁を切る事も多くなってきたのと(汗)、ココんとこ全然更新率低いのにも関わらず、元巨人・後藤さんや堂島くんなど著名な方たちに「ブログ見てますよ!」って言われたりして、もっとちゃんと更新せんとあかんなあと反省したりしたモンで。まあ年末も近くなってきて、ちょっとだけ色んなモチベーションも上がりつつもあるんですけどね。実は今年に入って鬱状態に入る事が多くて、色んな事に対するモチベーションがなかなか上がらなかったんですよね。という訳で、こんなおマメに出来るかは正直わかりませんが、今後はなるべく更新率上げていく様に頑張ります(多分)。

9aca5d43.jpg
基本的に昔からクレープって好きで、原宿のラフォーレ横のクレープ屋とかちょー好きでした。でも野郎一人でクレープ食ってるのもなかなかこっぱずかしくて、どうしても食いたい時は、竹下通りに繋がる小道とかに入って、なるべく人目がつかない様に食べたりした事もありました(笑)。でもやっぱ、未だに誰か連れがいないと、なかなか買うのもこっぱずかしいモンです。

お腹周りがほんとにやばくなってきたので、ココ最近、基本的に甘いモノは食べない様にしてたんですが、夜中、ドンキホーテに行った時に、今日はかなりの疲労ップリもあって、甘いモノでも食べたいなーと思ってたらたまたま目についてしまい、久々に買ってしまいました。

コンビニで売ってるコノ手のクレープデザートって、それまではたいがい中に余計なスポンジとかが入っていて、ソレが嫌でほとんど買わなかったんですが、結構前にコンビニでコレのレアチーズブルーベリーを見掛けて、原材料をチェックしてみたら、邪道なスポンジが入ってなさそうだったので試しに買ったんですが、案の定邪道スポンジは入ってないわ、バター風味豊かなしっとりクレープは美味いわ、たっぷりのムース&ソースは美味いわで、予想外にめちゃめちゃ美味くて!158円という手頃な値段もステキ過ぎるのもあって、ソレ以降見付ける度に買う様になってました。

今日買ったのは生チョコバージョンでしたが、こちらもちょちょちょー美味かったです。他にはいちごバージョンもあるみたいですが、コレも間違いなく美味そうです。結構前から発売してるモノなので、食べた事がある人も多いとは思いますが、「あーナンかコンビニで見た事あるけど、食べた事ないー!」って人は是非お試しを。コレはマジうまいッス!
続きを読む

7ef44e6a.jpg
昨日、ウチのスタッフで、スケボーキングのメンバーでもあるmashくんの家で飲み会があり、mash家のある東中野に行きました。東中野に降り立ったのは約二年ぶりの事です。

前にもちょっとココでも書いたと思いますし、EXPLOSION!でも何度も書いたと思いますが、東中野にはそれはそれは深い思い入れがあります。18,19の頃は、当時住んでいた蒲田から、日曜日以外の毎日、ココに通ってました。

知らない人もナニげに多いんですが、上京した最大の目的は、コノ東中野にある某格闘技の道場に通いたかったからでした。でも最初に嫌々ながら働いていた親の知り合いの工場が、毎日残業があったのと、家が東中野まで遠かったのもあって、なかなか通えませんでした。

知り合いナンて一人もいないで単身上京したのと、当時はもうほんとに極度の人見知り。酒も煙草も遊びも知らず。職場には当時オレと一番歳が近い人で27の妻子持ち。あとはみんな30代から40代のおじさんばかり。当時は勿論携帯などもなく、留守電がようやく装備され始めたぐらいの頃で、まだまだ電話代も高くて、どうしても淋しくなって地元の友達に電話とかしてちょっと長電話になると、莫大な電話代になってた様な頃でした。ナノで、普段の日は勿論、唯一の休みの日でさえ、誰とも会話する事なく独り淋しく終わるナンて事は全然珍しくありませんでした。

三ヶ月ぐらいそういう日々が続き、余りの孤独感と余りの安月給(毎日残業あったんですが確か手取り13万ぐらい)に耐えられず、仕事を辞めて実家へ戻ろうと思ったんですが、せっかく上京したんだし、当初の目的であった道場へは通って、それでもダメだったら田舎へ帰ろうと決意しました。

という訳で、親と働いていた工場の社長からの大反対を押し切り、最後の賭けぐらいの覚悟で、勇気を出して東中野の道場に入門し、同時に、時給が良かった近所のコンビニの深夜勤を始めました。

その年の7月4日の入門組だったんですが、入門日に「よーし、この同期の中では誰よりも早く上にあがろう!」と決意し、その日以降約1年半ぐらいは、雨の日も風の日も雪の日も体調が悪い日でも、一日も休まずに黙々と通い続けました。

コンビニの深夜勤も、せっかく東京にいるんだし、ちょっとでも環境を変えたいという理由から、半年後からは原宿のカフェで働く事になったんですが、時給も安かった事もあり、月~土までは朝11時から5時までカフェのバイト。同じく月~土まで夜は道場で稽古。その後は前に働いてたコンビニで、月~金で10時半から深夜1時半ぐらいまでバイトする様な毎日でした。稽古の後って道場の清掃をしなきゃだったんですが、バイトがあるという事で免除して貰い、稽古が終わったら東中野駅までダッシュ。自宅があった蒲田の駅に着いたら家までダッシュ。そして急いでシャワーを浴びて着替えて、10分ぐらいでご飯を食って、又コンビニまでダッシュで即勤務みたいな、それはそれはほんとにハードな生活でした。

そんな毎日を送っていた事もあり、当時は激痩せで(体重約55キロぐらい)、常に顔も青白く、ほんと電車に乗ってる時は、半ば意識朦朧としてました。でも、当時のオレにとっては、道場に通う事が唯一の生きるモチベーションになってました。電車に乗ってる時とか、吊り輪に持たれながら、いつか絶対プロの格闘家になって、試合に出て勝って、後楽園ホールのリングのコーナーポストに登り、観衆に向かってガッツポーズするのが、当時の小さな夢でした。

でもその後も忙しかった事もあり、一年ちょいぐらいは相変わらず孤独な生活を送ってました。今まで生きてきた中で、一番孤独感を感じた時期だったカモ知れません。未だに孤独感を感じる事は少なくないですが、そういう時は当時を思い出し、「あの時に比べれば全然マシやろ?」という問い掛けを自分にするぐらいです。

カフェの早番担当の社員だった人が超夜遊び好きな人で、しょっちゅうディスコやらクラブやらに連れて行って貰う様になったんですが、それまで全くと言っていいほど遊びを知らなかったオレにとっては全てが新鮮で、おのずとそっちの世界にハマっていく様になりました。

同時に道場に通いだして一年が過ぎ、教えて貰う技がなかなか吸収出来ず、何度も壁にぶつかる様にもなり、立場も徐々に上になり、プレッシャーも強くなってきてました。あと、格闘技ってやっぱ技云々よりも闘争本能が大事ナンですよ。相手をぶっ倒してやろう!っていう本能。一瞬にして正気を狂気に変えるという感覚。そういう闘争本能が、自分にはないっていうのも段々と自覚してきていたのもあって、最後の方は結構道場に通うのが苦痛になる事が多く、無断で休む日とかも徐々に増えたりしてました。そして悩んだ挙げ句、ムリムリやっていても意味がないと判断し、入門して一年半後、志半ばして道場は退会しました。

初めて人前でお笑いをやったのも東中野です。道場の先生の誕生日会が東中野の日本閣であって、当時の道場の主流派になっていたオレも特別に招待されて、ナンでもいいからみんな一芸しようという企画で、京都出身の歳上の後輩の人とノリで、漫才しましょうよ!という事で二人で漫才をやったんですが、それがもうめちゃめちゃウケて。当時、道場に毎日通う様な奴はほんとに数少なく、真面目に寡黙にやっていたイメージが強く定着していた事もあり、そういうギャップも相まって予想以上にウケました。その時は、人前でちゃんと笑いをやってウケた時の喜びを初めて知り、今思えば、当時もう一つの夢だった、プロの芸人になりたいという衝動が、後に起こった切っ掛けにもなった気がします。

ナンか気が付けば"ナガサワ上京物語"になってしまいましたが(笑)、それぐらい東中野には、もうほんと上京した当時の一番辛かった想い出がいっぱい詰まってます。ほんと今考えれば修行でしたモン。昨日も終電の時間のちょっと前に一人で先にmash家を跡にして、通っていた道場の前や、終わった後に通っていた駅までのルートを感慨深げに歩きました。流石に17年も前ナノで、変わったところも多々ありますが、駅のホームで電車を待っていると、瞬時にあの頃の記憶が甦り、ノスタルジーな世界にトリップしてしまいました。オレにとって東中野は、一生忘れる事の出来ない、青春の想い出が沢山詰まった、特別な場所です。

このページのトップヘ