ナガサワブログ PART3~この熱い魂を伝えたいんや~

D級草どインディー老舗クラブ"三宿Web"店長ナガサワの趣味や考え方や日常が垣間見れる独り長文炎上ブログの続々編。

2009年01月

1dee2c69.jpg

基本的に昔から、占いとかそういう類の物は好きではないんですよね。
朝のテレビのちょっとした占いも、うざっ!って思うぐらい。
そんなオレなんですが、結果的に気が付けば唯一、
何かあった時につい頼ってしまうのが、この九星気学です。

九星気学とは、簡単に説明すると、
中国で約3000年も前から行われている世界で最も歴史のある占いの一つらしく
(まあ真相は定かではございませんが)、
生年月日の九星と干支、五行を組み合わせた占術らしいです。
主には、方位の吉凶を知るために使われる事が多い様です。

オレが高校生の頃、うちの母親がこの九星気学にはまりだして、
確か中級者クラスぐらいまで勉強したのが切っ掛けで、
何かとあれば方角がどうのとか言う様になって。
確か母親とオレの星が一緒だったとかで、
高二の時に、方角がいいという理由で、
母親と一緒に実家近くのマンションに引っ越しさせられたりしました。
その時は、まあ実家よりは学校が近くなるからいいか!ぐらいな感じでした。
次の年はなんと、これまた今年はこっちの方角がいいからと、
同じマンションの中で違う部屋へ引っ越ししました。
その時はさすがに、はあ?ちょっとやりすぎやろ?って思いましたが、
まあ部屋が洋間で広くなるからいいか!ぐらいな感じでした。

何を隠そう、実はオレが東京に上京したのは、
この九星気学で言うところのオレの星の方角が、
その年は東の方角が凄く良かったんですよ。
いわゆる"大吉方"と呼ばれる方角で、
距離が長ければ長いほど、時間が長ければ長いほど効果が出るらしく、
もう親からは大プッシュされました。
そういう事もあって、母親の知り合いの、
東京は蒲田にある、とある工場に就職する事になったんです。

その工場には事前に、
高三の夏休みに一ヶ月ほど泊まり込みで研修に行かされたんですが、
仕事自体は全くもって自分に合わないしやりたくないとは思ってたんですが、
研修中、休みのたびに街へ繰り出すだびに、
元々都会志向だった事もあって、
東京の凄さ・楽しさ・おもしろさを肌で実感していたのと、
どうしても通いたい格闘技の道場があった事もあって、
大吉方だかなんだか知らないけど、
とりあえず東京に行けるんならなんでもいいか!と、
後先考えず、親が後押しするがまま、上京する事にしたんです。
ちなみにその工場は、結局三ヶ月で辞めてしまう事になるんですが・・・。

その工場で働いていた頃は、超安月給で残業ばっかで、時間も金もなく、
通いたかった道場にも通えず、友達も出来ずと、ほんとに辛い日々でした。
親から電話があるたびに、
「どこが大吉方やねん!」と親のせいにしたりもしてましたねえ。
母親が言うには、大吉方で動いてもすぐには効果が出るとは限らないそうで、
徐々に出てくるからとは言われてはいたんですけど。

原宿のカフェドロペで働く様になって半年ぐらいしてから、
徐々にではありますが、友達も増え、遊びも憶える様になりました。
やはりそれと同時に、東京での生活が楽しくなっていきました。

ある日、ふとした瞬間に、「そういやオレって大吉方で上京したきたんだよなあ」
って思ったんですが、上京前後に母親がしきりに言ってたのは、
東の大吉方で動いた効果というのは、
「全てに於いて発展する」「人に恵まれる」だったんですよ。
それは間違いなく当たってるなあと思う様になって。
ちなみに今改めて東の大吉方の効果を調べてみたら、
他には、「斬新な事で成功する」「何事にも積極的になる」「話術が上手くなる」
とかも。これまたなんか、当たってる様な気もしました。

とは言え、元々占い嫌いな性格もあり、
なんかあるたびにこういうのに左右されるのって、
非常にうっとうしかったので、気にしない様にしてたんですよ。
蒲田から代官山へ引っ越す時とかも、敢えて方角とか調べなかったし。
でもたまに母親から掛かってくる電話とかで、
今のあんたの運気はどうやこうやとか言われるたびに、
それがなにげに当たってたりして、更にうっとうしかったんですが、
元々東の大吉方での効果は、結果論として当たってたのは実感してた事もあり、
確か8年前ぐらいに、何度目かの引っ越したいモードになった時に、
ちょっと方角調べてみっかなあと思って、気学の本を買ったんですよ。

本を読んでいくと、徐々にはまっていって、ちょっと真剣に勉強したろかしら!
とか思って真剣に気学を勉強し始めたんですが、
さすがにやっぱちょっと奥が深すぎて、
独学ではどうしても限界を感じて断念したんですけどね。
でもその時に、大雑把で簡単な方位取りだったら出来る様にはなりました。
まあでも、やっぱりいちいち振り回されるのも嫌だったので、
気学は自分の中では封印というか、気にしない様にはしてたんですよ。

去年、引っ越そうかなあ?どうしようかなあ?っていう時期に、
引っ越しなんてまあ滅多にしない事だしという事で、
やっぱり一応方角ぐらいは調べておこうかなあと、
以前憶えた手法で、事前に自分で調べてみたんですよ。
そしたら去年は、オレの星は西南の方角が大吉方だったんですよ。
ちょうど代官山から西南の方角って東横線上に位置してて、
まさにオレが引っ越したいと思ってる場所じゃん!という一致や、
年の吉方位もあるんですが、月の吉方位もあって、
引っ越そうと思っていた7月が、これまたちょうど西南が吉方位だったんですよ。
そういう偶然か必然かわからない様な結果もあって、
もうこれは今年の7月に越すしかない!っていう決意に繋がったんですよ。
なので候補物件が見付かるたびに、
細かく方位測定盤で調べたりしてチェックしたりしました。

引っ越すと決めたと同時に、
ちょっと独学での方位取りも不安になったので、
珍しく母親に電話して正確に調べて貰いました。
もうかれこれ気学はずっとやってなかったらしく、
知り合いの先生クラスの人に見て貰うとの事でした。
数日後に連絡があって、やはりオレが調べていた通り、
今年のオレの星は西南が大吉方らしく、月の吉方位も7月は西南でした。
あと、日の運勢も調べてくれていて、
七夕の日がめちゃくちゃいいからこの日に引っ越しなさいとの事。
もう七夕に越すのが、気学上では言うことないぐらいの最良の日らしく、
しかも七夕の夜に引っ越しなんて、
ロマンチックなオレとしてはこの上ない日という事もあり、
よっしゃ!だったら七夕に引っ越しだ!って事で、未だ物件も決まってないのに、
管理してる不動産屋に電話して、7月7日で今のアパートの退出も申告しました。
その後、ギリギリまで紆余曲折ありましたが、
予定通り七夕の夜から、今のマンションに住み始める事が出来ました。

西南の大吉方の効果は、「勤労意欲が増す」「物を大切にするようになる」など。
これも結果的に結構当たってます。
まあ勿論、大吉方で動いたから効果がどうとかってのもありますが、
人間やっぱり、いいと言われてる時に動いた方が、
思い込み的にも「なんかいい事あるかも!」って思っちゃうじゃないですか?
自然とポジティブに考えられるっていうか。
そういう勝手な期待感を持つ事も、運気が上がる部分なのかもなあとも、
個人的にはちょっと思ったりもします。

今回の大吉方への引っ越しも、今のところは大大成功だったこともあって、
個人的には、更に九星気学への信頼度が高くなってしまった結果になりました。
そんな事もあって引っ越した後も、どうも運気とかが気になってしまって、
たまに色々調べたりもするんですが、これがまたえれー当たってるんですよね。
マジで怖いぐらいに。
ちなみにオレの星は、去年の運勢は大吉だったんですが、
正にその通りな一年でした。
ぶっちゃけ一昨年までは結構辛い時期だったんですが、
それも調べてみるとなんと、去年までの2,3年は大凶の時期だったらしいです。
まさに!って感じでした。

月の運勢とかでも、今年は運気いいはずなのに、
なんか今月はツイテないなあと思って調べてみると、
大抵運気が良くない月だったり。
なんかやっぱりそういうのに振り回されるは嫌だ!と思って、
なるべく見ないようにはしてたんですが、
今月の余りの運気の無さに、またちょっと調べてみたんですよ。
まさにその通りでした。今月は大凶の運勢らしいです。
やっぱりか、、、どうりで、、、って感じでした。。。
書いてある事、もうほとんどおっしゃる通り!っていうぐらい当たってました。
年の運気的には、今年も結構いい運気らしいんですけどね。
ちなみに気学上での1月は、2月3日までです。
あと、気学上での暦的には、2月4日からが新年のスタートになります。
とりあえず、この八方塞がりで真っ暗闇な1月が、
早く終わってくれないかと、切に思う日々です。

88a1bb77.jpg

今月は先月とは打って変わってぐうたらな生活をしてます。
よくないですねー。
なんか心身ともに疲れてるみたいです。
睡眠時間的に言うと、先月の倍以上は寝てるんじゃないでしょうか?
まあ先月が忙し過ぎたってのもありますが。
精神的にも、全然モチベーションが上がらなくて困ってます。
まあ一月は毎年往々にして、
そういうエアポケットに入ってしまう感はあるんですけど。
今月は色々あったのもありましたけどね。
そろそろ気分も新たに頑張らないと、
とは思ってはいるんですが、なかなか。
ブログも何度か書こうと思ったんですが、
イマイチ書くモチベーションが低すぎて断念しまくってました。
コレじゃいかん!という事で今日は頑張って書いてみました。

さて本題に入りますが、
写真を見て「あんたパスタ好きやな~!」って思った方も、
大勢いらっしゃったかと思いますが、またパスタです。

ちょっと前ぐらいから"菜の花"をダイエーで見掛けて、
あれ?もうそんな季節??とか思ってみてたんですが、
昨日、今日の晩飯なにしようかなあ?
久しく作ってないし、久々にパスタでも作ろうかな~とか思ったんですが、
一時よく作ってた、ライトツナとナスのパスタが超飽きてしまったので、
今日はなんか違う材料でパスタ作ろうかな~と色々物色してたんですが、
ダイエーの野菜売り場でいつもチェックする、
おつとめ品コーナー(品質には問題ない訳あり激安野菜コーナー)に、
菜の花が50円で売っていて。
あと同じコーナーに、
これまたちょっと前から気になっていた"寒じめほうれん草"が、
これまた50円で売っていたので、
この二つを使ってパスタを作ってみる事にしました。
なんつっても二つ合わせても100円ですからね。

寒じめほうれん草って聞いた事ない人もいると思いますが、
自分も去年の秋頃にダイエーで見掛けて、
なんだこりゃ??って思ったんですが、
調べてみると、冬の寒さにさらす「寒じめ栽培」という方法で、
育てられたほうれん草で、厚めの葉が縮んだ様にしわくちゃになってます。
霜を当てて栽培する事によって、
葉の甘みがぎゅっと凝縮されるらしいです。

色々と調べてみると、
菜の花も寒じめほうれん草もそんなにアクが出ないらしく、
下茹でしなくても大丈夫との事で、
そのままぶっこんで作ってみました。
ちなみにwith 舞茸・ベーコンです。
味付けはバジル風味にするか柚胡椒風味にするか、
はたまた和風にしようか迷いましたが、
今回は柚胡椒風味で作ってみました。

作ってる最中から既に、なんか美味そうだなコレとは思ってましたが、
いざ出来上がりを食べてみると、めちゃめちゃ美味かったです。
あ、いつもながらの自画自賛ですみません。
でもほんとに美味かったです。
まあパスタだけに限っては多少自信もありますし。
そんな訳で、昨日に続いて今日も作って食べてしまいました。
写真は今日のです。
言うまでもなく、今日のもちょちょちょー美味かったです。
自画自賛ですみませんけど!

とにかく、新入りの菜の花と寒じめほうれん草が、もうほんとに美味くて!
たっぷり入れたのもありましたが、見た目も彩り鮮やかでいいです。
それから寒じめほうれん草の甘みっぷりにはビックリ!
もっとも高い時で糖度が10度以上になるらしいんですが、
まさに普通のほうれん草とは全然甘みが違いました。

50円で買った菜の花も寒じめほうれん草も、
まだ半分以上残ってます。ほんといい買い物でした。
ベーコンも舞茸も残ってるので、明日もまた作ってしまいそうですが、
菜の花と寒じめほうれん草に関しては、
レシピも簡単なので、簡単なおひたしとか、
辛し醤油和えとかもありだなと思いました。

寒じめほうれん草は調理も簡単で、
値段も普通のほうれん草よりちょっと安め(多分)なので、
自炊する人は是非一度、
その甘みっぷりを体感してみてください。

さて、六年振りの帰省だった訳ですが、
実は今回初めて夜間の高速バスで帰りました。
結構新幹線って好きな方で、
あの新幹線の独特の雰囲気は、毎回ちょっと楽しみだったりするんですが、
今月もなにげにNEW iMac他の支払いがあったお陰で、
ふと気が付けば、金がない!状態で。
色々調べてみると、新幹線と高速バスだと、東京-姫路で一万円も違うんですよ。
え~!高速バスってこんなに安いの??ってビックリしました。
だって考えようによっては、九時間バスに乗ってれさえいれば、
一万円貰えるバイトする様なモンじゃないですか?

とは言えさすがに九時間のバスって耐えられんのか??っていう不安や、
初物に対してのちょっとした意味のない懸念もあって、
ギリギリまで迷ったんですが、
往復だと二万も浮くのはどう考えても高速バスでしょ!っていうのと、
逆にちょっと初物の高速バスってどんなもんだろ?っていう興味もあって。
そんなこんなで結局高速バスを予約する事に。

なにしろ初めてなもんで、
早めに家を出て集合場所の都庁前に向かいました。
リサーチしてると結構、出発ギリギリになって場所がわからない!
って迷って連絡してくる人が多いらしく、
全く方向音痴の奴もおるもんやで~、ええ迷惑やなあとか思いつつも、
オレもそうならない様に、念のため早めに出たんですが、
まんまと迷いました。っていうかマジでわかりずらっ!
あと高速バスの会社も幾つか近い場所で集合掛けてるので、
紛らわしい事!紛らわしい事!
時間が迫ってきてちょっと焦ってきたので、
緊急連絡先に電話したら、
「今高架の上なんですね?じゃあ階段からとりあえず下に降りてください!
そこで受付けやってますからー!」
って言われ、降りてみるも全然見当たらず、
えー!!なんじゃこりゃ??って思って再度上へ上がってみると、
係員の兄ちゃんが居たので一応聞いてみたら、
「あ、長澤さんですね?このバスになります。」って。
恐らく下で受け付けて上で乗車するっていう感じだったのかも知れませんが、
んなもん紛らわしいわっ!とは思いました。
まあ無事乗れたから良かったですけど。
あ、あと出発直後に携帯に着信があって、
見たことない番号で留守電を聞いてみたら、
「××バスの者ですけど、もうすぐ出発時間なんですが、
未だ受け付けされてないんですけど大丈夫でしょうかー!?」って。
もう乗っとるっちゅうねん、みたいな。

乗車してみると、
ギリギリに最後に予約した事もあってか、
海側の窓際で、二席あるところを人数奇数のため独り占め!
という超ラッキーな席でした。
が、23時に出発して24時にはもう全消灯しちゃうんですよ。
もう完全に寝るのありきで。
夜型のオレは全然寝る気ゼロで、
せっかく読む気満々で持ってきた本も読めない始末。
しかもバスの窓全部カーテンで締め切ってるので、
ほぼ景色ゼロの密封状態。夜やねんから寝んかい!って事なんでしょうか。

とは言え全く寝る気ないオレは、
それ用に持ってきたiPodやら昔のカセットテープやらをコソ聴きしながら、
カーテンに頭を突っ込んで、ひとり車窓からの夜景をボーッと見てました。
あと天気も良くて星がとても綺麗で!
思えば、夜空をこんなにじっくり見る事って、そうそうないよなあとか思いながら。
いや~、ほんとに綺麗な星空でした。
星空や夜景をボーッと見ながら物思いに耽っていると、
あっという間に時間は過ぎていきました。
それはまるで真夜中のドライブに出てる様な心地良さでした。
こんな最高な気分に浸れて更に激安なんて、いいんですか奥さん!って感じでした。

毎回帰省するたびに、帰るの面倒くさいなあとか、
早く東京に戻りたいなあとか思ってたんですが、
正直今回は、ちょっと時期的に考える事が多かったり、
精神的に疲れていた事もあって、高速バスの中でふと、
「このまま全てを捨てて実家へ帰ったら、どんなに楽なんだろう・・・。」
みたいな弱気な事を考えてしまいました。
こんな事考えたの、帰省してる時には今まで一度もなかったんですけどね。
自分でもなんか、珍しく変な事考えてるなあとは思いました。

気が付くと夜が明けないうちに大阪へ着き、神戸へ着き、
夜が明けて間もなくして無事、姫路に到着しました。
時間で言うと朝7時ぐらいだったでしょうか?
そんな早朝なので、店はどこもやってないので、
致し方なくそのまま電車で実家へ。
ビックリしたんですが、いつの間にか姫路から最寄りの駅までの間に、
新しく駅が一つ増えてました。
そんな事ってあるんだな~とか思いながら。

何の連絡もしてなかったので、
おかんとおばあにはかなり驚かれました。
やはりというか、六年振りに再会した訳ですが、
二人ともかなり老けてました。
しょうがない事ですけど、ちょっとなんか、悲しかったですねぇ。

応接間でしばし会話した後、
前回の日記にも書きましたが、おじいの墓参りへ。
それにしてもビックリしたのが、田舎の寒さ。
体感温度的には氷点下でしょ!ってぐらい寒かったです。
実家も暖房つけてる部屋は暖かいんですが、
廊下や階段とか、有り得ないぐらい寒いんですよ。
こんな寒いところでオレは育ったんだなあと改めて思いました。
いや、ほんとに寒かった!

意外と早く墓参りが終わった事もあって、
そのまま実家の自転車でぶらぶらと街を散策へ。
ちょっと昔を思い出したくなって、
分校になって最後に通った小学校→分校前の最初に通った小学校→中学校
→高校→高校の部活が終わった後にしょっちゅう寄り道したデパートとかを、
懐かしいなあ~!という感慨に浸りながら周りました。

勿論多少ではありましたが、変わったところもちらほら。
でも前に久々に帰った時は、
すげ~!なんじゃこの変わり様は!と驚いたもんですが、
今回はなんか、地元の田舎っぷりを随所に感じてしまいました。
昔に比べるとかなり色々栄えたとは言うものの、
当たり前ではありますが、都会とは比べ物にならないほど、
ここはど田舎だなあという現実を、嫌というほど痛感させられました。

高速バスの中では現実逃避的に、
「このまま全てを捨てて・・・」的にふと考えたりもしましたが、
地元の現実を目の当たりにして、
オレはやっぱり、ここでのんびり暮らすのは絶対嫌だなあと思い直しました。
そう考えると、どんな事があろうとも、東京で、
めげずに頑張って生きていかなきゃいけないんだよなあとも、
思い知らされた様な気がしました。

実家へ戻り、全然寝てなかったので数時間仮眠したんですが、
夕方頃に起きて、やっぱ今日東京へ帰ろうと決意しました。
久々に帰って来て、勿論おかんもおばあも喜んでくれたんですが、
まあ前々からなんですが、ちょっと家族の中で色々とあって。
なんかそういう話しや現状とかを毎回聞くたびに、凄く悲しくなるんですよね。
あと、先の事とかを考えると八方塞がりで、かなり憂鬱になったり。
だからここ最近は帰省するたびに、
ちょっとした実家アレルギーみたいな風になってしまって、
すぐに東京へ戻りたくなっちゃうんですよ。
ほんと、親不孝ですよね。

卒業後も中三の時のクラスメイトがずっと仲良くて、
上京当時は、オレが地元に帰るとなると、
ここぞとばかりに同窓会的にみんな集まってくれました。
オレって当時の身長は155センチしかなく、
しかも超華奢で、非力もいいとこだったんですが、
卓越したお笑いセンス(多分)のお陰で、
いわゆるクラス内での一般庶民的なチームとは勿論の事、
いわゆるクラス内でのツッパリチームのどちらとも仲が良かったので、
オレが帰るとみんないっぺんに(一般庶民チームもツッパリチームも)
集まりやすかったみたいなんですよね。
各チームみんなの連絡先もオレが一番知ってたのもありましたし。
なので結構昔は、たまに地元に帰るのが楽しみだったりもしました。

でも時が経つに連れ、帰るたびに自分が生きている世界と、
地元の友達たちが生きている世界との間に激しいギャップを感じる様になり、
帰る機会も自ずと減っていき、
同時にほとんどの奴らが結婚して子供が出来てと、
各々が同窓会的なモノに特に興味を示さなくなってきたのもあって、
ここ10年ぐらいは会う機会も激減していました。
そういう部分も、
たまには地元に帰りたいなあ!っていう気持ちが徐々に半減していく事に、
追い打ちを掛けたのかも知れません。
今回も誰とも会わず、誰にも連絡もせずに帰りましたし。

行きがとても居心地良かった事もあって、
帰りもやっぱり高速バスで帰る事にしました。
ちょっとした分析と勘で、まんまと行きと全く同じ条件での席をゲット。
しかも日帰りだった事もあって、バスも運転手二人も一緒でした。
でも行きと同じ、左側の窓際相席なしだったんですが、
左側って行きは海側になるんですが、帰りは山側になっちゃうんですよ。
あと天気が曇ってて、星が全然見えなかったのと、
窓が結露してて、拭いても曇って綺麗に夜景が見れないんですよ。
あとほとんど寝てなかった事や、色んな重い思いも相まって、
疲れがピークに達してしまい、帰りはほとんど寝に入っちゃいました。
あと行きも最後の方はかなりケツが痛かったんですけど、
帰りは行きの蓄積もあって、かなりケツが辛かったです。
まあでも、高速バスに関してはかなり安くていいなと思いました。
これだったら、色んなとこ安くで行けるなあと思い、
今後ちょっと癖になりそうなぐらいです。
まあ体力的にはやっぱ、相当疲れますけどね。

早朝に新宿に着いて、眠さも疲れもかなりのモンでしたが、
ふと、このまま帰らないで逗子に行こう!って思ったんですが、
天気が心配で調べてみると、曇りのち雨という予報で、
敢えなく断念して大人しく帰宅しました。
でもなんか今もそうなんですが、逗子海岸と鎌倉の鶴岡八幡宮が、
オレを呼んでる気がするんですよねー。早く来いって。
今までこんな感覚を感じたのは初めてなので、
近日中に行って来ようとは思ってますけど。

そんな訳での、たった一日の六年振りの日帰り帰省でしたが、
とてもとても色んな思いに駆られ、とてもとても色んな事を考えさせられた、
オレにとっては、余りにも深く重く濃く、そして悲しい、そんな一日でした。



7b49c68a.jpg

fd317f5d.jpg

今週の火曜日、
同い年のいとこの結婚式があった2003年以来、
実に六年振りに実家へ帰りました。
1月20日はおじいの命日で今年で九回忌になります。
久しく実家へ帰ってなかったのと、
そう言えば墓参りとか一度も行ってなかったなあという念に駆られて、
少し前から、出来ればおじいの命日のこの日に帰ろうとは計画してました。

うちの亡くなったおじいは、
現役当時はかなり優秀な刑事だったらしく、
山形から兵庫に引っ越した際には、
兵庫県警の偉いさんが、わざわざうちの実家まで挨拶に来たりしてました。
昭和6×年(忘れました)には、
各界の優秀な実績のある人を称える、
功労賞みたいなの
(正式な名称は忘れましたが確か全国で100人ぐらい選出)に選ばれて、
当時の中曽根首相や昭和天皇から、皇居に呼ばれて表彰されました。
その当時は地元の神戸新聞にも顔写真付きで"人情刑事長"として紹介されてました。
未だに実家のおばあの部屋には、
皇居での昭和天皇との記念写真が飾られてあります。
表彰当時はへ~ぐらいなモンでしたが、
今となっては長澤家で唯一他に誇れる素晴らしい功績として、
実家の中で燦然と輝いてます。

生きていた時はかなり厳格な人で、
頑固じじいを絵に描いた様な人でした。
なんでおばあはこんなおじいと長年連れ添っているのか?と、
幼心にずっと疑問に思う程でした。
学生の頃は、ほんとにビックリするぐらい勉強しなかったので、
しょっちゅう怒られてました。
ファミコンに水ぶっかけられた事もありました。
どちらかというと、学生の頃はずっとおじいの事が嫌いでした。

九年前におじいが亡くなった時の話なんですが、
お通夜の当日に実家へ帰ったのですが、
早朝に着いて部屋でちょっと仮眠していると、
おばあがタンスの奥からごそごそと何かを整理し出して。
何を整理してるのかと尋ねてみると、
誕生日におじいから貰った着物とかを整理してるとの事。
へ~!誕生日に着物プレゼントする様なマメな一面あったんだ~と、
ちょっと驚きながらおばあの話しを聞いていると、
うちのおじいって、常に眉間にシワを寄せて不機嫌で、
なんかあるたびに小言をぶつぶつうだうだと言っていて、
ほんと誰に対しても気難しい人のイメージだったんですが、
おばあの誕生日には毎年欠かさず一緒に街へ出て、
おばあが「そんな高価な物買わなくていいよ」って言うのにも関わらず、
数十万もする着物とか宝石とかをプレゼントしていたんだそうです。
元々おじいはそういう感情の表現が苦手な方で(多分)、
普段は気難しいオーラばかり出してたんですが、
おばあ的には、時折見せるそういうちょっとした気持ちがとても嬉しくて、
普段どんな小言を言われようと、横柄な扱いを受け様と、
全然我慢出来たんだそうです。
九年前に初めてそんな話を聞いて、
おじいに対する見方が変わり、ちょっと反省もしました。
当時怒られてた内容に関しても、
今考えるとほぼ100%オレが悪かった事ばかりだったし。

その日はちょうど出棺の日だったんですが、
オレは二階でこっそりブッキングの電話とかしてたんですよ。
そしたら一階から家族及び親戚達の泣きわめく声が聞こえてきて。
あ、始まったかと思い下に降りてみると、
棺桶に入ったおじいを見て、
さすがにおばあとおかんは多少取り乱していて、
泣きながらおじいに最後の言葉を掛けていました。
そして一番最期におばあが、
「わたしの人生、おとうちゃんのお陰で最高だったよ!ほんとうにありがとう!」
って言って。

結婚して約60年近く人生を共にして、
最後にこんな事言われたら、
おじいはほんと、男冥利に尽きたんじゃないかと思いました。
っていうかめちゃくちゃ感動しましたよ。
オレの中では一生忘れられない様なワンシーンであったと同時に、
この先何十年生きれるかわかりませんが、
おじいの様に、悔いのない人生送れるのかなあ?とか、
死んだ後に「あなたのお陰で私の人生最高だった」
なんて、一人でも本気で思わせる事出来るのかなあ?とか、
凄く深く考えさせられました。

それからちょうど九年経った当日、
実家へ帰ってすぐにお墓の場所を聞いて、
自転車を借りて墓参りに行ってきました。
母親の適当な手書きの地図を頼りに向かったのですが、
めちゃくちゃな指示の地図とは裏腹に、
おじいが誘導してくれてんちゃうんか??ってぐらい全然迷わずに到着。
っていうかおかんの地図はむちゃくちゃでした。

不慣れな墓参りを終え、
あれから九年も経ったのかあと、改めて物思いに耽りました。
でもほんと、思えば色んな事がありまくった濃密な九年間でしたねー。
おじいには、色んな意味で良い報告が出来なかったのが、
少し心苦しい気持ちではありましたが、
初めてちゃんと墓参りに来れたという事は、
ほんとに良かったと思いました。
おじいがあの世で、久々の再会を喜んでくれてる画が、
勝手にではありますが、鮮明にイメージ出来ました。

f54b0d2f.jpg

昨日の、気が付けば約6時間掛かりでのアップで、
ついつい弱気発言しちゃいましたが、
男だったら一度吐いた唾飲んだらあかんやろ!
って事で公約通り、気合いの五日連続のアーップ!
っていうかたまたま五日連続書くネタがあったとは言え、
ちょっと気合い入れて書き過ぎましたわ。
まあ今年も何事も手を抜かんぜよ!っていう意思表示って事でひとつ。
でも今月これだけで更新しない可能性大ですけど!

本題の前にもうちょっと。
旧iMacの調子がすこぶるおかしいんです。
今日撮った写真も全然読み込まなくて、
危うく日付け変わっちゃうとこでした。
変な固まり方したし、Xデーもそろそろかなあ・・・と思っちゃいました。
っていうかほんと、
早めの決断で無理してNEW iMac買っといて良かったですわ~。
まあでもまだまだ旧iMacも頑張って貰わないと、
仕事にならない部分多々あるんですけどね~。
ちなみに明日は最後のカードの支払日、及び給料日です。
長く続いたクソ貧乏ったれの生活も、明日で多少マシになる予定です。
また油断して買い物しちゃいそうですけど!

あともうひとつ。
今日のアクセス数が異常に凄いんですけど。
700オーバーって有り得ないでしょ。
しかも昨日書いたばかりのユニオンジャック!PART 2が、
週間アクセス数ダントツの一位の341viewsって!
二位の新春超長文ブログ'09が、四日前に書いて194viewsですよ。
そんなにユニオンジャックにみんな興味津々なのか??
な訳ないすよね~?
ちなみにこれって、書いた時期もまだ最近なので、
検索によってヒットしたという事ではなく、
ほぼブックマークやメールからのリンクだそうです。
ま、アクセス数多いのは嬉しい限りですけど、
大丈夫ですかドリコムさん!

さあでは本題です。
もう毎年書いてますが、
今年も年に一度、とても楽しみにしている番組が、
去年も12月25日の夜に放映されました。
年内は余りの忙しさで見れませんでしたが、
正月の某日、満を持してゆっくり鑑賞しました。
07年のクリスマスの約束の内容が、個人的には非常に良かったので、
08年のも非常に楽しみにしてた感はあったんですが、
逆に07年を基準にするとダメだろうなあとは思ってました。

さて08年の内容ですが、
見る前になんとなく予想はしてはいたんですが、
企画モノ・ゲストが盛り沢山だった07年とは打って変わって、
08年のゲストは、結婚後初のテレビ出演となる佐橋佳幸と松たかこの夫婦のみ。
企画モノ的なのも一切ありませんでした。
その分、今や鉄板ソングの"言葉にならない"を始め、
全盛期のオフコース時代の多数のヒット曲と、
"眠れぬ夜"などの二人の頃のオフコース時代の曲や、
勿論ソロになってからの"ラブストーリーは突然に"などの、
代表曲も沢山演奏していて、
オフコース~小田和正のファンの人達には、
大変満足のいく内容だったのではないでしょうか。

個人的には、
原点回帰的な08年のシンプルな内容も嫌いではありませんでしたが、
どうせだったら、もっといつもとは違うオフコース時代の曲とかも、
演って欲しかったなあとは思いました。
まあテレビ的にはどうしても鉄板のヒット曲は演らなきゃいけないんでしょうけどね。
あともう一つ言えば、この番組の一番最初のコンセプトでもある、
"他人の名曲を小田和正が演奏し歌う"というのを、
見たかったというのはありましたけど。

06年に一度だけ演奏した「東京の空」という個人的に凄く好きな曲があるんですが、
それをまた演ってくれたのがとても嬉しかったです。
実はこの曲って、この番組の為に書き下ろした曲だったらしいんですが、
改めて聴いて、やっぱいい曲だわ~って思いましたね~。
曲・アレンジ・詞・世界観と小田和正のヴォーカルと相まって、
聴いてると胸を締め付けられる様な、もうほんとに素晴らしい曲です。
あと01年から03年までのオリジナル番組テーマ曲でもある「この日のこと」が、
番組の一番最後で流れていたのが、とても個人的には好きな曲なので、
非常に嬉しかったです。

昨年末にふと思ったのが、
小田和正の澄み切ったクリアな声と音数の少ないアレンジの演奏が、
年末・年始の、"全てをゼロにリセットし、またゼロから始まる感"に、
オレの中ではとても凄く合致するんですよね~。
なんか無意識に求めてしまうというか。
毎年末恒例となったっていう事実もあるんでしょうけど。
去年末の蓄積疲労真っ只中の頃、
早くゆっくりクリスマスの約束見たいなあ~ってずっと思ってたんですけど、
なんでだろ?って考えたら、きっと前述した理由からだな~って、ふと思いました。

この番組を見ると改めて、やっぱりオレの根底にある世界観というのは、
"フォーク"的な世界観なんだろうなあと思います。
前にも一度書きましたけどね。
勿論他にも色んな要素は持ち合わせてはいるんでしょうけど。
まあ漠然とした例えですし、今回は敢えて詳しい説明は省きますが。

実は今回のクリスマスの約束は、初めて観覧希望のハガキだしたんですよね~。
日程的にも12月上旬で、なんとかなる日だった事もあって。
見事に外れましたけど!

前に、記念すべき10回目を迎える2010年のクリスマスの約束では、
奇跡的とも言える、初のテレビ出演となる山下達郎をゲストに迎えての、
感動的なフィナーレを希望!的に書いた事があるんですが、
改めて考えると恐らくやっぱりそれは難しいだろうなあって思います。
まあ勿論希望はありますけどね。
で、考えたのが、それに匹敵するぐらいのサプライズで考えると、
オフコースの再結成なんです。勿論五人での。
これもまず有り得ない話しなんですけど。
でもオフコース再結成して五人で昔の曲演ったらって考えたら、
オフコース時代からのファンからすれば、もうはっきり言って鳥肌もんですよ。
もし番組とは関係なく、今後再結成してツアーするとかなったら、
チケット一万でも行きたいぐらいです。
まあ当分有り得ないでしょうけど!

もし五人が無理なら、せめて鈴木康博とのコラボ。
鈴木康博の独特の哀愁感のあるギターやクリアなヴォーカルが、
小田和正とのセットでまた聴けるとしたら、
これまたオールドオフコースファンにはたまらないプレゼントです。
まあ可能性的には難しいとは思うんですけどね~。
でも小田和正の体調やモチベーションを考えたら、
この番組をやっていくのは、
やっぱ2010年までが限界なんじゃないか?って思うんですよね。
っていうか毎年急にやらなくなるんじゃないかと思って心配してるぐらいですし。
個人的にはずっとやっていって欲しいですけどね。

あと最後に、
ちょっと最近新聞とかでも物議を醸し出しているみたいなんですが、
小田和正による番組内での「ババア」発言について。
実は05年でも一度ババア発言していて、
その時は特に物議を醸し出したか否かは定かではないんですが、
個人的には当時から全国ネットで大丈夫かな?とは思ってました。
特に、小田和正のイメージって一般的にはどうしても、
綺麗な声とスピリチャルな詞と曲っていう誠実なイメージがあると思うんですよね。
なので、実際の性格というか言動を聞いたりすると、
初めはみんなイメージとのギャップにビックリすると思います。
ファンの中にはショックを受ける人もいるんじゃないか?ってぐらい。
個人的には人間味があって嫌いではないんですけどね。
女性的な楽曲とは裏腹に、びっくりするほどめちゃくちゃ男っぽいし。

小田和正的もしくは番組的にはきっと、
軽い笑いをとる様な、敢えてテレビを意識した"リップサービス"的な部分か、
もしくは空気を一切読まずに土足で他人の敷地へ入り込んでくる、
年配の女性たちに対する"軽い警鐘"的な部分もあったとは思います。
まあでも、全国ネットの地上波を考えると、
個人的にはやっぱり言わない方がいいんじゃないかなあとは思います。
特に影響力の強い人ですから余計にね。
実際ショックを受けてる年配の人達もいるみたいだし。
恐らく本人的には「そんな事ぐらいで、なにガタガタ言ってんですか?(笑)」
ってぐらいな感じだろうとは思うんですけど、
番組的にはほんとに素晴らしい音楽番組だと思うので、
余計な事で変な中傷されるのは勿体ないなあ、って思うんですよね。

まあとりあえず、08年も無事放映されて良かったです。
年明けてからはもう10回近く見てるかも知れないですね~。
やっぱこの番組は、オレ的に凄く癒される、大好きな番組です。
今年も無事に放映される事を切に願ってます。
もうすでに、今年末のこの番組が楽しみです。




「 東京の空 」

自分の生き方で 自分を生きて
多くの間違いを繰り返してきた
時の流れに乗って 走ったことも
振り返れば すべてが 同じに見える

あの頃みたいに 君に優しくできているかな 今も
いちばん大切なのは その笑顔 あの頃と同じ

東京の空は 今日も 高くすんでいる
君の住んでいる街は 冬の色ですか
がんばっても がんばっても うまくゆかない
でも気づかないところで 誰かヾ きっと見てる

あの頃みたいに 君に優しくできているかな 今も
いちばん大切なのは その笑顔 あの頃と同じ

あの頃みたいに 君に優しくできているかな 今も
いちばん大切なのは その笑顔 あの頃と同じ

あの頃と同じ

怒濤の四日連続アーップ!
しかも今回も気付けば本気モード1000%!
さすがに疲れたので、あいすいませんが明日はお休みにします!(多分)。

ここ数ヶ月、
カードの支払いに追われて極貧節制生活を強いられていたのは、
日頃からご愛読して頂いている方にはご存じの通りなんですが、
10月、11月と、かなりの徹底した節制生活を送っていたので、
やっぱどうしてもストレスが溜まってしまって。
ちょっとした食べたい物が食べれない、
ちょっとした買いたい物が買えない
(まあ買い物しまくったツケでもあるんですけど!)日々が続き、
徐々にストレスが溜まっていきました。
特に11月は、翌月に有り得ない額の支払いが待ってた事もあって、
尋常じゃない節制生活だったんですよ。

11月は去年の中ではだいぶ時間の余裕はあった月で、
金はないけど時間はある!って感じだったんですよ。
なのでちょっとした暇な時とかに、
マメにユニオンジャックグッズ探ししたりしてたんですよ。
で、そういう時に限ってヤフオクとかで、
お!っていうのを何個か見付けちゃって。
オークションなんでそんな高価なモノではないものの、
あかんあかん!今月は節制せな!とブレーキを掛けるんですが、
オークションとかって一点物が多いじゃないですか?
のんびり構えてると、気が付くと誰かに落札されて、
その後は二度と出てこないとかもありますよね-。
とは言え無駄な出費は御法度だし・・・で、考えたのが、
逆に自分のモノをヤフオクでなんか売って、
その小銭で気になるユニオンジャックグッズを買おう!
っていう作戦。

こう見えて大の面倒くさがりなんで、
普段はヤフオクってよっぽどじゃないと出品したりしないんですが、
可愛いユニオンジャックグッズたちの為!と思い、
善は急げという事で、早速多少の金になりそうないらないモノを、
約一日掛かりで多数出品しました。

大金になる様な物は出しませんでしたが、
ちょっとしたモノを大量に出品した事もあって、
全部は勿論売れませんでしたが、2/3ぐらいは売れて、
ちょっとした小銭がちょこちょこと入ってきて。
まあ生活苦もあったので、
その半分ぐらいは生活費に当てましたけど!
で、気になってたユニオンジャックグッズを幾つか買ったんですよ。
値段もそんなしないし、ほんとちょっとしたモンばかりでしたけど、
オレ的にはかなりナイスなユニオンジャックグッズたちばかりで、
配送されてくる度にかなり上がりました。

そんな訳で、その頃にゲットしたナイスなユニオンジャックグッズたちを、
今回は一挙大お披露目大会したいと思います。
いや~、まあモノによるけど、やっぱユニオンジャックはカッコいい!



9182c535.jpg

★ユニオンジャック バスタオル
実はユニオンジャックグッズを探し出す切っ掛けは、
「ユニオンジャックのバスタオルとか欲しいなあ」っていう発想からでした。
ユニオンジャックのバスタオルなんて、どこにでも売ってそうでしょ?
それがもう探しても探しても全然なくて!
バスタオルは勿論ですが、タオル自体もないんですよね~。
なので約一年越しのゲットでした。
もう見付けた時はかなり上がりましたよ!
何が何でも絶対落とす!って思いましたもん(笑)。
ロンドン在住の人で、現地のモノを多数ヤフオクに出品してる人がいて、
その人から落札しました。
イギリスの有名なMODブランド"BEN SHERMAN"の大判バスタオルです。
勿論日本未入荷商品です。
ちなみにプロフィールの写真で、一人THE WHOよろしく体に巻いてるのはコレです。
まあバスタオルとしては勿体なくて当分使えそうにないですけど!
BRIT!





5344756a.jpg

★NEW MINI ミニカー
ロンドン中心部・ナイツブリッジにあるロンドンを代表する高級百貨店・ハロッズと、
イギリスの有名観賞用ミニカーメーカー・CORGI社によるコラボレーション商品です。
NEW MINIのボディ全面にユニオンジャックを施した、
これぞTRUE BRIT!というに相応しいユニオンジャックグッズです。
これは上記の人とは違う、ロンドン在住の人からヤフオクでゲット。
ルーフだけユニオンジャック柄になってるCLASSIC MINIのミニカーは、
既に一台持ってはいたんですが、
もうほんと、比べ物にならないぐらいちょちょちょーカッコいいです!
BRIT!





e34edb02.jpg

★BE@RBRICK×OASIS
メディコムトイ社製のテディベアのフィギュア・ベアブリック。
UKを代表するロックバンド・オアシスのモデルです。
左右の二体が2タイプのユニオンジャックが施されたベアブリック。
センターはソニックブルーのベアブリックです。
正直なところ、ベアブリックもオアシスも、
全く持って興味のないところではあったんですが、
モノとしてなかなかPOPで可愛いかったので、コレは買いでしょ!
って事で某サイトでネットショッピングしました。
BRIT!





0d6e0158.jpg

★ユニオンジャック柄キーカバー
オレって結構、店の鍵と家の鍵をうっかり間違えるので、
一目瞭然的な目印付けたいなあとは前々から思っていて、
おっ!こりゃ正に適役でしょ!って事でヤフオクでゲット。
三個セットで1,000円ぐらいで、出品されてた画像がピンボケの写真で、
まあ値段も値段だしろくなモンじゃないだろうなあ~的に、
試しに落札したんですが、実物のモノは予想を遙かに超えて良かったです。
サイズ的にもバッチリだし、デザイン的にもカッコいいし、値段は安いしと、
何も言うことありません!っていうぐらい、いい買い物でした。
BRIT!





0b4876b7.jpg

★GB ユニオンジャック スティールプレート
これも1,000円ぐらいでヤフオクで落としたんですが、
タイに住んでる日本の人が出品したモノで、いかにもバッタモン臭いんですが、
送料もメール便なら無料だったので安いしと試しに買ってみたんですが、
これもまた、安かった割りになかなかモノは良かったです。
今まで家のドアにはマグネットのユニオンジャックを貼っつけてたんですが、
なんか余りにもベタなので、今後はこれに変えようと思ってます。
BRIT!





997fa466.jpg

★ユニオンジャック ボールペン
これもMINIのミニカーを出品してたロンドン在住の人の商品で、
ついでだからコレも一緒に買っちゃえ!って感じで落札しました。
これも非常にベタっちゃあベタなんですが、
意外とユニオンジャックのボールペンってのも滅多にお目にかかれないので、
一応レアアイテムです。MADE IN ENGLANDだし。
これも勿体なくてなかなか使えなさそうですけど!
BRIT!





ef16d2db.jpg

★ユニオンジャック柄ウォレット+ユニオンジャックキーホルダー
こちらも上記のロンドン在住の人から落札。
BEN SHERMANの日本未入荷モデルの財布とキーホルダーのセットです。
出品してる画像を見て一目惚れしたんですが、
値段も安かったのもありましたが、
実物は正直言ってちょっと安っぽかったですね~。
まあカラーリングとかデザインは可愛いんですけど!
BRIT!





283b1989.jpg

★ターゲットマーク付きカフェオレボウル
これはユニオンジャックではなく、
MODの象徴的なマークでもあるターゲットマーク付きのカフェオレボウルです。
友人の飛松夫妻から、引越祝いで頂きました。
ほんとはターゲットマーク付きミルクピッチャーも一緒に頂いたんですが、
冷蔵庫の上に飾っておいたら、ドアの開け閉めの際に振動で落っこちてしまい、
不覚にも割れてしまいました…。とびくん、ぶちごめんなさい!(汗)。
ボウルの内側の部分が深いネイビーなのも、非常にブリティッシュテイストを感じます。
BRIT!





bb6881d2.jpg

★ターゲットマーク付き靴下

これもミニカー・ボールペン・ウォレットと同じロンドン在住の人からの落札です。
BEN SHERMANの日本未入荷モデル。
三足セットで2,400円だったので、普通に靴下買うのと変わらないし、
ターゲットマーク付きなんて滅多にないしという事で一緒に落札したんですが、
履いてみてビックリの肌触り・フィット感・履き心地でした。
ワンポイントのターゲットマークも可愛いし。
まあ普通にパンツ履いてる分には見える事はないですけどね。
これもほんとに値段の割りにいい買い物でした。
ちなみに余談ですが、ターゲットマークって、WHOのシンボルマークや、
MOD(世界的にはMODSではなくMOD)の象徴的なシンボルマークで有名ですが、
元々はイギリス空軍の国籍マーク(ラウンデル)です。
BRIT!

2aebab45.jpg

なんと三日連続のアーップ!
いやぶっちゃけ怒濤の五日連続アップもくろみ中。
まあ書く事と暇があればですけど!
っていうか気が付けば今回も超長文!携帯危険!覚悟!

さて昨日、朝から家でちょこちょこと仕事してたんですが、
昼前ぐらいに店へアンプを再修理に出しに行ったんですよ。
小二時間ほど佐川急便の集荷待ちしてたんですが、
天気が良かったので外でボーッと座って待ってたんです。
昨日はほんといい天気で、ダウンが暑いぐらいの日向ぼっこ日和だったので。

アンプを無事出したあと、ふと、
余りにも天気いいしこのままどっかへ行こうかなと。
せっかく時間あるし、じゃあ初詣っちゃいますか!
と、そのままチャリで明治神宮へ。

毎年初詣って、聖地・逗子海岸へ行くついでに、
隣の鎌倉・鶴岡八幡宮へお参りに行くのがいつものパターンではあるんですが、
珍しく去年だけは、14年振りに明治神宮へ行ったんですよ。
確か小雪か小雨がパラリと降っていて、足下も悪くてめちゃめちゃ寒くて、
時期的にも一月の中旬ぐらいだったので、人も全然まばらでした。

思えば一年前の今頃は精神的には最悪というかどん底というか…。
07年秋頃に一人スタッフが辞めたんですが、
それと同じぐらいのタイミングから、
Webがかなり集客も売り上げも登り調子になってきてて。
そんな事も重なって、
その辺りから深刻なスタッフ不足に悩む様になったんですが、
特にその年の12月とかは、毎週シフト組むたびに胃が痛くなる思いで、
ちょっとしたノイローゼになる事もしばしば。
時折深い鬱状態になった事もありました。
それに加えて年明け早々、夏頃には一番古株のスタッフが辞める事が決まり、
ぶっちゃけ言うとオレの中では、このままいったらどうやりくりして頑張っても、
新しいスタッフがこのまま入らなければ、年内が限界だろうなあって思ってました。
大袈裟な話しではなく、最悪、閉めざるをえないなあとも考えてました。

「え??そんなのとりあえず誰でもいいから入れればいいじゃん!
っていうか入れないとダメでしょ!応募とかないの??」
って思うでしょ?
まあたま~にではありましたけど、勿論応募もあったんですよ。
何人かは面接もしましたし、
他の店だったら間違いなく即採用されてもおかしくない様な、
ビジュアルや能力を持っていた人達ではありましたが、
最終的に採用者はゼロ。まあ理由は人それぞれですが。
ちなみに中にはグラビアギャルやってる子とかもいましたねー。
でもこれは14年半のWebでのオレの頑ななポリシーでもあるんですが、
どんだけ人手が足りなかろうと、
コレだと思う人材じゃなければ採らないって決めてるんです。

どれだけ伝わってるかは定かではありませんが、
オレのスタッフへの拘りは尋常ではないんですよ。
もうオレからしたら、新しくスタッフを入れるっていう事は、
ある意味家族を一人増やすぐらいの感覚さえあります。
腹違いの弟・妹が一人増える感じっていうか。
もはや最近では、年齢的には親子ぐらいの差にもなってきてますけど。
入れたら最後、辞めるまでは責任持って出来る限りの面倒は見るで!
とは勝手に思ってます。

個人的には、店って最終的には絶対スタッフだと思うんですよね。
どれだけいい立地でいい設備でセンスのいい内装で美味しいモノを出しても、
それらを生かすも殺すも、全ては働くスタッフ次第だとも思います。
しかもスタッフってほんと色んな意味での"生モノ"なので、
縁や運やタイミングとか色んな要素が必要であって、
資金力やセンスがあれば完璧に揃えられるモノでもないと思うんです。
そういう意味では一番厄介だし、デリケートなモノだと思うんですよね。

昔から「Webって顔で選んでますよね?」とか、
「ナガサワさんの好みで選んでるんでしょ?」とか、
余りにも幼稚なレベルの質問をよくされたりしましたが、
そんな薄っぺらいだけの拘りではないんですよ。
いや正直言って見た目も勿論重要ですよ。
やっぱり人前に立つ以上、ヴィジュアルがいいに越したことはないですから。
でも見た目が良ければ誰でもいいか?というと全く持ってそんな事はなく、
かと言って内面だけ良ければいいか?と言われてもそれもオレ的にはNOです。
どちらもある程度の基準をクリアしてるかどうか?
もしくは、今はどちらもクリアしてないけど、
例えば半年後、一年後二年後には?という将来性を見たり。
尚かつ現存スタッフの中に入って悪い意味での和を乱さないか?とか、
ほんとに色んなシュミレーションを施して、トータリティーで判断してます。
まあでもここ10年ぐらいの基本的なテーマは、"スキルよりも人柄"ですけどね。

オレが二十歳の頃にこの世界に入った時って、
クラブのスタッフってみんなカッコ良くてオシャレで個性が強くて。
お客の頃でもそう感じてましたが、
スタッフとして働く事になってからもしばらくは、
「こんな中にオレが居ていいのかなあ?」って思う事もしばしば。
よその店でもそういうのってしょっちゅう感じました。
当時に比べると、
クラブそのものの刺激的な部分や魅力的な部分はある意味薄れてしまいましたし、
今クラブスタッフにそういうのモノを求めるのは、
勿論酷だという事実も理解してはいるんですが、
やはりどうしても、当時のそれとはまた違った形での、
出来る限りの提示はしたいというのが、常にどこかにあって。
それも一つの三宿Webとしてのアイデンティティーだとも常々思ってるんですよね。

店自体は繁盛してるのに、拘り過ぎてのスタッフ不足で閉店なんて、
恐らくそんな話、聞いた事ないでしょう?
間違いなく常識的にはナンセンスな話です。
まあでも、もしそうなったらなったでしょうがないかなとは思ってました。
そんな理由での閉店もある意味Webっぽいし。
オープン以来15年近くこんな場所で続けてこれたのも、
一貫して酒とスタッフには一切の妥協をしなかったっていう事も、
多少の理由にはなってるんじゃないか?とも個人的には思ってますし。
そう考えたら本望かな、と。

オレの中ではある意味、
三宿Webの歴史とは素晴らしいスタッフとの出逢いの歴史でもあるんです。
こんだけ長くやってると、何度も大ピンチはありました。
特に看板スタッフが辞めた直後とかは、ポッカリと大きな穴が開いた様になります。
その穴をどうやって埋めていくか?って悩みまくっているとそのうち、
必ずと言っていいほど次代を担うスタッフとの出逢いがあるんです。あったんです。
これはほんとに代々ずーーーっと繋がってます。
そういう事もあって、それが途切れた時がWebが終わる時かなあって、
いつの日からか意識する様になりました。
ちょっと語弊もあるかも知れませんが、
それって、オレ及びWebの吸引力でもあると思ってるんです。
偶然であろうが必然であろうが、いい人材を吸引出来るパワーがなくなったら、
もう賞味期限終わりでしょ!ぐらいには思ってます。

話し逸れまくり感が充満してますがもうちょっと待ってください(笑)。

脈々と続いていたそのスタッフたちとの出逢いも、
一年前の時点では約二年間ぐらい全然縁がなくて。
正直内心、遂に来たか・・・って思ってました。
特に集客が登り調子になってきて、
以前にも増して人手が必要な時に深刻なスタッフ不足。
勿論それ以外にもWebをやっていく上で色んなストレスも溜まっていて、
何度か全てを捨てて逃げ出したい思いに駆られた事もありました。

そんな、精神的には非常に最悪な時期だったので、
ちょっといつもと変わった事でもしてみようという発想から、
14年振りの明治神宮への初詣へと、相成った訳です。
その一ヶ月後には新しいスタッフとの出逢いがあり、
秋頃には更にもう一人新しいスタッフとの出逢いもあり、
Webはなんとか閉店しないで済んでる訳なんですが、
いやほんとに、救世主だと思いましたよ。
あのままいけばほんとにスタッフ不足で潰れてたかも知れないですからね、Webは。
同じぐらいの時期にYELLOWの閉店も決まった事もあって、
なんかこれって、もうちょっと頑張れって事なのかなあ?とも勝手に思ったりしました。

そういう事を振り返ると、
もしかして明治神宮参拝の御利益があったのかもなあ~と思って、
これは礼を尽くす意味でも、今年も明治神宮へ初詣へ行こう!と思った訳なんですよ。
いやあ~~~長いネタフリでしたけど!

※ご注意
気が付けば「新春!ナガサワ スタッフ論を熱く語る!」的な内容になってますが、
ようやく本題に戻りますので続きをお楽しみください。

さて昨日の明治神宮ですが、
平日の午後とは言え、まだ5日という事もあって結構な人がいましたね~。
でも代々木公園も然りですけど、あの原宿駅の裏側にこんな大自然があるなんて、
改めてなんか変な感覚というか、凄いなあ~って思いますよね。
人が多くて去年よりあの壮大な雰囲気に浸れませんでしたが、
御社殿へ行くまでの、広大な森の中を抜ける惜しみなく広い砂利道が、
とても情緒があって好きです。

御社殿へ着くと、お参り待ちの長蛇の列がずら~っと。
さすがにこりゃちょっと人多過ぎだなあ~、今日は帰ろうかなあ…と、
ちょっと迷いましたが、いやいやいや、せっかくここまで来たし、
去年のお礼言って帰らんと!と踏みとどまり、
最後尾に並んで数十分後、無事お礼及びお参り出来ました。

お参りした後、あっ!おみくじでも引きますか!と思ったんですが、
お賽銭の時に財布見たら五百円ちょっとぐらいしか入ってなくて、
後で銀行でおろさなきゃなあとか思いながら、
縁起良くほぼありったけの五百五円を投げ入れてたので、
おみくじ買う百円がねえぇぇぇぇ!!!!という情けない状況になってしまい、
周りをキョロキョロしながら誰か知り合いおらんかしら?百円貸してくれんかしら?(笑)
とか思いながら歩いてたんですが、案の定誰も知り合いを見つけられず。。。

明治神宮を出て自転車を置いた場所に行ったら、
同じ所に自転車を置いていたムッシュ梶野夫妻とバッタリ。
同じく参拝してたそうです。
うわ~もうちょっと早く会ってりゃ百円借りたのに!(笑)
とか思いながらその場を後にして帰宅しました。

初詣は明治神宮だったんですが、
去年の誕生日に毎年恒例の鎌倉・鶴岡八幡宮へも行ったので、
いずれはそっちへも一応お礼及びお参り行って来ようと思ってます。
まあどっちの御利益かわからないし。
初詣やお参りって、多少のお約束的な意味合いや、
今更なベタ感もなきにしもあらずではありますが、
やっぱり日本人としては、神聖なるいい儀式だなあと思います。

まあでも、神頼みも必要ですけど、
最終的には自分の努力次第な部分でもあると思うので、
とりあえず今年も、昨年同様いい年になる様に、
出来るだけの事を、出来る時に、出来るだけ頑張ろうと思います。

押忍!

0bea39ba.jpg

年末全然書けなかった鬱憤を晴らすかの如く、
なんと前回アップから数時間後の連続アーップ!

年末のある日のふとした時間に、
忘れないうちに年末のテレビ録画チェックだけやっとこう!って思って、
地上波及びスカパーの主要番組をだーっとチェケラッチョしてたんですよ。
で、スカパーの番組をチェックしてたら、
SUMMER SONIC '08のダイジェストを、
12/29~1/1の9:00~15:00に渡って再放送するのを知って、
HDDの残量もまだまだあるし、
営業中のWebででも液晶から流せるから録っときますか!って事で、
録画予約してた訳ですよ。

あいにく年末年始に掛けてやたらと強風が吹きまくっていて、
晦日と元旦は全くもって受信不可状態になってしまい、
敢えなく断念したんですが、
なんとかちゃんと録れてた分をサラッと見てたら、
一組だけ印象に残るアーティストが。

8月9日の東京公演、DANCE STAGEでの放送分で、
まず最初にPerfumeが出てたんですが、
相変わらずやっぱ凄い大人気やなあ~!
でもこういうとこでもやっぱ口パクなんやなあ~、
ダンスは相変わらず可愛いけどさすがにライブ感に欠けるなあ~、
とか思いながら見てたんですが、
その後に出てきたのがこのYELLEでした。

もう最近は一切新譜のチェックなんかしなくなってしまったので、
このYELLEに関しても名前すら全然知らなかったんですが、
あ~今流行りのエレクトロ風味のユニットか~的に最初は見てたんですが、
ヴォーカルの子のファッションがとてもキュートだったのと、
踊りながら歌ってるのが非常に可愛くて、凄く印象に残ってたんですよ。
全編フランス語でアンニュイなヴォーカル+ラップっていうのも、
ちょっと珍しいよなあ~とか思いながら。

その後もなんか見たくなって、
たまにYELLEのところだけ何度か見たりしてました。
何度見てもやっぱキュートで可愛いんですよね~。
時間があったらYELLEってアーティストを調べてみようとは思ってたんですが、
忙しさの余りすっかり忘れてたんですが、
さっきそういえば!と思って色々調べてみました。

2007年フランス・SOURCE ETC.からデビューした、
キュートでポップなフレンチ・エレクトロ・ロリータ・ギャル・ラッパーで、
デビュー曲"JE VEUX TE VOIR"が大ヒットして、
一躍注目される様になったみたいです。
去年の4月には1stアルバムも出した様で、
前述のデビュー曲は元より、
オレのお気に入りの"A CAUSE DES GARCONS"も収録されてます。

ちなみにYou TubeでPVとかも色々見ましたが、
PVもポップで可愛いんですが、
比べモノにならないぐらい、
一曲しか放送されなかったんですけどサマソニでの、
"A CAUSE DES GARCONS"のライブ映像が、
やっぱちょ~~~可愛いくてカッコいいんですよね~!マジで!

なんかちょっと前から、
余裕が出てきてモチベーション上がってきたら、
またDJちゃんとやる為に、
現在及びここ数年のダンスミュージックシーンの総ざらえしてから、
また新譜のレコードでも買い始めようかなあとは思ってはいたんですが、
そこまではまだモチベーションは上がってはいないんですが、
とりあえずこの曲は久々にアナログ買おうと思ってます。
どうやら12インチも出てるみたいだし。

余談ですが、
今やCDJやPCDJが主流になりつつあるクラブ界ではありますが、
個人的的には、DJやるならやっぱアナログでしょ!のポリシーを、
出来る限り貫こうとは思ってます。
まあCDJやPCDJの方が圧倒的に便利だし楽なんですけどね~。
でもやっぱ、アナログの出音が断然一番だとは思うんですよねー。


ま、そんな訳で、おまけに"A CAUSE DES GARCONS"のPVをどうぞ!

あけましておめでとうございます!

また久々の更新になっちゃった訳ですが、
自分でもまさか年越えちゃうとは予想外でした。
なんとか年の締めにあと一回ぐらいは書きたかったんですけど。
そんな事もあっての新春超長文ブログです。
ちなみに文字数約一万文字あるんですけど!

年末は毎年忙しいんですが、
去年の師走の忙しさは並じゃなかったです。
中旬ぐらいからはずっと忙しかったんですが、
22日から始まった独り10連チャンはまさに鬼でした。
マンスリーの入稿期限が25日の午前11時だったんですが、
それに伴って23,24,25の三日間は、
計約7時間睡眠という過酷さでした。
入稿期限5分前のギリ入稿でしたし。
お陰で去年はX'MASの雰囲気に浸る事すら出来ませんでした。

それから5連続営業に突入。
店は休みでしたが、30日も大晦日の準備で夕方から朝まで奔走、
晦日も昼からドタバタ喜劇でそのまま夜の営業と、
思えば12月中、丸一日の休みなんて、
2、3日あったかどうかってぐらいでした。
X'MASパーティや忘年会も一度も参加せず、
ほんとただ忙しいだけの師走でした。

とりあえず無事に年は明けたんですが、
今年も正月は帰省せずダラダラしてました。
さすがの蓄積疲労で元旦はひたすら寝てましたし。
二日三日も、ちょこちょこっと仕事したり、
HDDレコーダーの整理やら部屋の大掃除したりはしたものの、
口内炎出来まくってうざいわ、なかなか体調自体も復活しないわで、
どこかへ出掛けるでもなく、テレビ見てメシ食っては寝て、
みたいなグ-タラな生活を繰り返して、一人正月を満喫してました。

さて2009年ですが、今年は6月にはなんと、
奇跡の三宿Web 15周年が待っていたり
(Webが6月まで続けばの話しですけど!)、
あと個人的には、上京してちょうど20周年!
山形を出てからちょうど30周年!になる年なんですよね~。
なんか個人的には諸々節目の年なんですが、
特に派手な事やろうとかはあんま考えてないんですよね。
今年も敢えて地道にコツコツと頑張ろうかなあと思ってます。
やっぱ地道が一番ですよ!(多分)。
地道 イズ ベスト! Yes,Web Can!(2009年三宿Webキャッチコピー)
の精神で頑張りたいと思います。

それでは今年もおまけで、ナガサワ的 2008年 10大ニュースを。
まあほとんどブログで書いた事ばっかりですけどね。

オレにとって2008年という年は、
10年に一度と言っていいほど実りの多い一年でした。
まあ勿論嫌な事もいっぱいありましたけどね。
色んな事が一変した、非常に記憶に残る、思い出深い年になりましたね~。
ここ数年溜まりに溜まっていたストレスが、一気に払拭された年でした。


★ナガサワ的 2008年 10大ニュース★

10.阪神歴史的惨敗
もうなんかプロ野球見るのやめようかなあとか思いましたね。
っていうか全てはオリンピックの影響だとは思いますけどね~、個人的には。
阪神が優勝出来なかった事よりも、
他チームからスター選手を集めまくった巨人が逆転優勝したっていう事が、
巨人ファン以外の全てのプロ野球ファンの夢やロマンを、
一気に失望させてしまったんじゃないかと心配でなりません。
とりあえず巨人が日本一にならなくてホッとはしましたけど。
小川直也風に言うと、
「巨人ファンの皆さ~ん!早く目を醒ましてくださーい!」って感じです。


9.ユニオンジャック!
一昨年からユニオンジャックに魅せられてはいたんですが、
引っ越しを機に本格的にユニオンジャックグッズのコレクト開始。
暇さえあればイカしたユニオンジャックグッズを探しまくりました。
なかなかカッコいいのはないんですけどね~。
ブログで書いた以降もちょこちょこと、
ユニオンジャックグッズを多数ゲットしたので、
近々ココでお披露目します!


8.西麻布YELLOW閉店
ほんとコレもビックリしました。
っていうかMIX閉店以来の衝撃でした。
東京を代表する老舗クラブがまたひとつ…。
でもある意味コレもまた、オレの中での起爆剤的な物にはなりました。
ちなみにちょっと前に、CISCOが通販部門もクローズしてたのを知って、
時代の流れを更にひしひしと感じました。
10年前だったら、あのCISCOが!あのYELLOWが!ですよ。
もう何が急になくなっても、なんら不思議ではない時代です。
明日は我が身ですよ、ほんと。


7.さらば青春のSW-1
一昨年からほぼ、
バイクから自転車中心の生活にシフトチェンジはしてたんですが、
野球の時とか、サクッと店行く時とか、
なにかしらはやっぱ乗る事も多かったんですが、
14年乗り続けていた愛車SW-1が遂に急逝。
まあいつ逝ってもおかしくはないとは言われてはいたんですけどね…。
お台場にも行ったし、横浜にも行ったし、逗子にも行った事ありましたねぇ。
もうほんと色んな想い出が詰まった青春の愛車でした。


6.自炊生活
気が付けば7月の引っ越し以来、ほぼ自炊の生活になりました。
二口のガスコンロや大きい冷蔵庫は元より、
前の部屋が余りにも檄狭くて使いづらいキッチンだった事もあって、
自炊モードにも全然自然にフェードイン出来ました。
野菜室には常によく使う野菜が常備、調味料なども徐々に増えていって、
いつでもサクッと簡単な料理は作れる準備は整ってます。
得意のパスタは勿論の事、人生初の肉じゃがや、
最近では実家から送られてきた塩蔵数の子を初めて調理したりしました。
元々自炊はする方だったんですが、
こんだけほぼ毎日はした事なかったですね~。
お陰でレパートリーは増えましたけど!
まあ正直なところ、余りに部屋のモノを買い過ぎて、
自炊してちょっとでも食費を浮かすっていうのが最大の理由でしたけど!


5.禁煙スタート
いつかはやめた方がいいよな~でもやめられそうにないよな~とか思いながら、
7月の引っ越し+タスポ導入と同時に、
半ば試しがてらに始めた禁煙も、気付けば早半年経ちました。
相変わらず吸ってませんよ!
未だにたま~に、ふとした瞬間に吸いたくなっちゃう時もあるんですけどね~。
吸ってる夢見る事もあるし。
まあでも、もうココまで来たら出来る限り貫き通そうとは思ってます。
基本的にはもう、今までなんであんなに吸ってたんだろ?って思うほど、
タバコを吸わない事が全然不自然じゃなくなってますし。
やめて思う事は、金の減りは違うし、部屋や服は汚すし、身体には悪いし、
持ち物増えるしと、百害あって一利なしだな~って事。
ぶっちゃけオレの場合、当時好きだった子が「煙草を吸ってる時が一番男を感じる」
って言うのを聞いて始めた様なモンなんですが、
今って正直女性的な意見って逆じゃないですか?
吸ってる方がまさに煙たがられる傾向にあるのでは?
というのが個人的見解です。
はっきり言って禁煙とは自分との戦いですよ。根性と忍耐力。
正直それに尽きると思います。


4.19年愛用したテレビをプラズマに買い換え
これもほんといつ買おうかいつ買おうかとずっと思ってました。
っていうか前のテレビがもう結構前から調子が良くなくて。
でも買うんだったらせっかくだしいいの買いたいしなあ~ってのもあって、
ずっと我慢してたんですが、思い切ってプラズマに買い替えちゃいました。
まあ支払いは鬼の様に大変でしたけど!
最初は液晶にしようかと思ってたんですけど、
ブラウン管のあの感じがやっぱ好きなので、最終的にプラズマにしました。
勿論テレビというテレビ、鬼の様に調べまくりましたけど!
でもほんと、テレビ一つで部屋の風景が全く変わっちゃいますね~、もうビックリです。
それにしても上京して以来、テレビっ子のオレの元で、
よくもまあ19年も持ってくれましたよ。


3.NEW iMac+OS X デビュー !!
もういい加減買い替えないとなあとか、
もういい加減OS Xにしないとなあとか、
もうずーーーっと思ってたんですよ。
でも引っ越したのもあって、まだまだ先かなあとは思ってました。
プラズマの支払いがやっとの思いで終わったばっかりだったし。
師走の最中にまさか思い切って買っちゃうとは、自分でも予想してませんでした。
設定やデータ移行作業など、諸々大変な事も多かったですが、
NEW iMacの処理速度の速さや、OS Xの便利さをひしひしと感じてます。
ちなみに、オレの書き方が不十分だったので誤解してる人も多いんですが、
NEW iMacと言っても、買ったのは中古です。
まあ非常に状態も良くて、07年の夏に出たインテルハイッテルモデルなので、
見た目も最新のiMacと変わらないし、スペック等も悪くないんですが。
年末商戦の時期ともあって、値段は安かったしプリンターは貰えるしで、
非常にいい買い物でした。
12月休みなしで頑張りまくったのは、
こいつの支払いの事を考えてってのもありました。
いや~でも、ほんとコレは08年最後のサプライズな事件でした。


2.大きい冷蔵庫のある生活
引っ越す前に、約8ヶ月も冷蔵庫のない不便極まりない生活をしてたのもあって、
大きい冷蔵庫のある生活って、なんて便利なんだろう!と痛感させられました。
それまでは冷蔵庫なんてまずどこの家にもあるし、
あって当然!的な見方をしてましたが、
冷たい物を飲みたい時に飲めるって、なんて素敵な事なんだろう!って思いましたよ。
冷蔵庫探しもそらもう鬼の様に調べまくりましたが、
結果的に今のコレにして正解だったかも知れないですねー。
っていうかこの冷蔵庫にした事で、
部屋の家具を白で揃えようという方向性になる切っ掛けになったんですが、
結果的にはそれも良かったと思ってます。
ちょっとした夢であった、独立した野菜室が付いてるのも、
やっぱりというか、非常に使い易いです。
半年経った今でも、事あるごとに大きい冷蔵庫の有り難みをヒシヒシと感じてます。


1.実に14年振りの引っ越し及び部屋作り
一年前の今頃は正直、
「今年又更新だし引っ越したいなあ…でも無理だろうなあ…」
って思ってました。
5月末に引っ越しを決めてからはもう、暇さえあれば部屋の事に奔走してました。
鬼の様な部屋探し、引っ越した後は鬼の様な雑貨探しまくり。
一切の無駄な出費は避け、全てを部屋に注ぎ込みました。
今年はお陰でほんと洋服買わなかったですモン。
行くと欲しくなるので、敢えて洋服屋にも全然行きませんでした。
元々一点集中派なので、今年は服は捨てて部屋だ!とは思ってたんですけど、
ちょっと度を超えた溺愛っぷりでした。
まあお陰で想像してた以上に納得のいく部屋になりつつありますけど。
物件探ししてた時、
何度も候補を見付けては先を越されを繰り返し、
心折れる寸前で、最後の最後に今の部屋を見付けたんですが、
ほんとこの部屋で良かったと心底思ってます。
この部屋と出逢う為に、それまでの候補がポシャったのかも?と思えるほどでした。
それぐらいオレにとっては、他にはまずない希少な物件でした。
外見は築25年のオンボロマンションなんですけどね。
逆に部屋にいるのが一番落ち着くのもあって、引き籠もる事が増えましたね~。
でも半年経った今でも、こんないい部屋に住めてほんと幸せだな~って実感してます。
まあ前の部屋がほんと場所だけが取り柄のウサギ小屋みたいな狭い部屋でしたからね~。
この部屋に少しでも長く住んでいられる様に、
頑張らなきゃなあというモチベーションにも日々なってます。
大変な事も多かったですし、労力や金は有り得ないほど使いましたが、
心底引っ越して良かったです。
ちなみに余談ですが、今年は有り得ないぐらいの買い物しまくりましたが、
カードは使っても一度もローンはしてません。
全て気合いと根性での翌月一括払いでした。
正直ちょっとしたバイトもしましたし、
毎月ギリギリガールズが歌う限界LOVERS状態でしたけど!
オレにとっての2008年は、まさに"引っ越し"コレに尽きます!

このページのトップヘ