ナガサワブログ PART3~この熱い魂を伝えたいんや~

D級草どインディー老舗クラブ"三宿Web"店長ナガサワの趣味や考え方や日常が垣間見れる独り長文炎上ブログの続々編。

2009年03月

9f572c22.jpg


連日のアーップ!
前回の記事書いた直後に、
またホットドッグ作って食べちゃいました。
やっぱ美味いわ~ホットドッグ。
ちなみに書いた後に思い出したんですが、
ホットドッグと言えば、
ちょーレア度数の高い三宿Webトリビアネタなんですが、
オープン直後に、"ウェブドッグ"なるホットドッグを
平日の毎早朝に、
当時はコンビニだった現松屋前で売ってました。
何度も書いてますが、
Webってオープン当初は閑古鳥が鳴きまくっていて、
確か三ヶ月後ぐらいに、
ちょっとでも売り上げの足しに的に、
オーナーが始めたんですが、
結局は鬼の様に売れなくて、
確か一ヶ月ぐらいでやめたと記憶してます。
ウェブドッグを売っているところを、
古巣でもある渋谷ROOMのスタッフたちがたまたま目撃し、
「Webが新種のアフターアワーズ始めたよっ!」って、
冗談を言われたりもしました。
いや~懐かしい。
っていうかこんなの知ってるの、
オープニングスタッフぐらいなもんですよ(多分)。

それにしてもさすがに昨日は無理し過ぎたのか、
未だ右膝が痛くて軽い歩行困難状態です。
ほとんどビッコ引きながら走ってましたからね-。
まあ昨日よりはだいぶマシにはなってますけど。
昨日は痛すぎて階段降りれませんでしたもん。
オレの悪い癖の、
どうでもいいところでも根性論!ってのも、
あんま良くないですよねー。
まあ今日の感じからしても、
恐らく三日もすれば痛みは消えるとは思うんですが、
来週はちょっと膝休める意味で、
ジョギングはお休みしようかなあと思ってます。
まあでも走りたくなったら走っちゃいますけど!
あ、それから書き忘れましたけど、
駒沢公園は桜三分咲きぐらいでした。
恐らく来週辺りには満開になりそうな感じですね~。

さて、ここからが本題です。
一昨日、久々に用事で渋谷に出たんですが、
本屋巡りをしてたらパルコの地下の洋書LOGOSに、
ENGLANDのでっかい文字と、
LONSDALEやBEN SHERMANの商品や、
SKINS関係の洋書とかがでーんと置いてあって、
ん?UKフェアでもやってんのかな??
と思ってよく見てみると、
どうやら映画の番宣も兼ねたコーナーの様で、
その映画のタイトルは「THIS IS ENGLAND」でした。

確か数日前になんかの雑誌で紹介されてるのを見ていて、
あ~!あの映画かあ!とすぐに理解しました。
3月14日のロードショーの文字を見て、
今何日だっけ?24日か。まだ10日しか経ってないか。
って事は間違いなくやってるよな?
え?じゃあこれも何かの縁だから、
今から見に行っちゃいますか!
なんてったってTHIS IS ENGLANDだし!
ってモードになり、特別割引券をレジで貰い、
添付のチラシを見て時間と場所をチェック。
時間的には19時の回で、
場所は渋谷の南口の桜ヶ丘にある映画館でした。

映画館で映画見るなんていつ以来だっけってぐらい、
映画見るなんて久しぶりな事です。
ほんと滅多に映画とかって見ないんですよね~。
昔から、ちょー映画とか見てそう!とか言われるんですけど。
ほんとにいつ以来ですかね?
ん~、全然思い出せません。

時間30分前ぐらいに上映場所に到着。
代官山に住んでた頃はしょっちゅう通ってた道沿いにあり、
こんなところに映画館あったとは!って感じでした。
まあ映画館としては非常に狭い箱でしたけどね。
店内には映画関連のTシャツやらポスターやらが、
いっぱい飾ってありましたが、
現在金欠真っ只中のオレは全てスルー。
あ、でも帰りに本屋で買って帰ろうと思ってた、
"Modesty"のLONDON特集も置いてあって、
それは買って帰りましたけど。

さて、肝心の映画ですが、
何の予備知識もなく見たので、
勝手にUKテイスト満載なオシャレ映画的に捉えてたんですが、
ストーリーが進むに連れてシリアスなシーンも増えていき、
ドラッグやバイオレンスシーンもバンバン出てきて、
人種差別や右翼的なナショナリズム思想など、
終わってみれば、非常に深く重い内容でした。

見た後に、当時の(80年代の)イギリスの情勢や、
フォークランド紛争、サッチャー政権に関しての事などを勉強し、
如何に当時のイギリスの社会情勢が、
薄暗い陰を落としていたのかを知りました。
そういう時代背景を知ると、
その現実をリアルな青春描写で、
当時の若者達が好んだファッションや音楽と共に徹底的に再現し、
表現してる映画なんだなあという事を実感しました。

元リーダー格のコンボが出所してから、
一気に重い雰囲気にストーリーが展開していくんですが、
それまでは、主人公達のスキンズファッションを見てたら単純に、
やっぱカッコいいなあ!って思いましたね~。
坊主にベンシャーマンのシャツに、
サスペンダーにロールアップのリーバイス、
足下はドクターマーチンのブーツ!
元々スキンズ的なファッションは好きなんですが、
やっぱ改めて、スキンズかっこいい!って思いました。
オレもいっその事、
バリカンでスキンズ並みの坊主にしようかと思っちゃいました。

余談ですが、ちょうど10年前にパリ→ロンドン→パリと、
17日間に及ぶ旅行した時に、
滞在中にさすがに髪の毛が伸びちゃって、
パリの友達の友達がバリカンで丸坊主にしてるのを見て、
オレもいっその事やっちゃいますか!とスキンヘッドにして、
市販のブリーチ剤でいわゆる金髪にした事があったんですが、
ちょうど一週間前にロンドンのファーストフードで、
ハンバーガー食ってたら前歯二本の仮歯が抜けちゃって、
スキンヘッド+金髪+前歯なしという、
それはそれは末恐ろしいヴィジュアルでした。
その後日本に帰って一週間ぐらいその状態だったんですが、
Webのキャッシャーに座ってたら一見さんらしきお客さんに、
「すみません…ここってパンクの店ですか??」
って聞かれたりもしました。
そんな事もあり、必要以上に怖がられちゃうのもあって、
それ以降バリカンで丸坊主はやってないんですよね。

いや~でも映画見てから、
スキンヘッドにしたいモードが急激に強くなってきました。
そういえば昔、坊主っぽい髪型にし出したのも、
96年にトレインスポッティングを見てからだったと思います(多分)。
それ以降確か10年近くは、
"坊主にして二ヶ月ぐらい経って自然に伸びた感じ"
なテーマで髪の毛切って貰う様になったんでした。
次に髪切る時まで今のモードだったら、
バッサリいっちゃうかも知れないですねー。

本国イギリスでは当初、
インディペンデント映画としてスタートしたにも関わらず、
イギリス全土の共感を得て、
驚異的な興行収入を記録する大ヒット映画。
「さらば青春の光」「トレインスポッティング」に並ぶ、
最高のイギリス映画との呼び声も高いです。
イギリスカルチャーが好きな方は是非。
見る前に1980年代のイギリスを軽く予習しておくと、
更に感情移入して見れるんじゃないかと思います。
いきなりチョーパンかまされる様な、
とても刺激的なイギリス映画です。

RUDE!!


cc1cbe1b.jpg

今朝も恒例のジョギング行って来ました。
激寒+小雨(最後の方はもう普通に降ってましたけど)という悪天候プラス、
走り出してすぐにいつもの膝爆弾が爆発。
さすがに今回はかなりの強敵揃いでしたが、
「オレの根性なめんな!」と心に呟きながら、
ずぶ濡れ劇場の中、気合いで5周完走しました。
まあ膝痛すぎて相当な低速っぷりでしたけど!

それにしても昨日のWBC決勝戦、
野球史に残る凄い死闘でしたね~。
世間では勿論、WBC二連覇の祝賀ムードで沸き返ってますが、
個人的には正直なところ、
今回のWBCに関してはイマイチ盛り上がってなくて。
勿論日本戦はほぼ全試合見ましたけどね。
なんか最初のドタバタの時点で、
かなりテンション下がっちゃったんですよね。
いざ始まっても、調子の上がらないイチローをずっと使ったり、
原監督の「イチローと心中」的な発言も、
日本が世界一を目指す大会なのか?
イチローが活躍する為の大会なのか?
っていう部分で疑問を憶えましたし。
結果的にそのイチローが決勝打を放ち優勝出来たからいいものの、
過剰なまでのイチローに対してのお膳立てを始め、
色んな意味で???マークな部分も多々ありましたし。
あと日本人としては、
勿論二連覇の偉業は素直に嬉しいし、凄い事だとは思いますが、
その反面、日本が二連覇してしまうWBCじゃダメだろう?
っていう気持ちもあります。
特に今回は、決勝がアジア勢同士の対決なんて、
世界レベルの大会としては、有り得ない事だと思うんですよね。
勿論二勝二敗のイーブンで迎えて、実力も拮抗してる韓国との対戦は、
日本及び韓国の間では相当盛り上がったとは思うんですが、
世界的に見たら、
相当興味の薄いカードだったんじゃないかと思うんですよね。
やっぱり、言い出しっぺの米国がもうちょっと本気出して貰わないと、
WBCはおもしろくならないと思います。
圧倒的な世間の祝福ムードの中、水を差す様でなんですけど、
前回のWBCとは違って、なんか手放しに喜べない自分がいて。
最後に活躍したイチロー然り、
結局は終わり良ければ全て良し、なんでしょうけど。
ひねくれた勝手な解釈ですみませんが。

話しは変わって、前回ご紹介したWebのニュースピーカーなんですが、
先週木金土と三日連続で早出して、
EQの設定をああでもないこうでもないと試行錯誤やってたんですが、
色々と試しながらやった甲斐もあって、かなりまとまってきました(多分)。
土曜日には何人かの耳の肥えた知り合いに、
「なんか設定変えました?音良くなりましたね!」って言われましたし。
まあまだまだ色々微調整しようとは思ってますが、
かなりパキッとした音にはなりつつあります。
あと前回は、SX300との明確な違いはそれほどまだ感じないって書いたんですが、
聞く度に思うんですが、はっきり言って全然違いました。
あきらかに音もクリアだし、音が前に出るパワーも全く違います。
ほんと、もうSX300には戻れないですねー。
エージング効果もありますし、これから徐々に、
時間と共に更に良くなっていくと思います。

さて、いつも以上に長い雑談はこのぐらいにしといて、
ようやく本題に移りますが、
一昨日、なんか急に無性にホットドッグが食いたくなって。
もうほんと、急になんです。
マクドナルドのCMのせいもあるんですかねー。
でもマクドナルドのホットドッグって、朝食限定メニューなので、
朝の時間帯しか頼めないんですよね。
で、他のファーストフードで、
ホットドッグやってる店ってどこあったっけ?
と思ってリサーチしてみたんですが、
パッと出てきたのがモスバーガーとドトール。
どちらも過去に食べた事はあるんですが、
オレ的にはもうちょっと安っぽい感じのが食べたくて。
IKEAの激安ホットドッグなんて、正に気分だったんですけどね。
なんだったら港北IKEAまで、
ホットドッグ食べる為にだけ行こうかとも一瞬考えましたが、
さすがに面倒臭いという事で断念。
どうしようかなあ・・・とか思いながら、いつものダイエーへ。

もう適当なのでもいいから、
ホットドッグ売ってないかなあ?と思って探してみるも、
全然見当たらなくて。
そしたらたまたまホットドッグ用のパンが安売りしてて、
もう、だったら簡単なの作っちゃいますか!
という事で、パンとあらびきソーセージをカゴに。
ホットドッグ作るんならスープも作ろう!って事で、
前々からチェックしてた春キャベツを使った、
簡単なコンソメスープを作る事に。

以前も何度か書きましたが、
春キャベツは普通のキャベツとは違って、
しんなり柔らかで甘みもあり、非常に好きなんですよね~。
しかも煮込むとすぐにとろける様になって、ほんと美味しいんです。
おつとめ品で、ほうれん草も激安だったので買っときました。

粉末のコンソメスープの素を入れた沸騰したお湯に、
たっぷりの春キャベツとほうれん草、
ベーコンにコーンを入れるだけです。
ちょー簡単です。
でもこれだけでもちょちょちょー美味いスープが出来上がります。
一晩寝かせると、味が落ち着いて更に旨味が増します。
今回は普通のほうれん草でしたが、
代わりに寒じめほうれん草にしたら、
どっちもとろっとろで甘みもあって、もう完璧でしょうね。

写真は(下段)、ちょーシンプルホットドッグと、
これまた簡単タマゴサラダドッグと、
春キャベツのスープのセットです。
どれもこれもちょー簡単なメニューですが、
ちょちょちょー美味かったです。
作るのも簡単なので、今後もしょっちゅう作っちゃいそうです。

ちなみに今朝、マクドナルドのホットドッグも食べてきました。
いや、なかなかシンプルで美味かったです。
しかしなんなんでしょうか?この急なホットドッグマイブームは。
まああらびきソーセージは昔から好きではあったんですけどね。
今日もさっきダイエーで、
お徳用あらびきソーセージ360g一袋買って来ちゃいました。
当分はホットドッグを始め、飽きるまであらびきっちゃおうと思ってます。

あとこの時期限定の春キャベツ。
え?春キャベツって普通のキャベツと違うの??
って人は、全然違うので是非一度試してみてください。
スープ以外にも、生でも美味しいのでサラダやつけ合わせ、
炒め物やパスタなど色々と使えるので、自炊派の方は是非。

いや~、写真編集してたらまた食いたくなってきた~!

48bcbeb1.jpg

昨日、Webに念願のニュースピーカーがきました。
中高域用のスピーカーを替えたのは、実に約11年振りの事です。

オープン当初は、
中高域用スピーカー・サブウーファーともにJBLのモノを使ってました。
今考えると相当音は良かったんですが、結構飛びやすくて。
まあ今思えば、すぐ飛んじゃう様な設定だったのかも知れませんが。

何度か飛んじゃった時に、
修理に時間が掛かる・コストが割高という事もあり、
当時お抱えの機材屋さんに相談したら、
エレクトロボイスのSX300を薦められて。
音もそんな変わらないし、パワーも十分だし、飛びにくいという事で、
言われるがままにそれに買い換えました。

でも実際パワーもあって耐久性も抜群ではありましたが、
音のクオリティー的には、JBLのそれと比べるとイマイチでした。
まあJBLは4発をパラレル(2発づつ)で繋いでたのと、
スピーカーを替えたと同時に店内の全面改装もあって、
ダンスフロアの部分がオープン当時よりも広くなったので(あれでも)、
一概には比べられない部分もあるんですけどね。

実働11年間の間に、確か飛んだのは一度だけですかねー、SX300は。
まあでも一回目に飛んだ時に、
代えのスピーカーレンタルしたりなんだり、
それはもう大変な思いをしたので、
その時にかなり機材の事を勉強して、
どうすれば飛ばない様になるか?という基本的な機材のメカニズムを、
独学で勉強したのもありますけどね。

元々Webにはバーテンで呼ばれた訳なんですが、
気が付くと結果的に機材関連の事もかなり勉強しましたね~。
っていうか壊れたらオレが直さないと仕方なかったので、
しょうがなくっていうのが正直なところですけど。
アンプとスピーカーの出力やインピーダンスの関係とか、
基本数学が苦手なオレにとっては、
最初はほんとちんぷんかんぷんでしたよ。

一ヶ月前のバレンタインキッス前後ぐらいから、
向かって左側のスピーカーがたまにガリる事があって。
こりゃいい加減、
ウーハーユニット部かダイアフラムの経年劣化かなあ?
とは思ったんですが、
バレンタインキッスがかなりの大入りだった事もあり、
今がチャンスだとばかりに、
オーナーに恐る恐るニュースピーカー購入の提案をしてみたんですよ。
そしたらあっさりOKが出て!まあ11年使いましたしねー。

それからSX300に代わるニュースピーカー探しを始めました。
Webのキャパで十分なパワーで音質も良くて、
出来るだけ軽量小型なタイプで、
尚かつ値段もある程度なレベルなモノをリサーチしまくりました。
もうそれこそ色々調べまくりました。
色んなサイトのレビューみたり、
直接メーカーや機材屋に電話して話し聞いたりとか。
こればっかりは一つ一つ、
店頭で自分の耳で聞いたりする事が出来ないので、
その点では色んな角度からの情報収集がかなり鍵になります。

ちなみにコンパクトスピーカーの類を調べていると、
SX300の事も結構出てきたんですが、
軽量で持ち運びに便利で使い勝手が良く、音もそこそこいいって事で、
この手のクラスのスピーカーではダントツの一番人気でしたね。
特に野外での小規模ライブ・イベントではよく使われてるみたいです。
よそのクラブでもモニターとかでは結構使ってるの見掛けますし。
まあメインフロア用のスピーカーとしては、
あんまり見掛けた事ないですが(笑)。

今回新しく入れたニュースピーカーは、
SX300に代わるエレクトロボイスの次世代標準機種で、
「小型ボディーからは想像できないタイトで豊かな低音、
ハイクオリティーコンポーネントから再生されるリアリティー溢れるボーカル、
透き通った高音はコンパクト・スピーカーシステムの領域を超えています。
一度聴けばもうSX300には戻れません。」という触れ込み。
許容入力も倍で、音圧レベルもかなりアップしてます。
重さも大きさもそんなに変わらないサイズで、
値段はSX300に比べると、やっぱそれなりにするんですが、
色んなレビューや評判も良くて、
新しく買うんだったらコレしかないでしょ!って感じでした。

実は値段もさほど変わらないので、
最初はシリーズの上位機種でもあるZX5か、
はたまたヴィジュアルのいいZX4にしようかと思ってたんですが、
購入前に、エレクトロボイスの日本支社でもあるEVI AUDIO JAPANへ、
何度か電話して色々と聞いたり相談してみると、
三種類あるZXシリーズの中で、一番薦められたのが一番小型のZX3でした。
「正直なところ、色んな人に聞かせて一番評判いいのはZX3なんですよね。」
という様な事を聞いて、
更に軽量小型なんだからもうコレに決定でしょ!って感じでした。

恐らく日本で機材関連が一番安いであろう、
某機材屋さんで買う予定だったんですが、
直輸入の為一ヶ月から二ヶ月ぐらい掛かると聞いて、
慌てて他で探しまくりました。
そこがダントツに安かったのもあって、探しに探しに探しまくってようやく、
在庫があって、まずまずの値段で売っているお店を見付け、購入しました。
そして昨日のお昼に無事納品。

今までのSX300は、天井二点ワイヤー吊りしてたんですが、
今回は専用のシーリングブラケットも購入して、
工事屋さんを呼んで天井に付けて貰う事にしてたんですが、
スピーカーが届く昨日の夜にお願いしてて。
約二時間、手伝いながら念願のニュースピーカー設置完了!素敵!
いや~やっぱニュースピーカーは上がります!

その後はエージングも兼ねて、営業並みの音量を出しながら、
イコライザーの最良の設定を、一人模索してました。
エージングとはいわゆる慣らし運転で、
オーディオ機器は基本的に全てエージングが必要なんだそうです。
特にスピーカーは、購入当初はコーンの動きが鈍いので、
その動きが良くなればなるほど音が良くなっていくんだそうです。
なので、購入当時のスピーカーよりも、
半年・一年経った後のスピーカーの方が、
いい音が出ると言われています。

まあ買ったばっかりという事もありましたが、
なかなか納得のいくイコライジングが決まらなくて。
ああでもないこうでもないと、結局四時間ぐらい黙々とやってました。
最後の方はもうぐったりで、耳もバカになってましたけど。
疲れもあって、最終的には何が良くて何が悪いのか、
よくわからなくなってきてたので、
昨日はとりあえず、ある程度の感じで終えて帰りました。
まあ今日も早めに出勤していじろうと思ってます。

でも改めて音チェックして思ったのが、
やっぱアナログはダントツに音いいなあって事でした。
12インチのアナログレコードとかの音って、
いい具合のコンプ感・マッシブ感・アタック感、そして立体感があり、
独特の色気と味があるんですよね。
アナログでイコライジングして、こんな感じかな~ってセットして、
次にCDでチェックすると、もう全然良くなくて。
どうしてもレンジが広過ぎで綺麗過ぎて、
薄くて味気のない音になっちゃうんですよね。
まあオレの素人イコライジングにも多々問題あるのかも知れませんが、
やっぱDJするんだったら出音はアナログに敵わんな~!とは思いましたね。
家で聴く分には全然CDでいいんですけどね。

今回導入したZX3ですが、
まだ今の時点では圧倒的にいい!とか、
最初に使ってたJBL並みだ!とかまでは正直感じませんでしたが、
やっぱりSX300とは圧倒的に音のアタックが違いますね~。
オレにしかわからない感覚ですが、
なんかのレコードで音チェックしてる時に、
二十歳の頃に働いた、
CAVEのB1のアタック感みたいだなあ!って思ったぐらいです。
ま、わからないとは思いますが(笑)。
あと許容入力が倍なのもあって、
かなり音量上げても歪んだりしないし。
まあでもやっぱ、最終的には理想を追い求めると、
チャンデバ・EQ・ウーハーも替えないとダメだなあ、
っていう結論にも至りましたかねー。
まあでもほんとに、
実は結構前からずーっとニュースピーカーは欲しかったので、
三宿Webにとってはコレでもかなりの進化です。

ちなみに外したSX300は、
修理に出した後、DJブースの後方上部に設置して、
モニタースピーカーにする予定です。
いや、コレもかなり設置したら違うと思いますね。
個人的にはコレも非常に楽しみなんですよね。
今回も例外なく長くなってしまいましたが、
記念すべき15周年YEAR、着々と"CHANGE"している三宿Webです。

63dd517d.jpg

f0e8adfa.jpg


それにしても、先週の鶴岡八幡宮でのおみくじの結果通り、
まさに大凶真っ只中です。
ほんと、先週一週間はまさにどん底でしたね。
余りのストレスに、マジで何度か発狂しそうになりましたよ。
なんとか我慢しましたけど!

そんな大凶な雰囲気を吹き飛ばすべく、
今朝も快晴の中、頑張ってジョギングしてきました。
いや~なにげに週一ペースで走ってます。えらい!オレ!
でも今日は二周目ぐらいから例の右膝外筋痛が始まり、
三周目ぐらいにはかなりの激痛っぷりで、
よっぽどリタイアしようかと思いましたが、
もう気合い以外の何物でもなく、根性で五周完走しました。
お陰でまたビッコ引いてますけど!

しかし今日とかかなり暖かくて、汗だらだらでしたよ。
これ以上暖かくなると、さすがにウインドブレーカーでは暑すぎますね。
夏用の上下も欲しくなっちゃいました。
あと本格的なジョギングシューズも。
どうやら巷では空前のランニングブームらしいですね。
いや~気が付けば、オレが一番嫌いなブームに乗っちゃいました。
まあでも、この乗っかりは良しとしましょう。

ちなみにもうダイエットは止めました。
厳密に言うと、相変わらずジョギングはしてるし、
なるべくカロリーの高いモノは摂らない様にしてるしと、
多少は気にしてはいるんですが、
一時期の様に、炭水化物は一日一食しか摂らないとか、
過剰なのは止めたという事です。
マイナス5キロ+マイナス5センチという目標は達成出来ませんでしたが、
マイナス4キロ+マイナス4センチはキープ中なので、
このラインを超えない様には気を付けたいと思ってます。

さて本題ですが、
オレってなにげに昔からチェックモノが好きで、
お!これいいな!と思ったモノを見付けたら、ちょこちょこ買ってました。
チェック好きが高じて、確か8,9年前とかには、
PRADAで見付けたパンツのチェック柄がありえなく綺麗で、
確か6万もするのにも関わらず思い切って買ったほどです。
ちなみにそのパンツは、勿体なくてほとんど穿かず、
気が付いたら太って穿けなくなってずっと眠ってますが…orz。

まあチェックと言っても、それこそ色んな種類のチェックがある訳ですが、
オレの場合、断然タータンチェックが好きです。
っていうか、正直それ以外のチェックには余り興味を示さない傾向にあります。
タータンチェック一つとっても、物凄い数の種類ありますけどね~。
その中でも一番好きなのがブラックウォッチですね。

タータンチェックって元々は和製英語で、
正式には単にタータン(tartan)と呼びます。
タータンは元々、スコットランドでは日本の家紋の様なモノで、
家紋同様、一族によってその柄が違うそうです。
タータンは、スコットランド人の象徴とも言え、
スコットランドの伝統文化とも言われます。

タータンチェックと言えば、ぱっと思い付くのが伊勢丹の紙袋。
上京した当時に初めて目にした時は、へ~チェックなんだぐらいの感じでしたが、
今や、伊勢丹の先見の明というか、センスには脱帽です!
ブランドで言うとバーバリーとヴィヴィアンでしょうかね。
ちなみにバーバリーチェックって、
カントリータータンをアレンジしたオリジナルのタータンなんですが、
個人的には余り好きではありません。
あとは、オレの世代的にはやっぱりチェッカーズを連想しちゃいますね~。

タータンチェックってなにげに日常に氾濫してると思いません?
電車とか乗ったらまず一人はタータンチェック柄の服着てる人居るし。
ヘタするとオシャレ度数ゼロのおっさんとかさえ着てる時ありますからね。
あと女子高生の制服とかも結構な確率でタータンチェックでしょ?
そういう意味では、ある意味ありふれた柄でもあるんですよね。

オレの中では、タータンチェックって、
ユニオンジャックほどではないモノの、
凄くブリティッシュフィーリングを感じるんですよね。
ロンドン行った時も、ポートベローの蚤の市でいっぱい売ってたし。
そういう感覚もあってのタータンチェック好きなのかも知れません。
まあでも、タータンチェックのグッズと言っても、
ユニオンジャックグッズ同様、ほんとピンキリですけどねー。

気が付けばタータンチェック柄の洋服もなにげに増えてしまい、
最近では上下タータンチェックなんて事もしばしばで、
「上下でチェックですか~!」とかツッコまれる事も多々ありますが、
そんなこと言われても、全くもって気にしないで着てます。
やっぱタータンチェックはいいです。
タータンチェックってなんか落ち着くんですよね。
ブラックウォッチのラグとか、
枕カバー・ボックスシーツ・掛け布団カバーとか欲しいですね~。
意外と全然無いんですけど。
そんな訳で、ユニオンジャックグッズ同様タータンチェックグッズも、
今後も地道に探していこうと思ってます。

b44006e2.jpg


一昨日、天気いいのは予報チェック済みだったので、
第三回一人早朝ジョギング大会慣行して参りました。
それにしてもだいぶ暖かくなりましたね~。
前回の右膝の外筋痛が、つい2,3日前まで違和感あったので、
また再発するんじゃないかと、走る前はかなりびびってたんですが、
今回は予想外にほとんど痛みが走らなくて。
お陰で今回はペースも上げれて、あっという間に5周、
タイムはなんと6分も縮まった1時間2分ちょい。
いずれは更にペースを上げて、
5周を1時間以内ぐらいで走りきりたいんですけどね。

さて、昨日も晴れの予報はチェック済みだったんですが、
いい加減行き着けの金沢文庫に髪の毛を切りに行きたかったのと、
早起き出来たらついでに逗子でも行っちゃいますか!とは思ってたんですが、
まんまと早朝に目が覚めたので、'09初逗子参り決行してきました。

なにげに今年に入ってから忙しかったり、
明日なら行けるなあって日に限って、
体調悪かったり天気悪かったり早起き出来なかったりと、
タイミングがなかなか合わなかったんですが、
昨日はまんまと全てがバッチリのタイミングでした。

のんびりと支度してた事もあって、
結局出発は10時頃、鎌倉に着いたのが11時過ぎぐらいでした。
今回も逗子に行く前に鶴岡八幡宮にお参りにと思って、
一個手前の鎌倉で降りたんですが、
平日の午前中にも関わらず、鎌倉はやたらと人が多かったです。

最近もなんか、やたらと問題・事件続きで全然心休まる暇がないのもあって、
今年も真剣にお参りしてきました。
お参りした後はお約束のおみくじ引いたんですが、
なんと人生二度目の大凶!
余りの不吉な二文字に、正直ちょっとドキッとしましたが、
直後には、そのままやないかい!って、ちょっと笑っちゃいましたけど。
でも大凶って考えようによっては、
今が大凶なんだったらこれからはもう上がるしかない!って考えると、
逆に悪いもんじゃないんですけどね。
ちなみに気学的には、ここ2,3ヶ月は大凶だったらしく(まさにその通り)、
今月からはかなり運気も上昇するらしく、かなり期待はしてんですけどね。
まあまだその予兆は見えないですけど!

お参り後は、最近お約束パターンとなりつつあるバスで逗子へ。
逗子駅のちょい一歩手前で降りて徒歩で逗子海岸へ。
最初はこの辺ってかなり迷ったもんですが、さすがに今やもう手慣れたもんです。
15分ほどの徒歩で今年もまたやって来てしまいました、我が聖地・逗子海岸。

ここに来たのも今年で遂に15年目ですよ。
一番最初にここに来た切っ掛けは、
Web一周年のアニバーサリーイベントの最終日の営業後、
もう精も根も尽き果てたオレ・マーヴィン(初代店長)・ガリバーの主力三人は、
当時Webにあったソファーで店泊してたんですよ。
夕方頃目が覚めて、三人で世田谷公園近くにあった焼肉屋へ。
食後、Webに戻って解散かと思いきや、
当時のWebは日曜以外は営業してたんですが、
イベント明けは週末まで休みにしてたんですよ。
そんな事もあってマーヴィンとガリバーが、
「せっかく休みだし、海とか行きたくない?」みたいな話しを始めて、
オレは最初、今から海??って感じで聞いてたんですが、
じゃあこのまま海行っちゃおうぜ!みたいなノリになってきて。
当時のオレは、だったら一回家帰って着替えて諸々用意して・・・
みたいな風に考えてたんですが、
「よし、じゃあここからタクシーで行っちゃおう!」みたいなノリになってきて、
最初は、は?嘘でしょ??って思ってたんですが、
おもむろにタクシーに乗り込んで「逗子までお願いします!」って。
内心マジで???って感じでしたが、もう流されるがままって感じでした。

タクシーの運ちゃんも気さくな人で、
わいのわいのと会話しながら逗子までタクシーで。
日曜の夕方でしたが結構空いていて、
無茶苦茶な事をやってる現実も相まって、かなり爽快なドライブでした。
一時間半ぐらいでしたかねえ、無事逗子海岸に到着しました。
心配してたタクシー代は約15,000円でした。

着いたのが日の暮れるちょい前ぐらいで、
一週間後からは海開きという初夏のシーズンだった事もあり、
マーヴィンとガリバーはパンツ一丁で海にざっぱー入り出して、
着替えもタオルもないのにマジかよ!と呆気に取られながらも、
余りにも気持ち良さそうだったのでオレも追随して入りました。
パンツ一丁で海に入りながら、全く持って考えられんわ~!とか思いながらも、
今までのオレにはない衝撃的なカルチャーショックに、
どこか心地良さも感じていました。

ひとしきり泳いだ後、タオルも無かったので体が自然乾燥するのを待って、
服を着て当時海岸沿いにあったロイヤルホストで夜ご飯を。
飯を食い終わったらミーティングが始まって。
当時Webにはプロデューサーがいて、
唯一業界経験者だったオレは、入店直後からえらくぶつかってたんですが、
三ヶ月後ぐらいには、もう我慢出来なくなって辞めるか辞めないかってとこまでいって。
当時まだ全然店も流行ってなくて、こんな状態のまま辞めるのはやっぱ嫌だと思って、
「この店に居るには、納得出来なくても、この人の言う事聞かないとしょうがないんだな・・・」
って諦めて、それ以降はなるべく口を出さない様にして、
接点さえ持たない様にしてました。

一周年を迎える半年前には、赤字続きで給料が半月遅れて、
こんなんだったらオレらもう辞めようか?って話しにもなって。
でもどうせ潰れるんだったら、
オレら現場主導で勝手にやっちゃおうよ!って事になって、
元々バンド畑育ちだったマーヴィンとガリバーの存在もあって、
最初はライブハウスにしちゃおう!的な流れだったんですが、
再度三人で話し合った結果、
既にクラブ業界でのキャリアやコネクションも多少あったオレに、
全てを任せてくれる事になって。
それまでラウンジ要素が強かったWebを、クラブ要素の強い店にする事にしたんですよ。
当時はダンスロアまで白かった壁を、三人で勝手に黒く塗ったり、
スピーカーの位置を変えたり、パーテーションの位置を変えたり、照明増やしたりと、
なるべくお客さんが踊りやすい様にと試行錯誤しました。

その三ヶ月後には奇跡的な空前の三宿ブームもやってきて、
閑古鳥が鳴きまくっていたWebは徐々に繁盛する様になって。
いや、もう気が付けば週末は繁盛どころじゃないぐらいの、
有り得ない入りっぷりになってました。
そんな中迎えた一周年パーティだったんですが、
最終日の土曜日に警察の手入れが入るっていう情報が入ってきて、
当時のプロデューサーが、営業するのやめようって言い出して。
それまでほんとに頑張ってきたオレら現場スタッフは、
アニバーサリーの最終日で、間違いなく300人近いお客が来るのわかってて、
んなアホな?って感じでした。
直前までやるかやらないかで揉めてたんですが、
オレら現場スタッフは、しょっ引かれてもいいから何が何でも絶対やる!
ぐらいの勢いもあって、結局上に見張り付けて営業する事に。

途中、情報通り警察の手入れが入ったんですが、
見事な連携プレーもあって特に問題もなくその後も営業出来て。
確か朝の8時半ぐらいまでやってたんじゃなかったですかね。
その最終日の男気のない弱気な対応も然り、イベントの準備段階での手際の悪さも然り、
今までの溜まりに溜まったスタッフの鬱憤が爆発。
前述した様に、オレがプロデューサーとの接点をスルーする様になってから、
とばっちりが全部マーヴィンのところにいっていて。
そんなイベント直後だっただけに、そのロイホでのミーティングでマーヴィンが、
「今まで散々我慢して来たけど、マジでもう店長とかやってらんねえよ!
元々オレはミュージシャンだしさあ、面倒臭い事とかもうやりたくねえよ!
とりあえずあの人(プロデューサー)とは仕事したくねえよ!」
って言い出して、じゃあもうオレら辞めちゃおうか!(笑)って結論に至ったんですよ。
※ちなみにこのストーリーの行く末は、
当時のWebは、あのキャパでは有り得ない程の集客・売り上げがあったので、
社長(オーナー)に「なんとか続けてくれないか?」って引き留めされたんですが、
マーヴィンは頑なに、
「続けるのはいいとしても、オレはもう店長はやりたくないですよ」って言っていて、
まあせっかくオレらの力もあって潰れかけた店が繁盛し出したのに、
その手柄を全部プロデューサーに持ってかれるのもしゃくだよなあってのもあり、
「じゃあオレが代わりに店長やりますから、バンド活動優先で今よりも気楽なポジションでいいから、とりあえずもうちょっと一緒にやりましょうよ!」
って事になり、社長には待遇もかなり良くして貰う事にもなり、
当時副店長兼バーチーフだったオレが、店長を代わって続ける事になったんですよ。

ちなみに何故、海行こう!=逗子だったのかと言うと、
マーヴィンの当時の彼女の実家が逗子だったんですよ。
な訳で、ロイホでのミーティングが終わった頃に彼女がやってきて、
実家に三人を招き入れてくれました。
お風呂を借りた後、居間で三人でこれからどうする?って話しをしてたら、
「たけっしー(オレの当時の呼び名)って実家関西だよね?今からヒッチハイクで三人で関西行こうよ!」
ってまたとんでもない事を言い出して、再度のマジで??状態。
でもまた気が付くと、よっしゃ行こう!って事になり、
海岸通り沿いで夜中の0時頃からヒッチハイクチャレンジ開始。

一人はモヒカンにちょんまげ(マーヴィン)、
一人は上半身裸にオーバーオールの大男(ガリバー)、
一人はこわもてで全身黒ずくめのスーツ姿(オレ)という三人組。
深夜の海岸沿いでヒッチハイクのポーズで行き交う車にアピールしまくるんですが、
そんなもん止まる訳ないっつうの!(笑)。
小一時間ほど頑張ったんですが、やっぱ無理という結論に至り、
泊まれるサウナにでも行こうって路線変更しタクシー探すんですが、
当時の夜の逗子ってほんと人は居ないわタクシーは走ってないわで、
結局一時間ぐらい探しまくってようやく駅前で拾って横須賀のサウナへ。

朝方までサウナに滞在してたんですが、
横須賀デニーズでモーニングを食いながら、
「さて今日はどうしよっか?」って事になり、
確か今度はオレが言い出したんですかねえ?何故か浅草行こう!って事になり、
京浜急行→モノレール→水上バスと乗り継いで謎の三人組はいざ浅草へ。
もんじゃ食って花やしきでジェットコースター乗ったりして遊びまくりました。

その後、他の若手スタッフに電話してレンタカー借りさせて、渋谷で合流。
他のスタッフたちも一人一人レンタで拾いに行って、
梅ヶ丘のガストでお食事会+スタッフミーティング。
オレら三人辞めるからおまえらは好きな様にしろ!みたいな話しをして、
その後は確かレンタカー返してから全員で渋谷のROOMに遊びに行きました。
で、朝まで飲んで遊んで三日振りに帰宅、みたいな。

まあそんな強烈なファーストインパクトがあった場所なので、
来る度に初心に還れるんですよね(長い説明でしたが)。
あとその後も幾度となく訪れてる場所なので、
他の色んな想い出も走馬燈の様に蘇って来たりもしますし。
昨日は予報は晴れだったのに、イマイチ快晴って感じでもなくて、
むしろ時折寒かったりもしました。
あと期待してた富士山は、雲がかってて見えなかったのも残念でしたけどね。

でもやっぱ、何度来ても逗子はいいなあ。
もうほとんど第二の故郷の様な感じですよ。
来る度毎回思うんですが、いつかはここに住みたいなあって思います。
海岸沿いのライオンズマンションの最上階とかに住みたいなあ。
あ、もしくはロイホ跡に建設予定のマンションの最上階だったら最高かも。
まあ今のところは金銭的に無理ですけど。
とりあえず、相変わらず日々色々大変な事ばかりですが、
めげずにがんばろうって思えた、記念すべき15年目の逗子海岸でした。

27a81679.jpg

相変わらず結構な割合で自炊してるんですが、
ちょっと前からかなりのヘビーローテーションで作って食べてるのが、
この韃靼玄そばです。

大のそば好きとは、以前にも何度か書いたかも知れませんが、
ほんとにそばは大好きなんですよね。
でも今までは、家で作ったりとかはほとんどした事がなくて。
過去に何度か、
乾麺や生麺のそばを買ってきて作ったりした事もあったんですが、
どうもどれもこれもイマイチだったんですよね。
そういうトラウマもあって、家では以前も書いたきしめんかうどん、
そば食う時は外でっていうのがいつしか定番になってました。

学大に引っ越してきて自炊に明け暮れてたある日、
ダイエーで食材を買い込んでた時に、昆布つゆが家に大量に残ってたので、
そうめんでも買って帰ろうかなあと思って二階の乾麺コーナーに行ったら、
流石ダイエー、色んな種類のそばが置いてあって。
こんだけ種類あったらそこそこ美味いのもあるんちゃうか?
と思って色々良さげなのを物色してたら、この韃靼玄そばを見付けました。

外でそばを食べたら、必ずそば湯も飲むんですが、
結構そば湯って好きなんですよね。
しかも健康にいいんだから尚のことって感じです。
うちでそば作っても、勿論そば湯は飲む気満々だったので、
パッケージの裏に、「そば湯が美味い!」とかっていう謳い文句には、
かなり敏感に反応しながらのそばチョイスだったんです。

その中でこの韃靼玄そばは、
「韃靼そばにはポリフェノールの一種である
"ルチン"が普通そばの約100倍含まれています。」
との文字が両面に記載してあって。
100倍って言われても全然ピンとはきませんでしたが、
ものっすごい健康にいいっていうバイブスだけは確実に伝わって来ました。
ただ、茹で上がったそばの写真が載ってなかったので、
味的にはどうなんだろ?っていう一抹の不安もあったんですが、
期間セール品で210円ぐらいのお値打ち価格だった事もあり、
お試しで買ってみました。

裏面にも書いてあったんですが、
韃靼そばってゆで汁が黄色くなるんですよ。
でもその黄色のゆで汁こそが、
フラボノイド系天然色素である"ルチン"が大量に流出している証らしいです。
そばも茹でると、通常のそばよりも黄みがかってる気がします。

ざるそばにして食べてみたんですが、
今まで食った乾麺そばの中では一番美味くて。
このぐらいのレベルだったら全然ありでしょ!って感じでした。
ちなみに韃靼そばって別名苦そばとも言われ、
本来はほのかな苦味があるらしいんですが、
個人的にこの韃靼玄そばは、全然苦味とかは感じたことはないです。

食い終わったら勿論そば湯も堪能しました。
100倍のルチンっぷりのせいなのか、結構濃厚な味わいで、
飲んでて全然飽きないんですよね。っていうか美味しいです。
そばもそば湯も美味い!しかも安い!更に健康にもいい!
おまけに乾麺なので持ちもいい!って訳で、
それ以降、うちにはほぼ常に、この韃靼玄そばが常備してあります。

ちなみにルチンの詳しい効能なんですが、
強い抗酸化効果で血液をさらさらにして毛細血管を強くし、
血管を拡張する効果があるんだそうです。
あとビタミンCの吸収を助けるので、
コラーゲンの合成を促進して肌のシミ・シワ・たるみを防止するなど、
肌の老化防止効果もあるんだそうです。
あとは歯茎が出血しにくくなったり、傷を早く治したりと、
体の治癒力に関係する部分で素晴らしい効果を発揮してくれるそうです。
ほんとかどうかは定かではないですが、
韃靼そばを主食とする民族は、
病気が少なく長寿だと言われているんだそうです。

ご存じの通り現在ダイエット中なので、カロリーの事を考えると、
前ほどしょっちゅう食えない状況ではあるんですが、
やっぱたまに食いたくなるんですよね。作るのもちょー簡単だし。
そこそこ大きいスーパーなら、恐らく一種類ぐらいは置いてあると思うので、
自炊派でそば好きの方は、一度是非試してみてください。
もちろん最後はルチンたっぷりのそば湯もね!

e69f668b.jpg

最近また寒いですよね-。
っていうか今日なんて雪降ってるし。
あとここ2,3日、花粉がマジハンパないっす。
くしゃみ・鼻水・目のかゆみと、ここ数年なかったぐらい、
この花粉っぷりにはやられまくってます。

久々の更新になってしまいましたが、
ここ10日間ぐらいは色々ありました。
先週日曜日の宇多丸さん主催のお食事会+カラオケ会の正に直前、
実は、間違いなくオレの人生を左右するであろう、
余りにも衝撃的且つショッキングな事件があって、
半ば頭真っ白になりながらも、
直後のお食事会+カラオケ会を朝までと、
翌日もマンスリーの入稿作業と並行して、
とあるイベントのフライヤー作ったり、
翌々日はとあるお店のノベルティー作ったりと、
その他諸々忙しい日々でした。
週末には前代未聞の珍事件にも振り回されまくりましたし。
まあでも、ある意味余計な事を考える暇を与えなかったので、
結果的には、バタバタと忙しくしてて良かったのかも知れませんけど。

そんなドタバタ喜劇な日々でしたが、
一応相変わらずダイエットは続けてました。
先々週はかなり節制出来てたんですが、
先週結構飲む機会も多々あって、多少リバウンドしてしまいました。
あと先週は、さすがに忙しかったのと天気悪かったのもあって、
ジョギングも出来ませんでした。
まあでも途中から、
ヤバいって思って食生活の方は節制し直しましたけど。

その甲斐あってか、昨日体重とウエスト計ってみたんですが、
体重68キロ→64キロのマイナス4キロ、
ウエスト88センチ→84センチのマイナス4センチ、
というまずまずの成果でした。
とりあえず目標は、前回も書きましたが、
63キロ・83センチぐらいまでは絞りたいです。
まあ重要なのは体重よりもウエストですけどね。
でもこれだけ絞っただけで、
ちょっと前まで入らなかったパンツが入る様にはなりました。
やっぱり、食べる量と炭水化物を極力減らしたので、
それだけで効果はてきめんでしたね。

ちなみに今回、ダイエット中にも関わらず、
例年は、失礼な事に貰ってもほとんど食べない、
バレンタインで色んな人から貰ったチョコを、
なんとちゃんと全部食べてるんですよ。
まあちょっとづつのペースでですけどね。
基本チョコレートってあんまり好きではないんですが、
ダイエット中だからか疲れているのか、
やたらと甘いモノを体が欲するんですよね。
しかもバレンタインにくれる様なチョコって、
ハンパじゃなく美味しいのばっかじゃないですか?
勿論、チョコ食べたら一食抜くぐらいにしてますけどね。

さてようやく本題に入りますが、
前回、ジョギング用に良さげな、
ウインドブレーカーの上下とか欲しいなあとか書きましたが、
思い立ったら吉日、直後早速調査開始しました。
最初は安上がりにアメリカンアパレルとかで、
ナイロンの上下でも買おうかなあとか思ってたんですが、
アメアパって値段の割りにはクオリティーがイマイチなんですよね。
元々スポーツ用として作られてる訳じゃないし、
値段もなにげに一万ぐらいするし。
まあでもシンプルだし、
手っ取り早くアメアパのでいいかなあ~とかも思ったんですが、
一万出すんだったら、
一般のスポーツブランドとかでもあるんちゃうか??
と思ってそっち系のも一応色々調べてみたんですよ。

色んなスポーツブランドのスポーツ用ウインドブレーカーを、
いつもの調子でピンからキリまで網羅しまくりました。
でも大方の予想通り、
ほとんどが如何にもって感じでちょっともっさいんですよね。
が、その中でひときわ目に止まったのがこの、
デサントのコ○○○○○○○○○○○○でした。

最初、おっ!なんかヨーロッパっぽいスポーティーなデザインだな~!
どこのだろ?と思ったらなんと日本のデサントのオリジナルでした。
いやいや、日本のスポーツブランドとは思えない、
なかなかデーハーで洒落たデザインです。
勿論スポーツブランドが作るウインドブレーカーなので、機能性も抜群!
2層構造・断熱・保温・耐久撥水・高耐水性・防風・静電気抑制・UVカットに、
ファスナーポケット・3ディメンションカット・総裏ソフトメッシュと、
秋冬用としてはもう完璧でしょっていう代物でした。

でもさすがに値段は、
上だけで定価1万5千円、下は定価7千円ぐらいする訳ですよ。
なので最初は、金無いしちょっと買えないかなあ~、とは思ってたんですね。
でも色々調べていくうちに、
とあるサイトで、冬モデルの在庫一掃セールをやっていて、
他のサイトでは考えられない様な値引率の、
上下セットで50%オフで売っているのを見付けてしまって。
それ見た瞬間に一気に欲しくなってしまいました。

でも石橋を渡る前に入念に叩きまくる性格のオレは、
実物とサイズのチェックだけはしておこうと、
近所のダイエー別館の"スポーツギャラリー"に行って、細部のチェック+試着。
やっぱ流石というか、着心地は抜群でした。
しかも2層構造とか言う割りには、めちゃめちゃ薄くて軽いんですよ。
まあ実物は、
写真で見た以上にグラデーションなデザインが派手だったのと、
下のパンツがもうちょっと細身なら尚良しだったんですけどね。
サイズのチェックも、上下ともMよりもLの方が合いました。
二度ほど現物チェックしに行って、2,3日は悩んだんですが、
やっぱこれにしよう!って事で、
前述の激安ショップのサイトで購入しました。

早速着て走りに行きたかったんですが、
文頭に書いた通り、先週はなかなかタイミングがなくて。
昨日が天気がいいという予報は前々から知っていて、
今週走るんだったら月曜しかないかなあって思ってたんですが、
当日、まんまと午前中に目が覚めてくれたので、
計画通り、駒沢へジョギングに行く事にしました。
やっぱ買ったばかりのおニューの上下のウインドブレーカーを着たら、
テンションもあがるあがる!
昨日も結構風が強くて寒かったんですが、
やっぱ断熱・保温・防風効果はハンパじゃありませんでした。

iPod shuffleにヤマタツを突っ込んで、
昨日も五周、約一時間ちょい走りました。
ちなみにiPod shuffleって貰う前までは、
正直あんまり使い道とか無さそうなイメージだったんですが、
ジョギングする時とかには、有り得ないぐらい小さくて軽いし、
最小限の機能だけ付いていて、この上なくバッチリだと思いました。
ありがとうカットキット!

でも昨日は走って間もなくして、
古傷でもある右膝の外側の筋が痛くなって、
かなり途中辛かったんですが、気合いで五周走り抜きました。
お陰で未だに右足ビッコ引いてますけど。
体力的には全然そうでもなかったんですけど、
筋通のお陰でスピードも出せず、
前回走った時とほぼ同じぐらいのゆっくりのペースでした。
ま、とりあえず、
目標の五周はちゃんと走りきれたので良かったですけど。

ちなみに余談ですが、
昨日はウインドブレーカーを着た藤竜也が、公園で休んでました。
オレが走る前に走ってたのかも知れません。
久々に見たら往年のダンディさはなく、かなり老けてましたけど。

せっかく念願のウインドブレーカーも購入したので、
今後もマメにジョギングは続けたいなとは思ってます。
いや、やっぱ改めて駒沢公園ジョギングコースはいいですよ。
一周の長さ的にもちょうどいいし。
まあ全ては右膝外側の筋の治り具合次第ですけどね。
正直なところ、結構尾を引きそうな気がするんですよね。
痛み的に考えて、ちゃんとしたジョギングシューズ買っても、
たいして効果は無い気がしますし。
医者行ったら、恐らく当分安静にしろとか言われそうだし。
せっかくモチベーション上がってるのになあ。
暖かくなったらしれっと治ってくれるといいんですけどね。

このページのトップヘ